◆各種レポートなど 本文へジャンプ
 
外国人学校・民族学校の処遇問題を考える
日朝関係の現状を憂う
排外主義者集団「在特会」の朝鮮学校への攻撃を許さない
日朝関係はどういう歴史を辿ってきたのか
日朝国交正常化交渉を困難にしているもの
未来志向に向けて何が必要か 


【「九条の会・くれ」機関誌掲載コラム(横間洋海) ~ 2010年】



排外主義者集団「在特会」の


朝鮮学校への攻撃を許さない



  昨年末の12月4日,「在日特権を許さない市民の会(以下、在特会)(桜井誠会長)会員ら十数人が徒党を組んで,予告もなしに京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)を襲撃しました。
 
彼らは,地元と行政との合意のもとに,学校が長年にわたって運動場として利用してきた隣接の勧進橋児童公園を「不法占拠」していると言いがかりをつけ,学校が公園に設置していた朝礼台やサッカーゴールなどの備品を暴力的に撤去・破壊し,朝礼台の一部や引きちぎった放送設備(電線コードなど)を校門に投げつけ,閉じられた校門の鉄扉を揺すりながら,はしごを上って校門にとりつき,大音量のマイクで約1時間にわたって,在日朝鮮人と朝鮮学校を口をきわめて罵倒し,学校内におし入ろうとまでしました。
 
彼らは,日本国憲法が保障する人権の確立,国籍や民族の違いにかかわりなく教育を受ける権利,とりわけ日本に永住する在日朝鮮人の子どもたちが,母国語とその歴史・文化を学ぶ権利と機会の保障,そして何よりも,人間としての尊厳を土足で踏みにじる罵詈雑言を,白昼公然と,学校と児童生徒に浴びせたのです。このような暴挙は決して許せるものではありません。
 
保護者の一人が,次のように訴えています。

  私は朝鮮第一初級学校に二人の子どもを通わせている保護者の○○と申します。ご存知の方もいらっしゃると思いますが,先日4日に名前を言うのも忌まわしいようなレイシスト(人種差別)団体が京都朝鮮第一初級学校のすぐ前で騒乱を起こしました。
 
今まで生きてきてこんな腹立たしく悔しい思いをしたことがありません。学校の前で子どもたちに聞こえるように「スパイの子どもたち!」「朝鮮学校を日本からたたきだせ!」などと人として信じられない暴言を拡声器の爆音をもって騒ぎ立てました。子どもたちはおびえて,中には涙を流す子どもたちもいたそうです。
 
私が悔しい,腹立たしいと思ったのは,何もその団体に感じたことではありません。朝鮮語のことわざに「糞を避けるのは怖いからで無く汚いからだ」という言葉があります。私が本当に許せないのはこのような事態が許されている「この社会の規律と良識」と感じています。
 
当日,警察も子どもたちがおびえてるにもかかわらず,「自分たちは間に入っている立場」とし,制御しようともしない。スピーカーを校門の真ん前で校舎に向けて騒いでるにもかかわらず禁止させない。これが言論の自由ですか?法や警察は子どもを守ってくれないというのがむなしくてたまりませんでした。
 
自由使用の公園なのにも関わらず「不法占拠」とののしり,地域の方々も使っているゴールポストを動かしたり,利用する子どもの安全のために設置されたスピーカーの線を切り,朝礼台と一緒に校門前に投げつける暴挙。器物破損ではないのですか?強制執行は一般市民に権限があるのですか?子どもたちがおびえ,泣いているのに脅迫罪ではないのですか?そこにいる個人や団体を誹謗中傷し侮辱罪ではないのですか?
 
日本は多くの先進国が批准している人種差別撤廃条約に加盟してないから許されるのですか?
 
そこに駆けつけた私たちは声がかれるまで警察に訴えたのに取り合ってくれませんでした。私は学校に駆けつける前に,某大学で人権教育の招かれ,「人権と子どもの学ぶ権利」を物知り顔で語っていました。この時ほど「人権と子どもの学ぶ権利」が虚しく聞こえた時はありません。
 
私はこの問題が一部のレイシスト集団の問題ではなく,それを許容する日本社会の「良識」を問いたいのです。確かにこのような集団は日本人の一部かもしれません。「日本人は悪い人ばかりではありません。信じてください」とおっしゃりたい方もいるでしょう。そういう意味では日本の方々も被害者かもしれませんが,今回の問題の本質ではありません。明確にこのような事態が起こったことは,これが許されたことになると思います。
 
今こそ「日本社会の良識」に問うべきだと思っています。
 
今まで本当に悔しい思いをいっぱいしてきましたが,もうたくさんです。今後このような事態が起こった時,また私たち朝鮮人は,門扉の前で歯を食いしばり,血の涙をのみながら我慢に我慢を続けないといけないのでしょうか?
 
正直に今回子どもたちに「守ってやれなくて申し訳ない」との考えが頭を離れず,夜も悔しくて眠れませんでした。無くなった祖父母や一世たちが空の上からこの事態を見ているならば,どんな思いをしてるでしょうか?自分たちの曾孫までもこんな仕打ちをされているのかと嘆き苦しんでいるでしょう。
 
長々と書きたて,最後まで読んでいただきありがとうございます。もうこのような事態が起こらぬよう,皆さんどうかこの社会を良識とあるべき姿を考えてください。


 
このような,在特会の朝鮮学校に対する許し難い攻撃に対して,直ちに全国の多くの仲間から在特会に対する非難声明やアピール文などが出されました。さらに,それだけにとどまらず,各地で「12・19緊急報告会 民族差別を許すな!京都朝鮮学校襲撃事件を問う」(東京),「在特会による朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会」(京都),12・23報告会in 大阪 ヘイトクライムは許されません!京都朝鮮学校事件が警告すること」(大阪),「在日外国人への差別を許さない!2・12北九州市民集会」(福岡)等の集会が,多くの市民の参加を得て開催されました。
 もちろん広島でも,「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」の主催で,「まもろう民族教育!2・12緊急学習会」が広島朝鮮学園で,約180名の参加者を得て,開催されました。ここでは詳しくは触れませんが,冒頭,村上敏・「ネットワーク広島」代表から主催者代表挨拶があり,その後すぐに朝鮮学校側から撮影した在特会の京都第一初級学校襲撃
DVDを参加者全員で見てから,柴松枝(シ・ソンジ)京都民族教育対策委員会事務局長に事件の詳しい経過を説明していただきました。襲撃DVDを見たことで参加者の在特会の蛮行に対する怒りがいっそう強まりましたし,集会もより熱いものになったのではないかと思っています。
 
その後,金東鶴(キム・トンハク)在日本朝鮮人人権協会事務局長から「『在特会』と民族教育」という演題で講演をしていただき,最後に「民族教育をまもる緊急アピール」を採択し,集会を成功裡に終えることができました。

 
ところで,この在特会という集団は,2007年1月20日に発足した排外主義・新右翼集団ですが,会則によると「在日韓国人・朝鮮人問題を広く一般に提起し,在日を特権的に扱う, いわゆる在日特権を無くす(第4条)とを目的に,①在日問題を提起するための各種学習会・講演会の開催,②在日問題の現状の調査・研究とその改善,③各種メディアでの在日問題の提起,④その他目的達成に必要な事業を行う(第5条)としています。さらに在特会のホームページ上では,「在日特権を許さないことが会の設立目的」であり,「在日特権の根幹である入管特例法を廃止し,在日をほかの外国人と平等に扱うことを目指すことが在特会の究極的な目標」と述べています。
 
朝鮮学校に関わっては,会則でもホームページ上でも具体的には言及されていませんが,在特会情宣ビラ(第一弾)の中で「朝鮮学校は教育法一条の定める学校ではないため『各種学校』として扱われるにも関わらず各地方自治体から支援(助成金や補助金)を受けている。文部省の定める学習指導要領を無視した民族教育という名の反日教育を行いながら一条校と同等の権利を得ようと積極的な活動を行っている」と一方的に決めつけた記述があります。

 
発足当初の在特会の活動の中心は,在日コリアンや東アジアの歴史問題などに関わる講演会活動でしたが,2007年後半以降,「語る保守から行動する保守」への転進が図られたことから,それに合わせて運動の重点が街頭活動に移されました。
 
昨年4月に埼玉県蕨市が,いわゆる『不法滞在』のフィリピン人カルデロン・アランさん一家の長女・のり子さんに特別在留許可が出したことに抗議する「カルデロン一家追い出しデモ」で全国的に有名になりましたが,それ以降も外国人参政権反対デモ(5月2日,札幌・東京渋谷・名古屋・福岡),「中学生のための慰安婦展」妨害活動(8月1~3日,東京・三鷹市),「反天皇制運動連絡会」主催デモに対する抗議活動(8月15日,靖国神社周辺),「外国人参政権断固反対!全国リレーデモ」(東京デモ)での暴行事件(8月27日,秋葉原),京都ウトロデモ(1220日,宇治市)等々,「主権回復を目指す会」や「維新政党・新風」などの右翼集団と連携しながら,全国的に暴力的な外国人排斥運動を展開しているのです。
 
在特会は、今年1月14日にも再び京都朝鮮第一初級学校を襲撃し,拡声器を使って差別言辞・脅迫を散りばめた罵詈雑言を浴びせ,デモ行進を強行する中で街中に反社会的・醜悪なわめき声をまき散らしています。
 
ごく最近の事件ですが,4月14日には約20名が徳島県教組書記局付近での街宣行動後に書記局へ乱入し,「昨年度,徳島県教組の推薦(申請)で,連合の『雇用と就労・自立支援カンパ』の中から四国朝鮮初中級学校に150万円の教育支援金が贈られた」ことに対する無茶苦茶な「抗議」行動を行い,もみ合いの中で書記局員が軽傷を負うという事態まで起こしています。これは,昨年日教組が「学びたくても学べない子どもたちへの支援・連帯」のために『子ども救援カンパ』に取り組み,その中から一億円を連合の「雇用と就労・自立支援カンパ」に寄付していたことから,「日教組が善意のカンパ金を連合に上納し,その金の一部を受け取った徳島県教組が四国朝鮮初中級学校に支援金名目の工作員養成資金を提供した」と罵詈雑言を浴びせながら恫喝したという事件です。
 
そうした中,「東京新聞」「共同通信」「大阪毎日放送」など一部マスコミは在特会の12月4日の朝鮮学校襲撃事件を批判的に取り上げ報道していますが,これらの報道に対しては,在特会を批判的に取り上げたということで激怒し,京都朝鮮第一初級学校同様の恫喝行為を行い,しかもブログを使ってその恫喝の様子を動画で配信するという愚挙まで行っています。
 
在特会がこれまでの右翼と違っているのは,①ネット上で言論活動や講演会活動,街宣活動を行い,インターネットを駆使して,ブログなどを不満の捌け口としているサラリーマンやフリーターなど社会の不満層をターゲットに参加者を糾合していること,②法律を無視し人権侵害を惹き起こす直接行動(暴力行動)に出ていること,などですが,その主張するところは,在日外国人に対する人道的扱いや人権擁護は日本人には与えられない「特権」であり,それを許すことはできないというものです。
 
もちろん彼らの言っている「特権」とは,国際的に認められた人権,人道主義,民主主義,市民権思想などによって主張され,正当な手続きによって与えられたもので,在日外国人を特別扱いしたわけではありません。ましてや彼らが攻撃の的にしている朝鮮学校は,彼らが言っているような学校教育法によって定められた学校(いわゆる一条校)ではなく,各種学校です。朝鮮学校が各種学校であるという事実こそ,まさに在日コリアンに対する差別の証拠なのですが,差別是正反対を唱える彼らが「朝鮮学校=各種学校」だということを認識した上で「特権」を許さないと主張しているとは到底思えません。
 
いま在特会は,拉致問題とも絡めて朝鮮学校を攻撃しているのですが,国家権力と市民社会の間にいったいどれだけの距離があるかということが分かっていないようです。「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の方々にもよく見られる傾向ですが,在特会はまるで自分たちが国家を代表して外交を行っているかのような錯覚に囚われているのではないでしょうか。そしてその錯覚こそ,おそらく彼らの「堂々とした野次(アジではなく)演説」を生んでいるのであり,行動を終え,現場を離れて職場に戻ると,いつものように不満を心の奥底に仕舞い込み,常に前後左右をキョロキョロと見回しながら,自己防衛に必死になっているごく普通の個人に戻っているのです。
 
このように考えると,彼らもまた歪んだ形で存在する社会的弱者だと言えるかもしれませんが,だからと言って,彼らを許すことはできません。彼らの存在と行動は「国際社会」や「国際化」を云々する日本の進路を塞いでおり,日本人が真の国際人となることを阻んでいる,国際社会には恥ずかしくて見せることのできない「日本の恥部」の一つなのですから,やはり社会的非難を免れることはできません。
 
小学校前で罵詈雑言を浴びせ騒ぎ続けている彼らを見て見ぬ振りする当局の態度も問題です。日本政府はこれまでも,当然何よりも子どもたちの人権が侵害されるような事態を避けるための措置を取るべきであるにもかかわらず,朝鮮学校の子どもの人権を踏みにじるような事件に対して,朝鮮学校の子どもを保護せず,恫喝・脅迫を結果として黙認するかのような姿勢に終始してきただけでなく,むしろ,そのような排外主義的な活動を利用すらしてきたのです。そしてそのことが,在特会のような新右翼の台頭を許してきたのであり,関係当局はもちろん,日本政府も責任を免れることはできません。
 
私たちは,このような民族差別・外国人排斥に反対し,真の多民族共生社会をつくり出していかなければなりません。日本で暮らしている在日・滞日の全ての外国人は,それぞれ,独自の民族性や文化を持っています。その民族性や文化が尊重され,ともに生きていくことができる多民族共生社会をつくりだしていくために力を合わせなければならないのです。そのことが確実に,一人ひとりの個性と尊厳が尊重された,日本人にとっても生きやすい社会をつくり出すことにもつながるはずです。

 
最後に,非常に残念なことには,とうとう広島でも「在特会広島支部」(三津間修三支部長,137名)が結成されました。それを受け,4月17日に東京から桜井誠会長を招き,広島
YMCA本館で「在特会中国・四国総決起集会」が開催され,翌18日には広島では初めての在特会の街宣行動が広島駅前で行われています。今後は,私たち自身の活動の中身をさらに充実・深化させていくとともに,彼らの動きに注意を払いながら,可能な限り彼らの活動を封じ込めていくことができれば,と願っているところです。


                                (2010年617日記)