◆各種レポートなど 本文へジャンプ
 
外国人学校・民族学校の処遇問題を考える
日朝関係の現状を憂う
排外主義者集団「在特会」の朝鮮学校への攻撃を許さない
日朝関係はどういう歴史を辿ってきたのか
日朝国交正常化交渉を困難にしているもの
未来志向に向けて何が必要か 


【「広島教育文化代表団」訪朝報告会レポート(横間洋海) ~ 2006年】



<はじめに>
 私にとっては3回目になるのですが,9月16日から20日まで朝鮮主主義人民共和国(以下「共和国」)を訪問し,21日に帰ってきたところです。当初は広島県全体で50人程度の団を組んで,新潟から万景峰92号での訪朝が予定されていたのですが,7月5日のミサイル発射実験以降,制裁措置として6ヵ月間の万景峰号の入港禁止や公務員の訪朝自粛が決定されたことから,計画を中止せざるを得なくなりました。そこで,この時期だからこそどうしても訪朝してみたいという広島青少年文化センター所長の小田さん親娘の熱い思いの実現に向けた朝鮮総聯副委員長の朴順鎬さんの“一本釣り”が始まったのですが,私も見事に釣り上げられて,今回の訪朝団の一員になったわけです。訪朝ルートは往路・復路ともに,広島~大連(中国)が飛行機,大連~瀋陽が陸路,瀋陽~平壌が飛行機でした。
 今回の訪朝は実質的には4日間でしたし,私が初めて訪問したところは西海閘門だけでしたので,観光面と言いますか,共和国内のいろいろなところを訪問して共和国の現状を理解する,という点からは少々物足りなかったのも事実です。しかし,訪朝するたびに共和国が確実に変化し,発展していることを実感させられますし,日本政府,あるいはマスメディアが,いかに真実を伝えていないかを思い知らされます。
 また今回は,皆さんも新聞などでよく目にされているのではないかと思いますが,ミサイル発射実験の問題を中心に現在の朝鮮半島情勢について,訪朝期間中ずっと通訳・案内をしていただいた李河進さんと呉星宇さんのお二人はもちろん,歓迎宴・答礼宴だけでなく錦繍山記念宮殿にも同行していただいた朝鮮対外文化連絡協会の黄虎男局長とも,過去の訪朝では考えられないくらい充分な時間をかけて話し合うことができたと言いますか,直に共和国の立場を聞かせていただく機会を持つことができて,大きな成果を得ることができたのではないかと思っています。
 今日は「訪朝報告をしろ」ということでここに呼ばれましたので,先ずは写真を見ていただきながら,訪朝中に訪問したところについて簡単に説明してみたいと思います。ただ,今回は初めての訪朝ではないということもあって,余り多くの写真を撮っていません。必要に応じて,過去2回の訪朝中に撮った写真も入れています。

<万寿台・金日成主席銅像>
 ピョンヤン空港で入国手続きを終えてロビーに出ると,対文協の李さんと呉さんがバスで私たちを迎えに来てくれていました。私にとっては,李さんとは日本での出会いも含めて3度目の出会いでした。私たちの一行はたったの5人ですからマイクロバスで充分だったのですが,5日間の滞在期間中ずっと,そのバスでとても楽に移動させてもらいました。
 空港を出ると,そのまま,故・金日成主席の銅像がある万寿台の丘へ行き,献花しました。実は,この9月16日は私の62回目の誕生日で,瀋陽市内での昼食時に皆さんから誕生日を祝っていただき,とてもきれいな花束もいただいていました。「この誕生祝いの花束を金日成像に献花したらいいのではないか」という話になって,順鎬さんと私で瀋陽からピョンヤンまで大事に持ち込んだのですが,万寿台に着く頃にはかなり萎びていて,結局はそこで買い求めた花と合わせて献花することになりました。
 この銅像は,主席の革命業績を末永く伝えたいという朝鮮人民の志向を反映して,主席の生誕60周年に因んで1972年4月に建立されたものです。銅像の背後に見えている建物は朝鮮革命博物館です。銅像の左右には抗日革命闘争期と社会主義革命及び社会主義建設期における朝鮮人民の闘いを形象した巨大な群像が配置されています。左の2枚の写真がその群像の写真です。また,この博物館前面のモザイク画は,朝鮮人民が継承している革命伝統を象徴する朝鮮革命の聖山・白頭山を描いたものです。ここは24時間電灯がついていて,自家発電機があり,夜もライトアップされているということです。
 下の写真は主席の銅像前から見渡せるピョンヤン市街ですが,この写真からも分かるように,ピョンヤン市内には大きなビルが林立しています。
 高麗ホテルに到着後,平壌市内のレストランに案内され,そこで夕食をとりました。食前酒を飲んでいる時に2回ほど停電もありましたが,誰一人慌る様子もなく,逆に停電を楽しんでいるかの雰囲気すらありました。途中,ステージで従業員の皆さんによるアトラクションもあり,写真からも想像できると思いますが,私たちも一緒になって大いに盛り上がりました。