◆各種レポートなど 本文へジャンプ
 
外国人学校・民族学校の処遇問題を考える
日朝関係の現状を憂う
排外主義者集団「在特会」の朝鮮学校への攻撃を許さない
日朝関係はどういう歴史を辿ってきたのか
日朝国交正常化交渉を困難にしているもの
未来志向に向けて何が必要か 


【第28回呉地区高等学校同和教育研究大会提案レポート(横間洋海) ~ 1995年】


在日朝鮮人児童・生徒の進路保障をすすめるために



<はじめに>

  本年度は,呉地区高同教の専門機関として,「外国籍生徒教育専門部」[[現・朝問(文)研顧問会議]が設置されてから数えて12年目にあたりますが,以来,呉地区各校の“在日朝鮮人児童・生徒の進路保障のためのとりくみ”の広がりには目覚ましいものがあります。しかし,この間私たちは,とりくみの“広がり”については,ある程度は相互検証をすすめてきたものの,とりくみの“内実”を“検証し合い,撃ち合う”作業はほとんどなされていなかったのではないかという思いがあります。
 その証左のひとつにもなろうかと思いますが,例えばこの数年だけを見ても,呉地区各校では毎年のように,新・転任者,あるいは,ほとんどとりくみ経験のない若年層の教職員が係(朝問研顧問)として“あてがわれ”,しかも,1年たってようやく慣れた頃には,また係が交替するという状況が繰り返されています。
 このような現状を克服することなしに,呉地区各校における在日朝鮮人差別問題に関わるLHRなどのとりくみや在日朝鮮人児童・生徒に対するとりくみに“深まり”を期待することは不可能に近いのではないでしょうか。そのためだけではないと思いますが,この数年来,年度末に「各校総括」が提出されるたびに,差別性が内包されたままの問題文書(とりくみ総括)が「呉朝問研」などから指摘され続けています。とりくむべき教職員の側の歴史認識や現状認識が間違っていたり,あるいはアプローチの仕方を間違っていたりなどといったLHR展開例や児童・生徒に対するとりくみ例があまりにも多く,愕然とさせられることもしばしばあります。
 このような現状のもとで,児童・生徒の朝鮮認識や差別認識が変わるとしたら,これは,私たち教職員の側のとりくみ成果ではなく,児童・生徒が自分たちの力で自らを変革したに過ぎないのではないでしょうか。
 昨年度の「各校総括」について言えば,呉地区20校中,在日朝鮮人児童・生徒の進路保障するためのとりくみについて,何らかの形で“総括”している学校が15校,その内,重複している学校もありますが,LHRなどにおけるとりくみに関わるものが12校,個の児童・生徒に対するとりくみに関わるものが7校,職員研修に関わるものが4校ですが,これらの「総括」に共通しているのは,“お叱り”を覚悟で言えば,取り組みの原点であったはずの差別に対する“怒り”が感じられるものがほとんどありません。LHRのとりくみについて言えば,3年間を見通した意図的・計画的なとりくみはほとんど見られませんし,とりくんだという“アリバイづくり”をしたに過ぎないとりくみすら散見されます。
 在日朝鮮人をとりまく社会状況が変化し,子どもたちが置かれている状況が年々変化しているにもかかわらず,毎年,ほとんど同じ「総括」がなされていたり,個の児童・生徒に対するとりくみで言えば,とりくみレポートが少ない上に,その数少ないレポートの多くは,一度家族や保護者に“拒否”されると,そのまま引き下がってしまい,家族や保護者に対して“喧嘩”を仕掛けることもない,そんなレポートのオンパレードです。
 私たちは,何よりもまず,とりくみの原点は何であったのか,何であるべきなのかなどについて,再度共通認識する中で,各校現場の“由々しき”現状の克服を急がなければなりません。
 以下,1984年度以降の私たちのとりくみを整理し,問題点を明らかにする中で,今後のとりくみの“あり様”を探ってみたいと思います。



<「外国籍生徒教育専門部」の発足 ~ 1984年度>

 
  1970年度以降,呉地区においても在日朝鮮人生徒の進路を保障するためのとりくみが重要な教育課題となっていました。しかし80年代の前半までは,1981年度を例にとってみても,呉地区高同教研究大会・第9分散会「外国籍生徒に関わる問題」の存続が危ぶまれたり,広高同教研究大会・第4分科会にレポートが提出できないなど,民族差別問題に関わる私たち教職員の組織的・系統的な研修が不足し,在日朝鮮人に対する差別実態を明らかにし,それを教材化するための教育実践が不充分であることが指摘され続けていました。
 その転機となったのが,不幸な差別事件ではあったものの,1983年度の就職拒否事件であったように思います。
 少々長くなりますが,以下,当時のとりくみ実態を知るためにも,1983年度「呉地区高同教総括」から抜粋してみることにします。


 呉地区各校は,従来,在日朝鮮人生徒に対する進路(就職)指導にあたって,
(1) 願書を提出する段階で,企業に対する取り組みを行なう(主として,国籍等について
 の意向打診をする)。
(2) 国籍を明らかにせず,通称名で受験し,内定した段階で企業に対する取り組みを行な
 う。
(3) 通称名で受験し,内定後も,国籍等については一切ふれない。
等の方法について,原則として,学校・保護者・当該生徒の三者で話し合う中で,どの方法をとるかを決定し,その取り組みをすすめてきた。その結果,ほとんどの場合は,きわめて消極的ではあるが,就職後問題が起こらないことを願って(1)の方法を採用し,過去においては問題が起こっていなかった。
 しかしながら,本年度,呉地区においても,各校が進路(就職)指導に取り組む中で,私たちがとうてい見過ごすことのできない,重大な就職拒否問題に直面した。すなわち,呉地区内の本年度卒業予定の2名の在日朝鮮人生徒が県内外の複数の企業から,在日朝鮮人に対する予断と偏見に基づく「受験を遠慮してもらいたい」という形での就職拒否を受けたのである。私たちは,この問題を,単に当該校だけの取り組みにとどめるのではなく,呉地区高同教全体で取り組むべき重要な課題として受けとめ,今後,二度とこのような事態を生じさせないために,何らかの具体的な取り組みが早急になされるべきであるとの方向を確認した。
 これまでの私たちは,残念ながら,次年度以降の求人が確保できなくなることをおそれ,事前ではあっても,企業の誤りを糾し,受け入れを認めるまで闘い抜く,あるいは通称名で受験させ,採用が内定した段階で企業に対する取り組みを行ない,その上で,裁判に訴えてでも闘う,という強い主体を持ち得ていなかった。本年度の就職拒否問題についても,私たち教師(ママ)の「事前に,在日朝鮮人を採用してくれる企業を探す」という,いわば,消極的・融和的な取り組みの中で起こった問題であり,それを泣き寝入りするしかなかった私たちの取り組みの中身については,今後,多(ママ)いに反省し,私たち教師(ママ)の闘う主体を確立する方向での検討を重ねていかなければならない。
 しかし,たとえ,私たちの側の主体の弱さを認めるにしても,私たちは,私たちが今日まで営々として積み上げてきた同和教育運動の中身を,真っ向から否定するこのような就職拒否(差別)は,絶対に許すことはできない。
 このような観点から,私たちは,呉地区高同教として,職業安定所に対する取り組みをすすめる中で,その歴史的経緯を踏まえ,日本政府の責任を明らかにし,在日朝鮮人に対する差別・偏見の誤りを指摘し,その上で,企業に対する指導の強化,さらに,具体的で実効のある施策の推進を要望してきた。職業安定所に対する取り組み(学習会等)は,次年度以降も継続することを双方で確認しているが,なんらかの具体的成果が得られるよう,呉地区高同教そのものの力量をさらに高め,取り組む必要がある。

-1983年度「呉地区高同教総括」(pp.25~26)より抜粋

  この就職拒否(差別)事件に対するとりくみの中から,1984年度になって,呉地区でもようやく「外国籍生徒教育専門部」が設置されることになったわけですが,専門部発足の主旨は以下のようなものでした。

 このような状況のもとで,呉地区においても,昨年度呉工業高校の2名の在日朝鮮人生徒が国籍を理由に県内外の複数の企業から就職試験を拒否され,また,本年度には,呉市内に住む在日朝鮮人青年と音戸高校の卒業生が,民族差別の中で,新婦側の両親をはじめ親戚家族の参加を誰一人得られないままに挙式し,新生活のスタートをきらねばならないという,2つの事実が報告されている。そして,過去において,このような在日朝鮮人差別の実態を何回も目にし,耳にしてきた多くの在日朝鮮人の保護者や子どもたちが,ともすれば,日本政府の排外・同化政策の中に埋没し,朝鮮人であることを隠し,本来なら自らの将来に明るい展望を得られるはずの就職や結婚すらあきらめようとしている姿も見られている。
 呉地区高同教においては,昨年度の就職拒否(差別)問題に対するとりくみの中で得られた教訓を踏まえて,本年度,「外国籍生徒教育専門部」を発足させた。その最も主要な活動方針は次のようなものであった。


   私たち教師(ママ)は,(日本政府の排外・同化政策のもとで)眠らされ,バラバラ
  にされている朝鮮人の子どもを起こし,つなぎ,それと同時に,一人ひとりの在
  日朝鮮人の子どもや保護者に対する取り組みをさらに強めていかなければなりま
  せん。そのためには,「外国籍生徒のつどい」「外国籍生徒についての三者懇談
  会」等のこれまでの取り組みの中身を整理し,さらに充実・発展させていかなけ
  ればなりません。そしてその中で,朝鮮人の子どもの民族的自覚を高め,民族の
  誇りを持たせ,本名を名のらせ,差別に負けない,差別と闘う主体を確立させて
  いくことが在日朝鮮人の子どもの進路を保障していくための第一歩であろうと思
  います。また,そうした朝鮮人の子どもを受けとめ,支え,連帯することのでき
  る日本人の子どもを育成することも大切です。そのためには,日本の社会に根強
  く息づいている民族差別を克服することの重要性や,民族相互の文化や歴史,言
  語を尊重する態度を育てることの重要性を真に理解・認識させるためのLHR等
  における取り組みの一層の充実が必要であると思います。またもう一方では,現
  在の県教育行政の姿勢を変えさせること,すなわち,県教委に在日朝鮮人教育担
  当課を設置させ,さらには,広島県においても,「外国籍児童・生徒教育基本方
  針」を策定させるための取り組みが私たちの緊急の課題であろうと思います。
   …(中略)…
   最後に,以上述べてきた在日朝鮮人児童・生徒の教育をめぐる諸問題は,私た
  ちの取り組みだけでは決して克服し得ないものであろうと思います。呉市同教等
  との緊密な連携があってはじめて,小・中・高一貫した在日朝鮮人の子どもに対
  する取り組みが可能になるものと考えます。

     (第17回呉地区高等学校同和教育研究大会・教育研究集会「特別報告」より)



 以上引用してきた諸課題の中で,教育行政に関わる部分は,本年度発足した広高同教在日朝鮮人教育推進部(仮称)準備会[次年度より「朝問(文)研顧問連絡会議」と改称]の県教委に対する1年間の取り組みの中から,いわゆる「基本方針」の策定の方針決定を見ており,また,市同教との連係についても,「帰らざる密使」上映運動と通じて,一定の方向性を双方で確認するに至っている。しかし,私たちの最も重要な課題である呉地区各校に在籍する在日朝鮮人生徒に対する取り組みは,依然として,義務感のみですすめられている実態もあり,取り組みの深まりは見られていない現状にあると言わざるを得ない。

-1984年度「呉地区高同教総括」(pp.27~28)より抜粋


<日本高校在学朝鮮人学生サマースクール>

  今年は,8月7日~9日までの2泊3日で山口県の萩市で開催されましたが,毎年夏休み期間中に,日本高校在学朝鮮人学生会を中心に「日本高校在学朝鮮人学生サマースクール」が,主として西日本の各地で開催されています。
 サマースクールは「日本学校に学ぶ在日朝鮮人生徒が,多くの“なかま”と出会い,朝鮮人として生きる指導員の温かくかつ厳しい指導を通して,自己を見つめ,朝鮮人に“目覚め”,民族の誇りや自覚を取り戻すきっかけとなる重要な意義を持って」[1992年度「呉地区高同教総括」(p.56)より抜粋]います。
 広島県についてだけ言えば,日本人教職員が,青年同盟との連携を図りながら,サマースクールに計画・立案の段階から関わり,生徒たちの参加を働きかけ,さらに生徒とともにサマースクールに参加し,生徒の変わっていく様を目の当たりにし始めたのは1986年度の「みろくの里サマースクール」からでした。現在では毎年,日本人教職員の「サマースクール実行委員会」が組織され,サマースクールの成功に向け,定期的なとりくみを行なっていますが,当時としては全国でも初めての試みでした。呉地区高同教としても毎年,その意義を共通認識した上で,生徒たちへの働きかけと教職員の参加を続けています。
 以下,呉地区からサマースクールに参加した生徒たちの感想文を抜粋してみます。

 私は,今回のサマースクールは初めてです。来る時は,とても不安で初めは知らないトンムばかりだったのでやっぱりいやだったし,来るんじゃなかったなぁって思っていました。でも,少しずつトンムができ,このトンム達みんな朝鮮人なんだと思うと信じられない気持ちと,すごくうれしい気持ちでいっぱいになりました。
 このサマースクールで私はたくさんの事を学びました。というか,考え方を180度変えてくれました。来る前の気持ち…「朝鮮」という言葉を聞くだけで,胸がドキドキして,変な気持ちになって,みんなに知られるのがすごくとってもこわかった。授業なんかで同和教育を勉強しているときなんか,朝鮮のこととかが出るとすごく嫌で,「自分は日本人だ。朝鮮人なんかじゃないもん」って思いながら受けていました。でも,ここへ来て,こういう考えを持っていた自分がとても情けなく思いました。そして,これから朝鮮人として立派に生きていこうって思ってます。それに,朝鮮という国はすてきで,きれいで,とても良い国で,いい人優しい人がたくさんいて,とっても好きになりました。トンム達みんなが団結をしてクホをやった時,協力・団結し合った大運動会,一緒にみんなで食べたバーベキュー,そして最後のキャンプファイヤー,どれもこれも感激・感激の一言でした。それに,朝鮮を好きになった自分自身にもとてもうれしいです。
 今から直面する就職・結婚のこと,これが一番の不安でした。でも結婚なんかでも,アボジが「朝鮮人とじゃないと結婚ささん」とかって言うけど,やっぱ日本にいて日本の学校に通ってて,日本人を好きになるのは当たり前で,そういうアボジの言葉が全然理解できませんでした。でも今は,自分で「結婚するんだったら朝鮮人の人と」って,今思っています。就職も2学期から就職試験とかがあります。一生懸命頑張っていこうと思います。
 私はサマースクールに参加してずいぶん考え方が変わりました。今までの私は,“朝鮮”という言葉が嫌いで,授業中でも出てきたら,人の目を気にしたり,そわそわしたりしていました。今考えてみると,このような自分が恥ずかしく思います。
 現在の私は,朝鮮人であることが何も恥ずかしくないし,ただ日本にいるのが少ないだけで,恥ずかしいと思う方が恥ずかしいのだと思うようになりました。
 最近では,朝鮮語も習いたし,学校の同胞の人たちと集まって話がしたいと思うようになりました。同胞にこの夏の出来事をいろいろ聞かせてあげたいです。
 みんなで話をしていくうちに大変勇気づけられると思う。そう思いませんか?
 でも,同胞の人たちで,世間や友だちが怖いという気持ちを持っているという人も少なくないです。私も“いや”というほどよく判ります。みんなでひとつになって頑張ろう。そして,いろんな差別をなくしていきたい!例えば進学,就職,結婚…。
 朝鮮の女の子として,結婚のことが気になるのは当然です。私はたぶん朝鮮人と結婚すると思います。日本人と結婚したとして,夫婦喧嘩をした時,「朝鮮人の嫁なんかもらうんじゃなかった」などと言われたら,きっと惨めになるでしょう。それと子どもが生まれて,「自分は何人?」と悩み,民族魂を持ち得ないでしょう。そう考えると,やはり朝鮮人は朝鮮人同士が結ばれるのが幸せなのかなぁ?!
 私は,今まで“朝鮮人”ってことについてすっごく嫌悪感を持っていました。
 「朝鮮人をやめたい。日本人になりたい」って,小さいときからずっと思っていました。けど,サマースクールやサマーキャンプに行って,考え方が変わりました。
 同胞の子たちと知り合って,その場で友だちになれたりすることもすごく感動だったし,一緒に朝鮮のことについて学べることや話し合えること,何よりも本名でみんなと呼び合えることが感動です。私の知らなかった朝鮮のことが見えたりしてくるんです。今まで朝鮮のことを知らなかった自分が,別の空間にいたような気がします。
 それに同胞の友だちから手紙をもらって,「頑張って」とか「会えてよかった」とか,すごく,すごく嬉しかったです。
 結婚のこととか,就職のこととか,いろいろ自分で考えるけど,やっぱり自分は朝鮮人だし,これまでもそうだし,これからもそうであることは変わりません。
 今は,少しでも朝鮮のことを知りたいです。同胞の子たちと話したいです。何か,言葉にならない。適当な言葉がないです。けど,これからもどんどん積極的に,活動に挑戦したいです。

 私たちは,「排外・同化の動きに抗しながら,民族的自覚を持たせ,在日をたくましく生き抜いていける生徒の育成をめざす」などという言葉をよく口にします。しかし現実には,“りっぱな日本人”を育成するための私たちの毎日の教育活動や授業の中で,意図的であるかどうかは別にして,“劣等民族”としての朝鮮人ばかりが強調され,自分の周囲の日本人児童・生徒の朝鮮人に対する差別意識は増幅される一方ですから,在日朝鮮人児童・生徒は朝鮮民族としての誇りなんか持てないようにされているわけです。
 だから,3年前に呉昭和高校を卒業したGなどもよく言ってましたが,民族差別問題のLHRの時間などには,その時間が終わるまで,“朝鮮”という言葉が頭上を通り過ぎていくのを必死で耐えながら,待っているんです。そんな彼らにしてみれば,民族名を名乗るなんて,とうてい考えられないことです。
 私たちは,差別社会の構成員の1人であることに対する深い自省と民族差別に対する激しい怒りを持つことが,日本人教職員の人間としての原点的な資質でなければならないと考えています。日本人教職員の“怒り”とそこから生まれてくる反差別の連帯行動,そして何よりも,在日朝鮮人同胞生徒たちの“仲間の力”こそ,朝鮮人生徒の民族的誇りと自信を触発し,本名を名乗り,朝鮮人として生きることを決意させるわけです。
 極めて残念なことに,昨年・今年とまた,生徒のサマースクールへの参加者がゼロの状況が続いていますが,私たちは,1986年度以降,生徒たちとともにサマースクールに参加し,自分が朝鮮人であることに自信と誇りを持ち,変わっていく多くの在日朝鮮人生徒を目の当たりにして,ようやく私たちのめざすべき方向が共通確認できたのではないかと思っています。



<呉地区在日朝鮮人児童・生徒学習会「오똑이(オットギ)」>

 
 1987年度の志賀高原サマースクールに参加した呉豊栄高校のFは,参加はしたものの,最終日まで“逃げ”の姿勢を崩さず,閉校式直前の県別討論集会の場でようやくマイクの前に立ちました。2年前の阿蘇サマースクールに参加して以来の“自分”を語り,「今年こそは,呉へ帰ったら,本名宣言の問題も含めて,頑張りたい」という主旨の決意表明をし,精一杯の大きな声でクホ(口号)をやりきりました。
 そして,早朝の広島駅のプラットホームで,涙しながら九州から参加したトンムとの別れを惜しみながら,お互いの決意を確認し合っていましたが,それからのFは,“朝鮮”から目をそらすことなく,少しずつではあっても確実に,本人なりの闘いに向けて歩み始めました。呉朝問研が,そんなFを見て,呉地区の在日朝鮮人児童・生徒をつなぎ,仲間の力でFを支えるために,在日朝鮮人児童・生徒学習会『???』の開催を呼びかけました。その趣旨は次のようなものでした。


第1回呉地区在日朝鮮人児童・生徒学習会『オットギ』(仮称)の開催について

 

 平素は,呉・在日朝鮮人問題研究会の活動に対してご理解・ご協力を賜り,感謝しています。さて,今年7月に広島皆実高校2年生の李昌爕(イ・チャンソプ)が書いたアピール文は次のような文章で始まっています。



   目の冷たさや陰口を知っていても,自分は在日韓国人で,みんなと一緒に学校
  生活を楽しんでいる。でも,その笑いの中には,いつも韓国人ということを隠し
  ている。バレることがとっても今こわい。ちゃんと外国人登録証明書を持ってい
  る。これを区役所へとりに行くのがいやだった。ぼくは,指紋を押すことより,
  そこにいてバレることの方が怖かった。このようなことが頭からぜったいはなれ
  られない。人をバカにしたことに腹を立てることより,下を向いて,バレないこ
  とを祈っている。そんな自分がとってもなさけないと思う。



 呉地区においても,地区内の各高等学校・県立学校に在籍する32名の在日朝鮮人児童・生徒のほとんどが,日本の社会に今なお根強く息づいている排外・差別の仕組みの中で,李昌爕と同じように,在日朝鮮人としての誇りを持ち得ないままに校内外で自らの民族と本名を隠し続け,帰化・同化への道を歩むことを余儀なくされている現実がありますが,李昌爕は続けて次のような文を書いています。


   はじめて在日朝鮮・韓国人の交流会に行った時,同じ高校生なのにぼくとちが
  って,みんな朝鮮・韓国人としてほこりを持っていると言っていた。ぼくはほこ
  りなんて,まだまだもてない。でも,少しずつだけど,気持ちは変わっているよ
  うな気がしている。



 ここで李昌?が『交流会』と言っているのは,本年5月17日(日)に1987年度朝鮮奨学会面接試験会場で,前年度からの奨学生を中心に持たれた交流会のことですが,自らの朝鮮から逃げ続け,この日も,担任に背中を押し出されるようにしてシブシブやってきたにちがいない李昌爕は,この日を境にして『朝鮮人として』着実に歩みはじめています。
 李昌爕は,なぜ『朝鮮人としての道』を歩みはじめたのでしょうか。広島市立広島商業高校3年生の全美奈(チョン・ミナ)が,実に明快にこたえています。



   奨学金の係の先生は,こんな私を大きく変えるきっかけをつくってくれまし
  た。高校生の交流会などに行く気の全然なかった私は,先生に呼び出されるたび
  に,どうやって断ろうかと,そのことばかり考えていました。けれど,断りきれ
  ず,仕方なく交流会に足を運ぶということも何度かあり,そのうちに同じ学校の
  同胞と知り合い,また,他校の多くの同胞と知り合うことで,私はすすんで交流
  会に参加するようになりました。多くの同胞と出会うことで元気が出たし,みん
  なの話を聞くと勉強になりました。本名宣言についての話などは,ものすごく興
  味もありました。すごく勇気があるなぁと感心し,日本人生徒の「よくやったね
  ぇ」という励ましの反応,「なぜ,もっと早く言ってくれなかったのか」という
  言葉を聞くと,「私にもできればなぁ」と思わずにはいられませんでした。また
  毎年大阪で行われる『ウリ高校生文化祭』に参加して民族舞踊をおどった時は,
  自分は朝鮮人なんだと素直に感じることができたし,チマ・チョゴリを着た時は
  今まで着たものの中で一番似合ったような気がしました。高校生の交流会に参加
  してつくづく思うのは,自分の気持ちを手にとるようにわかってくれる同胞がい
  てよかったということです。そして,なぜ,もっと早く出会うことが出来なかっ
  たのだろうかということです。
   たとえば,私たちの意識がしっかりしているものならば,学校の先生方がいろ
  いろ言わなくても構わないと思います。けれど,多くの同胞たちはいつも孤独で
  誰にも自分の気持ちを伝えることもなく,この日本で暮らしています。もし出来
  ることならムリヤリにでも交流会など同胞の集まるところに連れてきて欲しい。
  一回でダメでもあきらめず,何度も連れてきて欲しい。私もそうやって変わるこ
  とが出来たから。


 
 私たち呉・在日朝鮮人問題研究会は,呉地区においても,是非とも第2・第3の「李昌爕」「全美奈」を育てたいという強い「願い」を持っており,そのためのとりくみをすすめています。
 つきましては,下記の要領で第1回呉地区在日朝鮮人児童・生徒学習会『オットギ』を開催したいと思いますので,主旨を充分にご理解いただき,貴校在日朝鮮人児童・生徒および関係教職員の派遣方を宜しくお願い致します。



1.主  催   呉・在日朝鮮人問題研究会
2.後  援   呉地区高等学校同和教育推進協議会
3.日  時   1987年11月14日(土) 14:00~17:00
4.場  所   広青年教育センター 第一会議室
          (呉市広古新開2丁目1-3 ?71-0706)
5.目  的   呉地区各校に在籍する在日朝鮮人児童・生徒が一堂に会し,同胞とつ
         ながり交流を深める中で,民族的自覚と誇りを培い,民族差別を許さ
         ず,差別と闘っていく資質を身につけさせる。
6.日  程   14:00~14:15  開会・挨拶
         14:15~15:10  VTR『我が名は朴実(パク・シル)』
         15:10~16:10  “高暮ダム”学習~『第1回広島県在日朝鮮人生
                  徒交流会』に備えて
         16:10~16:45  懇談会(意見交換)
         16:45~17:00  第2回『オットギ』(仮称)について・閉会
7.参 加 費   無 料(参加教職員のカンパでまかなう)
8.参 加 者   呉地区各校に在籍する在日朝鮮人児童・生徒,および関係教職員


  しかし,この時は10人近い教職員の参加はあったものの,肝心の生徒の参加はありませんでした。第1回オットギの開催が失敗に終わった最大の原因は,外国籍生徒教育専門部会などの組織討議を踏まえて,呉地区高同教が各校にとりくみを呼びかけたのではなく,オットギ開催の意義などについて呉地区各校の共通認識がない中で,呉朝問研がひとり,“先走って”開会を呼びかけたことにあったのではないかと考えています。
 しかし,それにもかかわらず第2回も,第1回と同様に呉朝問研が単独で,1988年6月11日に開催しました。ちょうど外国人登録の一斉切替の年に当たっており,全国的に指紋押捺拒否(留保)者が続出している時期で,呉地区においても,呉昭和高校のSが5月に指紋押捺を留保した直後のことでした。
 呉朝問研がこの時期に第2回の開催を呼びかけたのは,押捺を留保したSを何とか支えたいとの思いがあったのはもちろんのことですが,生徒たちの参加がどれだけ得られるのかについては,全く見通しがたっていませんでした。
 結果的には,Sを含め2人の在日朝鮮人生徒と11人の教職員の参加があり,会はVTRの視聴後,Sの押捺留保に至るまでの経過やSの思いについて,Sから直接聞かせてもらうなど,参加人数は少ないものの,非常に有意義なものになりました。
 第3回は,また生徒の参加が得られず,呉朝問研が主催することに無理があるのではないかとの指摘もされ始めました。
 このため,外国籍生徒教育専門部会主催の『オットギ』にすべく,高同教で検討が続けられ,第4回からは主催団体が呉地区高同教外国籍生徒教育専門部会に変更され,その後,活動の中身や“指導”については第二初級学校の先生方を中心に民族側の協力をいただきながら,今日に至っています。
 最近の『ハムケ』などのとりくみについては,後掲しますが,この『オットギ』に寄せる生徒たちの思いを抜粋してみることにします。

 私は,幼い頃から朝鮮人だということを聞かされて育ってきました。だから,大きくなってから朝鮮人だと聞いて,別にショックはありませんでした。いつからか,そのことを隠すのが当たり前のようになっていましたし,朝鮮人であることが重荷になっていました。学校に行って,友達が朝鮮人のことを悪く言ったりしているのに,自分も一緒になって話をしていました。内心はすごく情けない気持ちでした。本当なら,自分をけなされているのだから怒らなければならないのに,一緒になって話をしているということ,自分で自分をけなしていることなのにと気づいても,みんなに朝鮮人だと分かることの方が怖くて,そういう態度をとってしまいました。
 高校に入って,先生から呉地区での朝鮮人同士の集まり「オットギ」に行ってみないかと誘われましたが,最初の頃はずっと断っていました。そして,私が最初に「オットギ」に参加したのは,1年生の冬のクリスマス会でした。このクリスマス会に出るのもすごく嫌で,先生に半分だまされた感じで参加しました。行ってみると,朝鮮料理を中心とした感じの料理が並べてあり,生徒の数も10人足らずで先生たちの方が多く,何となく居づらい雰囲気でした。そのクリスマス会をきっかけに2年生から少しずつ「オットギ」に参加するようになりました。内容は朝鮮語講座とか,たまに食事をしながらの話し合いでした。何回か「オットギ」に行くうちに友達もでき,最初は先生に引っ張られてイヤイヤ行っていた感じから,少しは自分から行ってみようかと思えるようになってきました。
 朝鮮語を習うことも,初めは珍しく聞き慣れませんでしたが,自分の名前を書けるようになったり,少しずつ簡単な単語が分かっていくうちに,もっともっと朝鮮語を習ってしゃべれるようになりたいと思うようになりました。
 私は,朝鮮語を習うことによって,本当に少しずつですが,自分が朝鮮人なんだなぁと思えるようになりました。こう思えるようになるまで1年間かかりましたが,今からは朝鮮語だけでなく,朝鮮の歴史とか自分たちに関する法律とか自分たちに関係深い問題をみんなで勉強しながら,話し合っていきたいと思います。
 私たち呉地区では,月に1~2回,土曜日の放課後集まって活動しています。この集まりを「オットギ」と言います。この「オットギ」は5年前から始まり,阿賀公民館や広島朝鮮第二初級学校に集まって,ウリマルなどの学習をしています。また,勉強だけでなく,日頃感じること,思うことなどを話し合ったりもしています。
 私は高1の時,「オットギ」に参加してみないかと何度も誘われましたが,自分が在日朝鮮人であることを意識するのが怖く,一度も参加しませんでした。
 高2になり,先生方の強い誘いに負け,イヤイヤながら参加してみました。そこで,初級学校の朴英美校長に出会い,いろいろな話を聞きました。その中で「朝鮮人であることを,何で恥じることがあるのか」と言われ,この言葉が今も強く印象に残っています。それからは,自分で「オットギ」に参加するようになりました。
 でも,参加してみても集まりが悪く,生徒の数より先生の方が多いのが現実です。いろんな活動をしようとしてみても,集まりが悪く人数が少ないと,元気が出ません。この人数的なことが今の「オットギ」にとって大きな問題と言えます。
 「第3回在日朝鮮人生徒交流会」を成功させるため,また,みんなの意識を高めようと,夏休みに合宿を計画しました。そして,まだ参加していない仲間に,少しでも多く集まってもらおうと,電話などで呼びかけを行ってきました。それでもなかなか集まりません。残念な気持ちで一杯でした。
 合宿の時(8月3~4日)に,この交流会の実行委員会を結成しました。そして,実行委員長を中心に「基調提案」や「呼びかけ文」を考え,何回も検討しながら作成していきました。また,何回も集まる中で,分科会やレクリエーションについての検討など,交流会に向けての活動も具体化し,「オットギ」の仲間も固定化してきました。
 少しずつではありますが,活動が活発になってきています。これを機に,もっと仲間に呼びかけていき,ますます「オットギ」を活発にしていかなければならないと思っています。


<広島県在日朝鮮人生徒交流会>
 
  1987年11月28~29日の2日間にわたって口和町ふれあいの丘において開催された「第1回広島県在日朝鮮人生徒交流会」へ,呉地区からは誰ひとり参加させることができませんでした。呉地区の在日朝鮮人生徒が組織化されていなかったことが最大の原因であったわけですが,次の文を読むと,当時の呉地区の状況がよく分かります。

 このような厳しい排外・差別の仕組みの中にあって,例えばK高校のYなどは,「本気で勉強するよ」と言いに職員室までわざわざやって来て,「あんたら,本気で取り組む気があるんか。ちゃんとやれよ」と,担任や係へ腹決めを迫っているし,Yほどではないにしても,朝鮮人児童・生徒の多くが入学して間もない時期に,「国籍が違うのでそのことで勉強や態度など,ずいぶん親に言われてきた。そのせいで自分の性格が変わったと思う。…(中略)…そして同和教育も,自分のことなのでしっかり勉強したいと思います」「僕の言葉は皆と違うじゃろ。お母ちゃんがおかしいけん」等々,自らの“朝鮮”を突きつけながら,必死で私たち教職員の“出方”を探っている。
 にもかかわらず,本年度も,呉地区各校に在籍する31名の生徒のうち,誰ひとりとして,「オットギ」なども含め,地区内外の日高生の活動にさせ得ていない現実がある。
 Fが志賀高原で,「阿蘇から帰って,周りを見たら熱が冷めて,宣言はもちろん,何もする気がなくなってしまった。だから今年は,今までクホをする気持ちになれなかった」と語ったが,呉地区の現状を見事に言い当てている。



   “私は差別者である”ということを本当に自覚していたのか。真に反差別の立
  場に立とうとしているのか。被差別の痛みを分かろうとしているのか。今一度,
  厳しく問い直さなければならない。 
                (呉養護黒瀬分校総括『堀口レポート』より抜粋)



 私たちのとりくみの原点である。
 私たちは,排外・差別の動きに抗しながら,“民族的自覚と誇りを高め,在日をたくましく生き抜いていける”生徒の育成をめざしてきたが,本年度も,学校態勢として,在日朝鮮人生徒に係わり,各校現場の課題を明確にし,その中から,“民族の自覚と誇り”を高めることのできる教育内容を創造するという営みを定着させることができなかった。と言うよりも,むしろ後退している。
 まさに,私たちの立つ位置が,今問われているのではなかろうか。


-1987年度「呉地区高同教総括」(pp.64~65)より抜粋

 この「広島県在日朝鮮人生徒交流会」は,当初,3年に一度開催されることが申し合わされていましたが,生徒たちの希望もあって,第3回から1年おきに開催されることになり,第3回は呉地区が担当することになりました。
 準備段階では「本当に呉地区だけでやりきれるのか」という不安で一杯でしたが,前述のシルギの「活動報告」にも見られるように,多くの仲間や教職員の支えもあり,「全県の在日朝鮮人生徒が集い,交流を深め合い,朝鮮人としての自分の生き方を見つけよう」との交流会テーマのもとに,生徒50人,教職員73人の参加を得て,呉昭和高校のGやシルギを中心にして,何とか無事にやりきることができました。
 以下,「呼びかけ文」と「基調提案」を抜粋しておきます。

呼  び  か  け  文

 
 アンニョンハシムニカ!
 『第3回広島県在日朝鮮人生徒交流会』が,いよいよ近づいてきました。
 この交流会は,同じ広島県内に住みながら,日頃,なかなか会う機会のない私たちが同じ同胞として,いろいろなことを話し合うことのできる貴重な時になると思います。
 私たち呉地区同胞は,今回,本音で話し合うことはもちろん,それぞれの地区の活動がどのように行われているのか知り,それを情報源とし,さらに活発にし,同じ民族である仲間と思いきり話し合えたらと心から願っています。
 初めての人や,朝鮮人だということで下向きになっていた人でも,朝鮮人として生まれてきたことを,たくさんの仲間と出会えることで,きっと自分の中で上向きになれるはずです。この貴重な出会いを大切にするために,ひとりでも多くの仲間が集まり,そして,交流会を成功させたいと思っています。
 多くの仲間たちと出会えることを心から願っています。

 1992年9月6日         『第3回広島県在日朝鮮人生徒交流会』実行委員会


 基   調   提   案


 日本という国に生まれ,育ち,日本語を話し,多くの日本人とともに暮らす。
 これが私たちの日常生活です。そんな日常を暮らしている私たちは,自分が日本人と違う民族であるということを意識していない時が多いのではないでしょうか。
 「在日朝鮮人生徒交流会は」1987年に,広島県の朝問(文)研の先生が発起人となってつくられた会です。広島地区の高校生や一般の人たちが集まって,「本名を呼び合おう」を目標に開催したのが,第1回の「在日朝鮮人交流会」でした。
 第2回目は,「本音で語り合って,差別と闘う」をテーマに討論をしました。
 今回で3回目の開催となる「在日朝鮮人生徒交流会」は,日頃の自分のあり方を見つめ,自分が何者であるかを,互いに本音で語り合える会を目標としています。仲間の中で,自分の人生を真剣に考え支え合っていく中で,人間性を高められればと思っています。この会が有意義なものとなるため,多くの仲間の参加を呼びかけたいと思います。
 私たちは,日頃の生活において,同化を余儀なくされています。
 日本人が,私たちを日本人でなければならないと,させているのか?
 私たちが,いやいや日本人にならされているのか?
 それとも,日本人になりたいと思っているのか?
 こういう現実の中,このような会合の場が,多くの在日朝鮮人の集う会に発展しにくいのが現状です。
 これらの問題と闘うことは,第一に制度(法律)との闘いです。
 第二に,日本人の自分たちに対する受けとめ方です。この2点については,長年差別し続け,それが当然であるとしてきた日本政府(日本人)も,国際情勢の中で,私たちへの対応も幾分軟化してきていると思います。
 第三に,自分たちの意識の問題です。ひとりで考えることには限界があります。同じ問題を抱えた者同士の話し合いの中で,一つずつ解決していくのではないでしょうか。そうやって前進していけば,私たちが会に参加していない仲間を誘い,情報交換や交流を活発に行えるのではないでしょうか。
 「ひとりひとりが自覚を持つ」をテーマに,今回の会を開催したいと思います。日本でのよりよい生活環境を勝ち得る日を一日も早く実現するために,諦めることなく進んでいきたいと思います。


 このように「第3回広島県在日朝鮮人生徒交流会」を見事にやりきった「오똑이」の仲間たちも,それ以降ほとんど集うことがなくなり,現在は活動が途絶えていると言ってもいいのではないかと思えるような状態になっています。
 昨年11月5~6日に開かれた「第4回広島県在日朝鮮人生徒交流会」への参加者は,呉昭和高校の卒業生シルギを除いて,生徒たちの参加者はありませんでした。呉地区の現状を見事に物語っています。
 ここでは,私たちのとりくみのあり様を整理するためにもユ・ポジャのアピールを掲載しておきます。

 私は朝鮮奨学会の奨学金を受けるようになって3年目になります。高校1年生の時,この奨学会主催のサマーキャンプに参加し,初めて多くの同胞の存在を肌で感じることができました。しかし,それまでこのような会に参加したこともなく,自分が朝鮮人だと思われることが嫌だった私は,朝問研活動に対してとても批判的でした。このサマーキャンプに参加しても,その気持ちは変わっていませんでした。そして,その後も先生方にいろいろな交流会に誘われました。その度におかしな不安を感じ,不安を感じながら参加した交流会では,私と同じ在日朝鮮人の同胞にさえ自分の本名を名乗るのが嫌なくらいでした。
 しかし私は,いろいろな交流会や活動を通じ多くの仲間ができていました。そして,同胞の思いを知っていく度に,誰にも知られたくなかったはずの本当の私,そのあり方がどうあるべきか,それについての自分の考えがどんどん変わっていったのです。
 同じ立場から考える,そして,同じ立場でありながら,私とは全く別の生き方をしている,自分に誇りを持って生きている同胞と知り合い,自分を正面から見つめることの大切さに気づくことができたのです。今では,私の本名であるユ・ポジャという名前を友だちや先生や知らない人からも呼ばれるようになりました。今はそれが当たり前であると感じ,そのことを確信しています。それは自分が本名を名乗るようになってから,嫌なこと,隠したいこと,恥ずかしいこと,気になることの不安が減ったからだと思います。
 私の場合は,今年の4月に本名宣言という形で本名を名乗るようになりました。初めは,「呼べない」と言っていた日本人の友だちもいましたが,その友だちも今では自然に“ポジャ”と呼んでいます。そして,このことを通じて,日本人の友だちは,私たちが思っているほど,今現在の在日朝鮮人のあり方を理解していないのではない,ということを知ることもできました。今思えば,あの時自分が抱いていた恐怖感,朝鮮人であることへのマイナスイメージは,私にとてもそんな生き方をさせていたのです。
 日本名で生きていくことも私たちの生き方のひとつかも知れません。しかし,ここに自分の本名を名乗ることではるかにすばらしい生き方を知った,そういう人間がいることを示しておきたいと思います。
 日本名で生きること,そうせざるを得ない環境も確かに存在します。中には,自分は本名を名乗りたいが,両親や周囲の人たちがそうさせてくれないという同胞も大勢いると思います。しかし,私たちは「自分の周りにはこんなに多くの仲間がいるんだ」ということを覚えておきたいと思います。そして,ひとりで苦しみ,悩んでいる同胞には,しっかりとそのことを伝えたいと思います。
 また先生方には,私たちが知らないから,自分の周りに仲間がいないと思うからつらいんだということをもっと理解してほしいと思います。そして,私たちの仲間が今よりももっと多くなるよう努力してほしいと思います。それは,先生方の義務でもあると感じています。
 私たち在日の生徒は,身近な同胞を知っていくことによって,絶対に何かを感じることができます。私たち生徒も,先生方も,それを信じて,お互いが積極的に関わっていけるよう,広島からのアピールで表したいと思います。
 ?????.


<함께(ハムケ)-呉地区在日朝鮮人児童・生徒民族文化発表会>

 1993年度以降,呉市同教の前年までの「夏季学校」が「民族学級」へと再編成され,年間を通して活動が継続されることになりました。当然私たちは,このことが呉朝鮮幼稚班と呉地域の小・中・高校に在籍する在日朝鮮人の子どもたちをつなぐ最大のチャンスだと考えました。そこで私たちが“仕掛けた”のが,昨年3月6日に開催した『함께-呉地区在日朝鮮人学生民族文化発表会』です。その「趣意」は次のようなものでした。

 「함께」,それは「ともに」です。公演に集う仲間が,声を大にして,ともに民族教育の“すばらしさ”や“大切さ”を訴えていかなければなりません。
 昨年3月7日,呉地区において,初めて『在日朝鮮人児童・生徒の教育を考えるシンポジウム』が開催されました。シンポジウムでは,呉地区の日本学校に通う在日朝鮮人児童・生徒の実態報告,さらに,子どもを朝鮮学校に編入させた保護者の体験発表が行われ,それらを通して,日本学校教職員の課題が明確になってきました。すなわち,呉地域の小・中学校に学ぶ在日朝鮮人児童・生徒をつなぐ活動をつくっていくこと。その活動の中で,民族にふれ,民族を感じ,民族意識を高めていくことこそ,子どもの進路を保障する道であることが確認されました。また,朝鮮に対する正しい認識をきちんと日本人児童・生徒に培っていくために,教育内容をどう創造していくかという課題も投げかけられました。
 呉市において,民族教育を推進し,民族教育の拠点として活動を繰り広げてきた広島朝鮮第二初級学校は,本年度から,新たに「幼稚班」としてスタートすることになりました。日本学校教職員は,“つなぐ”活動をつくっていく,教育内容を創造していく過程において,これまで以上に,広島朝鮮第二初級学校幼稚班との連携を図りながら実践を積み上げ,民族問題にかかわる教育運動を構築していかなければなりません。
 呉市同和教育研究協議会(呉市同教)は昨年7月から「民族学級」を定期的に開催しています。日本学校に学ぶ在日朝鮮人児童・生徒が民族にふれる場として,ともに集い,朝鮮のことばや歌,踊りの学習を続けています。また,呉地区高等学校同和教育推進協議会(呉地区高同教)は「오똑이」のとりくみを地道に積み重ねてきました。これらの活動は,日本社会の中で“朝鮮人として生きる”ことへの本人や保護者の熱い願いに支えられています。また,民族側(民族学校)の熱心な指導によって,継続されています。
 今回,三者(呉市同教・呉地区高同教・広島朝鮮第二初級学校)が緊密な連携を図る中から,『함께-呉地区在日朝鮮人学生民族文化発表会』の実現となりました。在日朝鮮人の子どもたちの歌や踊りなどを発表する姿の中に,民族の誇りと力を感じずにはいられません。また,朝鮮の民族文化・伝統のすばらしさを体感していただきたいと思います。
 ひとりでも多くの教職員,保護者,教育行政関係者の参加をお願いします。

 当日の参加者は400人を超える大盛況で,子どもたちはチョゴリを身につけ,朝鮮の歌・踊りを生き生きと表現し,輝いていました。公演も終わりに近づき,高校3年生のシルギが参加者に対して,涙ながらに次のように挨拶しました。

  私がはじめて「オットギ」に行ったのは,高2になってからです。日本の先生方の強引さに負けたという感じでした。しかし,行ってみると,これが面白くない。暗い雰囲気はするし,来ているのも2~3人。正直なところ,もう二度と行きたくないと思いました。でも,私の優柔不断な性格のせいか,先生方に言われると,ずるずると行ってしまいました。
 それに在日朝鮮人生徒交流会で,この「オットギ」の活動報告をしたり…。
 その後,先輩たちは卒業してしまい,「オットギ」は本当に誰もいなくなりました。どうして「オットギ」に参加しているのだろう。いつも,結局は先生たちの言いなりになって,いつもいい子ぶりっ子をして受け入れてしまう。自分の意思はないのか。とても情けなく,自分が嫌でたまりませんでした。でも,またずるずると「オットギ」へ行ってしまいました。
 でも高3になってからは,参加する理由が一つだけできました。安芸南高校からリミとユヘという友だちが来ることになったからでした。ただただその2人に会えるのが楽しみで…。
 ところが,ある日「オットギ」に行くと,「3月6日に発表会があって,それに出るのよ」。私は驚き,「えーっ」の一言です。それでも,また例の如く,ずるずると承知してしまい,練習し始めました。
 ある日,ソンセンニムに「シルギは,来ていても,楽しいのか楽しくないのか分からない」と言われました。私は,図星をつかれてしまった,見抜かれてしまってると,びっくりしました。でも,本当に自分でもわからなかったのです。「オットギ」に通っていても「アンニョンハシムニカ」って言えない。どうしてか言えない。他の人は言えるのに…。私は考えました。他の人は,自分が在日であることについて,自分の意志でちゃんと考えている。そして自分の意志で,舞踊に,歌に,チャンゴに夢中になってとりくんでいる。こんな中に自分がいるのはおかしい。私一人だけ違う。舞踊もチャンゴもむずかしくてできないし…。そんなことを考えていると,私は孤独感で一杯になってしまいました。
 そんなある日,用事で学校に行った時,つい先生方に「行きたくない」と言うと,先生方はいろいろと励ましてくれました。その中で心に残った言葉が「自分をアピールすること」と言われたことです。その日は,「アピールねぇ」と思いながら,そのまま練習へ行きました。その日練習に来ていたのは,私を含めて,たまたま2人だけでした。私は思い切って,今まで思ってきたことを話してみました。本名のこと,在日朝鮮人差別のこと,そして,私が練習へ来たくないこと。答えは出なかったけど,私には,友だちの「ただ一生懸命頑張るだけ」という言葉がとても深く,印象的でした。今までの自分になかったことです。
 アピールすること,つまり,私たち在日朝鮮人が存在していること,在日朝鮮人がどんな理由で,どんな思いでいるのか。そして,在日朝鮮人が今の日本の社会の中で,どのような状態におかれているのかをアピールすること。それは私たち在日にしかできないことで,その活動の場が「オットギ」だということに気づかされました。自分をアピールするために一生懸命頑張る。私は,今まで悩んでいたことが一気に吹き飛んだような気持ちになりました。
 アピールするのは良いことだから頑張ってみよう。自分を知ってもらい,そして仲間を知ってもらうのは良いことだから頑張ろうと思えるようになりました。今では,そのことをもっと早くわかっていればと思っています。私は,やっとそのことに気がついたのだと今実感しています。
 今日私たちは,これまで,皆さんに“韓国”“朝鮮”そして“在日朝鮮人”を一生懸命アピールしてきました。きっと何かを感じてもらえたものと信じています。今日は本当にありがとうございました。これからも精一杯がんばります。


  在日の仲間の力はすばらしいものです。シルギがここまで変われたのは,シルギ自身も言っているように,「オットギ」に集う仲間の力以外の何ものでもありません。今,シルギとリミは,それぞれ,広島市内の専門学校と短大に通いながら,時間がとれる時には広島市内の在日同胞と集いながら,さまざまな活動を続けていますし,ユヘは広島朝鮮歌舞団に参加し,民族芸術活動を通して,在日朝鮮人としての生き方を探り続けています。在日朝鮮人の子どもたちをつなぐことの大切さをもう一度ここで確認しておきたいものと思います。
 この「ハムケ」は,昨年度は呉市同教の「民族学級」の仲間たちが中心になって,3月6日に開催されました。残念ながら「オットギ」の生徒たちは,日常活動がほとんどなされていなかったため,1人を除いて,あとの2人は当日一日だけの参加になりました。それでも,呉商業高校のYがぶっつけ本番に近い状況で,司会・進行をやりきるなど,3人は精一杯やりきりました。今年の「ハムケ」に確実につながるのではないかと,期待しているところです。



<まとめにかえて>


 「サマースクール」や「オットギ」に参加してきた生徒たちの思いの紹介をできる限り試みてきました。日高生がどんな思いをしながら,日本人教職員に何を期待しながら,毎日を過ごしているのかを是非とも感じてもらいたいと思います。
 これらの生徒たちの思いの中から私たちが学ばなければならないのは,在日朝鮮人児童・生徒の自覚を促し,民族の誇りを持たせるのは,決して日本人教職員ではないということです。私たち教職員の役割は,もちろん日本人だからできるということもあるだろうと思いますが,何よりもまず大切なことは,在日朝鮮人児童・生徒を“つなぐ”ことです。もちろん,“つなぐ”ためには,極端な場合には児童・生徒をだますことが必要になってくることもあるし,保護者の変革を迫らなければならない場面も当然生じてくるだろうと思います。
 しかし多くの場合,私たち教職員は,一度か二度の本人や保護者の側の“拒否”を理由にとりくみを諦めてしまったり,とりくまないことを正当化するだけで終わっています。私たちの在日朝鮮人児童・生徒に対する進路保障のとりくみの第一歩は,民族差別に対する“怒り”と,子どもたちに寄り添い在日朝鮮人同胞とつなぐことであり,さらに差別に対しては,子どもたちと連帯して闘う行動力・実践力を持つことであろうと思います。子どもたちは,私たち教職員が差別に対して第三者の位置に立つことを決して望んではいないのです。
 呉地区の現状を克服するために,私たちが今何をしなければならないのか,もう一度,みんなで再確認したいものです。
 最後にもうひとり,くどいと思われるかもしれませんが,呉工業高校Rの“声”を紹介しておきます。


  自分たちのような在日朝鮮人生徒は,生まれたところは日本であり,日本の教育を受け,日本語を当たり前のように使い,日本人のようなふりをして生活しています。日頃日本人生徒と接していて,朝鮮についての話が持ち出されるとドキッとし,その話題を避けようとすることを最初に考えます。
 皆さんだったらどうでしょうか。多分,同じように感じている人は少なくないでしょう。なぜ,こういう思いをしなければならないのでしょうか。
 私たちは朝鮮人としての誇りを持ち得ないまま,自分の民族と本名を隠し続けているのが現状です。
 僕が朝鮮人として素直に感じることのできる場所は数多くはありません。その中で,本当の自分として活動できる場所が2ヶ所あります。そのひとつが,呉地区の朝鮮人生徒同士の集まり「オットギ」です。もうひとつは,サマースクールのような大きな集まりです。
 そのひとつであるはずの「オットギ」には積極的に参加することもなく,自らに与えられた少ない時間さえも壊してきたような気がして残念でなりません。しかし,今年はサマースクールに参加して,いろいろ学んできました。このサマースクールで,「学校のこと」「将来のこと」「結婚のこと」など多くのことを語り合いました。この中で,これから生きていく上で,大きな“絆”となる同胞の親友ができました。この同胞との出会いで,“朝鮮人”を少しでも素直に感じられ,勇気づけられました。
 このような同胞との集まりの中での生き生きとした僕の姿は,学校の先生から見ても,全く別人に見えたと思います。それは自分でも感じていることです。
 このような同胞との繋がりの中で,自分たちは直接“民族”に触れ,心を動かされ,熱い感動を味わい,これからの自分の生きる方向を見いだしていき,まずは,残り少ない「オットギ」に参加して,高校を卒業しようと思います。
 これから直面する問題は数多くあると思いますが,それについてみんなで討議しながら,意見交換をしていきたいと思います。