◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



民族学校C君に対する「転入学拒否」問題 ~ 1990年



Ⅰ.事実経過
<1990年5月17日(金)>
 広島国泰寺高校通信制の稲田教諭から呉豊栄高校・小早川教諭に広島朝鮮中高級学校(中級部)の生徒C君が呉市立広中央中学校に転入学を拒否されていることを電話で知らされ,小早川教諭はその後,その概要を呉朝問研・横間に報告。

<5月21日(月) 17:00~18:00>
 国泰寺高校通信制の正本・稲田両教諭と小早川教諭の3人が第2初級学校を訪問し,朴校長と盧清美先生から事情を確認。

<5月21日(月) 18:30~20:00>
 正本・稲田・小早川3教諭と朴校長の4人が,K町の母親宅に赴き,当時の状況を聞き,日本人側3人で以下の5点を確認して解散。
①今回の事件は全国的にも滅多に起こることのない,「国際問題」になってもおかしくない
 差別事件である。
②市教委発行の「入学通知書」の確認をすることから作業を始める。
③C君自身の変革をめざす指導を行なう。
④県朝問(文)研顧問代表者会議としては,当面は(C君の入校のこともあるので)当該校や呉
 市教委への質問状などを出すことは控える。
⑤「入校拒否民族差別事件」ではあるが,地元の取り組みを重視し,新聞等のマスコミにも
 当面は出さない。

<5月23日(水) 14:00~16:00>
 小早川教諭が呉市教委学事課で「入学通知書」の確認作業。

<5月24日(木) 17:30~22:30>
 学事課(井石)と広中央中学校(住吉校長・古川教頭)との確認の会に小早川教諭・横間も同席。校長が井石氏の求めに応じて,用意していた「C君のことについて」という文章に基づいて説明し,その後質疑応答。

<5月25日(金) 18:00~20:00>
 朴校長・小早川教諭・横間の打ち合わせをし,C君の指導のあり方を確認。

<5月30日(水) 18:30~20:30>
 学事課(古太刀・井石両氏)と小早川教諭・横間で意見交換。
①広中央中との確認内容をどう見るか
②C君の指導について
③朴校長の思いの共通理解
④広中央中学校に対する指導のあり方について,など

<6月1日(金) 16:00~17:00>
 広中央中学校長が“謝罪”のため第2初級学校を訪問。

<6月2日(土) 18:00~20:00>
 朴校長・小早川教諭・横間の3者で最近のC君の状況把握。広中央中学校以外の2年生への転入学や本名入学などについて意見交換し結論を出す。

<6月4日(月) 10:00~12:00>
 朴校長がC君と母親を呼び,転入学校について確認。横路中学校が候補に上がり,本名入学や2年生編入についても了解。

<6月5日(火)>
 小早川教諭に学事課から「今後,同和教育指導室(石原室長)と相談して,この問題の進展を図ることになった」との報告あり。また,小早川教諭から朝鮮総聯県本部・姜周泰教育部長に口頭でC君への取り組み状況を報告し,以後の取り組みの方向についても理解を得る。

<6月6日(水) 18:00~20:30>
 学事課から横路中学校長にC君の入学意志を伝達。小早川教諭と横間も同席し,取り組み経過を詳細に報告。

<6月7日(木) 14:00~15:00>
 学事課2名(古太刀・井石両氏)が謝罪のため第2初級学校を訪問。

 <6月7日(木) 19:00~22:00>
 朴校長・小早川教諭・横間の3者で話し合い,情報整理と転入学校の最終確認。
 小早川教諭と横間が8日にC君に会って本人の心構えを促すことと,朴校長も日程を調整した上で横路中学校長に会うことを確認。
 
<6月8日(金) 20:30~22:00>
 小早川教諭と横間がC君宅を訪問し,日本学校の様子やC君が本名で入ることになったことの意義,2年生への編入を決めた理由などについて説明し,C君に理解させる。

<6月9日(土) 18:00~18:40>
 朴校長に小早川教諭から前夜のC君への取り組み内容や本人の様子について報告。

<6月12日(火) 14:00~15:30>
 C君の入学手続きに関わって学事課(井石氏)と朴校長との話し合い。13日に初級学校で朴校長から母親に説明し,14日に入学手続きをすることになる。

<6月14日(木) 11:00~12:00>
 小早川教諭がC君と母親を伴い学事課へ行き,手続きを終える。

<6月15日(金) 15:30~16:30>
 事前の朴校長・盧清美先生との話し合い(意見交換)を踏まえ,16時30分から30分間,横路中学校長がC君本人・母親と面談。この後,小早川教諭も同席し,校長・教頭・S先生(2年生担当)の3人がC君・母親の2人と話し合い。
 
<6月15日(金)>
 指導課長の指示で高畑氏が横路中を訪問指導。

<6月18日(月) 10:30~12:00>
 小早川教諭と推進教員・村木教諭の2人で奥本指導課長と高畑氏の指導内容について確認。荒田主事・石原同和教育指導室長・山根主事・竹本主幹も同席。

<6月18日(月) 20:00~22:00>
 小早川教諭と横間の2人で横路中学校長と会い,14日の校長の対応の仕方に関わる朴校長の指摘内容を伝える。

<6月19日(火) 8:30~9:00>
 小早川教諭から奥本指導課長に対して,電話で以下の諸点を要請。
①関係各課の話し合いに基づいて取り組むこと。
②本名入学に関わって横路中学校を指導しなければならないことについての理解。
③高畑主事への指示内容と,高畑氏の実際の指導内容について文章で整理すること。
④呉朝問研との事前連携・相談。
⑤“決闘”に関わる事実確認。
 
<6月19日(火) 10:00頃>
 学事課・井石氏から「職員会議のすすめ方等についての打ち合わせのために横路中学校を訪問する」との電話連絡。

<6月19日(火) 10:20頃>
 小早川教諭から同和教育指導室・竹本主幹に「教育委員会内部が意識統一して取り組むことができるよう労をとってほしい」旨を電話で要請。

<6月19日(火) 15:20~16:30>
 朴校長と小早川教諭の連絡会。18日の夕方に高橋教育部長が来校して,広中央中の件について謝罪したということであった。

<6月19日(火) 16:50~17:40>
 小早川教諭・奥本指導課長・石原同和教育指導室長の3者で,朴校長の懸念や横路中での指導のあり方等について協議。

<6月19日(火)>
 横路中学校で意識統一のための職員会議

<6月20日(水) 10:00>
 学事課・井石氏から小早川教諭に前日の横路中の職員会議の様子や今後の取り組み予定について電話。

<6月20日(水) 11:30~12:20>
 小早川教諭がC君と入学準備の打ち合わせ。その場で,決まった担任の家庭訪問があるはずだから家で待っているよう指導したが,その後横路中学校長から「担任の決定がまだできておらず,学事課にも相談し善後策の検討中である」ことを知らされる。

<6月20日(水) 15:00>
 小早川教諭が指導課長に電話で独自の調査内容を伝え,その後,担任を決定できなくなっている混乱の原因や経過等について緊急調査を要請。

<6月25日(月) 18:00~19:30>
 学事課・井石氏と小早川教諭・横間の3人で学事課の総括について詰め。

<6月28日(木) 17:00>
 学事課が呉朝問研の申し入れ(25日付)に対する回答を持参。
 経過報告を提示し,広中央中に対する精力的な取り組みと広中央中・横路中の調査を約束。

<6月29日(金) 16:30~19:30>
 小早川教諭・横路中学校T先生(担任)・S先生(2年生学年主任)の3人がC君に対する今後の取り組みのあり方について話し合い。

<7月5日(木) 17:00>
 小早川教諭がC君の母親に銀行の口座番号を横路中に知らせるよう依頼。

<7月9日(月) 16:30>
 小早川教諭が,指導課全員と呉朝問研(横間・小早川)による事実報告会を持つよう提案し,12日に行なうことを確認。

<7月12日(木) 17:30~22:00>
 小早川教諭・横間が指導課全員(学事課から井石氏も参加)に,この問題の事実経過を説明し,みんなで取り組めない原因を質す。

<7月16日(月) 14:30>
 横路中学校長から小早川教諭に電話。朴校長に横路中の全生徒に民族問題講演を依頼したとのことであったが,結局,20日に教職員向けの講演をすることになる。

<7月25日(水) 16:00>
 石原同和教育指導室長・竹本主幹・小早川教諭が「教育委員会総括」(経過書)等について話し合い。

<8月7日(火) 20:30~21:15>
 小早川教諭がサマースクールの呼びかけにC君宅を訪問したが,この場で1989年11月11日に関わって新事実が判明。

<8月8日(水) 9:30~11:00>
 石原同和教育指導室長・奥本指導課長が呉朝問研事務局を訪問。「C君の入学拒否問題に関する経過」を持参し,これを受け,8月17日17時30分から呉朝問研のメンバーと広中央中学校長・教頭,横路中学校長で再度事実確認会を持つことを確認。

<8月17日(金) 7:30~8:15>
 小早川教諭がC君の父親宅を訪問し,11月11日の横路中訪問に関わって事情聴取。

<8月17日(金) 17:30~21:10>
 呉朝問研・呉地区高同教事務局のメンバー7人で広中央中学校長・教頭,横路中学校長との確認会。市教委指導課・学事課・同和教育指導室・中学校校長会(会長・副会長)が同席。結果的には,広中央中については出てきた新事実をもとに教育委員会が責任を持って再確認すること,横路中については担任決定に至る6月7日以降の校内の動きや言動に関わって再度事実を整理し直すことを確認して持ち越すことになる。


Ⅱ.呉市教育委員会総括

呉教指第459号
平成2年9月29日


呉朝鮮問題研究会
代表 横間洋海 殿

呉市教育委員会
指  導  課
学  事  課
同和教育指導室

C君の入学拒否問題に関する経過及び事実確認が
進まなかった問題点に関する書類の提出について


 
このことについて,別添のとおり提出しますのでよろしくお願いします。

9月29日
 
事実確認が進まなかった問題点

呉 市 教 育 委 員 会
(学事課・指導課・同和教育指導室)

 今回の事件の事実確認において,その内容に多くの矛盾点があり事実の確認が長引いたことに対して,教育委員会として次のとおり,その問題点を整理します。

1 民族問題に対する認識が不十分であり,C君の入学に関して,その重要性を認識でき
 なかった。
2 差別された当事者に直接事実確認をせず,学校の報告した内容をそのまま受け入れ,
 その矛盾点を指摘することができなかった。
3 重大な問題にもかかわらず,各課が連携を十分にとらず,それぞれの課の思いで問題
 の解決を考えていた。
4 問題解決に向けて,計画性・組織づくりなどがないままの取り組みであった。
5 学校との信頼関係が十分に育っておらず,学校を支える教育委員会になっていなかっ
 た。

C君の入学拒否問題に関する経過

1990年9月29日
呉 市 教 育 委 員 会


1.はじめに
 このたび,呉市に在住する在日朝鮮人生徒であるC君が,日本の中学校への入学を希望したにもかかわらず,学校側に拒否をされ,しかも,長期にわたってそのまま放置されるという事態が生じた。結果的には本人の最初の希望校とは別の中学校に入学したが,この問題は,在日朝鮮人生徒が日本の学校への就学の権利を不当に奪われるという,極めて重大な問題である。
 この問題は,日本における在日朝鮮人が,法的にも,また,社会生活上においても被差別の状態のままに放置され続けてきたことと無関係ではない。
 呉市教育委員会としても,今回の事件を整理・総括し,今後の学校教育に生かすべく努めたい。


2.入学までの経緯
◎1989年11月10日(金) 16:00
 母親とC君とが呉市教育委員会学事課を訪れ,脇田主事(主務者)と井石管理主事が対応する。母親から「朝鮮学校を辞めたので,日本の学校へ行かせてほしい。広中央中学校を希望したい」とのことであったので,「学校へ行ったら服装等をきちんとして頑張るよう」と話し,明日(11月11日)広中央中学校へ行くということで入学通知書を作成し,「学事課の方からも学校に連絡しておきます。この書類を持って行くと広中央中学校へ入れてもらえます」と母親に渡す。

◎1989年11月10日(金) 17:00
 脇田主事が広中央中学校に電話を入れ,応対した古川教頭に「Hさんが明日入学通知書を持って行かれ入校されるのでよろしく」と連絡する。現在C君の父母は別れ,本人はK町の母親の方で生活していることを知っていた教頭は,入学が広中央中学校ということになれば父親の住むS町から通学すべきであるとか,そうなれば保護者は父親であるとの思いから,「保護者(教頭の思いでは父親)同伴できてもらってください」と応対する。



   在日する外国人の入学に際しては,日本の,いわゆる「学区」に関わらず自由
  に学校を選択できるという基本的なことを承知しておらず,また,学校へ入学の
  手続きをする際に必ず保護者同伴でなければならないということは通常の場合必
  要条件とはなっていないことからしても,すでに心の中で「生活指導上,困った
  ことになった」という意識がこうした応対となってあらわれている。


 教頭はそのあとすぐにこの件を住吉校長に報告し,校長からは「それならば来られたときにぜひいろいろ自分が話をしたい」との指示を受けた。
 校長としては,以前(その年の8月28日)に,C君が広中央中学校への入学を希望しているのでどうだろうかとの相談を父親から受けており,その時の父親との「約束」である「しばらく私(父)が面倒をみて,真面目になったらつれてくるのでその時はよろしく」とのこともあり,それなのにいきなりの「入学」に「困ったことになった」との思いで,その時には教頭に対して「11日(土),13日(月),14日(火)と出張であるし,父親と会ってぜひ話をしたいので待ってもらうように」と指示した。
(また,その8月時点での会話の中で,校長から“働いている間は学校を休んでいても,入学して真面目にすれば卒業証書を出す”という話がなされている。)


    校長の“父親との『約束』”も,入学を望む父親からすれば学校側と『入る条
  件が整ったら(学校の方から)連絡する」との「約束」であったとの思いであり,
  そして,それを持ち続けてきたという事実がある。しかし,このことは校長にと
  っては入学を拒もうとする一方的な「都合の良い」約束の解釈としか受け取れな
  い。


 そのあと校長は,「なんとか広島朝鮮中高級学校中等部へ復帰を」との思いで金先生に電話をし,広中央中学校へのC君の入学希望について連絡した。金先生からは,「母親が来校してどうしても転校したいというので,しかたなく1年末までの在学証明書を出した。しかし学籍は置いておくのでいつでも登校させてほしい。続いて本校(広島朝鮮中高級学校)で勉強する方が良い」等の話を受ける。
 その夜,校長は,「父親との約束が違う」との思いから,父親の弟であるH土木社長宅に電話をし,C君の入学希望の件について知らせ,父親に会いたい旨を伝えている。H社長はそれを受けてその夜C君の父親に「校長が会いたいと言っている」と連絡した。

◎1989年11月11日(土) 9:00
 電話を受けた父親は,「入学がかなえられることになった」との思いで広中央中学校を来訪し,朝会が終わったばかりの校長に校長室で会った。(当初,校長は,完全な思い違いにより父親の来訪は午後であったと思い込んでいた。)
 以下は校長と父親との会話の内容である。
 父「息子が本校へ来たいと言っているのだが」。校長「入学したら何クラブへ入りたいのだろうか」。父「野球が好きだ」。校長「運動することは良いことです。野球部へ入って頑張ったら良いですね」。父「今,弟(H土木社長)と別れて独立し,自分で土木の仕事をしている。この前,学校へ来たあと,息子に一緒に仕事をしようと言っても,まだしてくれない。一緒に暮らしていないので,一ヶ月に一回息子と外食をするようにしている」。校長「昨日,海田の金先生に電話をしたら“C君の母親が来校し,どうしてもこの学校をやめたい,と言われたので,しかたなく1年末までの在学証明書を書いたが,本校(朝鮮中高級学校)で勉強してほしいし,籍もそのまま置いておくので,いつでも登校させてほしいのでそのことを母親に話した。お父さんにも本校で勉強させた方が良いと話したい”と言っておられた。息子さんが広中央中学校へ来たがっているのはどうしてですか」。父「今遊んでいる友達が広中央中学校にいるので来たいと言っている」。校長「それらの友達は問題行動があり,本校でも困っている。今のまま入学したら,息子さんも良くならないし,勉強にもならないだろう」。その他,校長は,住んでいる所により中学校も決まることも話している。最後に,「前(8月)に約束したように,良くなったら本人をつれて来て下さい」と話して父親を帰した。

◎1989年11月11日(土) 10:00
 母親と本人が広中央中学校を来訪する。校長室で教頭が対応する。「転入の手続きに来ました」と入学通知書を教頭に手渡した。教頭は手に取って見た後それを母親に返し,「現在母親と住んでいるのなら広中央中学校の校区ではない。近くの中学校から通ってほしい」「時々学校の授業中や放課後,門の付近や校庭へ来る。本校の友達の生徒もすぐに行って遊んで困る。授業中だったり,校庭でクラブをしている生徒がいたりする時は気が散る。タバコをすったりジュースを飲んだり,数人で校門付近でたむろしている。本校の生徒が一緒にいるから教員も注意をしに行くが,みんなあまり言うことを聞いてくれない。先生の言うことや指導が素直に聞けないのなら,広中央中学校に入学しても勉強にはならないと心配している」「教科の指導では入学してからどの程度まで学習しているかテストをしてそれをもとに指導したいと思う」「今まで遠くてもがんばって通っていた朝鮮中高級学校へ続けて通うのがいいと思うし,朝鮮中高級学校の先生もそう言っている」。
 「今日は校長は出張(臨時校長会)で居ない。入学の手続きに来られたらぜひ話をしたいと言っていた。来週,月・火と出張なので帰り次第電話で連絡するのでそれまで待ってほしい」。
 それに対し母親は本人の行動を指摘されたとき,「真面目にすると言っている。入学する前からそんなに思ってもらっては困る」と訴えるとともに,教頭の「また連絡する」を受けて「わかりました。連絡して下さるのですね」と確認してその場は帰った。



   まず最初に指摘される点は,なぜ入学通知書の受付をしなかったのかというこ
  とである。どの様な場合であれ,教育委員会が認めて発行し,しかも前日に連絡
  も受けていたにもかかわらず,受付をしないとは考えられない事である。その点
  に関して教頭は,「校長が“会って話をしたい”と言っていたので」と答えてい
  るが,たとえ校長が不在であっても,その職務の代行者として教頭がいるのであ
  り,また「教育的な指導」は,まずは入学の手続きをすませてからのことであり
  問題行動を直すことがあたかも入学の「条件」であるかのような対応は,「校区
  がちがうから」という,理由にもならない発言とあわせ,入学してもらっては困
  るという意識があった。そのことは校長・教頭ともに認めているところである。
   また,校長が父親の来校時刻を「全く思い違い」していたり,あるいは,当初
  教頭は母親とC君に対応した場所を校長室でなく職員室であったと思い込んで主
  張したり,さらには入学通知書を自らが手にとって見ていることすら記憶にない
  等,たとえそれが半年前のことではあったにしても,「その記憶を失ってしまう
  程度」のものとしてしかとらえていなかったということになる。


 校長は,○『8月に約束したように,その内,本人をつれて来られるだろう』
     ○その後も,時々学校の前で,本校の生徒と喫煙等をしていたので心配してい
      た。
     ○3学期になり,C君が父親とG町の方で道路工事で働いているという情報を
      聞き,真面目になったのだろう,その内親子で来校されるだろう,と待って
      いた。
     ○本人の将来のためにも,金先生の言われたように,今まで通り広島朝鮮中高
      級学校で真面目に学習することが最も良い道であると考えていた。
とのことである。


   その後,親との連絡もとらず,ましてやせっかく「真面目になった」という情
  報を得ながらも学校側から入学の働きかけを全くせず放置してしまったことは,
  前述のごとくC君の入学を拒否しようとするあらわれであり,同時に,下記のよ
  うな教育委員会からの問い合わせ後も,C君の状況を報告しなかったことも同じ
  である。
   それどころか,入学を重ねて断念させるべくとった行動としか受け止められな
  いような電話が,数日後(11月13日),教頭によりC君宅に行われている。


◎1989年11月13日(月) 9:00
 井石管理主事が住吉校長へ「C君が来たか」と確認の電話をする。校長は「土曜日に学校に来た。母親と住んでいるので横路(中学校)へ行くべきなのに,本校へ来ている。生活指導上困っている。朝鮮学校と連携をとっている」とのことであった。「よろしく頼みます」とお願いする。

◎1989年11月13日(月) 20:00
 教頭がC君宅に電話をする。以下はその時の会話の概要である(言葉そのものは不確実)。
 C君「Hですが」。教頭「広中央中の古川ですが,お母さんはいますか」。C君「今,オモニは気分が悪いと言って寝ています」。教頭「C君,今K町にいるの」。C君「はい」。教頭「じゃあ,この前の事だけど,君はお母さんの家にいるのだから校区が違うし(横路中学校だし),うちの学校には来れないのだ。せっかく今まで朝鮮第二初級学校,中高級学校で勉強してきたのだし,君にとっては広中央中で勉強するよりずっといいことを学ぶことができるわけだから,頑張って続けて通ったらどうかねぇ。今までみたいに学校に行かないでブラブラ遊んでいてもだめだから真面目になって頑張ろうや」。C君「はい」。教頭「それでは元気に頑張ってね」。


    C君はこの電話を受け,「もうだめだ」と思っている。教頭が,父母との会合
  後の2日後に思いついたように突然わざわざ電話をした真意ははっきりしない。
  教頭は「父親には先日(C君の入学の問題について)話をしたので,母親にも話し
  ておきたいと考えたから」と言っているが,一方の理由として「校長が父親の方
  と話したので,もう済んだと判断した」など,矛盾のある言い方となっている。
  電話をした他の理由として「現在のC君の住所を知りたかった」とも言っている
  が,それはなぜかには明確に答えられないと同時に,もし仮にそのことだけが目
  的ならば,校区を持ち出してうちの学校に来れないとか,民族学校へ行くべきだ
  とか,行動を良くしなさいとかの発言は必要ないことで,どうみても,広中央中
  学校への入学を断念させるための「念押し」としての行動としかとらえられない
  ところである。
   このことは,電話後のC君の「もうだめだ」の思いからしても明らかである。


 こうして就学の道を閉ざされたC君は,その後,半年の間,放置されることとなった。

◎1990年5月初め
 学事課が各校に対して,在籍する外国籍児童・生徒数の調査を行った。その際,広中央中学校の在籍数が合わないので,直ちに校長へ「昨年秋に1名入っているでしょう」と問い合わせをした。校長の「ああ,あれは入学通知書を持ってこなかったし,朝鮮中高級学校に連絡したら,そちらで取り組むと言われていたので,そちらに行っているんではないですかね」ということであったので,1名減とし,県への報告とした。


   前年の11月に母親の申し出のもとに入学通知書を発行し,転入先の学校に連絡
  後,一度その結果(入学の有無)を打診した時,「よろしく頼む」とまかせたきり
  でその後は全く連絡をとることもせずにきたこと,また,5月初めにC君の状況
  (入っていない)を把握できた時点においても,ただ単に「数字合わせ」でしか対
  応しなかったことは,在日朝鮮人の問題を「後回し」とする呉市教育委員会の差
  別意識が問われるところである。


◎1990年5月23日(水) 14:00~16:00
 朝鮮問題研究会(以下「朝問研」と記す)の小早川教諭より学事課の井石管理主事に次のような問題提起がされた。
 ○C君が広中央中学校へ受け入れられていない。
 ○入学通知書を本人が持ったままであり,現物がここにある。
 ○広中央中学校が校区が違うからということで断っているが,外国籍の子はどの学校に
  も行けるはずである。
 ○朝問研はこの問題を大変な民族差別であると思っている。
 そして,広中央中学校の校長・教頭から事実確認をさせてほしいとの要望が出る。

◎1990年5月25日(金)
 住吉校長・古川教頭・井石管理主事・横間教諭・小早川教諭で事実確認をする。その中で前述の広中央中学校の対応が明らかにされ,朝問研から呉市教育委員会に次の要望がなされた。
 ○広中央中学校の体質,校長としての総括
 ○現在通学している外国籍の生徒にたいして,今後の指導についてもこれを機会に考え
  てほしい。
 ○呉市教育委員会も今回のことを整理してほしい。
 ○広中央中学校に対しても強い指導をお願いする。
  (この期間,横間教諭・小早川教諭・第二初級学校朴校長等によるC君への取り組みが
  続けられる。)

◎1990年5月30日(水) 18:30~20:30
 学事課の古太刀課長と,横間教諭・小早川教諭・井石管理主事により意見交換。広中央中学校との確認の内容をどう見るか。C君の指導について。朴校長の思いを共通理解。広中央中学校に対する指導のありかたについて。

◎1990年6月1日(金) 16:00~17:00
 住吉校長が初級学校を「謝罪」訪問。

◎1990年6月2日(土) 18:00~20:00
 横間教諭・小早川教諭・朴校長とでC君の入学校,入学する学年等が協議される。その結果,
 ○諸般のことを考慮して入学校は広中央中学校以外とする。
 ○2年生への入学
 ○本名での入学
ということで今後取り組んでいくことが確認される。

◎1990年6月4日(月) 10:00~12:00
 C君と母親を朴校長が呼び,入学校・学年・本名を名乗ることについて相談。入学校については横路中学校が候補となり,他の件についても本人が了承する。

◎1990年6月6日(水) 18:00~20:30
 横路中学校の山中校長,横間教諭・小早川教諭・井石管理主事とでC君のこれまでのことを横路中学校への就学についてもお願いする。

  〔横路中学校へ入学させることについて〕
 ○本人は広中央中学校への入学を希望しているが,本人のためには横路中学校がよいと
  判断する。
  理由:○勉強をしたいから入学を希望するのであるから,友達が居る居ないは問題で
      ない。
     ○音戸高校へ進学したいとの希望があるので,学力をつけるためには2年生に
      入れる方が良い。
     ○本名で入学させ,民族としての誇りを失わないようにさせる。
     ○本人の言うままにならない方が厳しさを教えることになる。社会を甘く見さ
      せたくない。
 これに対し,山中校長は承諾する。
 (この期間,連日,横間教諭・小早川教諭・朴校長によりC君の入学にむけての取り組みが続けられる。)

◎1990年6月7日(木) 14:00~15:00
 古太刀課長,井石管理主事が朴校長を訪ね,広中央中学校の拒否についての陳謝と助成金の説明をする。

◎1990年6月14日(木) 11:00~12:00
 C君と母親が小早川教諭とともに学事課を訪れ,就学の手続きを済ませる。6月18日に横路中学校へ入学することを決定する。(その後,横路中学校の職員会議の事情により,入学日は19日以降に延期となる。)
 入学申請書に署名をする際,その後の事情を十分に聞かされていない脇田主事が,以前作成した時と同じ(日本名で入学する)との思いから母親に日本名の記入も要請したため,小早川教諭から「どうして必要なのか。これまでのいきさつを聞いていないのか」と抗議を受ける事態が生じ,小早川教諭から呉市教育委員会内部での今回のC君の入学をめぐる課内の連携と受け止めの甘さを厳しく指摘された。


   外国籍児童・生徒の就学の時の「入学申請書」「入学通知書」記入の際,名前
  の記入のしかたについては申請者の意向を確かめてそれに沿っている。今回の対
  応は上述の事情によるものであったが,いずれにしても今回のC君の問題が呉市
  教育委員会全体の問題であるとの受け止めが甘く,そのことが「連携不足」とし
  て表面化したものである。


 同日,校長会で来庁していた横路中学校の山中校長に,C君及び母親を紹介した。
 また同時に井石管理主事から広中央中学校の住吉校長に対し,「18日に横路中学校に入学するようになる。手続きはしたが,まだ実際には入学したのではないので公にしてほしくない。しかし,広中央中学校には現在,C君とのつながりがある生徒が多いので,広中央中学校での取り組みが大切である。しっかり取り組みをしてほしい」とお願いする。

◎1990年6月15日(金) 15:30~16:30
 朴校長と盧清美先生が横路中学校を訪ねて山中校長と会う。その後,16時30分から18時にかけてC君も校長に会う。その際,C君のその時の服装に対して校長が,開口一番「なんだ,そんな服装で来て」と一喝してにらみつけたり,自校の生徒たちがいかにきちんとしていて素晴らしいかを卒業アルバムまで持ち出して「自慢」したり,「かつての広中央中学校の生徒とはもう切れているんでしょうね。みんなには“父が指導して今までのブランクは立ち直り期間だった”と言いましょう」など,いわゆる「生徒指導」の立場のみの対応に終始した。C君の朝鮮人としての自覚の問題とか,これまでの暮らしとか,民族学校での教育の中身とか,地域の親の気持ちとかの話題は全く出されず(やっと出たのも,C君の名前の呼び方を質問しただけ),さらにはみんなの前で数学の問題をC君に見せて反応を確かめ,これからの指導の大変さを嘆くなど,その日の来訪の意図もふみにじり,目的に反して不快な思いと侮辱感を与えてしまう結果となった。
 この日の対応について,山中校長は次のように反省をしている。

 朴校長が来校された時,私は本校の生徒指導の厳しさを強調し,C君が本校の生徒指導部の先生との間で服装等のことでトラブルを起こしたら大変であり,学校へ位置付けることが難しくなると,本校生徒の実状を話した。
 しかし,一方的な私の話は,聞く側の広島朝鮮第二初級学校の先生方にとっては,学校の自慢のように聞こえ,今までのC君の行動についての批判やあてこすりになり,やりきれない気持ちに追い込んでいった。
 また,朴校長からC君についての生育歴,被差別体験,生活実態や願い等を聞くことなく,学校や私サイドの一方的な対応をした。このことは,結果的に,広島朝鮮第二初級学校の先生方の,民族の生き方と誇りを傷つけることになった。
 私は,民族問題を理解していたつもりであったが,具体的対応において,差別的言動となり,誠に申し訳ない結果となった。相手の立場への配慮が足りず,自分本位のあせりがあり,大変失礼な対応であったことを深く反省している。

 同日,奥本指導課長の指示により指導課の高畑指導主事が横路中学校を訪れ,C君の入学に関して「生徒指導」の面での協議をした。
 その際の内容は次のようであった。

 C君との間で,以前,“タイマン”をめぐる関わり(後日,この件は第三者がB君に強制したことであり,C君の全くあずかり知らぬことであったことが判明した)のあったB君とその保護者が,この度のC君の入学により不安を覚え,そのことがC君の学校への位置付けを阻害することにつながることも考えられるので,B君及びその保護者に対し,家庭訪問等の取り組みでそうした不安の解消に当たってほしい。
 また,C君と保護者との信頼関係を図る中で,C君の自立へむけての取り組みを進めてほしい。
 同時にこれを機会に学校をあげて,さらに同和教育の充実・前進に努めてほしい。

 (C君の就学に関して,生徒指導主事を学校へ派遣するなどの,今回の問題の指導課としての受け止め方と,学校に対する指導のありかたについて,6月18日,小早川教諭より厳重な抗議を受けることとなった。)


    C君の,横路中学校への入学に関して,在日朝鮮人教育の問題としてのとらえ
  かたとしてではなく,「問題行動」生徒の対策として学校へ「指導」したことは
  呉市教育委員会として,小早川教諭の厳しい指摘と抗議を受けたのも当然である
  と反省するところである。


◎1990年6月16日(土)
 母親から「就学についてのお願い」を学事課に提出してもらう。

◎1990年6月17日(日)
 小早川教諭から井石管理主事に,6月15日(横路中学校訪問)に山中校長の対応に問題があったとの話がある。

◎1990年6月18日(月) 20:00~22:00
 横間教諭・小早川教諭が山中校長に会い,15日の朴校長の受け止め方を話す。「生徒指導面で(C君の入学を先生方に)認めてもらえなかったら,という心配の余りであった」と山中校長。また,“職員会議に諮って意識統一ののち入学を”ということで19日に職員会議・21日入学を了承しあう。

◎1990年6月19日(火)
 横路中学校で職員会議が開かれる。

  〔内容〕
 ○校長より,広島朝鮮中高級学校に通っていた生徒が本名であるCを名乗って転入して
  くること,そして,彼の今までの経緯を説明した。その内容は,父母の離婚等の家庭
  の事情,通学中の彼の被差別の体験等の要因のため自己疎外に陥ったこと,そして,
  広島朝鮮第二初級学校の先生方と朝問研の先生方の努力と支えで,決意を新たにして
  入学し勉強することを希望している等が述べられた。
 ○教員の意見
  ・A君(昨年少年院に入った生徒で今年3月卒業)と今もつきあいがあるのか。
  ・B君(昨年C君との“タイマン”を上記のA君に強いられた生徒)と両親に事前に説
   明をしておくほうが良いのでは。
  ・漢字の力はどうなのか。
  ・生活習慣が乱れていると思うがどうか。
  ・広中央中学校の生徒との今後のつきあいはどうだろうか。
  等の質問が出され,校長とS教諭(2年学年主任)がそれらに答えた。
 ○その後,S教諭から,「日本のかつての植民地政策のため,C君は今,日本に在住す
  る結果になっている」「温かく迎えよう。そのために今後も研修を深めなければなら
  ない」という意味の意見が出され,校長が「これを契機に,さらに同和教育を前進さ
  せよう」と発言し,次のことを確認した。
  ①我々教職員が彼を特別視したり,特別扱いをすることなく,本校の教育目標である
   人間性豊かな生徒に育てる。
  ②学力保障については,本人の希望にそい,高校進学にかなう学力の育成に努める。
   入学後,具体的な計画や取り組みをする。
  ③関係機関との連携と保護者の願いを大切にして今後の指導にあたる。
  ④入学後の周囲の生徒の動静を的確に把握し,適切な指導をする。
    (生徒の人権尊重に対する認識を深め,差別や偏見をなくす態度を培う。)
  ⑤PTA実行委員会で,本名を名乗って入学する生徒について正しい紹介をし,保護
   者や地域の理解と協力を得る。
  ⑥外国籍,なかでも在日朝鮮人生徒の教育に関する職員研修を深め,具体的教育実践
    を確かなものにする。
  ⑦各学級ともに被差別の立場にある生徒を中心にすえた教科指導や学級づくりを進め
   本校の同和教育をより前進させる。
 その会議の後,2年担当の職員研修が開かれ,そこで校長がT教諭にC君の担任を依頼した。T教諭が即答を避けたため翌日返答することになった。その日,T教諭に対して,「アドバイス」がなされているが,内容は次のようであった。
 T教諭からM教諭(昨年度から同学年を担当)へ,「どうしようか」と話しかけた。M教諭は「T教諭のクラスの状況があまりよくない。すなわち,クラスに落ち着きがない。授業中の態度,例えば人の間違いを茶化したり,あだ名を言ったりする今のクラスの状況では,C君の悪口を言う状況が起きはしないか心配だ。他に(担任を)持っても良いと言われた先生がいるよ。先生は体は大丈夫なの」等と思いを述べた。もう一人「アドバイス」を求められたN教諭は「休み時間に大騒ぎをする今のクラスの状態は良くない。C君を中心にすえた学級経営がうまくできるの。生徒指導上もっと経験のある人がいるから」。さらに「体の調子はどう。あんた体を壊すよ」等,自分の意見を言った。T教諭が,ほとんど毎晩8時~10時くらいまで職員室に残り,教材研究や学級新聞作り等の仕事をしていること。夕食が不規則になっている状態を知っていたので「体を壊すよ」と言ったものである。



    こうした「アドバイス」は,担任を持とうとするT教諭に対して,それを積極
  的に支え,励まそうとするどころかT教諭を不安な状況に追い込んでいくものと
  なった。それは,その後動揺したT教諭がC君に関する情報を次に述べるように
  自ら求めていく行動に走ったことでも明らかである。横路中学校の教職員は,こ
  れまでC君について,以前のB君との“関係”もあって決して良いイメージをも
  っていなかったことは事実である。  



 同日20時頃,T教諭が広中央中学校のP教諭(T教諭と同じく昨年教諭に採用された)に電話し,C君に関する情報を求めている。P教諭は「自分はC君と話をしたことがないし,余り見たこともない」ということを前置きにして,以下の点について話している。
T教諭:山中校長から,担任を持つように言われた後,同僚の先生から「頑張りなさい」
    とかは一切なくて,「大変じゃねぇ」とか「2年目なのに大丈夫か」とか,はっ
    きりと「持たん方が良い」とか「2年目なのになぜ担任を持てと言うんかねぇ。
    校長は何を考えとってんかねぇ」とか,このように何人かの先生に相談したり,
    話しかけられたりしたが,不安な話ばかりだった。少しの情報でも教えてもらえ
    ないか。C君は,酒・タバコはやるのか。
P教諭:見たことはないが,タバコはすうだろう。
T教諭:先生に対してはどうか。
P教諭:私がバスケットボール部の顧問として正門の所のコートで指導していた時にD君
    らがそばへ座って,なかなか帰らないので「座っていないで早く帰りなさい」と
    言ったらD君らが「うるさいのぉ」と言って上目づかいににらんだ。C君もそば
    にいたが,何も言っていない。
T教諭:髪の毛はどうか。
P教諭:髪の毛を染めていたと聞いたことはあるが私は見たことはない。
T教諭:その他何かないか。
P教諭:本校の女生徒がタバコをすっていたと1年男子が先生にチクッたと言って,3年
    男子が1年男子をなぐった。彼はC君の仲間です。
T教諭:その他何かないか。
P教諭:「校長さんは,首をかけてもC君を入れんと言っておられた」と他の教員から去
    年聞いたことがある。
 この電話の内容について,後日の確認の中でP教諭は次のように述べている。

 「昨年の秋頃,本校の問題行動のある生徒とC君が,放課後,学校の前の道路で座り込み,喫煙,その他,度々問題行動を起こしていた。校長先生や教員が度々行って指導していた。
 当時,職員室で『校長さんは,あんな状態ではまだ入れんと言っていた』という会話を聞いたことがある。
 今年6月19日夜のT教諭からの電話でC君のことについて聞かれる中で,他に何かないかと聞かれて,その時の会話を思い出して,つい,『首をかけても…』ということを言ってしまった。大げさに『首をかけても』ということをつけ加えたことについて,大変責任を感じ,深く反省している」

 この件について,校長は次のように述べている。

 「校長としても,生徒指導上,困難を感じていることの気持ちが誤解を与えていたことについて深く反省している。本校の生徒の指導に頭を痛めていたことが,C君が悪いと意味でのみとられていた」

 以上の電話のあと,T教諭は「C君の今までの行動について,しかたのない部分がある」と思っている。それは当日の職員会議の中で校長からC君のこれまでの背景を聞いていたからである。また同時に,自分の今までの僅かな経験や力量では,C君を立ち直らせることは難しいかもしれないとも思った。

◎1990年6月20日(水) 11:00頃
 T教諭が校長に「C君の担任になってやっていく自信がない」ことを述べる。その理由
として
 ○自分のクラスは落ち着きがなく,人権感覚も十分に育っているとは思えない。だから
  C君をクラスの中にきちっと位置付けてクラス経営をしていけるかどうか不安になっ
  た。
 ○自分の今の経験,力量そしてクラスの現状でC君を自立させることができるかどうか
  心配である。
 ○C君の非行についての事実も知っているので,自分の指導が経験不足で不安である。
  もっと力と経験のある先生もおられるのでどうだろうか。
ということであった。
 それを受けた校長は,次のような話をして説得した。
 ○被差別の立場にいるC君をあたたかく迎え,学校全体の取り組みの中で自立させてい
  こう。
 ○同和教育の教訓である被差別の生徒を学級の中心にすえた学級づくりをし,C君と集
  団の成長をめざそう。
 ○これからの実践と取り組みが,あなた(T教諭)の,教師として,人間としての成長の
  糧となり,また,本校の同和教育の前進につながる。
 ○T教諭の前向きで学ぶ姿勢,そして若さと意欲・行動力がC君の指導に欠かせない大
  切なものである。
 ○19日の本校の研修で確認したように,2年生の職員集団を中心に全校態勢でT教諭を
  支え,共に実践していくことと,全校職員で研修を重ね実践かを図っていく。
 ○もう一人本校に在籍する在日朝鮮人生徒のE君への,誠実で精力的な取り組みの成果
  をふまえて,共に頑張ろう。
 こうした話を受けたT教諭は,「自分の指導が十分でない時,皆に迷惑をかける。なかでもC君と母親に申し訳ない」と強く思った。しかし,「皆(全職員)の支えがあれば,頑張って担任としてやってみたい」。また,「その中から学び,C君と共に集団を育て,自分も学んでいきたい」と,C君の担任を承諾した。

◎1990年6月21日(木)
 広中央中学校で職員会議が開かれる。
  〔校長より〕
 ○彼はS町で育ち,小学校6年間は阿賀にある第二初級学校で学び,成績は優秀であっ
  た。中学校は海田にある広島朝鮮中高級学校に通学していたが,1年生の2学期盲腸
  で入院し,それ以後登校しなくなった。翌年3月頃から本校生徒との交友で本校でも
  名前が出始めた。この原因は,両親の離婚や,海田の中学部に通学していた時に朝鮮
  人であるということで列車で差別を受け,そうした中で学校へ行きたくなくなったと
  聞いており,本人の責任ではない部分が多い。現在,父親はS町(広中校区),母親は
  K町(横路中校区)に住んでおり,C君は母親と兄と生活している。
 ○本日正式に横路中に入学した。
  ・C君は本校へ入学の希望があったが,昨年来本校の生徒(友だち)に問題行動があり
   そのままC君が入学したのではC君自身にとっても良くないと父親とも話をして,
   「本人の生活態度が良くなったら来ますからよろしく」と約束していた。
  ・C君は,K町に住んでいるが,どちらの中学校にも入学できる。しかし,この度正
   式な校区の横路中へ入学することになった。これは,現在,横路中が落ち着いてお
   り,真剣に学習しようと意欲に燃えているC君にとって良いとの保護者の判断で決
   められたと思う。
  ・横路中へ入学したが,本校の問題行動のある生徒(又は卒業生)が友達なので,本校
   の生徒の生活態度をきちんとさせることがC君を支えることになる。その意味から
   も,本校へ入学したのと同じ気持ちで真剣に受け止めなければならない。
  ・本校在学の在日朝鮮人生徒への取り組みも,同推委でも協議しているが,全校あげ
   て,人権問題学習の中で系統的に学習していかなければならない。各学年でも十分
   協議し,学習計画を立ててもらいたい。又,学級担任としても家庭との連携のもと
   に学習を進めて欲しい。
  ・C君は,小学校・中学校と民族教育を正しく受けてきた。本名で入学したことは,
   朝鮮民族としての誇りを持ち,力強く生き抜こうと決意している。3年生でなく2
   年生に入学したことは,本気で学習し,兄と同じように大学入学の希望に燃え,学
   力をつけようとしているからだと思う。服装も態度もきちんとして入学し,まじめ
   に学習しているとのことである。本校としてもこれらを正しく受け止め,本校の生
   徒への指導に当たらなければならない。
  ・横路中としては職員会議で協議され,真剣に取り組まれている。広中央中としては
   ▲C君は,現在真剣に学習し,生活をしているが,我々はその姿を本物のC君とし
    て受け止めたい。C君を支えるには,本校の生徒にきちんと学習や生活ができる
    ようにしていかなければならない。(主として友達)家庭訪問を必要に応じてやる
    こと。毎日生活ノートを書かせて,生徒・保護者との話し合いを続けて欲しい。
   ▲本校の生徒指導の基本方針により,積極的な生徒指導をしていきたい。
   ▲わかる授業への取り組みをしていくことも大切である。
  〔教員の意見〕
 ○横路中に入学したことについては,本校へ入学したのと同じ立場で考えて真剣に取り
  組みたい。昨年,本校の生徒が一緒に問題行動をとった責任は本校にある。C君が本
  名で,学習意欲に燃えている姿を支えるためにも,広中央中の生徒(特に問題行動の
  あった生徒)に,生徒指導をきちんとやり,学習意欲を持ち,きまりある生活をさせ
  ることが,広中央中の教員としてやらなければならない義務である。
 ○家庭訪問や生徒との教育相談をやり,悩みを聞き,指導していかねばならない。
 ○呉市の中学校生徒指導の申しあわせにあるように,他校との交流はしない。他校へ遊
  びに行ったり,良くない遊び等をさせないように指導しよう。
 ○本校での在日朝鮮人問題に関わる学習を生徒に学年を追って系統的にやり,正しい認
  識を持たせるよう指導しよう。我々教職員もしっかり研修しよう。
  『別冊アンニョンハセヨ 指導の手引』(在日韓国・朝鮮人の子どもたちを受け持つ教
  員のために)を全員に配布して欲しい。

 今回の,C君の就学問題に関して,広中央中学校の校長・教頭は次のように述べている。

「教育現場をあずかる者としては,どんな問題行動が続いている生徒であっても直ちに受け入れて,本校生徒として指導すべきであった。この度のことを深く反省して,今後の本校の教育のあり方に十分生かしていきたいと心に誓っている。在日朝鮮人の生徒が本校に在籍しており,在日朝鮮人に対し,民族差別をする気持ちはなかった。しかし,この度のC君の入学希望に際して,直ちに入学を許可しなかったことが,民族差別になったことを深く反省している」

 同日,C君,横路中学校へ入学。