◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



民族学校児童に対する「暴言・暴行」差別事件


〜 1989年



朝鮮人学校生徒へのいじめ  いわゆる「パチンコ疑惑」問題が国会で取り上げられて以降,広島でも1989年10月31日と11月1日の2日間にわたって,在日朝鮮人の子どもたちに対する暴行・嫌がらせが続いたが,呉市においても11月初めから差別発言などが相次いだ。その概要は以下の呉地区高同教会長『要望書』の通りである。
 広島朝鮮第2初級学校の提起を受けて以後の呉市教委の動きは,対症療法的に「事件」に対する事後対策がなされただけであり,今回の事件そのものを教材化するなどの努力もされず,根本的な問題解決にはほど遠い状況のまま,呉市教委としての“取り組み”は終わっている。




 

1989年12月16日


呉 市 教 育 長
 臼 井 晢 實 殿


呉地区高等学校同和教育推進協議会
                          会 長  角 井   孝

要    望    書

 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。私たち呉地区高同教の活動にご理解とご支援をいただき厚く感謝しております。また,人権尊重の教育行政にご尽力されていることに深く敬意を表しております。
 さて,去る10月17日,衆議院予算委員会において警察庁警備局長と公安調査庁次長は,朝鮮民主主義人民共和国と在日本朝鮮人総聯合会を誹謗中傷し,朝鮮総聯をさして『治安維持上危険な団体』との暴言を行いました。さらには,11月1日,同予算委員会において,自民党浜田幸一議員は在日朝鮮人の民族教育に対して,『反日教育』などと事実に反する中傷を行い,石橋文部大臣はこれに相づちを打ちながら在日朝鮮人学校の教育内容について調べ適切な処置を取ると述べました。また,後藤法務大臣や当局者は,国会や記者会見などで,朝鮮総聯を『危険な団体』と冒涜し,今も『監視の対象』などと悪意にみちた誹謗中傷を行っています。こうした発言を機に,以後全国各地で民族学校児童・生徒に対する暴行・いやがらせ・差別発言等が続発しています。呉市においても広島朝鮮第二初級学校の児童に対し,市内の小・中学生による差別発言が連続して発生しました。

 ◎11月上旬,広方面のバスの中,朝鮮初級学校児童1名が乗車すると,日本人児童が
  「変なやつ」と発言。
 ◎11月28日,呉芸南病院からJR阿賀駅ホームの間,朝鮮初級学校児童(低学年)5名が
  下校中,日本人児童(4〜5年生位の男子)が「バカ!何しゃべりょうるんや」と発
  言。その後阿賀駅までついてきた。初級学校児童が一番線ホームに入った後駅の陸橋
  上から「あいつら,なまいきじゃのぅ」,初級学校児童が「パボ」「アホ」と言い返
  すと,「おまえらがアホじゃないか」と言った後,石を拾ってきて投げつける。初級
  学校児童2名電車に乗車。3名がバス停に向かって走っていくと,「あっ,あいつら
  逃げやがった」。
 ◎11月29日,阿賀小横の文房具店前,初級学校児童(6年生)2名が自転車で下校中,日
  本人学生(中学生らしい野球のユニホームを着た)20名の中の1名が,「何や,おまえ
  ら!」と発言。
 ◎11月30日,呉芸南病院横,初級学校児童(低学年)3名が下校中,日本人児童(中学年)
  3名の内1名が「バカ!」と発言。
 ◎12月4日,阿賀中央の薬局付近,初級学校児童(低学年)5名の下校指導中,日本人児
  童(4,5年生位の男子)3名が「あっ,この前逃げたやつらだ」との発言を後ろの方
  から教員だけが聞く。
 ◎12月5日,呉芸南病院横,初級学校児童(5年生)1名が走って阿賀駅に向かっている
  と,日本人児童(4年生位男女)4名(内女子1名)が「バカ!死ね。早よ行かにゃ乗れ
  んよ」と発言。通行中の日本人が「そんなこと言っちゃいけないよ。早よ行って謝っ
  て来なさい」。日本人児童は途中まで追いかけたが諦めた。


 これら一連の暴行や差別発言は在日朝鮮人の人権のみならず生存権にも関わる重大な問題であり,差別のない社会を目指して活動を続けている私たちとしては,決して看過できない問題であります。特に,これらの暴行や差別発言の加害者のほとんどが日本人の児童であった事実は,日本社会にある同化と排外の意識が依然として根深いものであることを示しており,小学生にして既に朝鮮人に対する差別意識を持たされているという実態をも示しています。さらにこのことは,呉市内の学校において,互いの民族の違いを認めあい,「共に生きる」という視点に立った人権教育がなされていなかったことを表しています。呉市教育委員会が,日本人児童・生徒に対して民族差別撤廃にむけての取り組みをされてこなかったことの責任は重大です。
 呉市の広島朝鮮第二初級学校,広島市の広島朝鮮第一初級学校,広島朝鮮中・高級学校,及び全国の朝鮮学園に学ぶ児童・生徒の人権および教育権を保障するために,下記について強く要望いたします。



1.広島県教育委員会による『在日外国人児童生徒の教育に関する基本方針』「教育資
 料」の各学校への早急な周知徹底。
2.日本人児童・生徒に対する在日朝鮮人問題教育の徹底。
3.民族学校に通う児童・生徒の教育権の保障。
4.日本学校に学ぶ在日朝鮮人生徒に対する民族教育の実施。


1989年12月18日


呉市教育長  臼 井 晢 實 殿


呉 ・ 朝 鮮 問 題 研 究 会
 代 表  横 間 洋 海

抗    議    文

 
 私たち呉・朝鮮問題研究会(略称「呉朝問研」)は,1971年に発足して以来一貫して,呉地区高等学校同和教育推進協議会などとの連携を図りながら,日本の学校に在籍する在日朝鮮人児童・生徒の教育を考え,民族差別の撤廃に向けて,日々実践を積み重ねている団体です。
 さて,日・朝両国人民の友好親善と日・朝関係改善を求める国内・外世論が急速な高まりを見せる中で,最近特に,政府・自民党を中心とした,一部マスコミまでも動員した,こうした動きに反する意図的・計画的な逆流が生じています。10月17日以降の「パチンコ疑惑」に対する衆議院予算委員会における集中審議は,「業界からの政治献金の真相究明」の名のもとに,審議そのものが党利党略的に利用され,その結果,在日朝鮮人に対する歪曲され悪意に満ちた意識だけが日本社会に拡大・再生産され,在日朝鮮人とその組織(とりわけ,在日本朝鮮人総聯合会)に対する迫害,弾圧行為に拍車をかける事態をもたらしています。
 政府・自民党の排他的な民族離間策と,党利党略的な在日本朝鮮人総聯合会に対する攻撃に煽られて,日本各地で,“ごく普通”の日本人による,朝鮮学校に通う朝鮮人児童・生徒に対する暴行・暴言事件が相次ぎ,呉市においても,11月28日以来,広島朝鮮第二初級学校の児童が暴言を受けたり,石を投げつけられたりの差別事件が続発しています。
 こうした事件によって被害を受けているのは,当該児童たちだけにとどまりません。在日朝鮮人児童・生徒の多くは,呉市においても,日本学校に在籍していますが,彼らは今,どんな思いで毎日登校しているのでしょうか。日本社会に根強く残っている朝鮮人差別のために,そうでなくとも自らを明らかにできずにいる児童・生徒は,この事件を通して,将来どのような人間形成をすることが可能なのでしょうか。彼らに日本社会に対する拭い難い不信感が生まれたとしたら,それは誰の責任なのでしょうか。彼らの心の痛みや怒りが,私たちに伝わってきます。
 ここ数年の呉市の状況を見ても,呉市議会における「朝鮮学校差別発言」事件,市内事業所における「就職試験受験拒否」事件,呉市中央図書館「民族差別落書」事件,厚生部市民課による「指紋押捺留保」差別事件,そして最近のJR呉線「差別落書」事件等々,枚挙にいとまがない程の事件が続発しています。呉市行政としての民族差別に対する充分な取り組みがなされていれば,こうした差別事件の多くは未然に防げたはずです。そうした視点に立つならば,今回のこうした差別事件を引き起こした責任は,まさに呉市のこれまでの怠惰な取り組み姿勢にあったと言わざるを得ません。民族差別は,差別を引き起こしてきた日本人の側の問題であり,決して,在日朝鮮人の側の問題ではありません。
 ここに,厳重に抗議すると同時に,以下の点について,文書で明確に回答されるよう強く要請します。


1.『在日朝鮮人児童・生徒の教育基本方針』の策定を急ぐこと。
2.民族差別の撤廃に向け,今後,日本人児童・生徒に対してどのように取り組むのかを
 明らかにすること。
3.民族学校に通う児童・生徒の民族教育権をどのように保障するのかを明らかにするこ
 と。
4.民族差別解決のためのこれまでの市民啓発の中身と,今後の取り組み計画について,
 その内容・方法などを明らかにすること。
5.上記の要望事項に関わる文書回答に基づいて,本会との話し合いの場を設定するこ
 と。


以上