◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



指 紋 押 捺 留 保 問 題〜 1988年

 

T.事実経過
 A君は,1988年5月9日,指紋押捺のため呉市役所に行ったが,市役所の係との応対の中で押す気になれず留保して帰った。その日が指紋押捺最後の日であったのだが…。
 4月の入学の前の日から,指紋押捺留保(5月9日),そして押捺(6月4日)までの経緯を追ってみる。


<指紋押捺留保>
 4月2日,係2人で家庭訪問。父親は,月の半分以上,千葉の会社で仕事をしており,呉にはいないのだが,その日は運良く在宅しており,父親と話すことができた。そこで5月初旬までに指紋押捺を済ませればよいことが分かり,その場に教師が同席することの了解を得る。指紋押捺について,父親は「自分も指紋は押したくはないが,日本の中で生活していくためには仕方がないから押している。こんなものはあるべきではないし,なくしてほしい」と言っている。
 入学後,A君と担任の話では5月の初めに市役所に行くとのことだった。5月2日,A君と指紋押捺についての話をする。「もうすでに写真は撮っており,授業に支障のない日に行きたい。母親もそのようにするよう言っている」と言う。押捺することについては母親から市役所に行くことだけを言われており,何も知らされていなかった。5月7日,係・担任とで家庭訪問。押捺に行く日と同席することについて確認する。父親に「先生方が親の代わりに行ってほしい。Aが押捺しているところを写真に撮ってきてほしい。そのことが,結果として彼をさらすことになってもいい」と言われた。
 5月9日,地区総体2日目,A君・担任・係でA君宅に行く。父親は明るく「先生,よろしくお願いします」と言い,母親は「はい,カメラ」と,カメラとフィルムを担任に手渡す。
 13時頃,市役所に着く。窓口で“外国人登録済証明書等請求書”に必要事項を記載した後,つい立てで仕切られた一室に入る。
 市役所の係Bは,A君が椅子に座るなり,何の説明もせずに,押捺用スタンプと用紙をA君の前に差し出し,一般の窓口業務を扱うのと同じように,「先に押してもらいましょう」と,A君に押捺を促した。瞬間,A君の表情が変わる。「いきなり押せとはどういうことなのか」という教師の声を聞きながら,A君はBに質問をしていった。
 A:なぜ,僕は指紋を押さなくちゃならないんですか。
 B:手続きのため必要ですから…。
 B:私は,上の命令で動いているだけで…。
 B:現在の法律で決まっているから…。
 A:いきなり押せとは失礼です。
 A君は,日本に生まれ育ったのになぜ指紋を採られるのか,指紋はどのように使われのか,どこに保管されるのか,拒否したらどうなるのか,等々聞いていく。
 Bは戸惑いながらも,近年,密入国者が多くそれを取り締まるため,同一人性の確認のため指紋が必要であるとか,韓国では十指の指紋を採っているが日本では一指だけであること,また指紋はひとつは本人,ひとつは法務省,残りのひとつは市役所に保管するなど応える。
 市役所の段階では,同一人性の確認は本人と写真でやっており,指紋は使っていないこと,登録原票を市役所に保管しており,一般閲覧はないが,公的機関(機関名は言ってくれない)の閲覧はあることなどが話の中で明らかにされる。
 Bは,この業務について3年目であり,慣れていないとか,たいていは黙って押してくれるなどと言い,応対にも誠意が見られない。
 こんなやりとりの中でA君は押す気になれず,一端外に出て考えてみると言って,退席した。喫茶店に入り,係Bとの応対についてどう思ったか,これからどうするか,このまま帰るかを話したが,A君は「こんな嫌な思いは今日だけにしたい。今日で済ませて帰りたい」と言っていた。
 15時30分頃,再度市役所に行く。Bは,A君のすぐ後に来たらしい別の生徒の登録事務をやっていた。これが終わるのを待って押捺場所に入ったが,Bは現れず,代わりに係Cが現れ,「当人以外は外で待つように。先生方は中に入れるようになっていない。先生方とは後で話をするから…」などと言って,中に入れようとしない。今までにも中に入った人がいると聞いていること,保護者の代理で来ていること,父親の方へ電話で確認するよう話し,中に入る。
 Cは,係Bと代わったことを伝え,申請書の記入箇所の説明をし,A君が記入している時,指紋押捺に関わる話を始めた。
 「押捺については,現在の法律で決まっており,個人的にはやるせない気持ちであるが,かと言って,自分ではどうにもしてあげることができない。規則としてある以上,それには従ってもらわなければならない。自分もA君と同年齢の子どもを持っているから,A君の気持ちもよく分かる」などとしゃべっていた。
 記入を終えた後,A君はBに対して質問したことを改めてCに聞いていった。
 A:なぜ,指紋を押さなければならないのか。
 C:戦後,外登法ができた時期,指紋は採っていなかった。そのため登録証の偽造が多く
   出てきて,それが悪用された。そこで,本人との同一人性確認のため,指紋を押すよ
   うになった。日本だけでなく,アメリカ,ヨーロッパなどでも指紋を採っているのだ
   から…。
 A:指紋はどのように利用されるのか。もし押さなかったら,どうなるのか。
 C:押す押さないは,A君の決めることですから,強制はできません。その場合は,押し
   ていただけるよう何度もお願いするだけです。押さない場合も手帳は発行しますが,
   外登法違反で,市役所は法務省に告知する義務があります。手帳の提示を求められて
   それが分かると,刑事罰(罰金5万円以下)を受け,前科がつきます。
 A:なぜ,刑事罰なのか。
 C:法律で決まっているから。
 押さなければA君の不利になるとか,A君自身が困ることになるとかの話に絡めて,この刑事罰や前科の話は何度も出てくる。
 市役所の玄関前の“守ろう人権,なくそう部落差別”の看板を引き合いに出し,押捺に絡めて,その矛盾をCに言ったが,「申し訳ないが何とも言いようがない」と答えるだけである。外登法に対する取り組みについても,市長会,市議会などから法務省に申し入れはしているが,登録事務をやっている係としては,外国人登録事務協議会などで各市町村の係が一堂に会した時押捺の話は出てくるが,具体的には何もしていないとのことであった。
 「あなた方も公務員だから,下っぱがどういうものだか分かるでしょう。上の命令で動かなければならない。あなた方もそうでしょう」と,暗に市役所の内情を示す。
 CはA君に,押すことについては今すぐに決めることはないから,ゆっくり考えるよう話した。それに対しA君は,今日押さなければどうなるのかをCに確認し,当分は告知しないで押してもらえるようハガキを送り,取り組んでいくとの回答を得て,留保する意思を示した。
 市役所を出た時,A君は,「自分の質問に対し何の明確な回答もなく,納得できない状態で押して帰ったら,父さんに叱られる」と言った。


<その後の経過>
 市役所を出て,その足でA君宅に行き,父親に報告する。
 父親は,「息子を見直さなくちゃならん。息子も納得できん多くの疑問を持ったのだから,法務局の人権擁護委員会に聞きに行けばいいよ。私も行ったことがあるけど,彼らは市役所の職員より偉いから,わけの分からんことを言ってごまかされるよ。だから,その時はテープレコーダーを持って行って録音して,後で聞き直してみるといいよ」と言っていた。母親にA君の様子を尋ねると,「この程度でくたびれるようでは,これから先,生きていけませんよ」と言っていた。
 翌日A君は,「自分は疑問な点について,法務局に行って,聞き質してみたい」と,担任に報告してくる。
 その後,中間試験があり,落ち着いてA君と話せる機会がなかったが,21日に,今後どうするつもりなのか,A君の率直な気持ちを聞くために,家庭訪問をした。市役所の応対には今でも腹が立っていること,自分の持っている疑問をはっきりさせたいので,法務局へ行き,押すか押さないかはその後に決めたいと言う。
 また,6月1日の「改正」のことも詳しいことが分からないので,法務局で聞いてみたいとのことだった。
 法務局へ行く段取りをしていた時,母親が帰ってきた。これまで母親は,A君が留保していることについて多くを語らなかったが,「指紋を押さなければ,日本で生活できない厳しさがあるし,この子も親戚のたくさんいる韓国へ行かせてやりたい。韓国人である私たちがどうして日本で生活しているのか,法務局へ行くとか指紋のこと以前に,知らなくてはならないことはもっとたくさんあるはずです」と,指紋を押してくることをA君に指し示した。
 A君は,登録に関わって,ほとんど母親と話していないということなので,母親の意見もゆっくり聞いてみるように勧めた。
 3日間の集団宿泊が終わった後,A君は「指紋を押しに行く。その後,法務局に行きたい」旨をほのめかした。母親と話し合って自分で出した結論であると言う。但し,法「改正」の前に押捺した場合,5年後の更新の時に再押捺することになるのかはっきりしないことと,留保して1ヶ月経つが,そのことでA君に不利益が生じるのかどうか分からなかったので,この2点について市民課に確認した。5年後には,カード化で2日ほど市民課に行くことになり,手間取るが再押捺の必要はないこと,不利益は生じないようにするということであった。
 3日の放課後,A君に「今度はもう教師は押捺の部屋に入らない。だから,今日まで考えていたこと,まだ疑問に思っていることなどを整理して,係の人に聞いていきなさい」とだけ言っておいた。
 4日の13時過ぎに市役所に行き,A君と担任だけが中に入った。A君は,自分でまとめてきたことを係Cに質問していった。私たちは窓口の外におり,その会話の中身については聞こえてこず,時折,Cの「おじさんもA君にこんなことをさせるのは切ないんよ,辛いんよ」「A君の気持ちもよう分かるけど,どうしようもないんよ」などの言葉が聞こえてくるだけである。
 14時30分頃,まだ押す気になれず,いったん退席し,ロビーでCに対する不満を漏らす。
「6月1日の『改正』の話で,僕が読んだことと違うことを言っていた。イメージ・スキャナーで指紋のコピーを採ると書いてあったのに,おじさんは『写真を撮って,それを縮小してカードに写す』と言っていた」
「僕の一番知りたい“なぜ刑事罰になるのか”には,きちんと答えてくれない。このことは,法務局に行って聞かなきゃ分からんのか?」
「おじさんは『指紋さえ採ってしまえば自分の勝ちだ』と思っているのがよく分かる」
 40分ぐらい私たちと話した後,「今日押さなかったら,3度目だからね。お父さんにもお母さんにも叱られるよ。今日は押して帰る」「でも『納得して押すんじゃない。腹が立ってしょうがないけど,生きていくために仕方ないから押すんだ』と言ってやる」と言って,自分から部屋に入って行った。
 20分ぐらい経ってA君が押捺する時に,Cは「先生は出ていって下さい。A君も見られたくないだろうから」と言った。A君にそのことを確認すると,A君は見てもらっていいと言うが,Cは「これは人に見せるもんじゃない。自分だって見るのは辛いし忍びないんだ」と言って,中に入れてもらえない。外から覗き込むが,押している様子は見えない。
(後でA君が言っていた。「押すところの写真を撮っておいてほしかった。アルバムに貼って記念にしたかったのに」と。)
 16時頃,手帳ができ上がり,A君と担任に外で待っておいてもらい,Cとの話し合いを持った。
 教:なぜ,押捺するところを見せてもらえなかったのですか。
 C:あれは人に見せるものじゃないし,仕事でやっている我々が見ても辛いし,見るに耐
   えられないものなんだ。
 C:それに,あの部屋は我々の職場であり,そこにあなたたち先生が,A君のことが心配
   で来ているんだろうが,他人の職場に来て文句を言っているんですよ。私が父兄だと
   言って学校に行き,先生らの教室に入っていったら,先生らも文句を言うでしょう。
   それと同じですよ。
 C:悪く言えば,公務執行妨害ですよ。
 教:我々は,お父さんから「あんたら日本人がどういうことをAにさせているか,その目
   で見てこい。Aを晒してもいいから,カメラに収めてこい」と言われて,来ているん
   ですよ。あなたは見るのも辛い,耐えられんと言っているけど,こんなひどいことを
   「我々日本人がやっているんだ」ということを知っている日本人は,そんなにいませ
   んよ。それを「見て感じてこい」と言われてるんですよ。
 C:そりゃあ,(押捺について知っている日本人は,そんなに)いないでしょう。
 教:私らの目に,Aの押捺する瞬間を,焼きつけておきたかったんですよ。
 C:お父さんなら中にいてもらったです。いかにお父さんでもカメラについてはやめた方
   がいい,自分の子どもをさらすべきじゃないと説得するでしょうが…。
 教:ところで,見るのも辛い耐えられんと言っているのだから,いかに酷い行為をしてい
   るかをよく分かっておってですよね。押捺業務をやっているのは3人だそうですが,
   事務手続きのことは別にして,16歳の子どもに押捺させていくことについての研修は
   どのようにやっておってですか。Aのように自分の疑問をきちんとぶつけてくる子ど
   もは,そんなにいないでしょうから。大人であれば,自分の思いをきちんと出してで
   しょうが…。
 C:A君のような子はめったにいないですよ。大人でもそんなにありません。研修につい
   てですが,私の怠慢で,指導していかなきゃと思っているのですが,手続きが変わっ
   た時,そのことではするのですが,やっていません。
 教:押捺業務に携われば,年中そういった子どもに関わっていくんでしょう。3人が別の
   仕事をやっている時に押捺に来たら,3人以外の他の職員が代わりにやられるんです
   か。そうじゃないでしょう。
 C:そりゃそうですよ。外国人登録に来られたと言えども,同じお客さんですから,たま
   には待ってもらうことだってありますよ。
 C:それが公平ということでしょう。誰も公平に扱うことを原則としているんです。
   (なぜ研修をやらないのか尋ねているつもりなのだが,通じていないようなので,話
   を5月9日のことに戻した。)
 教:そりゃ,僕らも世間知らずで,社会ずれしているとか言われても,もっともだと思う
   こともある。そういう面もあるでしょうが,行っていきなり「指紋押せ」では,話に
   ならんでしょう。確かに,こちらも感情的になり,すみませんでした。Bさんも動転
   していたようですが,Bさんから事情をきかれましたか。
 C:ええ,あなた達が席をはずして外に出た後で聞きました。先生方に次々と質問され,
   動転していたようです。私の指導ができていなかったことはお詫びします。部長・課
   長まで話がいってまして,応対のあり方を考えなければ,場合によれば,Bの配置替
   えもという話になっています。
 教:配置替えをしたら,人間を替えたら済むといった問題じゃないのですから,それに,
   あなたもBさんと同じようなことを言っているのですよ。Bさんは「韓国では十指だ
   が,日本は一指だ」と言いましたが,あなたは「アメリカ,ヨーロッパでも指紋を採
   っている」と言いましたよ。アメリカでは自国で生まれた者の指紋は採っていません
   よ。よその国でも採っているのだから,日本で採ってもいいとしか聞こえませんよ。
 C:私はそういうつもりで言ったんじゃない。私も勉強不足で,知らないことも多いが,
   しかし,そういった質問があれば,聞きかじりでも答えてあげるのが親切でしょう。
 1時間ぐらい話しただろうか。こちらの意図するところがきちんと通じていないこともあり,明確な回答が返ってこない。話し合いを切り上げ,市役所を出てA君の待つ喫 茶店に行った。この間,A君は押捺までのことをまとめていたらしい。担任の話では,ボーッとして虚空を見つめ,「登録法はなくさにゃいけん」「こんな差別はあってはいけん」と,二言だけ漏らしたようである。


<問題点および反省と課題>
 今回の外国人登録に付き添った3名はいずれも,これまで指紋押捺の現場に立ち会った経験のない者ばかりである。日本人なら,犯罪に関係しなければ強制されることのない指紋押捺を,16歳の高校生が義務づけられている。やり切れない矛盾と重圧を感じ取っているA君を,少しでも支えることになればとの思いと,父親の「日本人のやっている一番不細工なことをしっかり見届けてほしい」の一言が頭の中に焼きついていた。それに付き添う機会を持つ中で,指紋押捺制度に反対の意思表示をしたい気持ちがあった。今から思えば甘かったのであるが,外国人登録業務の窓口にあたり,度々指紋押捺に立ち会い,在日朝鮮人のしんどさ,悔しさを目の当たりにしている市民課ではこのことをどう考えているのか。共感できるところが必ずある,学び取って帰るものが多いはずだと思い込んでいたのである。しかし,期待は見事に裏切られ,後味の悪さだけが残った。
 以下,市民課の対応で気づいた主な問題点を挙げてみたい。
(1) 在日朝鮮人の人権保障に関わる研修が行われておらず,基本姿勢がはっきりしない。
  「押すのを見るのは辛い」「泣きながら押す人もいる」「私らも好きでこんなことをや
 っているのではない」など,指紋押捺が在日朝鮮人に対しいかに苛酷なことを強いる制度
 であるかは市民課も認めている。しかし,それに対する結論は「法律だから仕方がない」
 であり,将来に希望の持てない同情と諦めと逃げの姿勢が先行している。市民課は「行
 政」と「教育」の違いを強調するが,公的責任において市民の人権を守る立場にあること
 には変わりがないはずである。研修については,登録手続きに変更のある場合には行われ
 るそうであるが,在日朝鮮人を特に取り上げた研修が行われていないことは,課長も認め
 ている。もし,指紋押捺の痛みが研修の場で取り上げられ,市民課,あるいは行政全体の
 課題として取り上げられていたら,少なくとも手続きに来た高校生にいきなり指紋を押さ
 せるようなことはなかったはずであるし,対応したBさんの「配置替え」でことを済ませ
 るような発想は出なかったはずである。
(2) A君が席に着くなり,いきなり指紋を採ろうとした。
  16歳になったばかりの高校生であり,多感な時期であることを全く考慮に入れていな
 い。A君の顔色が一変したのは,係も見ているはずである。市民課側は,「3人の先生が
 いきなり押捺の部屋に入って来たので,係の者が動転していた」と説明しているが,「な
 ぜ,いきなり指紋を押させるのか」の問いに,「これまで押捺でトラブルが起こったこと
 はほとんどない。たいていは黙って押してくれる」と言っていることから,過去にも心情
 を汲み入れない極めて事務的な手続きがなされていたことがうかがわれる。
(3) 指紋押捺制度の知識が曖昧で,そのことがA君に強い不信を抱かせている。日本に指紋
 押捺制度がある理由のひとつを,外国でも実施しているところに求め,「韓国では十指の
 指紋を採っているが,日本は一指である」とか「日本だけじゃなく,アメリカやヨーロッ
 パでも採っている」などと,正当化を思わせる説明をしているが,永住権のある外国人に
 まで特定して指紋を押させているのは日本だけであるし,ヨーロッパでは政治的亡命の希
 望者や他に本人であることを特定する手段がない場合に限って,指紋押捺を課す国がほと
 んどであって,日本の制度とは根本的に異なっている。その誤りを質した時,勉強不足を
 認めながらも,「質問があれば,聞きかじりでも答えてあげるのが親切でしょう」と言っ
 ている。人権に深く関わることを聞かれているという認識が見られない差別発言である。
(4) 「押す押さないは本人の意思である」と言いながら,押さなければ刑事罰・前科がつく
 ことを何度も繰り返している。
  A君が押捺前から最もこだわっていたのが,「もともとおかしい指紋押捺なのに,なぜ
 押さなければ刑事罰になるのか」ということであった。従って,「法務省に告知する義務
 がある。手帳の提示を求められて押捺していないことが分かると,刑事罰になり前科がつ
 く」と繰り返し言われれば,彼からすれば脅しにしかとれなくなる。法務省から未成年者
 の告知は控えるようにとの内示が出ているなら,なおさらのことである。「おじさんは
 『指紋さえ採ってしまえば自分の勝ちだ』と思っているのがよく分かる」と受け取られて
 も仕方のないことであろう。

 
 私たちは再三再四,押捺の現場に立ち会わせてほしいことをお願いしたが,「見せ物ではない」「本人も見られたくないだろう」「私も辛いんだ」「ここは私たちの責任において仕事をする場ですから,あなた達に入ってほしくない」と断られた。A君の押した指紋は見せてもらえた。それは言葉にならないほどにもの悲しく,切り離された分身のようにも見えた。A君は失敗した方の指紋を持って帰りたいと願い出たが断られ,目の前で細切れに破られて,ゴミ箱へ捨てられた。本人が同意しているにもかかわらず,「責任を持って仕事をする場」であることを理由に立ち会いを拒むのであれば,在日朝鮮人の人権を保障していく立場から,「責任」の中身を考えてほしいものである。
 登録に立ち会って突き当たったものは,予想していたよりもはるかに厳しいものであった。私たち自身,外国人登録について知らないことが多かったし,6月1日「改正」を,登録が1回きりになることで大きな前進だと,勘違いする程度の認識しか持ち合わせていないことを思い知らされた。
 A君は,「指紋を押すのは,犯罪者扱いではないか」と,度々係に迫っていた。この一言は,額面以上に,日本人である私たちがしっかりと受け止めなければならない言葉であると思った。私たちが朝鮮人に対して持ち続けてきたイメージは,犯罪者のそれとさして違わないものであり,また,このような偏見が,今も指紋押捺制度を支え続けていることは間違いないからである。

−以上,呉昭和高校『提起書』より抜粋−


U.1988年度の取り組み

 ○ 5.30(月)  呉市厚生部(市民課)との話し合い
 ○ 7.21(木)  呉市への申し入れ

1988年7月21日


呉  市  長  佐々木 有 殿
呉市厚生部長  渡辺 育範 殿

呉地区高等学校同和教育推進協議会
会  長  藤  賀  克  昭 
同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
部  長  平  本  一  也 


申  し  入  れ  書

 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。私たち呉地区高同教の活動にご理解とご支援を頂き厚く感謝しております。また人権尊重の行政にご尽力されていることに,深く敬意を表しております。
 さて呉地区の高等学校にはこの度十数名の在日韓国・朝鮮人生徒が入学してきております。入学して間もない生徒が16才になるとすぐに自らをとおして「外国人登録」をしていかなければなりません。そこには憲法や国際人権規約を完全に踏みにじった「指紋押捺」が待っています。言うまでもなく,在日韓国・朝鮮人は「韓国併合」以来の植民地政策により在日を余儀なくされ,その後も一貫した日本政府の排外・同化政策のもとで海外公民としての基本的人権が著しく侵害され,呉市においても様々な差別の実態が報告されております。
 さてそうした中でこの度(5月9日)呉昭和高校在学の在日韓国人生徒が新規登録に出向いた際の市民課の対応は著しく人権尊重の配慮の欠けたものでありました。
 窓口担当者の意図がどこにあったとしても,結果的に当該生徒を失意の底に落とし,さらに土曜日(6月4日)の午後,本人の十分な納得・理解を得られぬまま,押捺させています。
 外国人登録事務,とりわけ今回の件に関する市民課の対応は,私たち呉地区高同教として,とうてい納得できないものがあります。
 つきましては5月9日より6月4日までの市民課の対応について早急に整理され,文書で回答し,それに基づいた話し合いの場を設定されるよう申し入れます。


 ○ 8.11(木)  呉市長からの回答

呉 厚 市 118 号
昭和63年8月11日


呉地区高等学校同和教育推進協議会
 会 長  藤 賀 克 昭 殿
同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
 部 長  平 本 一 也 殿


呉 市 長  佐 々 木   有 ?

「申し入れ書」について(回答)

 
 貴職におかれましては,平素から次の世代を担う若者の教育,なかでも人権にかかわる教育の推進に,熱心に取り組んでおられることに心から敬意を表します。
 さて,先般提出されました「申し入れ書」について,つぎのとおり回答いたします。
 このたび,昭和高校在学生に関する外国人登録の確認申請に際し,その応対に配慮が足りなかった点があったことを深くお詫びいたします。
 本市といたしましては,常に人権尊重を基底として行政の遂行に当っているところですが,このような事態をまねいたことはまことに残念であり,深く反省しているところであります。
 これを機に,さらに研修を深め,職員あげて人権尊重の意識高揚に努めることはもとより,その成果が職員一人ひとり日常業務の中で発揮されるよう,今後は,実践面に重点を置いた執務基準の整備等による適切な事務の遂行,個別ケースへの柔軟な対応など,窓口における事務の改善向上に努める所存であります。
 とりわけ,外国人登録事務において8割をこえる在日韓国・朝鮮人については,その歴史的経緯及び社会的背景を踏まえ,その応対に当っては,特に一人ひとりの置かれた心理的状況等にも思いをいたし,十分な配慮を尽くしていきたいと考えております。
 本市といたしましては,今回の反省を踏まえ人権尊重の基本理念のもと,今後,行政のより一層適切な運営に努力する所存でありますので,よろしくご理解,ご了承いただきますようお願いいたします。


 ○ 9. 6(火)  呉市厚生部(市民課)との話し合い<第1回>
 ○10.31(月)  呉市厚生部からの回答(第一次案)
 ○12.26(月)  呉市厚生部(市民課)との話し合い<第2回>
          ※「16歳該当確認申請に関する経緯について」(第一次案)提出
 ○ 3.17(金)   呉市厚生部(市民課)より『まとめ』(第二次案)の提出

平成元年 月 日
呉市厚生部市民課

16歳該当確認申請に関する経緯について


1.申 請 者  (省 略)
2.事実の経過

日     時 応       接       の       概       要
昭63・5・ 9(月)
 14時過ぎ

























 15時頃



 15時40分頃











































































































 16時50分頃















 17時15分頃
<当初申請>
 申請者本人及び昭和高校の先生3名来訪

<担当職員応対>
 本人:切替申請に来ました。
 先生:担任教師ではないが,本人は初めての申請なのでついてきまし
    た。
 職員:はい。(本人に対し)手帳と写真を持って来ましたか?

 本人:はい。
 職員:(本人に対し)それでは,こちらへどうぞ。
 ※本人を事務室に案内したところ,先生3人入室。
 職員:(申請書と指紋原紙を同時に本人に提示)指紋を押してもらうこと
    になっているのでお願いします。
 本人:ちょっと待ってください。指紋を押さなかったらどうなるんです
    か?
 職員:押さなくても手帳は交付するが,法律違反の取扱いになるので警
    察へ告発することになっている。
 本人:告発されたらどうなるんですか?
 職員:場合によっては,警察のお世話になるということもあるかもしれ
    ません。告発後のことは我々には何とも言えません。
 先生:指紋の押なつは差別の典型である。このような不当な取扱いにつ
    いて,窓口事務を担当する役所では改善運動など何かやっている
    のか?
 職員:このことについては,先生等から特別要望があるのなら文書で提
    出してください。提出があれば,協議会への提出も提議も考えま
    す。
 ※この後,指紋押なつ義務及び告発の不当性,自治体の姿勢等について
  先生側から意見の陳述あり。
申請手続き未了のまま,一時休けい。(本人及び先生,喫茶に行ってくる
と退室)。
 ※職員より係長へ手続きの状況報告。つぎは係長が応接に当たることと
  する。
本人及び先生3人再び入室。
<係長応接>
 係長:(先生に対し)手続きが長引いているようですが,先生らが心配さ
    れる気持ちは分かります。それ以外にどんな意図で入室されたの
    か知りませんが,本人が申請に来ておられるので,手続きが終わ
    るまでロビーで待っていてもらえませんか。
 先生:なぜ出なければならないのか?
 係長:本人申請主義が原則となっております。ただし,16歳該当切替に
    ついては,父母・兄弟等の家族の同席は通例として認めておりま
    すが,その他の人はお断りすることにしております。手続きが済
    んだ後に,先生との話し合いには別に応じるので,ロビーで待っ
    ていただきたい。
 先生:私らは,この子の保護者の立場で同席しているので退席する必要
    はないでしょう。
 係長:先生という立場での保護者的な意味合いは理解できるが,直接の
    保護者ではないので遠慮していただきたい。
 A先生:私はこの子の父親から依頼されてきたのであるから直接の保護
    者と同様である。それでも退席させるのか?
 係長:それでは依頼の事実を父親に電話で直接確認させてもらいます。
 A先生:そこまでする必要はないでしょう。
 本人:お父さんが先生に頼んだのはまちがいありません。僕が保証する
    から,電話しなくていいです。
 係長:本人がそういわれるのなら,A先生については保護者の立場とい
    うことで理解しましょう。他の先生はロビーで待ってもらえませ
    んか。
 先生:我々もA先生と同じ立場であるから退席する気はない。役所の君
    らがどんな態度で事務処理するのか見に来た。だから同席させて
    もらう。
 係長:これ以上言い合って,本人を待たせるのは気の毒だから,手続き
    を済ませたい。横から余り口出しをしないよう協力をお願いしま
    す。
 係長:(本人に対し)今日ここへ来たのは確認申請に来たんだろうから,
    申請書は書いてくれるだろう?
 本人:はい,書きます。
 ※申請書を提示し記載事項及び要領を説明。申請書の記載完了。
 係長:申請書は済んだが,これだけでは手続きが完了しないことは分か
    るだろう。先ほど担当者から指紋のことについて説明を聞いただ
    ろうが,そのことについて君はどう思っている?
 本人:指紋のことは分かっています。なぜ外国人だけ指紋を押させるん
    ですか?
 係長:戦前,強制的に日本国籍にされていた朝鮮の人たちは,終戦後朝
    鮮国籍に帰ることになり,その身分を証するものとして外国人手
    帳が発行されたが,当時は制度がはっきりしていなかったので,
    一人の者が複数の手帳の発行を受け,それを利用した社会的不正
    事件が多発したので,昭和27年外国人登録法制定の際,人物を特
    定する手段として指紋制度ができたと聞いている。
 本人:昔はそうとしても,今でも指紋が必要なのか。おじさんはどう思
    うのか?
 係長:現行の法律で定めてる以上,国ではそれなりの効果があるとして
    いるのではないか。おじさんもその実効性についてははっきりし
    たことは分からない。
 本人:おじさんが指紋を押さされる立場になったとしたらどう思うか?
 係長:押すかどうかは別として,いい気はしないだろうと思う。
 本人:16歳に決められているのはどうしてか?
 係長:一般的に14歳から16歳位になると意思能力があるとされており,
    いろんな法律でもその辺に基準を定めている。
 本人:意思能力があるというのは,どういうことか?
 係長:いろんな物事を自分自身で見極め,判断することができる能力と
    いう意味だ。
 本人:指紋を押さなかったらどうなるんですか?
 係長:法律上は罰金が科せられ,場合によっては懲役,禁錮もあり得る
    規定になっている。
 本人:押さなかったら「告発する」とさっきのおじさんから聞いたが,
    すぐ告発するのか。また,告発されたらどうなるんですか?
 係長:押さなかった場合は,おじさんらとしては警察への告発と国への
    報告義務が発生することになる。しかし,おじさんらは告発を目
    的としてこの仕事をしているのではないから,すぐに告発しよう
    などとは考えていない。そういうことにならないよう極力当事者
    に協力をお願いするようにしている。現に君と話しているのも協
    力をお願いしているつもりだ。
 先生:高校生の指紋不押なつについては,2ヶ月間の告発猶予期間があ
    ることを君らは知らないのか?
 係長:特定の者を限定した告発猶予期間については知らない。勉強不足
    かも知れないが,そんな通達を私は見たことはありません。2年
    前の大量切替の時の留保期間のことではないか?(本人に対し)仮
    に告発したとしても,すぐに罪になるかどうかは分からない。た
    だ,外国人登録法違反の罪については犯歴の対象になる。
 本人:犯歴というのはどういうことですか?
 係長:言葉は悪いが,いわゆる「前科」がつくということだ。指紋を押
    さなくても手帳は交付するが,指紋不押なつの旨を記載して交付
    する取扱いになっている。手帳の携帯義務についても知っている
    と思うが,そんな手帳を交付した場合,告発してなかったとして
    も,何かの関連で警察に手帳の提示を求められた時,指紋不押な
    つのことによって余計な歪みがかかることも想定される。おじさ
    んらとしては君がそんな状態になってほしくないと思っている。
 本人:ぼくは,指紋を押さなくてもよいように法律を変えてもらいたい
    と思っている。おじさんはどう思うか?
 係長:国の法律であり,その事務を国から委任されているおじさんらと
    しては,ちょっとむずかしいが,個人的には君らにとってはきつ
    い法律ではなかろうかという気はする。
 先生:そういう不合理な法律の改善について,君らは国に対して積極的
    に働きかける気はないのか?
 係長:事務を委任されている市の立場から市長会で,また市議会におい
    てもそれぞれ国への改善要望はしてきている。これらの働きかけ
    と外国人側自らの運動により国においても改善の機運は起きてい
    る。十分とは言えまいが,この6月1日から指紋も1回押せばよ
    いことになるなど,追々改善されていくものと思っている。
 先生:外国人登録の事務室も,こんな暗いところではなく,市長室の隣
    へでも設け,市長にも実態を認識させるべきではないのか。
 係長:(本人に対し)今日は不愉快な思いをさせてすまなかった。おじさ
    んの説明も不十分だったようだし,こういう状態では指紋を押す
    気になれんだろう。2〜3日後,日を改めて来てくれないか。
 本人:はい。
 係長:その間両親らとも相談しながら,君の意思を決めてもらいたい。
    指紋のことは君自身の問題だから,先生が何と言われようと,自
    分でしっかり決めてほしい。このことは,できたら君の方から連
    絡してくれないか。
 本人:はい。分かりました。
本人及び先生2名退室
<先生1名居残り,係長と話し合い>
 先生:今日は迷惑をおかけして申し訳ありません。教師としての心配も
    理解してほしい。16歳というのは微妙な年頃であることに十分配
    慮してやっていただきたい。
<先に退室した先生2人入室>
 係長:先生らの気持ちは我々も理解できます。今日のように本人を宙に
    浮かしたようなやり取りは好ましくないと思います。私としては
    本人が一番不快な思いをしたであろうと,そのことが気になりま
    す。16歳切替については,今までも我々なりに留意してきたつも
    りですが,今後は,先生の言われる通り,より以上の配慮に心が
    けるつもりです。今日は私の方も失礼な態度であったと思います
    が,今後においても今日のような場合,先生とは別に話し合いの
    場を持つことで対応したいと思います。これからはお互い良識あ
    る応接をすべきだと思いますので,よろしくご協力をお願いしま
    す。
本人及び先生退庁
昭63・5・10(火) <県との連絡>
 申請当日の概況を報告。指紋不押なつの状態であるが,不押なつの明確
 な意思を確認していないので,便宜「考慮期間」として取扱う旨了承を
 得る。
  (県の見解)
 ア.指紋の不押なつが改正法の施行(昭63.6.1)後となっても,5月9日の
  申請は旧法上の取扱いとして当然有効なものであること。
 イ.指紋の押なつに関しては,各市町村窓口でそこそこの実状にもよるこ
  とであり,県としては画一的な指導はむつかしいところである。この
  度「考慮期間」として取り扱うことについては,呉市において状況判
  断されたことであり,当面やむを得ないものと思う。指紋押なつにつ
  いては,今後とも強制することのないよう協力をお願いする姿勢で対
  処してもらいたい。
昭63・5・21(土)
 17時過ぎ
<本人との連絡=1回目>
 係長より本人に電話。
 係長:この前は気まずい思いをさせてすまんかった。こちらから電話す
    るのは催促するようで気が引けるので,君からの電話を待ってい
    たが,大分日も経ったし,おじさんが君に対してどんな感じを与
    えたか気になっていたので電話を入れた。おじさんの説明がまず
    かったから十分理解できんかったろう?
 本人:そんなことはなかった。ぼくなりに理解できたような気はする。
 係長:そうかね,ありがとう。それとおじさんの態度に押しつけがまし
    い感じは受けたかね?
 本人:そんな感じはせんかった。ぼくは普通に感じたけど。
 係長:それなら安心じゃ。あれから,お父さんらとも相談したかね?
 本人:うん。一応相談はした。
 係長:お父さんはどう言っとられたかね?
 本人:最終的には自分で決めることじゃ言うとった。
 係長:おじさんもそう思う。それで,催促するわけじゃないが,あんた
    の気持ちは?
 本人:うーん。
 係長:まだ固まっとらんいうことじゃの。慌てんでもいいが,いつまで
    もこのままという訳にもいかんし,なるべく早く決めてほしいと
    いうのが,おじさんの正直な気持ちよ。
 本人:うん。
 係長:来週頃から中間試験が始まるんじゃないかの。できればそれまで
    にカタをつけて,試験に打ち込んでもらいたいがの。あっ,ごめ
    ん。やっぱり催促しとるのう。この際,試験の方が大事じゃ。こ
    の件は試験が済んでからにしようや。おじさんの方から電話しに
    くいので,できれば今度は君の方から電話してもらえんか?
 本人:うん。市民課へかけて,Sさんを呼んでもらえばいいんじゃね。
 係長:市民課へかけにくかったらおじさんの家でもいい。電話番号を教
    えようか?
 本人:いいです。市民課へ電話するけぇ。
 係長:うん。いつでもいいから電話をちょうだい。差し支えなかったら
    君の家に説明にでも行ってもいいと思っとるけぇ。
 本人:来んでもええわいね。
 係長:くどくど電話してすまんかった。試験をしっかり頑張りんさい。
    お父さんお母さんにもよろしくの。それじゃまた。さようなら。
 本人:さようなら。
昭63・5・30(月)
 16時30分頃
<本人との連絡=2回目>
 本人より係長に電話。
 係長:わざわざ電話くれてありがとう。試験は終わったんかね?
 本人:はい。それで指紋のことですが,行かんといけんと思っとるんで
    すが,その前におじさんにもうちょっと聞きたいことがあるんで
    すが。
 係長:うん。何かね?
 本人:この前,おじさんは「いつでもいい」と言われたんですが,どれ
    位までいいのか期間があるんですか?
 係長:期間は別に決めていないが,なるべく早い方がいいということは
    君も分かるじゃろうと思うが。この前「君の気持ちが決まった時
    でいい」と言ったのは,期間は気にせんでもいいという意味で言
    ったつもりなんよ。君の気持ちが固まらんのなら,あまり気にせ
    んでもいいよ。どうしてもというような時期が来たら,おじさん
    が責任を持って処理するつもりだし,その時にはおじさんから前
    もって電話するけぇ。
 本人:うーん。そうじゃないんじゃけどねー。6月から法律が変わるん
    でしょう。もし5月中に押しても,また6月になったら押すこと
    になるんか,そこらがよう分からんけぇ。
 係長:ああ,そのことか。君の場合,5月9日に申請は受けつけている
    ので,5月中に押そうが6月に押そうが,1回でいいんよ。
 本人:あのねぇ,ぼくは1回でも押しとうて押す訳じゃないのに,2回
    も押せぇ言われるんなら,もう押す気にならんけぇ。おじさん,
    分かるじゃろう。
 係長:うん。それは分かる。とにかく,君の場合,1回で済むんじゃけ
    ぇ。2回も押させるようなことは絶対にありはせん。それはおじ
    さんが責任を持って言うけぇ。細かい話は電話じゃしにくい。話
    がよく通じんことになるかも知れんし,どうかのぅ。無理を言う
    ようで悪いが,もう1回おじさんと直に話をしようや。もし君が
    来られるんなら,君の都合のいい時,普通の日の5時からでも土
    曜日の昼からでもいつでもいい。おじさんが待っとくけぇ。その
    時,また説明させてもらうよ。それで君が納得できたら押してく
    れたらいいし,納得できん時はまたの日にしてもいい。とにかく
    もう1回,2人で話をしてみよう。
 本人:うん。
 係長:それで,君の来れる前の日ぐらいに前もって電話をくれんかの
    う。そしたらおじさんが何があっても待っとるけぇ。
 本人:はい。
 係長:それじゃ,そういうことにしようや。電話,待っとるけぇね。さ
    ようなら。
 本人:さようなら。
昭63・6・ 4(土)
 9時頃
 13時40分頃

























































 14時30分頃
   |
 15時30分頃






























 15時40分頃

 15時50分

 15時55分頃
<申請手続き完了>
 先生より「S君が1時過ぎに市民課を訪れる」旨の電話あり。
 本人及び先生3人来訪(本人と先生1人入室)。
<係長応対>
 本人:指紋押しましょうか?どういうふうに押すんですか?
 係長:その前に,君の申請の取扱いについて二通り考えられるんだが,
    基本的には5月9日の申請を受理しているので,押なつが済めば
    次の切替日は昭68・5・9として,今日手帳を交付することになる。
    仮に今日改めて申請し直せば,新様式(カード型)の証明書を後日
    交付することになるが,この場合申請が遅れたことになり,別の
    問題も発生する。
 本人:5月9日の申請にしてください。ぼくとしては,どうしても制度
    を改めてほしいと思います。
 係長:それは分かるが,おじさんらの立場としては限度がある。
 本人:先に指紋を押させるのはおかしいでしょう。最初のおじさん(職
    員)は誰にでもいつもあのような対応をするんですか?
 係長:そうではない。君の場合だけだと聞いた。今までこういうことが
    なかったので,つい安易にあのようなことをして悪かったと反省
    していた。これは,監督者としておじさんに指導責任があり,申
    し訳ないと思っている。
 本人:ああいうことは止めてほしい。
 係長:今後は十分気をつけて,ちゃんとやるようにする。
 本人:指紋原紙に3つ押すと聞いたんですが,どんなもので,3つの指
    紋はどうするんですか?
 係長:1枚は手帳に,2枚目は登録原票に貼り,3枚目は国へ送ること
    になっている。
 本人:国は指紋をどういう意味で管理するのか?外国人を犯罪者として
    見ているんですか?
 係長:犯罪者と同じような意味で指紋を採るのではない。普通はあり得
    ないと思うが,この前説明したように,1人の者が何通も手帳の
    交付を受けて悪用したような場合,同一人かどうかの最終的確認
    手段にするということのようだ。
 本人:ぼくらは日本で生まれ日本で育って,日本人と同じような生活を
    しているのに,犯罪者でもないのに,外国人というだけで,何で
    指紋を押させるんですか?
 係長:外国人ということは,日本だけで君らのことを言っとるのではな
    く,アメリカでも西欧でも自国籍を持っていない者は外国人とい
    うことであって,例えば,日本は参政権がなく公務員にもなれな
    いのは知っているだろう。いいか悪いかは別にして,どこの国で
    もそのような身分上の取扱いに区分があると思うよ。その区分は
    見方によっては差別ということになるのかもしれんが,国籍とい
    うのは,枠を狭めて家(家庭)単位で言えば,Sという家庭の者と
    坂本という家庭の者を同じ家族とは言わないだろう。Sという苗
    字と坂本という苗字が,言わば国籍ということになると言えるの
    ではないか。
 本人:やっぱり国籍が問題かねぇ。
 係長:うん。国際社会で自由・平等主義が広まったと言っても,まだ国
    レベルでの国籍の違いというのはいろんな面で存在しているのが
    実状だと思うよ。
 本人:例えば帰化したらどうなるんですか?
 係長:帰化というのは日本の国籍を取得するわけだから,日本人という
    ことになる。帰化にしても切替にしても,手続きの違いだけのこ
    となのに,ずいぶん差がある。おじさん個人の思いだが,何とか
    ならんのかというのが素直な気持ちよ。何事につけても,おかし
    いとか,矛盾しとると思うことはよくあるけど,それを今日,明
    日にでも直せばいいと思っても,なかなかそういかんことの方が
    多いよ。特に法律のことになるとむつかしい。面白くなかろう,
    辛くもあろうが,こういう実状,現実を直視しながら,お互いの
    立場で今からも頑張っていくしかないと思うよ。
 本人:おじさん,ちょっと考える時間ください。
 本人,中座。
 (この間,本人と先生3人が話し合い)
 本人及び先生1人入室。
 本人:ちょっと聞いてみるんですが,指紋を押さなかったら次の切替申
    請が2年になるということですが,その2年間は指紋を押さんで
    もいいんですか?
 係長:指紋を押さない場合は,切替期間5年が2年に短縮されるという
    ことで,手帳には指紋不押なつと記載したものを交付することに
    なる。手帳は交付しても,指紋不押なつは別の問題として,罰則
    の対象として成立する。2年間は指紋を押さなくてよいという意
    味ではなく,5年間の切替期間が,ペナルティーとして2年に短
    縮されるということだ。この前説明した通り,押なつ義務の違反
    は即発生しているんで,告発しなかったとしても,何かの時に手
    帳の提示を求められた時,不押なつの状態が明らかになることも
    あり,おじさんらとは別のところで問題にされる可能性もあり得
    る。おじさん個人としても,そうした余計なひずみが君にかかっ
    てほしくないと思うし,そんな可能性があるような手帳は交付し
    たくないんよ。
 本人:しようがないねぇ。
 係長:切ないが,おじさんもそういう言葉でしか言いようがないよ。こ
    れ以上何か言うと,また先生が何か言うてかも分からんし。
 本人:しようがないけぇ,おじさん押します。
 係長:うん。(先生に対し)先生,すみませんが,この場はちょっと席を
    外してください。
 先生:どうしてですか?出すのはどんな意図があるんですか?
 係長:別に意図はありません。ここはとにかく当事者だけにしてくださ
    い。
 先生:(本人に対し)S君,先生がいてもいいじゃろう。
 本人:いいよ。
 係長:何を言っとるんですか?これは見せ物じゃないんですよ。いくら
    S君がいいと言っても,私も一方の当事者です。当事者の私がお
    願いしているんですから,とにかく出とってください。
 (先生退室)
 指紋押なつ完了。
 (手帳作成の間,本人,ロビーで待機)
 手帳作成完了。本人に交付。
 ※次回確認日とその時証明書がカード型となることを説明。
 本人及び先生退庁。


 ○ 3.27(月)  呉市厚生部との話し合い<第3回>

V.1989年度の取り組み
 ○ 5.23(火)  呉市厚生部との話し合い<第4回>
 ○ 6.14(水)  呉市に対する申し入れ
 

1989年6月14日


呉  市  長 佐々木 有 殿
呉市厚生部長 渡辺 育範 殿


呉地区高等学校同和教育推進協議会
会  長  角  井    孝 
 同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
部  長  木  谷  郁  史 

申  し  入  れ  書

 
 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 日頃より私たち呉地区高同教の活動にご理解とご支援をいただき,厚く感謝致しております。また人権尊重の行政にご尽力されていることに,深く敬意を表すものであります。
 さて,昨年5月,呉市内高等学校在籍の在日韓国人生徒が確認申請に出向いた際の呉市厚生部市民課の対応は,著しく人権を侵害したものでありました。私たち呉地区高同教は,この呉市の対応を「人権侵害」事件として捉え,呉市に対して問題提起してきました。
 7月21日付の『申入書』にはじまり,この1年間,呉市厚生部と都合4回の話し合いの場を持って参りました。しかし,その中で確認されたことなどに対する誠意ある改善努力がほとんど見られないままに,本年度も新たに,呉地区各高等学校・障害児諸学校に在籍する在日韓国・朝鮮人生徒たちの,いわゆる「16歳該当確認申請」の時期が始まっていることに対して,不安と怒りを覚えています。
 問題提起以来,すでに1年が経過しているにもかかわらず,呉市当局の対応は,やっと本年3月になって「16歳該当確認申請に関する経緯について」なる「事実経過」が明らかにされたにとどまっています。
 そうした状況にありながらも,第3回・第4回の双方の話し合いの中から,呉市当局の『外国人登録法』そのものに対する理解の欠如,窓口担当者の人権感覚の欠如と,そこから生じる様々な問題点が浮かび上がってきました。
 さらに第4回(1989.5.23)の話し合いの中で,この度の市民課窓口の対応は,「当該生徒だけの問題にとどまらず,呉市に在住する全ての在日韓国・朝鮮人に関わる重大な人権侵害である」ことを指摘し,一定の理解を得たものと考えます。
 呉市当局がこの確認を新たな出発点とされ,今後とも人権意識高揚に努められ,定住外国人(とりわけ,韓国・朝鮮人)の基本的人権の完全保障に向けて,より一層ご尽力いただけますようお願いいたします。
 つきましては,以下の点について早急に整理され,それを踏まえた文書回答がいただけますよう,再度,申し入れます。


(1) 1年間にわたる話し合いの成果が,厚生部,とりわけ市民課内に浸透していないとい
 うことの理由が,個々の行政職員の力量不足ということだけにとどまらず,厚生部市民
 課をはじめとする呉市行政全体の朝鮮人観の反映でもあることを肝に銘じ,さきに提出
 された「16歳該当確認申請に関する経緯について」の問題点を明らかにすること。
(2) 呉地区高同教との話し合いを継続される中で,この1年間,何をどのように研修され
 てきたか,さらに,1年を経過した現在も,依然として話し合いの内容が窓口業務に反
 映されていないことの原因・理由を明確にされ,そのことを踏まえた今後の課題と,そ
 の克服のために何をどのように努力していくのかを明らかにすること。


以上


○ 6.14(水)  呉市に対する申し入れ  

1989年6月14日


呉  市  長 佐々木 有 殿
呉市厚生部長 渡辺 育範 殿


呉地区高等学校同和教育推進協議会
会  長  角  井    孝 
 同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
部  長  木  谷  郁  史 

申  し  入  れ  書

 
 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 日頃より私たち呉地区高同教の活動にご理解とご支援をいただき,厚く感謝致しております。また人権尊重の行政にご尽力されていることに,深く敬意を表すものであります。
 さて,昨年5月,呉市内高等学校在籍の在日韓国人生徒が確認申請に出向いた際の呉市厚生部市民課の対応は,著しく人権を侵害したものでありました。私たち呉地区高同教は,この呉市の対応を「人権侵害」事件として捉え,呉市に対して問題提起してきました。
 7月21日付の『申入書』にはじまり,この1年間,呉市厚生部と都合4回の話し合いの場を持って参りました。しかし,その中で確認されたことなどに対する誠意ある改善努力がほとんど見られないままに,本年度も新たに,呉地区各高等学校・障害児諸学校に在籍する在日韓国・朝鮮人生徒たちの,いわゆる「16歳該当確認申請」の時期が始まっていることに対して,不安と怒りを覚えています。
 問題提起以来,すでに1年が経過しているにもかかわらず,呉市当局の対応は,やっと本年3月になって「16歳該当確認申請に関する経緯について」なる「事実経過」が明らかにされたにとどまっています。
 そうした状況にありながらも,第3回・第4回の双方の話し合いの中から,呉市当局の『外国人登録法』そのものに対する理解の欠如,窓口担当者の人権感覚の欠如と,そこから生じる様々な問題点が浮かび上がってきました。
 さらに第4回(1989.5.23)の話し合いの中で,この度の市民課窓口の対応は,「当該生徒だけの問題にとどまらず,呉市に在住する全ての在日韓国・朝鮮人に関わる重大な人権侵害である」ことを指摘し,一定の理解を得たものと考えます。
 呉市当局がこの確認を新たな出発点とされ,今後とも人権意識高揚に努められ,定住外国人(とりわけ,韓国・朝鮮人)の基本的人権の完全保障に向けて,より一層ご尽力いただけますようお願いいたします。
 つきましては,以下の点について早急に整理され,それを踏まえた文書回答がいただけますよう,再度,申し入れます。


(1) 1年間にわたる話し合いの成果が,厚生部,とりわけ市民課内に浸透していないとい
 うことの理由が,個々の行政職員の力量不足ということだけにとどまらず,厚生部市民
 課をはじめとする呉市行政全体の朝鮮人観の反映でもあることを肝に銘じ,さきに提出
 された「16歳該当確認申請に関する経緯について」の問題点を明らかにすること。
(2) 呉地区高同教との話し合いを継続される中で,この1年間,何をどのように研修され
 てきたか,さらに,1年を経過した現在も,依然として話し合いの内容が窓口業務に反
 映されていないことの原因・理由を明確にされ,そのことを踏まえた今後の課題と,そ
 の克服のために何をどのように努力していくのかを明らかにすること。


以上


 ○10. 5(木)  呉市厚生部(市民課)『回答書』(第一次案)
 ○11.24(金)  呉市厚生部との話し合い<第5回>
 ○ 3.16(金)  呉市厚生部(市民課)『回答書

平成2年3月16日
呉厚市第151−2号


呉地区高等学校同和教育推進協議会
 会 長  角 井   孝 殿
同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
 部 長  木 谷 郁 史 殿


呉 市 長  佐々木   有
呉市厚生部長 渡 辺 育 範

外国人登録の確認申請に関する申し入れについて(回答)

 
 貴職におかれましては,平素から次の世代を担う若者の教育,なかでも人権にかかわる教育の推進に御尽力されていることに心から敬意を表します。
 このたび,呉昭和高校在学生に関する外国人登録の確認申請に際し,その対応に適正を欠いたことはまことに遺憾に思います。
 本市としましては,平素から人権尊重を基本理念として業務の遂行に当たっているところですが,このような事態をまねいたことは職員一人ひとりに人権尊重の精神がしっかり根づいていない結果であると反省するものです。
 このことに関し,先に貴職から提出されました「申し入れ書」について,別紙のとおり回答いたします。

回   答   書           <別紙>


1 基本認識
  1943年(昭和23年),国連第3回総会において採択された世界人権宣言は,第1条にお
 いて,「すべての人間は,生まれながらにして自由であり,かつ,尊厳と権利とについ
 て平等である。人間は,理性と良心とを授けられており,互いに同胞の精神をもって行
 動しなければならない」と謳っている。
  また,1979年(昭和54年)に批准した国際人権規約は,「この規約に規定する権利が,
 人種,皮膚の色,性,言語,宗教,政治的意見その他の意見,国民的若しくは社会的出
 身,財産,出生又は他の地位等によるいかなる差別もなしに行使されることを保障する
 ことを約束する」と定め,人権の尊重は,人類普遍の理念であると規定している。
  ひるがえって,わが国に定住する在日韓国・朝鮮人の人権状況は,差別落書などの差
 別事象の生起にみられるように厳しいものがある。
  1910年(明治43年)の韓国併合以降太平洋戦争終結までの間,朝鮮は日本の植民地支配
 のもとに置かれ,土地の収用や徴用などによって多くの人びとが日本に移り住まざるを
 得なくなった。
  戦後,主権を制限されていた日本が行政的に帰国を保障し得なかったことや朝鮮半島
 の南北分断等複雑な情勢もあって,既に朝鮮での生活基盤を失った人びとも多く,また
 日本での生活が長くなるにつれて,生活基盤が日本社会に根ざすようになり,祖国へ帰
 れる情況ではなくなった。
  このような経緯により多くの韓国・朝鮮人が日本に居住しているのであるが,これは
 主に植民地政策の結果であるといえる。
  現在日本に定住する在日韓国・朝鮮人は,日本社会の構成員として生活を営み,納税
 など市民としての義務を果たし社会に貢献しているにもかかわらず,進学,就職など市
 民的権利の面で事実上制限を受け,被差別の立場におかれている。
  このようなことは,国際人権規約に照応して市民的権利が何びとにも保障されている
 ことからしても遺憾なことである。
  そして,植民地支配当時の日本の国策とそれを推し進めた思想が,在日韓国・朝鮮人
 に対する民族的偏見や差別意識を生み出し,それが今もなお社会意識として日本人の心
 に根強く生き続けていると考えるものであり,このような意識は,行政にたずさわるわ
 れわれの意識の中にも潜在していると反省しなければならない。
  われわれ日本人は,在日韓国・朝鮮人が被差別の立場にあることは,これらの人びと
 の責任ではなく日本の植民地政策に起因するものであることを認識し,お互いの文化と
 民族の誇りを大切にしながら,「ともに幸せに生活できる社会」を創っていかなければ
 ならない。
  今日,社会に存在するさまざまな差別や偏見の解消を図ることは行政の責務であり,
 われわれ行政職員は,差別をなくし人権を確立することが世界の恒久平和と人類の幸福
 につながることに深く思いをいたし,今後,一層自らの意識改革を図り,行政の遂行に
 当たっては,差別の撤廃と人権の尊重を基底にした法の運用に努めなければならないと
 考える。


2 確認申請に関する問題点と反省等
 (1) 申請手続きの際,申請書の提出より先に指紋の押なつを求めたことは,基礎的な処
  理手順を誤ったのみならず,申請者にとっては初めての手続きであることなど,その
  心情面への配慮に欠けた,冷淡で礼を失した対応であった。
   このことは単に処理手順にとどまる問題ではないが,処理のあり方としては,申請
  書の提出を受けた後指紋に関する説明を行い,指紋の押なつを求めるべきであった。
 (2) 指紋制度に関する申請者の質問に対し,指紋不押なつの場合は告発の対象となり,
  告発すれば刑事罰を受け前科がつくなどと説明したことは,それが制度の実状である
  としても,申請者の立場や年令への配慮に欠けた,事務的で独善的な対応であった。
   このことについては,申請者の外国人登録制度に関する疑問や指紋押なつに対する
  心理的負担等,本人の気持ちに重点を置き,少なくとも強要と受けとめられることの
  ないよう言葉にも十分配慮をし,制度の現状について理解と協力を求める姿勢で説明
  すべきであった。
 (3) 当初の申請の日において,指紋押なつに関する申請者の意思確認を怠ったうえ,申
  請手続き中を証する文書(登録証明書の「交付予定期間指定書」)を発行しないで押な
  つ処理を後日に延ばしたことは,当日が混乱した情況であったとはいえ,担当職員の
  一方的判断による暫定的措置であり,指紋不押なつの状態により本人が受ける社会的
  不利益を十分考慮したものとはいえず,一時しのぎの対処であった。
   このことについては,指紋押なつに関し考慮期間制度があることを説明し,本人の
  意思に基づき,押なつ又は不押なつ若しくは考慮(押なつ留保)のいずれかに取り扱う
  のが正しい処理であり,このたびの暫定措置は適正な処理であったとはいえないもの
  であった。
 (4) 指紋押なつの際,不鮮明であった指紋原紙をその後の使用等に疑問を残さないため
  本人の目前で破棄したことは,本人の了解を得て処理したものとはいえ,指紋に対す
  る本人の深刻な心理への配慮に欠けた,独善的な対処であった。
   このことについては,本人の意思を尊重することを基本として,その意向を十分確
  認すべきであった。


  このような対応については,申請者が16歳であること,そして日本で生まれ日本で育
 ったことなど,その複雑な立場と気持ちに思いをいたして振り返るとき,すべての対応
 姿勢の根底において心情面への配慮が欠けていたことを深く反省するものであり,この
 ような対応の累積が,申請者を気持ちの上で納得させることができず,むしろ心理的圧
 迫と不信感を増大させるなど,その心を著しく傷つける結果になったと考える。
  これらの対応に関する直接の原因は,外国人登録法を正しく理解していないことによ
 るものであるが,本質的には,在日韓国・朝鮮人を正しく認識していないことに起因す
 ると反省するものである。
  今後は在日韓国・朝鮮人に関する正しい認識を深めるとともに,外国人登録事務の遂
 行に当たっては,外国人登録法への精通はもちろんのこと人権尊重を踏まえた法の運用
 を心掛け,真の相互理解と協力が得られるよう誠意をもって対応することに努めたい。


 (5) 付き添いの先生に関する対応について
   申請手続きの場には,原則として保護者及び家族以外の方の同席は御遠慮ねがって
  いるが,先生が保護者の委任を受けておられる場合には,代表の先生一人にオブザー
  バーとして同席を認めることとする。
 (6) 勤務時間外における事務対応について
   今後においても,申請者の了解を踏まえることを基本に,申請者の事情を勘案して
  柔軟に対応していくこととする。


3 研修に関する反省と課題等
 (1) 現在までの取り組み
   このたびのことを契機として,あらためて研修の必要性を痛感し,市民課において
  はつぎのように職場研修を行った。
  @接遇研修
   窓口接遇に関する基準書を整備するとともに,講師を招き窓口来訪者の立場に主眼
   を置いた正しい接遇について,市民課の全職員を対象に研修を実施した。
  A外国人登録事務
   法令,通達等に基づく処理の精通に努めるとともに,これまでの話し合いを踏まえ
   この事務の背後にある諸情況をもよく配慮し,事務を適正に遂行するよう,担当職
   員を対象に研修を実施した。
 (2) 反省と課題
   一定の理解が深まったと思われるが,日常業務における実践の場に的確に反映され
  ているとはいえず,つぎのとおり反省している。
  @職員が,自己の差別性をえぐり出し厳しく自己の体質を問い直すまでに至っていな
   い。
  A知識的,観念的な理解にとどまり,職員の意識の改革,行動の変容にまで及んでい
   ない。
  Bこのたびの問題の根底にある在日韓国・朝鮮人に関する正しい認識の欠落は一部職
   員のみでなく全職員に係わる問題であるが,現在までの研修ではそのような広がり
   がない。


   このような反省にたつ時,今後の研修の課題はつぎの諸点にあると考える。
  @職員の意識改革,行動変容が日常業務に直結するよう,充実した研修をする必要が
   ある。
  A在日韓国・朝鮮人に関する正しい認識は,一職員,一職場のみの問題ではなく,全
   職員,全職場の課題として広範に研修する必要がある。
 (3) 今後の取り組み
   外国人登録事務の担当課である市民課は,当然に,人権尊重の理念を日常の事務遂
  行の中で具現化していくため,今後においては,接遇研修,外国人登録の実務研修の
  いずれにも人権学習を根底に据え,在日韓国・朝鮮人についての正しい認識を深め人
  権尊重の理念が日常業務の場で行動化できる職員に育成していくよう,管理職員の職
  務として強力に職場研修を推進する。
   また,市民課の職員のみでなく,市職員のすべての人権学習において,在日韓国・
  朝鮮人問題についての学習を深め,人権尊重の精神をより一層徹底するよう,管理監
  督職員をはじめ全職員に組織的に研修を実施していく。
   そのため,関係部課が有機的かつ緊密な連携を保ち,研修の企画,実施,アフター
  ・フォローをしていくこととする。


4 むすび
  在日韓国・朝鮮人問題について正しい理解を深め,ともに幸せに生きる社会をめざす
 という視点で行政努力を続けていきたい。
 (1) 外国人登録事務の遂行に当たっては,外国人登録法に内在する管理的色彩の問題点
  等をよく認識し,かつ,在日韓国・朝鮮人の歴史的経緯,社会的背景について十分配
  意し,申請者等の協力のもとに事務を行うよう努力する。
 (2) 外国人登録法の運用に当たっては,当該外国人の人権尊重と実定法遵守の接点を鋭
  意求める姿勢で努力する。
 (3) 外国人登録法の改正については,今後とも他市と連携しながら,指紋押なつと登録
  証明書の常時携帯義務の廃止及び罰則規定の削除等について,国に対して改善方を働
  きかけていくよう努力する。
 (4) すべての人が人権を尊重され,あらゆる人が共存できる社会こそ国際化された民主
  社会であるといえる。
   在日韓国・朝鮮人との係わりは,われわれ日本人にとって最も身近な「足元からの
  国際化」の課題であり,「ともに幸せに生きる社会」の創造をめざして,人権学習に
  おける重要な課題として研修を推進していくよう努力する。
 (5) 本市における在日韓国・朝鮮人に関する状況把握と行政施策のマニュアル作成につ
  いては,今後研究していきたい。


W.1990年度以降の取り組み
 「指紋押捺留保」事件を契機に始まった呉地区高同教と呉市市民部(市民課)との話し合い(学習会)は,3年間の中断はあったものの,1993年に再開され,主要には外国人登録初回切り替え申請時(16歳)の窓口(市民課)対応のあり方を中心に話し合いを継続し,この間,一定の成果(前進面)も見られた。しかし呉市は,1997年度になって突然「今後も話し合いを継続する意味が見いだせない」との理由で,学習会の開催を一方的に打ち切ってしまい,それ以降は事務局レベルの再三にわたる要請にもかかわらず,「窓口対応に問題があれば文書で出してほしい」と言うばかりで,1998年度になってもそのかたくなな拒否姿勢が崩せず,学習会再開の糸口すらなかった。私たちは何とかしてこうした現状を打開したいとの思いから,呉朝問研を前面に出して取り組みをすすめることを決定し,6月29日,呉地区朝問(文)研顧問会議と呉朝問研の連名で,以下のような呉市長及び呉市市民部長宛の『申し入れ書』を持参し,市民課窓口との話し合いを行なった。
 私たちは,この場で,主要には1997年度の呉工業高校生徒に対する問題発言や1998年度の音戸高校生徒に対する“不誠実な対応”の問題を踏まえ,「学習会」開催の必要性を訴えたが,市民課は,「学習会を再開するつもりはないし,申し入れ書に文書回答するつもりもない」との姿勢を崩さず,ここでも事態打開の糸口を見いだすことができなかった。


1998年6月29日


呉  市  長  佐々木   有 様
呉市市民部長  松 田 敏 彦 様

呉地区高等学校同和教育推進協議会
朝 問 (文) 研 顧 問 会 議
代  表  今  田  美  敏 
呉 ・ 朝 鮮 問 題 研 究 会
代  表  横  間  洋  海 

申  し  入  れ  書

 
 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 日頃は私たちの活動にご理解とご支援を頂き,厚く感謝しています。また人権尊重の行政にご尽力されていることに,深く敬意を表しています。
 さて,呉地区の高等学校・障害児学校には,毎年10名弱の在日韓国・朝鮮人生徒が入学してきています。入学して間もない生徒が16才になるとすぐに,自ら市役所まで出向き,いわゆる「外国人登録」をしなければなりません。現在は,外国人登録法の「改正」により,悪名高かった「指紋押捺」こそなくなりましたが,そこには,憲法や国際人権規約を完全に踏みにじった「家族登録」や「署名」をはじめ,様々な“不快な”手続きが待っています。言うまでもなく,在日韓国・朝鮮人は,「韓国併合」以来の植民地政策により在日を余儀なくされ,その後も一貫した日本政府の排外・同化政策のもとで海外公民としての基本的人権が著しく侵害され,呉市においても様々な差別の実態が報告されています。
 そうした中で,10年前の1989年5月9日には,呉昭和高校在学の在日韓国人生徒が16歳初回切り替え手続きに出向いた際,市民課窓口担当者から著しく人権尊重の配慮の欠けた対応をうけるという“事件”があり,以来,二度とこうした“事件”が起こらないことを願って,厚生部(当時)市民課と朝問(文)研顧問を中心とした私たち教職員との話し合いが定期的に続けられてきました。
 しかし昨年度は,かなりの長期間にわたって,いわゆる“問題”が起こっていないとの理由から,市民部(市民課)が話し合いの場の設定を拒否するという,私たち教職員の側から言えば,とうてい容認・納得できない状況が生起しています。
 市民課が言うように「“問題”が起こっていない」のであれば,それは定期的に話し合いを継続することを通して,毎年,新たな気持ちで人権尊重の精神に貫かれた外国人登録事務の遂行が確認・実行されてきたからに他なりません。
 ところで,本当に「“問題”は起こっていない」のでしょうか。
 たとえば,1997年2月18日に市民課へ16歳初回切り替えに出向いた呉工業高校の在日韓国人生徒は窓口担当者から「(登録に)一人で来て勇気があるね」と言われたと担任へ報告していますが,日本人生徒が住民登録に一人で行った時にも,窓口担当者は「(登録に)一人で来て勇気があるね」と言うのでしょうか。
 「(登録に)一人で来て勇気があるね」という発言の裏には,一体,何があったのでしょうか。
 私たちは,昨年度一年間,話し合いの場の継続設定を市民部(市民課)に対して要請してきましたが,未だに納得できる回答をいただけておらず,市民部(市民課)の真意をはかりかねています。
 つきましては,昨年2月の呉工業高校生徒への対応の問題も含めて,今後のあり方について,市民部(市民課)の見解を早急に整理され,下記宛に文書で回答するとともに,それに基づいた話し合いの場を設定されるよう申し入れます。


以上


 7月17日に呉市市民課から課長と係長が呉朝問研事務局を訪れたが,「申し入れ書」に対する文書回答は持参されておらず,呉市としては申し入れ書に回答する意志はないことが伝えられただけであった。このことを踏まえて善後策を検討する中で,最終的には,呉市に対する抗議の意思を明らかにするために抗議文を送付することで呉地区朝問(文)研顧問会議と呉朝問研の双方で合意に達し,9月21日付で,以下のような『抗議と申し入れ』を呉市長宛に送付した。

1998年9月21日


呉 市 長  佐々木  有 様


呉地区高等学校同和教育推進協議会
朝 問 (文) 研 顧 問 会 議
代  表  今  田  美  敏
呉 ・ 朝 鮮 問 題 研 究 会
代  表  横  間  洋  海

抗  議  と  申  し  入  れ  書

 
 貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は私たちの活動にご理解とご支援を頂き,厚く感謝しています。また人権尊重の行政にご尽力されていることに,深く敬意を表しています。
 さて,呉地区の高等学校・障害児学校には,毎年10名弱の在日韓国・朝鮮人生徒が入学してきています。入学して間もない生徒が16才になるとすぐに,自ら市役所まで出向き,いわゆる「外国人登録」をしなければなりません。現在は外国人登録法の「改正」により「指紋押捺」こそなくなりましたが,そこには,憲法や国際人権規約を完全に踏みにじった「家族登録」や「署名」をはじめ,様々な不条理な手続きが待っています。
 言うまでもなく,在日韓国・朝鮮人は,「韓国併合」以来の植民地政策により在日を余儀なくされ,その後も一貫した日本政府の排外・同化政策のもとで海外公民としての基本的人権が著しく侵害され続けています。現在も,「ミサイル報道」以来,在日朝鮮人団体の事務所や民族学校などに対する脅迫や嫌がらせ電話が相次ぎ,呉地域においても広島朝鮮学園に通学している民族学校生徒,保護者は言うに及ばず,日本学校に通学している在日韓国・朝鮮人生徒,保護者にさえ言いようのない不安や心配を与えています。

 そうした差別実態がありながら,呉市における外国人登録業務に限って言えば,1989年5月9日に16歳初回切り替え手続きに出向いた在日韓国人生徒が,市民課窓口担当者から著しく人権尊重の配慮の欠けた対応をうけるという“事件”があって以来,行政職員によるこうした人権侵害“事件”が二度と起こらないことを願って,厚生部(当時)市民課と朝問(文)研顧問を中心とした私たち教職員との話し合いが定期的に続けられる中で子どもたちが安心して市民課窓口に出向くことができるような状況が生まれてきていました。
 しかし昨年度は,かなりの長期間にわたっていわゆる“問題”が起こっていないとの理由から,市民部(市民課)が話し合いの場の設定を拒否するという,私たち教職員の側から言えばとうてい容認・納得できない状況が生起しました。
 私たちは,決して「“問題”が起こっていない」とは考えていませんが,もし市民課が言うように「“問題”が起こっていない」のであれば,それは定期的に話し合いを継続することを通して,毎年,新たな気持ちで人権尊重の精神に貫かれた外国人登録事務の遂行が確認・実行されてきたからに他なりません。


 その後数回に及ぶ学習会の再開に向けた窓口折衝の中でも,「私たち教職員の側が市民部側の“言葉じり”をとって攻撃する」「学習会ではなくて糾弾会のような状況になっている」,さらには「市民部がどれだけ学習してもみなさんの学習には及ばず,教職員を納得させるような対応はできない」など,市民部の側の“被害者”意識だけが前面に押し出され,被差別の位置におかれている在日韓国・朝鮮人生徒の痛みは一顧だにされていないことが明かになっています。
 そうした中で,「もし何か問題があった場合には文書で市民部(市民課)に申し入れをして欲しい」旨の発言もなされました。私たちは市民部のこの発言を受けて,今年6月29日に別紙のような「申し入れ書」を市民部市民課に持参し,その場で7月末日までに文書回答をするよう申し入れました。しかし,7月17日に市民課(課長・係長)が「文書回答をするつもりはない」旨を口頭で伝えに来ただけで,誠実に対応しようという姿勢は全く見られないままになっています。
 また,先の「申し入れ書」の中で指摘した,1997年2月18日に登録に訪れた在日韓国人生徒に対する窓口担当者の「(登録に)一人で来て勇気があるね」という発言の問題,さらには窓口での話し合いの中で指摘した今年6月10日の「係長がいなくて自分はよくわからない」「(登録証を携帯していない場合)罰則があるのかどうかわからない」などと発言した窓口担当者の極めて無責任な対応の問題などについて,市民課として課題整理は何ひとつ行なわれていません。それどころか,「対応した窓口がきちんと答えられなかったのなら,市民課には説明できる人がいたのだから,その人を呼んでくれれば分かったはずだ」など,責任を在日朝鮮人の側に押しつけるような発言が市民課長からなされています。
 「在日」を生きる朝鮮人は,半世紀以上にわたり日本社会の発展に貢献してきたのであり,当然,その人権と民族的諸権利が等しく保障されなければならないことは改めて指摘するまでもないことです。在日朝鮮人と日本人が,隣人として心を通わせながら生きていける社会を築くことが私たちの課題です。
 そのような視点に立つならば,呉の地に今なお根強く息づいている民族差別をなくしていく上で呉市行政が果たすべき役割には極めて大きなものがあります。それだけに,今回は言うに及ばず,これまでの呉市の外国人登録事務窓口の無責任きわまりない態度は到底許すことはできません。
 ここに怒りを持って抗議するとともに,「人権尊重都市」を標榜している呉市の最高責任者としての市長の見解をうかがいたいと思います。つきましては,以下の2点について10月20日までに文書で回答していただけますよう申し入れます。



1.呉市における外国人登録事務に対する基本的な考え方を明らかにした上で昨年来の市
 民部(市民課)の私たちに対する対応のあり方について整理するとともに,研修実態や窓
 口の対応実態についての現状認識を明らかにすること。
2.今回の「抗議と申し入れ」に関わって,私たち教職員との話し合いの場を早急に設定
 すること。


 『抗議と申し入れ』で特定した10月20日に急遽,呉市市民部から2名の課長(市民課・同対室)と係長(市民課)が広高校まで出向いてくるとの連絡があり,呉朝問研代表と顧問会議代表の2人で対応した。
 ところが,呉市は文書回答を持参しておらず,以下の3点について口頭で示し,『抗議と申し入れ』の趣旨については今後の窓口業務に生かせるように行政として努力していくことを約束するというものであった。

 @文書回答は行なわない。従って,話し合いの場も設定しない。
 A呉朝問研代表が市民部市民課で在日朝鮮人差別問題(とりわけ,外国人登録に関わって)
  講演し,問題提起を行なう。
 B呉市と高同教との学習会は中止する。

 私たちとしてはこうした内容(口頭回答)は到底受け入れることはできず,即座に拒否し,話し合いに入ったが,冷静に話し合いができる雰囲気ではなく,物別れに終わってしまった。
 私たちは,その直後の呉朝問研10月例会において今後どのようなやり方で呉市に対する取り組みをすすめていくべきかについて協議し,@呉市の対応のあり方について呉市長宛に抗議文を出す,A呉市長宛の公開質問状を出す,などの方法についても検討・協議したが,当面は第三者(呉市議会議員)に仲介をお願いして,その成り行きによっては再度対応を考えるということで,ひとまず一歩引いてみることになった。
 その時点では,呉市としては,@16歳時の登録切り替え申請の際には,市民課職員が当該生徒の家庭まで出向き,話し合う中で本人・家族の意向を打診する,Aあらかじめ当該在日朝鮮人生徒の在籍校と連携をとり,問題が生じないよう努力する,などを提案することで事態の収拾を図ろうとしているようであったが,もしそれが事実であっても,問題解決にはほど遠いと言わざるを得ず,なかなか出口が見えない状況のまま1999年度を迎えることになった。
 それ以後,表面的には新たな動きもなく新年度を迎えたが,5月6日にS高校から呉朝問研事務局に,以下の「お知らせ」なる文書に関わってどのように対応すべきかについての相談があった。
外国人登録証明書の確認(切替)申請について(お知らせ)


 時下,ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 また,平素から,呉市行政に御協力をいただき厚く感謝いたしております。
 さて,________さんは,__月__日に16歳の誕生日を迎えられます。
 現在の外国人登録法では,16歳の誕生日を迎えられた以後は,本人が登録手続きをすることになっています。
 つきましては,ご希望により,手続き内容についての事前説明をさせていただきたいと存じます。ご多忙中恐縮ですが,同封いたしました別紙により返信いただき,事前説明の日程等を調整させていただきたいと思いますので,よろしくお願いいたします。
 なお,事前説明を聞かれなくても,手続きにおいては支障はありません。登録手続き当日に同内容を説明させていただきます。
 この「お知らせ」や,登録事務について,ご不明の点やご相談がありましたら,遠慮なく次までお問い合わせください。


(事前説明の内容 約30分)
 @ 外国人登録法の概要
 A 確認申請のながれ
 B 申請書の記入要領
 C 申請時に必要な書類等の説明
 D 申請日時の打ち合わせ
 E 質疑


○問い合わせ先
 呉市市民部市民課庶務係
 〒737−8501 呉市中央4丁目1番6号
 電話 25−3162  担当 青木・竹内・田中
    年  月  日

 
(返信先)
  呉  市  長
  (市 民 課)


保護者氏名__________
(電話番号) ___−______
               
外国人登録事前説明について

 
 このことについては,次のとおりです。(チェックで回答)

1 事前説明の時期
  □___月___日___時頃を希望します。
  □事前説明は希望しません。
   (本人宛に,手続き案内の郵送を希望します。)

2 事前説明の場所
  □自宅(住所:______________________________________________________________)
  □市役所(相談室を用意しています。)
  □その他(_________________________________________________________________)

3 事前説明員
  担当者2名が対応します。

4 質問・要望等




 

 この「お知らせ」は見方によれば,私たちがこれまで呉市行政に求め続けてきたものが具体化したものと捉えることも可能である。しかし,問題が起きないことだけを目的に,このように窓口以外の場所で事前説明を行うことは,一方では外国人登録法の持っている問題点の解消に向けた行政努力を放棄し,その全てを追認することにつながったり,何よりも“朝鮮人隠し”につながる危険性があると言わざるを得ない。そのような観点から言えば,今回の措置に,何の前提条件もなしに諸手をあげて賛成することはできない。そこで私たちは,当面,@事前説明を受ける場所を可能な限り学校にすること,A本人や家族の了解を得た上でその場に教職員が立ち会うことを確認し,急遽,呉市の真意を質すことになった。
 後日,第三者を介して呉市(市民課)から提示された「改善計画」は次の通りであるが,これによって,16歳になったばかりの在日朝鮮人生徒が,これまで多くの先輩同胞が苦しめられてきた様々な不条理な処遇から解放されるわけではないし,外国人登録法そのものが抱えている問題点の解決につながるとはとうてい考えられなかった。

外国人登録事務の改善計画


1 趣旨
  外国人登録事務における特別永住者に係る16歳確認申請時の窓口業務について,申請
 者にとって最初の手続きであることを再認識し,歴史的及び社会的背景を踏まえ,申請
 者及び保護者への人権の配慮と精神的負担の軽減を図るため,独自の改善を実施する。

2 改善内容
 (1) 16歳確認申請の案内方法について,ハガキを送付するのみの対応から,あらかじめ
  保護者に親書による案内を送付し,本人の希望により事前説明を行ない,その後本申
  請を実施する対応に変更
 (2) プライバシーの確保及び人権への配慮から,新規に市民課内に相談室(個室)を設置
 (3) 担当職員について,係内でジョブローテーションを計画的に実施し,1名体制から
  常時2名体制に変更
 (4) 在日韓国・朝鮮人問題及び外国人登録事務について,職場内外における研修を計画
  的に実施し,問題の共通認識をとおして,人権に配慮した窓口事務の改善を推進
 (5) 外国人登録における相談業務に対応するため,窓口カウンターをローカウンターに
  変更するよう,総務課に依頼

3 実施時期

 平成11年5月  日


 なお,指紋押捺制度の全廃などを柱とする外国人登録法改正案が8月13日の衆議院本会議で可決され,これにより,1999年8月14日から2000年3月31日までに16歳の誕生日を迎える在日外国人については2000年4月1日に16歳の誕生日を迎えたものとみなされることになった。