◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



金 剛 山 歌 劇 団 呉 公 演 〜 1987年

 

 

1.目  的
 (1) 在日朝鮮人児童・生徒に対して民族的自覚と誇りを培い,民族差別を許さず,差別
  と闘っていく資質を身につけさせる資とする。
 (2) 日本人児童・生徒の持っている朝鮮や朝鮮民族に対する蔑視・偏見・差別意識を質
  していくため,直接,朝鮮のすぐれた芸術・民族文化に触れさせる。
2.主 催  金剛山歌劇団呉公演実行委員会
3.後 援  呉市教育委員会・呉市同和教育研究協議会・呉地区高等学校同和教育推進
       協議会
4.日 時  1987年11月6日(金)
5.場 所  呉市民会館
6.対象者  小・中・高校生および教職員,保護者,在日朝鮮人,一般の観劇希望者
7.団 員  65名(団長 洪 峯 子 氏)
8.受 付  会場整理も含め,呉・在日朝鮮人問題研究会で担当(17:30〜18:00)
9.開演前  歌唱指導(17:45〜18:00)
        開会行事〜挨拶・経過報告(18:00〜18:10)
10.公演プログラム
   [第一部] (1) 舞踊<扇の舞>
        (2) 舞踊<高句麗剣舞>
        (3) 舞踊<汗衫の舞>
        (4) 民俗舞踊<強羌水越来>
        (5) 舞踊<春風に誘われて>
        (6) 独舞<トラジ>
        (7) 民俗舞踊<チャンゴの踊り>
   [第二部] (1) 合唱<祖国の愛>
        (2) 女声重唱<故郷の春>
        (3) 男声独唱と女声重唱<故郷の空>
        (4) 女声独唱と男声三重唱<青空を見上げれば>
        (5) 混声重唱<花咲け青春>
        (6) 男声四重唱<希望の道>
        (7) 男声二重唱<統一の日に>
        (8) 民謡メドレー<牡丹峰,トンドルラリ,ほか>
        (9) 民俗舞踊<農楽舞>
11.花束の贈呈
12.歌劇団との交流会
 (1) 時 間  21:00〜22:00
 (2) 場 所  たつみ園
 (3) 参加者  歌劇団(5〜6名),総聯(5〜6名),実行委員会(5〜6名)
 (4) 参加費  3,000円
13.宿  舎  音戸ロッジ(11月5〜6日)
14.料  金  一   般  2,000円
        高 校 生  1,000円
        小・中学生  無  料
15.座  席  全席自由席
16.そ の 他  (1) 挨拶団体〜金剛山歌劇団呉公演実行委員会
        (2) 花束贈呈団体〜呉地区高同教・高校部落研・呉朝問研
        (3) VTR録画〜呉商業高校(夏木)
        (4) 歌唱指導曲目


1987年10月13日


関 係 団 体 各 位

金剛山歌劇団呉公演実行委員会(代表 横間 洋海)
[事務局:呉市広古新開4丁目1の1呉商業高校内]

「金剛山歌劇団呉公演」について(お願い)

 
 平素は,民族教育の推進・民族差別の撤廃のため,ご理解・ご協力を賜り,心から感謝しています。
 呉市においては,本年2月25日,呉市中央図書館における“民族差別落書き”事件が提起されて以来,呉市教委(同和教育指導室)を中心とした,民族差別撤廃のための行政課題を明らかにする精力的なとりくみがすすめられていますが,依然として,民族差別克服の課題の実現には程遠い現状があります。このことは,1910年の「日韓併合」以来の侵略・植民地政策に端を発し,1945年の「朝鮮解放」後も変わることなく続けられてきた日本政府の排外・同化政策,同化教育の結果として生まれたものに他なりません。
 戦前・戦後一貫した同化教育は日本人の子どもたちのアジア認識,とりわけ,朝鮮認識を歪め,朝鮮人に対する偏見や差別を生み出し,一方,朝鮮人の子どもたちには,朝鮮・朝鮮人をくらまそうとする屈折した意識を植えつけています。私たちは,日本の社会に今なお根強く息づいている民族差別を克服することや,在日朝鮮人の子どもたちが日本の学校に学んでいる現実を,その歴史的背景・社会的背景を踏まえて理解し,民族相互の文化や歴史,言語を尊重する態度を育てることをめざして,これまで以上に実践的なとりくみをすすめなければなりません。
 さて,こうした大切な時期に,朝鮮総聯広島県本部と呉支部の肝入りで「金剛山歌劇団呉公演」が計画され,民族差別の撤廃と民族教育の推進をめざす私たちのとりくみを側面から支援していただけることになりました。私たちは,このことを受けて,11月6日公演(呉市民会館)に向けて,呉在日朝鮮人問題研究会を中心とした実行委員会を組織し,各団体に対して協力を呼びかけると同時に,準備もすすめてきましたが,ようやく,下記の要領で「金剛山歌劇団呉公演」実施の運びとなりました。
 貴団体におかれましては,今次「金剛山歌劇団呉公演」の主旨をご理解いただき,できるだけ多くの動員(観劇)態勢を組んでいただきますようお願い致します。


実 行 委 員 会 挨 拶

(実行委員会代表) 横間 洋海

 本日はご苦労様です。
 今回の「金剛山歌劇団呉公演」につきましては,朝鮮総聯呉支部を中心とした民族側の昨年来の取り組みを,呉地区におけるさまざまな状況を踏まえる中で,本年9月以降,私たち呉実行委員会が引き継いですすめて参りました。私たち実行委員会が取り組みを引き継いだ時点から本日までの準備期間が極めて短かったにもかかわらず,これだけ多くの参加者を得て公演を開催できましたのは,後援団体に名を連ねていただきました呉市教育委員会・呉市同教・呉地区高同教の3団体,さらには部落解放同盟をはじめ,さまざまな民主団体から力強いご支援・ご協力をいただいたことによるものと,深く感謝しております。本当にありがとうございました。
 さて,本年4月20日付で,広島県教委より「在日外国人児童生徒の教育に関する基本的な考え方について」なる文書が出されて以来,県内各地の日本学校に学ぶ児童・生徒に対する様々な取り組みの深まりが見られるようになり,12月には,待望の「外国籍児童・生徒教育基本方針」が県内の各教育現場に配布されることが約束されています。
 こうした中で,呉市においても本年度当初から呉市教委(同和教育指導室)を中心に民族差別撤廃のための行政課題を明らかにする精力的なとりくみがすすめられていますが,民族差別克服の課題の実現には,依然として程遠い現状があります。このことは,1910年の「日韓併合」以来の侵略・植民地政策に端を発し,1945年の「朝鮮解放」後も変わることなく続けられてきた日本政府の排外・同化政策,同化教育の結果として生まれたものに他なりません。
 戦前・戦後一貫した同化教育は日本人の子どもたちのアジア認識,とりわけ,朝鮮認識を歪め,朝鮮人に対する偏見や差別を生み出し,一方,朝鮮人の子どもたちには,朝鮮・朝鮮人をくらまそうとする屈折した意識を植えつけています。私たちは,日本の社会に今なお根強く息づいている民族差別を克服することや,在日朝鮮人の子どもたちが日本の学校に学んでいる現実を,その歴史的背景・社会的背景を踏まえて理解し,民族相互の文化や歴史,言語を尊重する態度を育てることをめざして,これまで以上に実践的なとりくみをすすめなければなりません。
 このような大切な時期に,この呉市において「金剛山歌劇団呉公演」が計画され,実現できましたことは,極めて大きな意味があるものと思います。いつまでも朝鮮を「近くて遠い国」にしておくことはできません。本公演を機に朝鮮文化のすばらしさを自らのものとされ,その中から,今後の取り組みが始められることを期待しております。
 ともに頑張りましょう。