◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



呉市中央図書館「民族差別落書き」事件 〜 1987年

 

 2月7日に呉市中央図書館で『在日朝鮮人の歴史』(彩流社,R.H.ミッチェル著)を借り受けた呉ろう学校(現,広島ろう学校呉分校)高等部1年生のY君が,2月21日,「怖ろしいことが書いてある」と言って,本を持参した。中を見ると中表紙に,マジックで消されてはいたが,朝鮮人に対する極めて悪質な落書きが書かれていた。
 2月25日,呉市(同和教育指導室・中央図書館)と話し合い,以下の確認をした。


【呉市中央図書館と呉地区高同教との確認事項】


@人権関係図書について,差別落書き,嫌がらせ等の落書きを早急に調査し,呉地区高同
 教に報告する。
A呉市行政として社会啓発に努める。呉地区高同教も生徒への対応の仕方について検討す
 る。
B呉市・呉地区高同教は,ともに組織討議する。
C在日本大韓民国居留民団呉支部・在日本朝鮮人総聯合会呉支部・広島朝鮮第2初級学校
 には呉地区高同教外国籍生徒教育専門部会が連絡し,対応する。
D呉市中央図書館は在日朝鮮人問題についての蔵書を充実する。
E呉市中央図書館長・呉地区高同教事務局長を,双方の窓口とする。


 4月21日,呉地区高同教第2回委員・研究部員合同会議の場に事務局から呉市に対する『要望書』(案)が提案され検討されたが,結局『要望書』の提出は認められず,当面は事務局が『案』の主旨に沿って呉市と対応することが確認されるにとどまった。
 4月23日,高同教は呉市に対して以下の4項目をメモにして提示し,呉市との話し合いをすすめた。

(1) 呉市中央図書館「民族差別」落書き事件の総括
 @呉市としての行政課題
 A社会啓発などの具体化のための作業
(2) 在日外国人(とりわけ,韓国・朝鮮人)の呉市一般行政職への任用の実現及び現業職の
 任用の趣旨の徹底
(3) 呉市における在日韓国・朝鮮人児童(生徒)の教育基本方針の策定
(4) 広島朝鮮第2初級学校に対する助成金の交付


 その後,呉市当局と高同教の「事件」の整理の仕方についての“受け止め”に違いがあることが分かり,5月15日に第2回目の話し合いの場を持ち,一定の整理を行なった。
 この話し合いの結果を踏まえ,高同教は7月7日に『要望書』を呉市長宛に提出。呉市からは8月19日付で『回答』がなされたが,呉地区高同教は,これを受けて,関係者会議で協議を重ね,<呉市(呉地区)における在日朝鮮人生徒に対する取り組みが一歩でも二歩でも前進する>ことを大前提において呉市との対応・話し合いを継続し,1988年9月22日(第5回)から,『基本方針』策定のための具体的な話し合いに入った。


1987年7月7日


呉 市 長  佐々木   有 殿

呉地区高等学校同和教育推進協議会
会  長  松  本  豊  尊 
呉地区高等学校同和教育推進協議会
外国籍生徒教育専門部      
部  長  中  本  成  基 

要     望     書

 
 呉地区の各高等学校には,毎年30名前後(本年度28名)の在日朝鮮人(韓国籍・朝鮮籍)生徒が在籍しておりますが,呉市においても,いまなお根強く息づいている排外・差別の仕組みの中で,彼らの多くが,在日外国人としての当然の諸権利を保障されないまま,校内外で自らの民族と本名を隠し続け,帰化・同化への道を歩まざるを得ない状況に追いやられている現実があります。
 このような状況の下で,私たち呉地区高等学校同和教育推進協議会は,各校に在籍する在日朝鮮人生徒に対して,朝鮮人としての誇りを持たせ,日本に定住する外国人として,堂々と胸をはって生きる力を身に着けさせ,また,日本人生徒には,在日朝鮮人差別の撤廃は日本人の責任であり,そのことが日本社会での自らの人権と平和の確立に欠かせない営みであることを指摘し,真の国際連帯に向けて共に考え共に行動することのできる資質の育成を目指した教育をすすめています。
 そして広島県においては,数年来の懸案であった外国籍生徒教育基本方針が本年度より具体化し,4月20日付けで県内各市町村教育委員会・県立学校にその主旨の徹底が図られ,さらには,民族学校に対する教育費の助成についても,広島県と広島市において本年度より実現の運びとなりました。
 このような中で,本年2月21日,広島県立呉ろう学校高等部1年生から呉市中央図書館蔵書の“民族差別”落書き事件が提起されました。
 この提起を受け私たちは,2月25日(水)以来,呉市(同和教育指導室長・中央図書館長)に対して事件の重大性を指摘し,また,事件に対する呉市としての早急な対応を要請してきたところであります。その結果,落書き図書の調査などの作業が進められましたが,その後も新たな“民族差別”落書きが発見され続けるなど,事態はますます悪化する兆しすら感じられています。
 このことは呉市における在日朝鮮人生徒が極めて悪質な差別構造の中に置かれていることを示しています。私たちは,彼らの在日外国人としての当然の生活と権利が擁護されるよう心から願い,また,その実現のためのとりくみをすすめてきましたが,この度の差別落書きは,私たちがこれまで推し進めてきた同和教育運動に対する重大な挑戦であり,とうてい見過ごすことのできない極めて悪質な差別事件であると言わざるを得ません。
 私たち呉地区高等学校同和教育推進協議会は,事件発生以来,以上述べてきた視点に立って組織討議をすすめてきました。
 呉市当局におかれましても,住民本位の地方自治の本旨に基づき,この度の差別事件を早急に整理され,啓発のための諸施策が実行されますよう強く要望いたします。


昭和62年8月19日


呉地区高等学校同和教育推進協議会
 会 長  松 本 豊 尊 殿
同 外 国 籍 生 徒 教 育 専 門 部
 部 長  中 本 成 基 殿

呉 市 教 育 委 員 会
教育長 清 田 内 匠 

高同教の要望についての回答

 この度の中央図書館における図書落書は重大な差別事件として受けとめております。
 在日朝鮮人(韓国籍・朝鮮籍)のおかれている人権状況は,日本国憲法の人権尊重の理念や国際人権規約(内外人平等の原則)の批准にもかかわらず,現実には厳しいものがあります。
 呉市におきましては,すべての差別をなくし,明るい住みよい町づくりのために一層充実した啓発を推進していきます。
 ついては,次のことを実施していく所存です。

1.呉市民を対象とした,あらゆる同和問題研修の場を通して啓発を推進していく。
2.呉市図書館は,継続的に図書落書きについての調査を実施する。
3.呉市図書館における人権問題の図書の充実を図る。