◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



『英語通信(No.21)』巻頭エッセイの問題表現


~ 1999年


 1999年10月の例会終了後,運営委員の木谷好寿さんから,大修館書店から英語教師向けに年3回発行されている『英語通信(No.21)』の巻頭エッセイ「私の息子だから気にしなくていい」(京都教育大学教授・斎藤栄二)の中に見逃すことのできない問題表現があることが報告され,早速取り組みを開始した。
 まず大修館広島支店に電話し,問題の文章表現について見解を求めたが,担当者が不在で,しかも『英語通信(No.21)』が手元にないということで,見解を聞くことはできなかったが,対応を検討し次第連絡がもらえることになった。私たちとしてはきちんと対応してもらえるのであれば,抗議文なども出さないことにしていたが,その意味では大修館の対応は素早かった。次に電話連絡があった時には,すでに筆者の斎藤教授から「指摘の趣旨はわかる。言われる通りだと思うので次号で訂正したい」というコメントも取っていた。
 呉朝問研としては,この時の話し合いの中で,斎藤教授の訂正文と大修館としての謝罪(見解)文を同時に掲載するよう要請し,その2点について合意に達したと理解していたが,22号には大修館としての謝罪文は掲載されなかった。この事態を受けて,以降の対応を協議し,大修館に対して,会社としての謝罪文が掲載されなかったことを口頭で抗議して取り組みを終結することとした。
 なお,問題の文章表現と訂正文は以下の通りである。

<問題表現>
 将来,この若者の世代が大人になったとき,たとえタイとの国際関係が悪化しても,ど
 こかの国のように『ミサイルをとばしてやれ』とはならないでしょう。

<訂正文>
 本誌第21号「巻頭エッセイ」に不適切な表現(右20-21行目)がありましたので,次のよ
 うに訂正致します。
 「…国際関係が悪化しても,最悪の事態にはならないでしょう。」