◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



呉市公営企業体「国籍条項」問題 〜 1984年

 

 1984年9月14日に呉豊栄高校から提起を受けて以来,約4ヶ月で呉市,及び呉市公営企業体職員採用にあたっての国籍条項撤廃に向けての取り組みは一応の決着を見た。
 取り組み経過については,「申し入れ書」の中に詳しく述べられているので省略するが,取り組みをすすめる過程で,呉地区高同教をはじめとする全ての構成団体の意向が尊重されないままに組織原則を逸脱した様々な言動がなされ,最終的には議長制を敷かざるを得なかったり,「申し入れ書」の提出が11月下旬までずれ込むなど,私たち教職員の側の,とりわけ就対協のかかえている諸矛盾を全て露呈させた感も拭えない。


1984年11月22日

呉市水道局管理者 大 尾 博 敏 殿

呉地区高等学校就職対策協議会

「1985年度呉市水道局職員募集応募用紙の問題についての申し入れ書」

 前略 私共の組織は,別紙の規約の示すように,広範な教職員の組織,及び,就職の機会均等の実現に多いに関わりのある行政機関である職業安定所とで構成する協議会であり,部落出身生徒をはじめとして被差別の位置にある生徒の市民的権利,とりわけ就職の機会均等の精神を具現化していく諸活動を行なっています。そのことをご理解いただいた上で,下記の「申し入れ」に対して,文書で早急にご回答願いますよう,ここに要請致しますので,よろしくお取りはからい下さい。



 1984年9月14日,呉豊栄高等学校から水道局に対し確認のあった,『1985年度呉市水道局職員募集応募用紙』書類中に,「身分確認書」なるものが含まれており,そこには,別紙に示す如く,『私は日本国籍を有しており,地方公務員法第16条各号のいずれにも該当しておりません』(以下,地公法第16条の内容記載もしてあります)と証明するようにされていることに関して,早速9月25日に本協議会を開催し,このことは呉地区の各高校に在学する在日朝鮮人生徒の進路保障上の大きな差別であり,同時に,私共の行なっている同和教育での差別撤廃の精神に逆行することであり,生徒たちへの影響力を持っている重大な問題である,と確認致しました。
 さらに,この会議において私共は協議して,次の4項目について問うことを決定し,9月26日に本協議会を代表して会長が口頭で申し入れに参った次第です。

(1) 10月1日からの就職試験開始を前に,在日外国人(朝鮮人)生徒の受験生もある可能性
 を考えて,この「日本国籍を有しており」と確認する内容をどうされるのか,その当面
 の処置を考えていただきたいこと。また,いつ,どのような理由から水道局が外国籍の
 制限を加えるに至ったのかの根拠を示していただきたいこと。
(2) 今回はじめてこのような「身分証明書」を提出させることを考えたのは,いかなる理
 由によるのか,を明らかにしていただくこと。
(3) 「身分証明書」を今後どうするのかの考えを示していただくこと。また,今回のこの
 確認書提出の措置をどう処理されるのか,また,確認書を提出してどういう調査をされ
 ようとしていたのか,を明らかにしていただきたいこと。
(4) この件で,私共就対協と学習(確認を含めて)の日程を設定していただきたいこと。そ
 れは,水道局管理者の任命権者である呉市と,呉地区高校生の進路保障に関わりのある
 呉市教育委員会とともに,学習の場を設定していただくこと。

 以上の4点でした。
 また,9月28日に開催された「呉地区高等学校同和教育研究大会」においても,高同教で組織している「外国籍生徒教育専門部」より,「呉市水道局の応募用紙の問題点」について全体会において,詳細に報告・提起がされて,呉地区の高校での同和教育推進上の大きな課題として,問題意識が高まっている現状です。
 しかし,会長よりの申し入れに対して,約2ヶ月を経過しようとしている今日,貴職からの誠意あるご返答は未だになく,不十分なコメントしかない状態です。そのことは遺憾であると,去る11月19日の就対協(第3回)の会議において話し合いました。貴職が問題解決への努力をされていることは窺い知り,理解をしているところではあります。しかし,私共は,今回の誠にショックな「身分確認書」の問題性を,私たちの教育の中で,とりわけ在日朝鮮人生徒の進路保障のために生かしていくべき使命と,現在2年生の該当生徒たちの進路指導に活かしていくべき緊急かつ重大な責務を有しています。
 ついては,上記4点について,早急に文書で本協議会にご回答いただきますよう,ここに申し入れます。

以 上

昭和60年1月17日

          学校長 殿

呉地区高等学校就職対策協議会・就職対策協議会
                       会 長   住 田 福 男

 拝啓 厳寒の候,ますますご清祥のことと存じ,お慶び申し上げます。
 さて,昨秋以来,呉地区高等学校生徒の就職に関しまして,国籍条項廃止の方向で検討していただくよう呉市水道局ならびに呉市長部局に対しまして,協議会として申し入れをして参りました結果,1月16日(水),下記のごとく呉市総務部より回答がありました。各理事に周知方をお願い申し上げます。



(1) 現業職員の採用については国籍条項を記載しない(応募条項から外す)。
(2) 具体的職種について,水道局は配管工,交通局は運転手,応接員(音戸ロッジ),市役
 所は技能労務職として運転手,清掃作業員,給食員とする。
(3) 実施については,今からの採用者より適用する。
 なお,(1) 新規卒業生にかかる応募書式は広島県統一書式でよい。
    (2) 過年度卒業生は公務員第16条に該当しない旨の自認書を提出する。
    (3) 健康診断書は在学生も卒業生も同一条件にそろえる。

 以上については,前回,回答のあった通りであります。

1985年12月10日


呉    市    長 佐々木   有 様
呉市教育委員会教育長 清 田 内 匠 様
呉 市 総 務 部 長 金 本 和 孝 様

呉地区高等学校就職対策協議会
                           会 長  皆 川 芳 数

1986年度呉市職員募集要項における外国籍生徒の問題についての申し入れ書
    
 師走に入って一段と寒さが身にしむ今日この頃ですが,皆様方にはますますご清栄のことと存じます。
 さて,昨年度,呉市水道局職員募集要項に端を発した採用資格問題につきまして,去る6月25日の就対協よりの「申し入れ書」に対しまして7月26日に市より口頭にてご回答をいただきましたが,引き続き就対協として,今年度の呉市職員募集要項も検討する中で,新たに「保母・保健婦・診療エックス線技師」の応募資格に国籍条項があることが指摘され,11月19日に呉地区就職対策協議会総会を開き,以下の申し入れを行うこととしました。
 呉市当局として,外国籍生徒の人権と進路保障についてどのようにお考えになっているかをご検討いただき,文書で回答していただきたく,ここに申し入れますのでよろしくおとりはからい下さい。
 昨年度は,呉市の一部の現業職種に関して御配慮いただき,一歩前進したものと受けとめておりますが,国際化の時代を迎えて,在日外国人の人権保障,民族差別のない明るい平和な呉市をつくってゆくために,すべての職種について応募できるよう積極的な姿勢を示していただきたいと念願しています。
 つきましては,前回の「申し入れ書」の第1項目についての回答での,新規学卒者の「身分確認書」の撤廃は高く評価していますが,既卒業生の「自認書」については引き続いて課題として検討してゆきたいと考えています。
 下記の4項目については,先ほどのべましたような事実から,早急にご検討いただき,今年度中に文書で回答いただきますようお願いします。


1.「国籍条項」の削除が,現業職種のみに限定されていますが,その理由について。
2.国・県・多くの市町村において,外国籍の医師・医療関係職員や保母を採用している
 ように,人権保障はすすんできていますが,呉市の「保母・保健婦・エックス線技師」
 に国籍条項がなぜ必要なのか明らかにしてください。それは,看護婦の国家試験には国
 籍条項をとり入れていないことを考えますと,こうした進路をとった生徒が,実際に就
 職するとき断念せざるを得ないことになります。このことをどのように考えておられる
 かについても。
3.かつての軍港都市から平和都市に転換した呉市として,戦時中における民族差別の反
 省にたち,呉市在住の韓国・朝鮮人の人権と進路保障をすすめるため,どのように考え
 ておられるかについて。
4.在日外国人(在日韓国・朝鮮人)の人権保障のための啓発・広報活動について,「市政
 だより」などを利用して市民に積極的にアピールしていただくこと。


 なお,上記4項目についてご回答をいただく時,話し合いの場(学習会)を必ず設定して,就対協と話し合っていただけるようお願いいたします。

以 上