◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



読売新聞「潮音・風声」(ソウルの鳥瞰図)問題


~ 1998年

                             


  この読売新聞に対する取り組みについては,大新聞社を相手にエンドレスで不毛な闘いはしたくないとの思いもあり,とりあえずは「読売新聞社がどのような対応をするのか見てみる」ことを目的に「申し入れ書」を作成・送付することから始めたが,回答内容はあまりにも無責任で,私たちの指摘には何ひとつまともに答えていない,杜撰で稚拙なものであった。
 この「回答書」受けて,少なくとも私たちの考え方をきちんと伝えるだけでなく,抗議の意志も伝え,できれば回答も得たいという思いもあり,「抗議文」を送付したが,それ以降,読売新聞社から私たちに対する働きかけは何ひとつなされていない。




























                                                                 

1998年12月18日


読売新聞大阪本社様


呉・朝鮮問題研究会
代 表 横 間 洋 海


申  し  入  れ  書

 
 貴社におかれましては益々ご発展のこととお慶び申し上げます。平素は,新聞報道を通して種々の人権問題の解決をめざし,尽力されている貴社の報道姿勢に深く敬意を表ています。
 さて,在日韓国・朝鮮人は,「韓国併合」以来の日本の植民地政策により在日を余儀なくされ,その後も一貫した日本政府の排外・同化政策のもとで海外公民としての基本的人権を著しく侵害され続けています。
 80年代後半の「パチンコ疑惑」「大韓航空機事件」,90年代初めの「核疑惑」キャペーン,そして今回の「ミサイル疑惑」等々,朝鮮半島で何か大事件が起こる度に朝鮮民族に対する差別意識と朝鮮民主主義人民共和国への根強い敵対意識が増幅され,チマ・チョゴリを着た女子生徒や小中学生のような力の弱い在日韓国・朝鮮人の子どもたちがいつも暴力の標的にされています。
 また,いわゆる「日本人拉致疑惑」が喧伝される中で,日本政府は過去の7件10人の日本人「行方不明者」について「共和国の犯行の疑いが強い」と断定し,昨年8月に合意に達した前提条件なしの「日朝国交正常化」交渉の再開を拒み続けています。
 その結果,日本人の意識の中では朝鮮人に対する根強い差別意識に加え,「何をしでかすか分からない恐ろしい国・北朝鮮」のイメージが加乗され,それが,共和国に対する憎悪へと確実に変化しています。こうした日本人の共和国に対する,決して好ましからざる差別意識・敵対心の克服を図る上で,貴社をはじめとするマスコミ各社の役割は実に大きなものがあります。
 以上のような観点から言えば,11月10日づけの貴紙・文化欄「潮音・風声」に掲載された「ソウルの鳥瞰図」(石原正さん)は,結果的に共和国に対する差別意識・敵対意識を強める役目しか果たしていないのではないかと考えざるを得ません。
 とりわけ“問題”を感じる部分は次の斜体部です。


   仕事が済んで,資料を返しても,私の頭に図面が残る…。これが問題だ。北に
  とって興味深いターゲットになる恐れがある。韓国当局は金浦空港までちゃんと
  護衛するというけれど,そのあとが大変だ。

   例の吉田初三郎が描いた日本支配下のソウルを,今度は私が描く…。ワクワク
  する仕事だけど,この作品が絶筆になるかも,と思った途端怖くなって,その場
  でソウル行きの話を断った。



 この一文が読者にどのような思いを与えるかは明らかです。つまり,「北朝鮮は平気でテロ事件や拉致事件を起こす恐い国だし,何をしでかすか分からない。自国の利益のためにはソウルの本当の姿を知っている鳥瞰図絵師を拉致し,逆らう場合には殺すことがあるかもしれない」などといった思いを持たせたり,あるいは,すでに抱いていた共和国に対するマイナスイメージをさらに増幅することにはならないのでしょうか。
 この一文が紹介されたタイミングがいわゆる「ミサイル疑惑」報道と重なっているだけに,その感はさらに強くなっており,本会としては黙過することはできません。
 つきましては,以下の3点について検討していただき,1999年1月末日までに文書で回答していただきますよう申し入れます。
 ① 貴社がこの時期に「ソウルの鳥瞰図」を掲載した意図
 ② 本会が指摘する問題点に対する貴社の見解
 ③ 今回の「申し入れ書」に関わる本会との話し合いの意思の有無

                                                    
1999年1月25日


呉・朝鮮問題研究会
代 表 横間洋海 様


読売新聞大阪本社文化部長
蔵  楽  知  昭  ㊞

回    答    書


 前略 読売新聞大阪本社版の文化面に掲載された「潮音風声」について,貴殿から昨年12月18日付で本社あてに送られてきた「申し入れ書」について回答いたします。

①この時期に「潮音風声」の「ソウルの鳥瞰図」を掲載した特段の意図は,ございませ
 ん。この欄はいろいろな方に身辺雑記などを書いていただいているスペースですが,か
 なり前に頼んだ人が書くのが遅れたり,まだ先の掲載予定の人が早く書いてきたりとさ
 まざまで,掲載時記は変更されることがあります。石原さんの分についてもたまたまこ
 の時期の掲載になったものです。貴殿が言われる「ミサイル疑惑のミサイルは8月31日
 に発射されており,11月10日付(統合版。夕刊セット地区は9日付)で掲載された「ソウ
 ルの鳥瞰図」とは掲載時期が重なっているとは考えていないと判断していることも申し
 添えます。
②この欄は10回分が1セットとして掲載されるのが常です(たまに5回の場合もあります
 が)。10回分を通して筆者の考えていること,思っていることを書いてもらっていますの
 で,1回だけの内容を特別に取り立てて,どうこうということは考えていません。
 また,「ソウルの鳥瞰図」は,石原さんによればソウル五輪の前年だったらしい時期の
 話で,そうであれば1987年になりますが,石原さんが当時の思いを吐露している内容で
 す。貴殿が指摘されるようなことを決して意図して書いているものでもありませんし,
 この記事がそのような役目を果たしているとも考えていません。
③貴殿の申し入れ書の趣旨は了解しておりますので,話し合いについてはその必要がない
 と判断しています。 

 以上,回答いたします。

1999年2月19日


読売新聞大阪本社様
文化部長蔵楽知昭様


呉・朝鮮問題研究会
代 表 横 間 洋 海

抗     議     文

 
 私たち・呉朝問研の『申し入れ書』(1998.12.18付)に対して,本年1月25日付で回答をいただいたことに,まず敬意を表したいと思います。
 しかしながら,結論から先に言えば,呉朝問研としては貴社『回答書』を受け入れることはできません。『回答書』は,意図的なものかどうかは判断しかねているところですが,『申し入れ書』の趣旨をねじ曲げ,誠意の感じられない言い訳に終始しており,私たち呉朝問研の予想だにしなかったもので,とうてい默過することはできません。
 以下,呉朝問研として,一定の『反論』を加えておきたいと思いますので,宜しくご配慮ください。


1.掲載時期に関わって
  貴社が言われるように,掲載予定原稿が依頼通りに執筆されず,掲載時期が早くなっ
 たり,逆にズレ込んだりということは承知しているつもりです。しかし,記事の内容に
 ついては,“社会の公器”たる新聞の影響力を考え,編集関係者が事前に充分に検討・
 吟味された上で掲載の可否を判断されているはずであり,この「ソウルの鳥瞰図」につ
 いても,貴社が言うように<たまたまこの時期の掲載になった>とはとうてい考えられ
 ません。
  次に,<貴殿が言われる「ミサイル疑惑」のミサイルは8月31日に発射されており,
 11月10日付で掲載された「ソウルの鳥瞰図」とは掲載時期が重なっているとは考えてい
 ないと判断している>については,本気で言っているのかどうかすら疑いたくなりま
 す。昨年末までの貴紙の掲載記事だけをみても,9月1日付の「北朝鮮,ミサイル発
 射」(1面),「北朝鮮ミサイル発射(対米交渉主導権を狙う?)」(2面),「日朝関係の悪
 化必至(中止の要請無視)」(3面),「中東へ技術拡散の恐れ」(7面),「北朝鮮がミサイ
 ル発射」(17面)から,12月24日付の「北朝鮮テポドン・当面,発射なし」に至るまで,
 時を置かずに,何らかの形で報道し続けられています。9月で言えば,関連記事が掲載
 されなかった日は14(休刊日)・22・25・27・29日の5日間だけであり,10月以降も,連
 続して(10月-14日間,11月-4日間,12月-7日間)報道が繰り返されていますし,
 「ソウルの鳥瞰図」が掲載されて以降は,「横田さん不明21年・両親,通学路たどる」
 (11月16日),「拉致疑惑で外相に陳情」(11月29日),「入院の父・息子を早く返して」
 (12月6日)と,いわゆる「拉致疑惑」関連の記事すら掲載されています。
  こうした報道実態をみれば,この「ソウルの鳥瞰図」の掲載時期が「ミサイル疑惑」
 の報道時期と重なっていないとは決して言えないはずであり,私たちは,こうした一連
 の“反共和国キャンペーン”の流れの中で「ソウルの鳥瞰図」が掲載されたと考えざる
 を得ないのです。

2.「ソウルの鳥瞰図」掲載の意図や果たしている役目に関わって
  確かに「潮音風声」欄が5回ないし10回のセットで掲載されているのは承知している
 ところです。しかし,その5回分(あるいは10回分)の掲載内容は掲載日ごとにテーマが
 異なっており,お互いに関連しているようには思われません。そうであればなおさらの
 ことすが,内容に問題がある場合には掲載にストップをかけることもできるのではない
 でしょうか。
  私たちは,石原さんの朝鮮問題に対する見方や考え方は明らかに間違っているとは考
 えていますが,「こんなことを書いてけしからん」とか「この文を訂正せよ」と言って
 いるわけではありません。石原さんがどんなふうに思おうとそれこそ勝手です。しかし
 それを新聞に掲載するとなると話は別です。新聞社が一定の意図をもって掲載したと考
 えるのは当然のことです。
  「ミサイル疑惑」報道が続けられる中で在日韓国・朝鮮人の子どもたちが嫌がらせや
 暴力の標的にされていることは,貴紙も9月17日付で報道しているではありませんか。
 たとえ石原さんにその意図がなかったにしても,結果的には共和国に対する差別意識・
 敵対意識を煽る役目を担っていると考えざるを得ないのです。
  私たちの指摘を待つまでもなく,貴紙が真摯に検討していさえすれば,この時期に
 「ソウルの鳥瞰図」のような内容の一文を掲載すれば,どのような反響があり,どのよ
 うな役目を果たすことになるのかはすぐに気づくはずです。


 以上のような視点から見れば,「貴殿が指摘されるようなことを決して意図して書いているものではありませんし,この記事がそのような役目を果たしているとも考えていません」という貴社の回答を容認することはできません。
 最後に,貴社は「貴殿の申し入れ書の趣旨は了解しておりますので,…」と述べていますが,私たちには決してそのようには思えません。再度,私たちの指摘について虚心に検討され,しかるべき対応がなされることを心から願っています。
 以上,怒りをもって抗議します。