◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



中国新聞「『在日』新世代・三世たちの心模様」問題


~ 1996年



  1996年1月16日から27日にかけて,『中国新聞』紙上に「『在日』新世代・三世たちの心模様」という企画記事がシリーズで連載された。
 内容的には,確かに在日朝鮮人3世の現状がかなり詳しく紹介され,それなりに説得力も持っているが,その一方で,在日朝鮮人に対する差別意識の助長につながりかねない記述を少なからず含んでおり,とうてい看過することができないものであった。
 呉朝問研としては,できるだけ早い時期に中国新聞社に対する取り組みを始めることを確認し,抗議文などの検討をすすめながら,それと併行して朝鮮総聯との連携も模索した。その結果,“組織的な対応はしない”という朝鮮総聯の意向を尊重しながら,呉朝問研が単独で中国新聞社に対する抗議行動を行なうことになった。やり方については中国新聞社呉支局のI記者の助言などもあり,まず執筆者である国際部・伊東記者と話し合い,執筆意図などを確かめた上で,それ以降の取り組みを検討することとなった。
 電話による事前折衝の結果,6月1日(土)に中国新聞社において伊東記者との話し合いが実現した。呉朝問研からの当日の参加者は横間・神辺・西岡の3名であったが,呉朝問研の活動内容や基本的な考え方について説明した後に,以下の「見解」を提示し,問題点の指摘と今後のあり方などについての要望を行なった。
 話し合いは必ずしも満足できるものではなく,かみ合わない部分も多くあったが,私たち呉朝問研の思いについては理解を得て,今後,もし同様の企画を行なうような場合には,取材対象の特定の仕方などについては特に配慮し,場合によっては呉朝問研などに対しても協力をお願いしたい旨の発言もあった。





                                                                                                                                                 

 ある先輩から『日本の大学に行くのなら,早めに身の振り方を考えた方がいい』と忠告され,転校を決意」とあるが,朝鮮学校卒業生には日本のほとんどの国公立大学の受験が認められていないことの不合理や,朝鮮学校がどのような処遇を受けてきたのかの問題提起もなく,また朝鮮学校へ行くことが進路決定や日本での生活に不利になるような書き方は,日本政府がとってきた在日朝鮮人は日本学校へ行けばいいんだという論理を補完するものでしかなく,朝鮮学校の存在を否定しかねない記述である。
 さらに,「『日本学校に比べて朝鮮学校はレベルが低い』との話は生徒の間では公然とささやかれていた」や,さらに追い打ちをかけるかのような,「朝鮮学校では学級でトップクラスだった成績は,日本学校では平凡だった」は,たとえ一在日朝鮮人の言葉とは言え,その発言の持つ意味は重大であり,その影響を考えれば,あまりに配慮のない記事である。本来,日本学校と朝鮮学校はその目的とするところは別の学校であり,比較すること自体意味があることとは思われない。むしろ,民族教育の必要性や素晴らしさを覆い隠し,確認しようもないことで同一の見方をしようとすることは危険なことである。この部分は,まるで文部省などがまことしやかに言っていることを,やっぱりそうだったのかと思わせるものでしかなく,朝鮮学校への偏見を助長し,朝鮮学校に対する在日朝鮮人の思いを踏みにじり,朝鮮学校への悪意さえ感じさせる記事であると言わざるを得ない。