◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



「民族差別電話」事件 ~ 1994年



  1994年10月2日,呉市において呉朝鮮幼稚園に対する「差別電話」事件が起こった。
 その日は,呉豊栄高校グランドで朝10時からおよそ3時間にわたって,呉朝鮮幼稚班の第1回運動会が開催されたのであるが,その間実に5回にわたって,「豊栄で騒音出しとるとこはお前ところか。すぐ止め,くそ。くそやかましい。出て行け。くそやかましい」「豊栄でやってる運動会のスピーカー落とせや,スピーカーを,音量を。スピーカーの音量を落とせや。あの狭いところで,そんな大きな音させる必要ないわい。止めてしまえ」「やかましい運動会をすぐ止め。狭いところで音を一杯出しゃあがって,くそ。止めてしまえ」「このくそ,いつまでやるんなこの運動会を,お前ところは。よそへまで出っ張って騒がしゃがって,くそ。そんなことをして,みんなに好かれると思うかい。一杯一杯,スピーカーの音量を上ぎゃあがって,このばかたれ」「昼の時間まで休みなく,スピーカーで流しゃあがって,くそ。なんぼ宣伝音楽流しても効果あるもんかい。嫌われるばっかりじゃ。出て行け」という内容の電話が呉朝鮮幼稚班の留守番電話に録音されていた。
 私たちは,この「差別電話」事件について,すぐに呉市教育委員会に報告し,住民啓発の実施の問題も含めて,呉市に再発を防ぐための善処を要請した。この提起を受けて呉市教育委員会は呉朝問研を訪れ,問題解決のための前向きな取り組みを約束した。また,その直後には呉朝鮮幼稚班も訪問し,事件に対する謝罪と,さらに具体的な取り組み内容については関係者で緊急に連絡・協議した上で,当事者である呉朝鮮幼稚班に報告し,了解を得たい旨の約束をした。私たちは,呉市のこの“取り組み姿勢”を評価し,呉朝問研としては具体的な抗議行動をせず,呉市の取り組み報告を待つことを了承した。
 しかし呉市教育委員会からは,いつまで待っても,呉朝鮮幼稚班に対しても呉朝問研に対しても,ただの一言の取り組み報告がなく,しかも,具体的に何かに取り組もうとした気配すらうかがえなかった。
 この事態を受けて私たちは,「第2回民族学校との連絡会」や「呉朝問研5月例会」の場で呉市に対する今後の取り組みを検討する中で,5月15日,呉市長宛に『抗議と申し入れ』を「配達証明」で送付した。
 しかしながら,『抗議と申し入れ』は送付したものの,呉市が呉朝問研に対して誠意を持って対応してくるとの見込みはなく,私たちは他団体との連携のもとに以降の取り組みをすすめたいとの思いから,日本社会党呉市議団に協力を申し入れた。この協力要請に対して,社会党呉市議団からこれまでの経緯について勉強したいとの回答があり,5月23日(火)に社会党革新議員団控え室において,呉朝問研・社会党呉市議団合同の学習会を開催した。
 学習会では以下の差別事件(事象)に関わって話し合いがすすめられ,今後,双方が連携・協力して,呉市に対する取り組みをすすめていくことを確認し合った。



   ○「帰化指導」問題 ~ 1980年
  ○呉市中央図書館「民族差別落書き」事件 ~ 1987年
  ○「指紋押捺留保」問題 ~ 1988年
  ○広島朝鮮第二初級学校児童に対する「暴言暴行」差別事件 ~ 1989年
  ○広島朝鮮中高級学校生徒C君に対する「転入学拒否」問題 ~ 1990年
  ○「民族差別電話」事件 ~ 1994年


 これ以降,社会党市議団からの働きかけもあり,呉市からは可能な限り早い時期の文書回答が約束されたが,その後,部落解放同盟呉市協議会に提出を約束している回答書と整合性を持たせるための時間がほしい旨の申し入れがあったりして,呉市が私たちの手元に「回答書」を届けたのは,やっと8月2日(水)になってからのことであった。
 「回答書」は極めて杜撰で,私たちの「申し入れ」に対して何ひとつ応えておらず,論評するにも値しないものであった。ここでは,その中でも特に看過できない点だけ指摘しておく。

 ①『抗議と申し入れ』が<呉市長>宛であったにもかかわらず,『回答書』は<呉市教育
  委員会>名で出されており,しかも回答責任者が明記されておらず,当然のことながら
  責任者の押印もされていない。
 ②「教育に課せられた責務は重要なものがあります」(p.3,l.8)と書いておきながら,
  「回答書」のどの部分においても,教育(あるいは,教育行政)の責任について納得でき
  る反省・総括はなされていない。
  それどころか,日本人の子どもたちの民族差別意識を克服し得ていない責任が朝鮮人の
  側にあるかのごとき記述すら見られる。
 ③差別意識を払拭するための様々な取り組みを実施したとの指摘はあるが,具体的にどん
  な取り組みをどのように行なったのか等については一切触れられておらず,何ひとつ具
  体的な成果が見られないことと合わせ考えると,記述自体の信憑性すら疑わざるを得な
  い。
 ④[Ⅲ.今後の方策]について言えば,民族差別の克服に向けた“方策”に関わる記述は皆
  無に近く,5ページで学校現場における教職員研修との関連でわずかに触れられている
  に過ぎない。「同和地区児童生徒の進路保障」に関わる記述はあっても「在日朝鮮人児
  童生徒の進路保障」に関わる記述のない「回答書」を私たちはとうてい受け入れること
  はできない。提出先を間違えた「回答書」ではないかとの疑問を持たざるを得ない。


 9月28日(木),「回答書」に基づいて,私たち呉朝問研と呉市との話し合いの場が持たれたが,予想通り,民族差別問題をどのような視点から,どのように捉えるべきか等の基本認識の部分での論議が中心となり,「回答書」の中身の検討には入ることができなかった。呉市は,この話し合いを受けて,「回答書」の書き直しと,できるだけ早い時期での2回目の話し合いを持つことを約束したが,その後,その約束は反故にされたまま,今日に至っている。