◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



家庭クラブ研究発表大会における

指導主事の介入問題
~ 1994年



  1994年11月25日(金),県庁講堂において「第42回広島県家庭クラブ研究発表大会」が開催され,呉地区からは,呉豊栄高校(現,市立呉高校)の「안녕하세요?こんにちわ~呉朝鮮幼稚園との交流~」が発表された。同校の発表は「呉朝鮮幼稚班」との1年間の交流を通して学んだ民族教育の目的や意義,さらには朝鮮文化の素晴らしさを広く地域にアピールするとともに,自分たちの今後の生き方につなげていきたいという積極的なものであり,高い評価に値するものであった。
 ところが,大会4日前の11月21日(月)18時30分頃,県教育委員会指導課・池田指導主事は呉豊栄高校に電話し,応対したA教諭に対して「レポートを今読んでみて気になるところがあったので,生徒さんのせっかくの研究が誤解を招いたり,文章のひとり歩きになるといけないので,聞いてみるのですが,発表に関わる原稿の検討はされましたか」と,以下の3点にわたってとうてい看過し難い“指導”を行なった。

 ①研究発表中の「在日朝鮮人」という表記は「在日韓国・朝鮮人」と改めよ。
 ②「朝鮮語」という表記は適当でない。
 ③「広島朝鮮中高級学校」の表記は中と高の間に(・)を入れよ。

 1995年2月3日(金)に呉地区高同教朝問(文)研顧問代表・横間から提起を受けた「広高同教朝問(文)研顧問代表者会議」は,直ちに以下のような問題点の整理を行ない,2月22日(水),県教委・寺脇教育長宛に「池田指導主事の“指導”についての抗議と要請」を手渡した。


①指導主事という立場を利用して行なわれた強権的な介入である。それは文部官僚が朝鮮
 への「侵略」を「進出」と改めるよう教育現場を「指導」し,国の内外からの批判に立
 ち往生したという教訓を自己課題として生かそうとしていないこと。
②権力的な関係を排除し,教育現場・教育行政それぞれの立場から,ともに在日朝鮮人生
 徒の進路保障をめざしてきた経緯を一切否定していること。
③事前に呉豊栄高校家庭クラブとして呉朝鮮幼稚班の先生と表記について相談し,確認し
 ていたにもかかわらず,権力でもって書き直しを迫り,家庭クラブ生徒と呉朝鮮幼稚班
 関係者との間で積み上げてきたつながりを断とうとしたこと。
④「在日朝鮮人」という表記を「在日韓国・朝鮮人」と一律に書き換えることにより,逆
 に歴史上の過ちを生じさせたこと。
⑤呉豊栄高校家庭クラブの研究発表には何の誤りもないのに,大会終了時にわざわざ念を
 押して,参加者(家庭クラブ顧問)に訂正を促し,呉豊栄高校家庭クラブの研究に誤りが
 あるという印象を与えたこと。


  県朝問(文)研顧問代表者会議の「早急な話し合いの場の設定」の要請にもかかわらず,第1回目の「池田指導主事の総括」についての話し合いは,まず,池田指導主事の「個人総括」を巡って議論がすすめられたが,その内容は,指導主事という立場から離れて情緒的・個人的な思いや決意が述べられているだけで,総括の構造的な理解がされていないものであった。
 およそ2時間にわたる話し合いの結果,私たちは池田指導主事に対して,以下の3点にわたる総括書の書きかえを求め,池田指導主事の個人総括については今回で終了し,今後は指導課「総括」に入ることを確認した。

 ①指導主事の立場で直すべきだということが,呉豊栄高校の生徒たちの「呉朝鮮幼稚園の
  園児たちとともに」という行動にどういう影響を与えたのかを明らかにしていく。
 ②朝鮮学校という看板を掲げて,民族のアイデンティティーを持って生きている人に指導
  主事が勝手に(・)をつけさせた行為について,問題点を明らかにしていく。
 ③これらを明らかにし,池田指導主事の(指導課の一員としての)自己課題を明らかにして
  いく。

 第2回目の話し合いは,指導課総括書「広島県高等学校家庭クラブ研究発表大会に係る“指導”について」をもとに,11月24日(金)に行なわれた。当日はまず,最初に指導課から総括書の説明があり,次に池田指導主事から以下のような発言があった。

 12月1日に家庭クラブ研究発表会があるので,個人総括で述べたことをその場の参加者に話していきたい。その骨子は①呉豊栄高校の教育に介入したこと,②そのことで生徒・園児(呉朝鮮幼稚園)を傷つけたこと,③自分の歴史認識のなさ,の3点である。呉豊栄高校と幼稚園との関係を知らないまま“指導”に入ってしまったが,その後この関係を知ることで,朝鮮人と直接係わることから学ばなければならないと認識した。この度,広島朝鮮芸術団公演・金剛山歌劇団公演・J&K・呉朝鮮幼稚園発表会などを見る中で,文化の違いなどを学ばせてもらっている。また,教育相談員の丁稔明さんと話していく中で,自分自身の足らない部分を認識している。指導主事として今後在日朝鮮人差別の問題にきちんと向き合っていきたい。


 この発言を受けて私たちは,池田指導主事に対して①変わっていった池田さんの気持ちを12月1日にきちんと生徒・教職員に伝えてほしい,②家庭科の中での教育内容を考えてほしい(自主活動の中での調理室の利用等も)ことを要請し,指導課総括書に関する質疑に入った。この質疑を通して,主として以下の5点にわたる指導課からの回答を踏まえて,第2回をもって話し合いを終結することを確認した。


①在日朝鮮人生徒が主体となって活動していく場を保障していく。また自主活動について
 は,朝鮮人が言語・文化に誇りを持ち,主張できることであり,また,日本人生徒はそ
 こから学ぶことである。
②行政としては“教育内容の充実”を支援していく。
③現在の段階では“民族差別の解決をめざした教育”の実現のために民族側に頼らざるを
 得ない部分がある。
④民族差別に関わる“認識”の問題について,課内で研修をすすめていく。教育全般に関
 しては我々が正しく認識していたかどうか問われなければならない。指導課内で起きた
 問題であるが,行政全般において整理していきたい。在外プロの窓口として責任を感じ
 ている。
⑤教育相談員の位置づけに関しての課題は認識している。


 なお,県教委指導課の「事実経過」と「総括」は以下の通りである。

広島県高等学校家庭クラブ研究発表会における「指導」について <事実経過>

1995年11月24日
指  導   課


1.11月18日(金)
  研究発表大会事務局より,指導課池田指導主事に研究発表大会資料が送付された。
2.11月21日(月)
  各校の発表内容が記されている大会資料を池田指導主事が読み,呉豊栄高校の大会資
 料に,「在日朝鮮人」と表記されていることに気がついた。
3.11月21日(月) 18時30分過ぎ
  池田指導主事は,呉豊栄高校に電話をし,学校におられたA教諭と3分くらい話をし
 た。


  <電話の概要>
  指導主事:遅くまで大変ですね。レポートを今読んでみて気になるところがあっ
       たので,生徒さんのせっかくの研究が誤解を招いたり,文章のひとり
       歩きになるといけないので,聞いてみるのですが,発表に係る原稿の
       検討はされましたか。
  A 教 諭:呉朝鮮幼稚園の先生や同推の先生に原稿を見てもらっています。
  指導主事:「在日朝鮮人」という表記はどうでしょうか。「在日韓国・朝鮮人」
       というのが適当ではないですか。
  A 教 諭:ここにレジメもなく,直接担当者でもないので即答できません。
  指導主事:表題はハングル文字ですね。「朝鮮語」という言葉はどうなんでしょ
       うかね。
  A 教 諭:ハングルは文字のことなので,言葉は「朝鮮語」でいいんじゃないで
       すか。
  指導主事:じゃあ,「朝鮮語」という表記についてはこのままでいいですね。
       「広島朝鮮中高級学校」は「広島朝鮮中・高級学校」と(・)が入ると
       思いますが。
  A 教 諭:それはこちらのミスでしょうから,担当の先生に伝えます。


   
4.11月25日(金) 10時30分~15時30分 (県庁講堂)
  第42回広島県高等学校家庭クラブ研究発表大会
    参加者数:(生徒数) 約170名,(教職員数) 約40名,(保護者等) 約10名
  ※広島県高等学校家庭クラブ連盟は,県内の6地区の高等学校家庭クラブ連盟をもっ
   て組織されている。
   第42回広島県高等学校家庭クラブ研究発表大会においては,各地区から選出された
   11校が発表した。
 ○10時00分~10時30分 受付
 ○10時15分頃
  講堂内に設置した受付の前で,池田指導主事は呉豊栄高校のB教諭・C教諭と立ち話
  をした。



  <立ち話の概要>
  B・C教諭:電話をいただき,校内で話し合った結果,「在日韓国・朝鮮人」と
       言える部分は発表の時そのように言いますが,レポートやスライドは
       訂正していません。また,ハングルは文字のことをさす言葉なので,
       「朝鮮語」はこのまま使います。「中高級学校」のところは私たちも
       気づかなかったのですが,もうスライドを直す時間がなかったので,
       このままいかせてもらいます。
  指導主事:わかりました。大会資料の修正については,生徒さんから言えないだ
       ろうから,私から講評の時伝えましょう。 


   

 ○10時30分~10時50分 開会行事
 ○11時00分~12時45分 6校の研究発表
  約12時8分から12時23分頃まで呉豊栄高等学校の発表があった。生徒3名は,呉朝鮮
  幼稚園との1年間の交流を報告し,民族学校から学んだ朝鮮文化の素晴らしさや民族
  学校が呉にあることをこれからもアピールしていき,私たちの今後の生き方につなげ
  ていきたいという発表であった。
 ○13時35分~14時50分 5校の研究発表
 ○14時55分~15時05分 講評
  池田指導主事の講評は,研究発表の全体的な特徴を列挙したものであり,呉豊栄高等
  学校の発表内容は国際化に対応した取組みや,心の交流の取組みをした発表の中のひ
  とつとして取り上げた。
 ○15時10分~15時20分 審査及び審査結果の発表
 ○15時20分~15時30分 発表校全校に賞状等を渡す
  その途中で池田指導主事がB教諭に「在日韓国・朝鮮人」とする箇所を確認した。



  <会話の概要>
  指導主事:(大会資料を示しながら)「在日韓国・朝鮮人」とするのはどこでした
       かね。
  B 教 諭:(1ページの1行目の)ここと,(2ページの下の方をさして)この辺り
       です。
  指導主事:(2ページの下から12行目を示して)ここですね。
  B 教 諭:そうです。それと(8ページの下から12行目を示して)ここです。


 

 ○15時30分頃
  閉会式終了直前に池田指導主事が次の説明をした。



  <説明の概要>
   大切なことを忘れておりました。みなさん,もう冊子をしまわれたと思います
  が,せめて顧問の先生方はお出しいただき,訂正していただきたいところがあり
  ます。まず,1ページの1行目の「在日朝鮮人への差別問題」とあるのを「在日
  韓国・朝鮮人」と直していただきたい。次に2ページの下から12行目の「在日朝
  鮮人の総人口は約240万人」とあるのを「在日韓国・朝鮮人」と,そして8ページ
  の下から12行目の「在日朝鮮人」とあるのを「在日韓国・朝鮮人」に直しておい
  てください。このことは呉豊栄高等学校の方から話があったのですが,私が言う
  のを忘れておりました。



 ○15時30分 研究発表大会の終了
5.12月12日(月)
  呉商業高等学校の横間教諭より,指導課の藤原係長に今回の問題点の指摘に関する電
 話が入る。指導課の松木課長補佐は,直ちに横間教諭と呉豊栄高等学校の児玉教諭に連
 絡を取った。
6.2月3日(金)
  高同教朝問(文)研顧問代表者会議・児玉議長から指導課・藤原係長に電話があり,家
 庭クラブ研究発表大会での池田指導主事の発言について組織的な提起並びに整理を求め
 られた。
7.2月9日(木)
  呉豊栄高等学校から「広島県家庭クラブ研究発表大会の本校発表について」を受け取
 った。
8.2月22日(水)
  高同教朝問(文)研(西高等学校・渡辺教諭)から「池田指導主事の“指導”についての
 抗議と要請」の文章を受け取った。
9.3月9日(木)
  呉豊栄高等学校で,今回の発言に係る事実経過について相互に確認した。
10.3月16日(木)
  指導課・松井係長と池田指導主事が呉朝鮮幼稚園に謝罪した。
11.3月19日(日)
  松井係長と池田指導主事は,呉朝鮮幼稚園の発表会に出席した。



広島県高等学校家庭クラブ研究発表会における「指導」について


1.はじめに
  第42回広島県高等学校家庭クラブ研究発表会における呉豊栄高校の発表に関して指導
 課池田指導主事が行った「指導」について,広島県高等学校同和教育推進協議会並びに
 広高同教・朝問(文)研顧問代表者会議から文書(1995年2月22日付け)による抗議と要請
 を受けた。指導課として,教育行政職員が行った「指導」の問題点及びその背景と課題
 について,整理する。


2.在日朝鮮人児童生徒に係る教育に取り組んできた経緯
 (1) 1984年10月,広島県高等学校同和教育推進協議会会長から在日朝鮮人児童・生徒の
  進路保障に係る基本方針策定の要望があり,県教育委員会は広高同教・朝問(文)顧問
  代表者会議との間にプロジェクトを設けて検討を重ね,1987年4月に「在日外国人児
  童生徒の教育に関する基本的な考え方」を作成し,学校等に通知した。
 (2) その後,県教育委員会においては,「基本的な考え方」に基づいて,何をどのよう
  に行政施策に反映していくかということについて,広高同教・朝問(文)研顧問代表者
  会議と連携を図りながら庁内の在外プロで検討を重ね,教育センターの「在日朝鮮人
  児童生徒教育講座」の開設や「在日韓国・朝鮮人児童生徒教育相談員」の設置,「在
  日韓国・朝鮮人生徒指導費」の予算化など,この教育に関する施策を前進させてきた
  ところである。
 (3) また,指導課内においては,「在日外国人児童生徒の教育に関する基本的な考え
  方」を通知した経緯や広高同教・朝問(文)研顧問代表者会議と連携をとりながら行っ
  てきた施策についての課内研修,また「県民だより」「広島ガイドブック」の総括資
  料等に基づいた課内研修を行うとともに,各教育事務所等に出向いて職員の研修を深
  め,この教育の推進に努めてきたところである。


3.問題点及びその背景
 (1) 呉豊栄高校においては,「朝鮮人」として民族の自覚と誇りに立脚した教育が進め
  られている呉朝鮮幼稚園と連携して,在日朝鮮人生徒に係る教育が推進されている。
   このことを踏まえない「指導」は,
  ①呉朝鮮幼稚園の民族教育の取組みへの行政的介入である。
  ②在日朝鮮人生徒に係る呉豊栄高校のこれまでの取組みを阻害するものである。
 (2) 「指導」は「朝鮮」という語そのものが差別語につながるのではないかという誤っ
  た意識,及び「在日外国人児童生徒の教育に関わる基本的な考え方」の表記(-主と
  して在日韓国・朝鮮人児童生徒の教育について-)及び付記についての誤った受けと
  めによってなされたものである。
   このことは,広高同教・朝問(文)研顧問代表者会議と指導課が連携して作成した
  「在日外国人児童生徒の教育に関わる基本的な考え方」の表記及び付記に込められた
  表記に係る共通認識を否定するものである。
 (3) 呉豊栄高校家庭クラブと呉朝鮮幼稚園の先生方や園児とが互いに交流を通して作り
  上げてきた教育と,積み上げてきた繋がりを断たせるものである。
 (4) 大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が成立する以前の1945年に,日本に残留せざる
  をえなかった「在日朝鮮人」を「在日韓国・朝鮮人」と書き改めさせたことにより,
  歴史的事実とは異なる誤った認識を大会参加者に与えた。
 (5) 大会終了直前に,参加していた顧問の先生方に「在日朝鮮人」という表記を「在日
  韓国・朝鮮人」に改めさせたことにより,家庭クラブの生徒や顧問の先生方に対して
  呉豊栄高校の発表にあたかも誤りがあったかのような認識を持たせることになり,先
  生方やクラブの生徒の意欲や努力を否定した。
   また,訂正を行うことは,「在日朝鮮人」という言葉を特別にとらえ,使用しない
  方がよいのではないかという認識を与えることになり,新たな差別意識を生じさせる
  ものである。

  このような誤った「指導」の背景には,指導課内において,在日朝鮮人差別の現実か
 ら学ぶという基本認識にもとづいた具体的な取組みがすべての課員のものとなっていな
 かったことがある。そして,教育相談員との連携が不十分であり,在日朝鮮人の思いや
 願いを受けとめきれないまま学校指導を行ったことがある。また,在日朝鮮人や民族学
 校と連携しながら進められている学校現場の教育内容についての理解を深めることがで
 きていなかったことがある。
  次に,これまでの広高同教・朝問(文)研顧問代表者会議と指導課との連携の中で築き
 上げてきた在日朝鮮人児童生徒に係る教育,とりわけ,在日朝鮮人児童生徒にあっては
 「朝鮮人」としての民族の自覚や誇りを持って生きていくこと,日本人児童生徒にあっ
 ては互いの生活や文化を理解し認め合ってともに生きる社会をつくることの大切さなど
 について研修した内容が指導課員一人ひとりのものになっていなかったことがある。ま
 た,日本の第二次世界大戦前の朝鮮支配,戦後の在日朝鮮人に対する行政施策及び戦後
 の不安定な国際情勢の中で大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が成立した過程など近現
 代史についての研修が不十分であり,そして,「県民だより」「広島ガイドブック」総
 括資料等に基づいた研修が十分生かされていなかったことがある。
  さらに,在日朝鮮人児童生徒の進路の保障に努める教育について検討している在外プ
 ロの考え方について,指導課員一人ひとりに周知徹底を図ることが不十分であったため
 に起こった問題であると考える。


4.課題について
  今回生起した問題を再び起こさないために次の3点を課題とする。
 (1) 学校指導に当たっては,教育相談員との連携を図り,在日朝鮮人児童生徒の進路保
  障の観点から,各学校の在日朝鮮人児童生徒に係る教育の充実が図れるように努め
  る。また,在日朝鮮人児童生徒の民族的自覚と誇りを促すために進められている学校
  の教育活動,とりわけ自主活動の支援の在り方について検討する。
 (2) 指導課内において,課員一人ひとりが民族差別の解決をめざした教育の実現のため
  の研修を定期的・継続的に実施する。
 (3) 在外プロの機能を一層強化し,今後とも広高同教・朝問(文)研顧問代表者会議等と
  の連携を密にするとともに,在日朝鮮人児童生徒に係る教育の進め方について検討し
  ながら,ともに生きる社会の実現をめざす「暮らしのなかの国際化」の観点に立った
  教育の推進を図る。