◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



함께(ハムケ)-呉地区在日朝鮮人学生民族文化発表会


~ 1994年



1.日 時  1994年3月6日(日)
2.場 所  阿賀小学校
3.主 催  「함께(ハムケ)-呉地区在日朝鮮人学生民族文化発表会」
            呉市同和教育研究協議会
            呉地区高等学校同和教育推進協議会
            広島朝鮮第二初級学校
4.共 催  広島県教育委員会
       呉市教育委員会
       安浦町教育委員会・呉地区私学高等学校同和教育研究会
5.内  容(プログラム)
 <第一部>  広島朝鮮第二初級学校幼稚班による学習発表会
 <第二部>  ○民族舞踊     チェンガンの舞            高 校
        ○歌        すばらしい祖国・青春時代       高 校
        ○民族打楽     チャンダンノリ            小・高
        ○歌        オモニが笑えば・チョゴリが大好き   小学校
        ○歌                           教職員
        ○民族舞踊     農楽                 幼・小


Ⅰ.趣意および呼びかけ文
 함께(ハムケ)』それは「ともに」です。公演に集う仲間が,声を大にして,ともに民族教育の“すばらしさ”や“大切さ”を訴えていかなければなりません。
 昨年3月7日,呉地区において,初めて『在日朝鮮人児童・生徒の教育を考えるシンポジウム』が開催されました。シンポジウムでは,呉地区の日本学校に通う在日朝鮮人児童・生徒の実態報告,さらに,子どもを朝鮮学校に編入させた保護者の体験発表がおこなわれ,それらを通して,日本学校教職員の課題が明白になってきました。すなわち,呉地域の小・中学校に学ぶ在日朝鮮人児童・生徒をつなぐ活動をつくっていくこと。その活動の中で,民族にふれ,民族を感じ,民族意識を高めていくことこそ,子どもの進路を保障する道であることが確認されました。また,朝鮮に対する正しい認識をきちんと日本人児童・生徒に培っていくために,教育内容をどう創造していくかという課題も投げかけられました。
 呉市において,民族教育を推進し,民族教育の拠点として活動を繰り広げてきた広島朝鮮第二初級学校は,本年度から,新たに「幼稚班」としてスタートすることになりました。日本学校教職員は,“つなぐ”活動をつくっていく,教育内容を創造していく過程において,これまで以上に,広島朝鮮第二初級学校幼稚班と連携を図りながら実践を積み上げ,民族問題に関わる教育運動を構築していかなければなりません。
 呉市同和教育研究協議会(呉市同教)は,昨年7月から「民族学級」を定期的に開催しています。日本学校に学ぶ在日朝鮮人児童・生徒が民族にふれる場として,ともに集い,朝鮮のことばや歌,踊りの学習を続けています。また,呉地区高等学校同和教育推進協議会(呉地区高同教)は「オットギ(おきあがりこぼし)」(呉地区在日朝鮮人児童・生徒学習会)の取り組みを地道に積み重ねてきました。これらの活動は,日本社会の中で“朝鮮人として生きる”ことへの本人・保護者の熱い思いに支えられています。また,民族側(朝鮮学校)の熱心な指導によって,継続されています。
 今回,三者(呉市同教・呉地区高同教・朝鮮第二初級学校)が緊密な連携を図る中から,「함께(ハムケ)-呉地区在日朝鮮人学生民族文化発表会」の実現となりました。在日朝鮮人の子どもたちの歌や踊りなどを発表する姿の中に,民族の誇りと力を感じずにはいられません。また,朝鮮の民族文化・伝統のすばらしさを体感していただきたいと思います。
 ひとりでも多くの教職員,保護者,教育行政関係者の参加をお願いします。


Ⅱ.出演者代表挨拶
~「オットギ」と出会って(呉昭和高校 K・S)
 私がはじめて「オットギ」に行ったのは,高2になってからです。日本の先生方の強引さに負けたという感じでした。しかし,行ってみると,これが面白くない。暗い雰囲気はするし,来ているのも2~3人。正直なところ,もう二度と行きたくないと思いました。でも,私の優柔不断な性格のせいか,先生方に言われると,ずるずると行ってしまいました。
 それに在日朝鮮人生徒交流会で,この「オットギ」の活動報告をしたり…。
 その後,先輩たちは卒業してしまい,「オットギ」は本当に誰もいなくなりました。どうして「オットギ」に参加しているのだろう。いつも,結局は先生たちの言いなりになって,いつもいい子ぶりっ子をして受け入れてしまう。自分の意思はないのか。とても情けなく,自分が嫌でたまりませんでした。でも,またずるずると「オットギ」へ行ってしまいました。
 でも高3になってからは,参加する理由が一つだけできました。安芸南高校からリミとユヘという友だちが来ることになったからでした。ただただその2人に会えるのが楽しみで…。
 ところが,ある日「オットギ」に行くと,「3月6日に発表会があって,それに出るのよ」。私は驚き,「えーっ」の一言です。それでも,また例の如く,ずるずると承知してしまい,練習し始めました。
 ある日,ソンセンニムに「シルギは,来ていても,楽しいのか楽しくないのか分からない」と言われました。私は,図星をつかれてしまった,見抜かれてしまってると,びっくりしました。でも,本当に自分でもわからなかったのです。「オットギ」に通っていても「アンニョンハシムニカ」って言えない。どうしてか言えない。他の人は言えるのに…。私は考えました。他の人は,自分が在日であることについて,自分の意志でちゃんと考えている。そして自分の意志で,舞踊に,歌に,チャンゴに夢中になってとりくんでいる。こんな中に自分がいるのはおかしい。私一人だけ違う。舞踊もチャンゴもむずかしくてできないし…。そんなことを考えていると,私は孤独感で一杯になってしまいました。
 そんなある日,用事で学校に行った時,つい先生方に「行きたくない」と言うと,先生方はいろいろと励ましてくれました。その中で心に残った言葉が「自分をアピールすること」と言われたことです。その日は,「アピールねぇ」と思いながら,そのまま練習へ行きました。その日練習に来ていたのは,私を含めて,たまたま2人だけでした。私は思い切って,今まで思ってきたことを話してみました。本名のこと,在日朝鮮人差別のこと,そして,私が練習へ来たくないこと。答えは出なかったけど,私には,友だちの「ただ一生懸命頑張るだけ」という言葉がとても深く,印象的でした。今までの自分になかったことです。
 アピールすること,つまり,私たち在日朝鮮人が存在していること,在日朝鮮人がどんな理由で,どんな思いでいるのか。そして,在日朝鮮人が今の日本の社会の中で,どのような状態におかれているのかをアピールすること。それは私たち在日にしかできないことで,その活動の場が「オットギ」だということに気づかされました。自分をアピールするために一生懸命頑張る。私は,今まで悩んでいたことが一気に吹き飛んだような気持ちになりました。
 アピールするのは良いことだから頑張ってみよう。自分を知ってもらい,そして仲間を知ってもらうのは良いことだから頑張ろうと思えるようになりました。今では,そのことをもっと早くわかっていればと思っています。私は,やっとそのことに気がついたのだと今実感しています。
 今日私たちは,これまで,皆さんに“韓国”“朝鮮”そして“在日朝鮮人”を一生懸命アピールしてきました。きっと何かを感じてもらえたものと信じています。今日は本当にありがとうございました。これからも精一杯がんばります。