◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



呉地区在日朝鮮人児童・生徒の


教育を考えるシンポジウム
〜 1993年

 

 

1.日 時  1993年3月7日(日)
2.場 所  呉工業高等学校
3.主 催  呉地区在日朝鮮人児童・生徒の教育を考えるシンポジウム実行委員会
            呉市同和教育研究協議会
            呉地区高等学校同和教育推進協議会
            広島朝鮮第二初級学校
4.共 催  広島県教育委員会・呉市教育委員会・安芸津町教育委員会
       江田島町教育委員会・大柿町教育委員会・音戸町教育委員会
       蒲刈町教育委員会・川尻町教育委員会
       倉橋町教育委員会・黒瀬町教育委員会・下蒲刈町教育委員会
       安浦町教育委員会・呉地区私学高等学校同和教育研究会
5.内  容(プログラム)
 <第一部> ミュージカル『ハルモニの願い』
        (広島朝鮮歌舞団・広島朝鮮第二初級学校)
 <第二部> 歌と踊りのアンサンブル

          (広島朝鮮歌舞団・広島朝鮮第二初級学校・同幼稚班)
 <第三部> 教育シンポジウム
        ○実態報告(二河小・山下)
        ○意見発表(白岳中・土井,呉豊栄高・小早川)
        ○体験発表「日本の学校から民族学校に入ったわが子のこと」(鄭泰英
         さん)
        ○パネルディスカッション
         「目の前の朝鮮人児童・生徒が朝鮮人として生きていくために」
           [パネリスト] 市 同 教  山下(港町小) 山下(二河小)
                         平田(大冠中) 土井(白岳中)
                   高 同 教  小早川(呉豊栄高) 横間(呉商業高)
                   初級学校  朴英美校長
           [司   会] 寺本(白岳小)


T.趣意および呼びかけ文
  すべての人々が教育を受ける権利を有し,いかなる民族も民族自身の手による教育を受ける権利を有することは『国際人権規約』にもうたわれ,今日の国際社会の常識になっています。しかし,日本においてはこの認識が遅れ,呉地域においても,在日朝鮮人の民族教育権は今なお著しく侵害され続けている実態があります。そうした実態のもとで,例えば呉市においては,1987年2月に呉市中央図書館「民族差別落書」事件が生起しましたが,その後のとりくみの中で,1989年9月より「在日朝鮮人教育推進のための基本方針策定プロジェクト」会議が発足し,『教育基本方針』の策定作業が現在もすすめられています。
 また,1990年9月の『広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念レセプション』から昨年3月の『朝・日親善フェスティバル』に至るまで,呉市行政は言うに及ばず,広く呉地域住民に対する,民族学校の存在そのものの認知と朝鮮の民族文化や民族教育に対する理解を深め,呉地域における民族差別を克服するための,民族側を中心にした市民運動が粘り強くとりくまれています。その結果,多くの市民,とりわけ学校関係教職員の民族教育に対する関心がたかまり,日本学校に在籍する在日朝鮮人児童・生徒に対するとりくみについても実践の広まり・深まりが見られ始めています。
 昨年7月には,広島朝鮮第二初級学校の先生方と呉市内小・中学校教職員を中心に『民族教育を考える呉地区朝・日教職員交流会』が企画・開催されましたが,多数の参加を得て大きな成果を上げることができました。さらに,呉地域における民族教育の更なる発展を願う『21世紀の民族教育の未来を創造するテレフォンカード運動』は現在でも精力的にとりくまれています。呉地域においてようやく在日朝鮮人の民族教育権を尊重していく広範な教育活動が始まったと言えるのではないかと思われます。
 いま,呉地域の日本学校の現場では,知識として理解させるだけでなく,解放の力量を身につけ,民族差別を克服するための人権教材の創造・自主編成運動がとりくまれ,正しい日・朝関係史や朝鮮の伝統・文化などを教えることを通して,日本人の子どもたちの朝鮮や朝鮮人に対する偏見や差別意識の払拭がめざされています。
 しかし在日朝鮮人児童・生徒に対しては,とりくむべき教職員の側の「同化・排外」意識の克服が不充分な現状のもとで,その姿が視野に入っていなかったり,視野には入っているものの,何をどうしたらいいのかわからないまま放置していたり,親や子どもの“思い”を踏まえぬ実践から教職員自身が差別事件を引き起こしてしまったりという事態も生じています。また校内・外における差別事件に対しても,それをどのように整理・解決していけばよいのかわからず,結果的には在日朝鮮人の子どもや親に被害をこうむらせたまま放置しているという状況も見られます。
 在日朝鮮人に対する人権侵害や民族差別の問題は,日本人が長年にわたって克服できずに温存してきた差別意識や社会構造から生み出され容認されたものであり,ひとえに日本人・日本社会の側に責任があります。それは,日本社会を構成する日本人一人ひとりが朝鮮侵略の歴史的責任を自覚し,自ら意識変革をしていくことなしには克服し得ない深刻な差別問題です。その意味においても,日本の学校教育の果たすべき役割が厳しく問われなければなりません。
 一方,民族学校の教職員の側には,日々,朝鮮人としての民族教育権が脅かされ侵害され続けているという切実な危機感が高まっています。民族学校こそが「民族の魂の灯台」であるとして,幾多の弾圧・試練に屈することなく民族学校は守り抜かれ,そこでは,朝鮮人としての民族的自覚や誇りを身につけ,日本国民との友好・親善や国際平和に寄与できる主体的な人間形成を目的とした『民主主義的民族教育』が,昼夜を分かたず情熱的にとりくまれてきました。民族学校の内実に触れた広島県教育委員会はもちろん呉市教育委員会も,「むしろ日本学校が学ぶべき内容を備えており,学校(『学校教育法』第一条校)に準ずる扱いをしていく」との確認をするに至っています。呉市においては,1989年度より交付が開始された第二初級学校に対する「助成金」が,昨年度80万円にまで増額され,今後も年次を追っての増額の方向が約束されています。
 しかし,そうした県や市の前向き・主体的な努力はあるものの,民族学校卒業者が“無学歴”とされる法制度は未だに揺るがず,また「教育助成」についても,現状では私学助成の理念に立った「助成金」交付からは程遠く,根本的には民族教育権の剥奪状態は今なお続いています。
 このような現状のもとで,呉地域においては,民族側の主体的なとりくみの中から日本学校から民族学校への転入を選ぶ児童・生徒も出てきていますが,日本学校に通っている多くの在日朝鮮人の子どもたちは,朝鮮民族としての自覚や誇りを持てず,「民族の魂」を見失ったまま「何人(なにじん)」かわからないような人間に育っていくことへの深い苦悩を持たされています。
 第二初級学校教職員は,呉地域の一人でも多くの在日朝鮮人の子どもたちの民族教育が保障されることを願い,昨年11月からミュージカル『ハルモニの願い』学校公演にとりくんできました。この『ハルモニの願い』公演は,実行委員会のとりくみ開始が遅れたことも手伝って,最終的には,試演会も含めて7会場での開催にとどまりましたが,公演観賞後の児童・生徒の反応には,私たちの予想をはるかに上回るものがあります。感想文の中には,初めて知った「在日」の歴史や朝鮮の民族文化・伝統に対する子どもたちの新鮮な驚き・共感が充ちあふれています。このことは,これまでの日本人教職員のとりくみでは,子どもたちに,民族差別に対する朝鮮人の怒りや朝鮮文化・伝統のすばらしさを伝えきれていなかったことの表れに他なりません。
 しかしそれと同時に,民族学校教職員を中心にした「在日」の側と日本人教職員が相互に連携を図りながら,民族差別克服のとりくみをすすめることの大切さを教えてくれています。日本人教職員の側のそのような営みは,在日朝鮮人の親たちの,子どもたちはどのような学校教育を受けさせられているのか,子どもたちの将来はどうなっていくのか等に対する疑問や不安に答えることにも,確実につながるものと考えます。
 私たちは今回のシンポジウムを,朝鮮人と日本人・教職員と保護者…がともに考え,ともに学ぶ中で,在日朝鮮人の民族教育権をどのように確立していくのか,日・朝両民族の子どもたちがともに生きる日本社会をどのようにつくり出していくのか,そのための課題を探りあて共有していく…。そういう中身をつくっていきたいと考えています。
 一人でも多くの教職員や保護者,教育行政関係者の参加を呼びかけます。


U.基調提案
  これから,今日のシンポジウムの基調にしていただきたいことを提案いたします。
 現在,日本には約68万人の在日朝鮮人が生活しており,「帰化」や国際結婚による日本国籍取得者を加えると,その総数は100万人を超えると言われています。広島県には約2万5千人の外国籍の人が在住し,そのうち約1万7千人が在日朝鮮人です。このことは,長年にわたる,日本の朝鮮半島に対する侵略と植民地支配の結果であり,直接的・間接的な強制によって,日本への渡航を余儀なくされた歴史上の事実に起因しています。
 日本の戦前の同化政策は,朝鮮人から名前を奪い,言葉を奪い,「日本人」として貢献するように強制し,戦争への労働力として,まるで道具のように利用しました。大変な民族差別を日本社会につくりあげてきたわけです。しかし,私たちは,それを戦前の「過去」のこととして「責任」を感じるだけでいいのでしょうか。
 戦後,在日朝鮮人児童・生徒は,日本学校にはいることを余儀なくされました。それは,日本の敗戦による植民地からの解放後も差別待遇が続けられ,暮らしの不安から教育費の負担にあえぎつつあったという理由,また戦後の民族学校閉鎖令で,日本の学校へ行かざるを得なくなったこと,さらに,「外国人」として平等な扱いを受けない「戦後政策」により差別が温存され,厳しい差別の中を生きるために「同化」の道を選択せざるを得なかったからです。
 日本名を名のり,登録して,「日本に住まわせてください」と,痛む思いを抑えて頼まざるを得ない状況をつくり出してきた日本。そして日本学校に通う人に対しては,日本は一律に日本人と同じ教育費を出しますが,民族学校に通う人には出していません。また,「帰化さえすれば年金も保険も恩給も出します」というのは,「同化するか,さもなくば知らないよ(排外)」という差別待遇の事実を如実に示しています。さらに,在日朝鮮人が日本社会の構成員としての諸権利,例えば,教育,仕事,結婚,諸制度の適用,被爆認定などを主張すれば,それを偏見の目で見ている悲しい現実があります。
 今日までに在日朝鮮人によってとりくまれてきた運動のひとつに,「JR学割適用」運動があります。私鉄は日本学校並みの学割がきくのに対し,JRは旧国鉄時代から再三の要望にもかかわらず,学割がききませんでした。それは,民族学校が学校教育法第一条校に該当しない各種学校扱いという理由からでした。在日朝鮮人の歴史的経緯を考えない意識だと言えます。しかし,そのように批判する私たち日本人教職員は,目の前に子どもがいるのにその運動のことすら知らず,ましてや,日本人がするべき大切な運動であるという認識がなかった,と反省しなくてはなりません。
 このような中で,私たちは教育における今日の「同化」と「排外」を正しく捉えて,朝鮮民族としての教育を受ける権利を保障するとりくみをすすめなくてはなりません。
 私たちのとりくみは,日本と朝鮮の古代から現在に至る歴史的な関係の学習指導が中心になっています。しかし,その学習内容は,過去の歴史的事実の学習のみに陥り,場合によっては,朝鮮人が日本人に虐待された状態のみを印象づけたり,朝鮮は低位な国との印象を与えかねない学習となり,蔑視感情を植えつけてきました。そこでは,朝鮮民族の誇りや朝鮮文化のすばらしさを子どもたちに伝えていくことはできません。日本名を使い,日本学校に通っている在日朝鮮人児童・生徒は,きっと,授業中は下を向き,早く終わればいいと思ったことでしょう。このような教育の中では,朝鮮人であるがゆえに圧迫をうけ,また父母にも言えないいじめや差別を受ける児童・生徒は,日本人の仲間に入れてもらおうと,朝鮮をきらう発言をしたり,ますます自分を隠していかなければならないという孤独な状況になっていきます。そこで大切なのは,自分のことを語れる同胞と出会い,きずなを深くすること,そして,民族としての魂を回復することです。
 呉市内の実態で言いますと,呉市同和教育研究協議会(呉市同教)は,市内の37小学校・19中学校に在日朝鮮人児童・生徒がどれだけ在籍し,どのようにとりくんでいるかという実態調査を行いました。今年度(1992年度)5月現在,20の小学校に38名の児童が在籍し,中学校では,13中学校に29名の生徒が通っています。さらに呉地区高等学校同和教育推進協議会(呉地区高同教)では,22の高校および障害児学校に27名の生徒が在籍しています。そして,その子どもたちを「オットギ」(呉地区在日朝鮮人児童・生徒学習会)に位置づけるとりくみが繰り広げられています。
 1992年8月,呉市同教は,広島朝鮮第二初級学校の協力のもと,「夏期学校」を開催しました。昨年までは民族側のとりくみで開かれていたもので,呉市同教としては初めての開催でした。市内の3つの小学校から3家庭7名の子どもたちが集いました。第二初級学校の教職員を講師として,民族名,あいさつの仕方,朝鮮の歌などの学習が明るい雰囲気の中ですすみました。また,グリーンピア安浦での朝鮮学校の子どもたちとの交流,最終日には第二初級学校でお別れ会も開かれ,その時の生き生きとした顔が印象的でした。その中のひとりの女の子は,この夏期学校を境に大きな変容をとげました。学習態度や係活動に積極性が見え始めたと,学級担任は驚いていました。また,ピアノの音色が変わったとピアノの先生が言われたそうです。そして,仲のよい級友に「私,朝鮮人よ」と誇りをもって言ったのです。朝鮮のことばを教えるようになったのです。改めて,同胞とつなげていくことの重要性を感じさせます。
 「民族の魂の灯台」として,民族的自覚や誇りを子どもたちとともに求めてきた広島朝鮮第二初級学校は創立以来47年で,来年度から広島の第一初級学校と統合されます。NHKで放送された「第二初級学校の春」でご存じのように,昨年4月に,熊野町からひとりの子どもが転入しました。6年生のテス君です。テス君は,わずか一年で朝鮮語がしゃべれるようになり,先ほどの芸術公演での姿にあったように,生き生きと自分を表現しています。民族学校は,民族の自覚をとり戻すのに,欠かすことのできない大切な学校なのです。今後は,幼稚園として存続し,在日朝鮮人児童・生徒の集える場,また日本人教職員との学習の場など,呉の地における民族教育の拠点として,教育活動が繰り広げられていきます。私たちは今日のシンポジウムを機に,児童数が増え,学校が再開できるようになることを切望します。
 「在日朝鮮人児童・生徒が『朝鮮人』として生きるために」…,これが今日のシンポジウムのテーマです。私たち日本人教職員は,在日朝鮮人児童・生徒を目の前にして,今何をしなければいけないのかを真剣に考えなければいけません。この会場には,在日朝鮮人児童・生徒の学級担任も来られているでしょう。また,在日朝鮮人の方々,日本人教職員・行政職員など様々な方が参加されています。それぞれの立場で,「在日朝鮮人の子どもたちの民族教育権をどのように確立していくのか」「そのために,どうとりくんでいけばいいのか」,それらを明らかにしていくシンポジウムにしていきたいと思います。
 以上,基調提案といたします。