◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



朝・日親善フェスティバル ~ 1992年





1.日 時  1992年3月13日(金)
2.場 所  広公民館ホール
3.主 催  朝・日親善フェスティバル実行委員会
4.後 援  呉市教育委員会
5.内 容(プログラム)
 ○歌とおどり      ひまわりの歌              初級部
 ○重唱と三重唱                          初級部
 ○合唱         虹のかけ橋               阿賀小PTA
 ○重唱                             初級部PTA
 ○重舞         チェンガンの舞             初級部
 ○民族打楽器      チャンダンノリ             初級部・青年部
 ○重舞         プンムルノリ楽しや            初級部
 ○チョゴリ・ファッションショーと歌舞団特別出演
 ○合唱         虹のかけ橋・統一列車はしる       日本学校教職員
 ○群舞                              初級部
 ○フィナーレ


1992年2月17日


              様


朝・日親善フェスティバル実行委員会
                         世 話 人  朴  英   美
                         世 話 人  横 間 洋 海

「朝・日親善フェスティバル」の開催について(お願い)

 平素は,民族教育の推進・民族差別の撤廃のため,ご理解・ご協力をいただき,心から感謝しています。
 昨今の日・朝両国人民の友好親善と日・朝国交正常化を求める内外世論のたかまりの中で,日本の社会に根強く息づいてきた在日朝鮮人に対する「排外・差別」の意識や構造を克服するための様々な営みが,全国各地で展開されています。
 呉市においても,昨年度は広島朝鮮第2初級学校の創立45周年を記念して,芸術公演・記念レセプションなどのとりくみがすすめられ,呉市行政をはじめ市内各界各層のご支援・ご協力のもとに,大きな成果を得ることができましたことを,非常に喜んでいます。
 さて私たちは,これまでの積み上げてきた成果を踏まえる中で,呉市における民族教育の推進,さらには日朝国交正常化の実現に向けて,何をなすべきかを模索してきましたが,3月13日,広公民館において「朝・日親善フェスティバル」を開催することになりました。
 プログラム(案)については別紙の通りですが,日本人側の当日の出場者を募集しています。つきましては,主旨をご理解の上,貴校関係教職員の派遣方宜しくお願いいたします。

1992年2月18日


              様


朝・日親善フェスティバル実行委員会
                          代 表  三 上 孝 司
                           (℡ 0823-72-2525)


「朝・日親善フェスティバル」の開催について(お願い)

 平素は,民族教育の推進・民族差別の撤廃のため,ご理解・ご協力をいただき,心から感謝しています。
 長年にわたる,とりわけ一昨年秋の自由民主党・日本社会党・朝鮮労働党による,いわゆる「三党共同宣言」以来の,日朝両国人民の友好親善と両国の関係改善を求める内外世論の昴まりの中で,日本による戦前の反省・謝罪の上に立った日朝国交正常化の実現が急がれています。
 また朝鮮半島においては,南北朝鮮高位級会談,首脳会談,スポーツ会談等々が精力的にとりくまれ,南北朝鮮の自主的平和統一の実現が目前に迫っています。
 そうした中で,日本の社会に根強く息づいてきた在日朝鮮人に対する「排外・差別」の意識や構造を克服するための様々な営みが,全国各地で展開されています。
 呉市においても,昨年度は広島朝鮮第二初級学校の創立45周年を記念して,芸術公演・記念レセプションなどのとりくみがすすめられ,呉市行政をはじめ各界各層のご支援・ご協力のもとに,呉市における民族教育の保障・民族差別の克服の面で実に大きな成果を得ることができました。
 しかしながら,呉市における在日朝鮮人をとりまく情勢は,今なお,決して楽観できる状況にはありません。私たちは,広島朝鮮第二初級学校に対する補助金の予算化実現に至るここ数年間の呉市行政・議会を中心にしたとりくみは評価しながらも,一方で日朝国交正常化「促進決議」の不採択などに見られる反動的な動きを見逃すことはできません。
 私たちは,こうした現状を踏まえる中で,呉市における民族教育の保障・民族差別の撤廃,さらには日朝国交正常化「促進決議」の実現に向けて,より具体的な行動を提起すべく検討を重ねてきましたが,この度,有志による「朝・日親善フェスティバル実行委員会」を組織し,3月13日に広公民館において,「朝・日親善フェスティバル」を開催することになりました。
 つきましては,呉市内の各種団体・個人の実行委員会への参加,公演(歌)への参加,当日の鑑賞等々,様々な形でのご支援・ご協力をいただければと考えています。
 プログラム(案)等については別紙の通りですが,なにとぞよろしくお願い申し上げます。


お 祝 い の 言 葉

呉 市 長  佐 々 木  有


 「朝・日親善フェスティバル」の開催を心からお祝い申し上げます。
 日本と朝鮮とは,古くから人や文物の交流が盛んに行われ,深いつながりがありますが,この度,朝鮮半島の悠久の歴史の中で,豊かな風土と温かな人情に育まれた薫り高い芸術を披露していただけることを大変嬉しく思います。
 今回は,日本のお母さん方や日本人教職員も交え,一体となっての「朝・日親善フェスティバル」はすばらしい企画であり,日・朝両民族の友好の絆を一層強めてくれることと,大いに期待しております。
 併せて,今回は朝鮮文化に直接触れることのできる衣服・楽器・食品の展示会も同時に開催されると伺っており,芸術・文化を通じて市民がお互いの民族の歴史や文化,生活習慣,伝統などを知り,両民族の相互理解を深めるよい機会であり,このフェスティバルが必ずや成功を収められるよう心から願っております。そして,今回の催しを契機として,文化の交流が一段と深まり,日・朝の友好親善がさらに促進されるよう切望してやみません。
 終わりに,この意義あるフェスティバル開催にご尽力された関係の皆さまに心から敬意を表しますとともに,友好の輪がますます拡がることを祈念いたしまして,お祝いの言葉といたします。

祝 賀 の 言 葉

呉市阿賀地区自治会連合会

                             会 長  中 島  確

 近年とみに,朝・日両国の国交正常化の動きが活発化してまいりましたことは,まことに喜ばしいことを思います。
 私たち地元の住民といたしましては,身近なところにある「広島朝鮮第二初級学校」が,今日まで私たちの地域に46年間も存在し,その歴史を刻みつつあることは,お互いの文化の違いと育まれた伝統を理解するために大きく役立っていると思う次第です。
 文化とは,その国や民族が永い時間をかけて育ててきたものであり,それぞれの国民が大切にするとともに,他国の文化を正しく理解することこそ本当の国際親善につながるものと考えております。
 この度の「朝・日親善フェスティバル」は,正に両国民の文化を身近に触れ合える大きな機会であり,お互いの文化と歴史の理解を深めるための意義深い催しであります。
 これを機会に私たちは朝鮮の歴史や文化を学び,お互いに明るい友人関係をつくり,国交正常化のために,いささかのお役に立ちたいと考えます。
 今回,このような企画を立てられ,実現に努力されたご関係の皆さまがたに敬意と感謝を申し上げて,地元の代表として,お祝いの言葉とさせていただきます。