◆これまでの主な取り組み 本文へジャンプ
 



広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念芸術公演


~ 1991年



1.日 時  1991年2月16日(土)
2.場 所  [芸術公演] 呉市文化ホール
       [レセプション] NOA(旧・玉姫殿)
3.主 催  広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念公演実行委員会
4.後 援  呉市教育委員会・呉市同和教育研究協議会・呉地区高等学校同和教育推進
       協議会
5.内  容(プログラム)
 <第一部>  ミュージカル『ハルモニの願い』
 <第二部>  歌と踊りのアンサンブル
         ○歌と打楽器     『あゝすばらしき民族教育』
         ○民族楽器と歌
         ○独唱        『ヤンサンド』
         ○重舞        『チェンガンの舞』
         ○重唱        『アリランメドレー』
         ○民族打楽器      『チャンダンノリ』
         ○独舞        『太鼓の舞』
         ○合唱        『未来に向かって』
         ○群舞        『慶祝』
1990年12月15日


                    殿

広 島 朝 鮮 第 二 初 級 学 校
創立
45周年記念公演実行委員会
                                     代 表  三 上 孝 司
                             (TEL 0823-73-0502)

広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念公演の開催について(お願い)

 
 平素は,広島朝鮮第二初級学校における民族教育にご理解・ご協力をいただき,心から感謝しています。
 広島朝鮮第二初級学校は,1946年春に呉市阿賀に創立以来,朝鮮人としての民族的自覚と誇りを身につけ,日本人との友好親善を図る教育をすすめ,1991年4月20日に創立45周年の節目を迎えます。
 幾多の弾圧・試練に屈することなく守り抜かれてきた朝鮮学校は,まさに在日朝鮮人の「民族の魂の灯台」でした。
 すべての人が教育を受ける権利を有し,どの民族も民族自身の手による教育を受ける権利を有することは国際人権規約にも謳われ,今日の国際社会の常識になっています。
 今後も,日本人・日本社会の理解が得られないかぎり,次代の在日朝鮮人の子ども達の民族の自覚と誇りをもった将来はあり得ません。
 私たち実行委員会は,1990年9月,広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念レセプションを開催し,各界各層の広範な市民の参加を得て,非常に多くの民族学校・民族教育に対する励ましの声をいただきました。
 こうした励ましの声に力を得た広島朝鮮第二初級学校の子ども達のその後の活躍は実に目覚ましく,1991年2月16日に創立45周年記念公演の開催が実現することになりました。
 つきましては,広島朝鮮第二初級学校の子ども達を励まし民族学校の更なる発展と活躍を願う思いを込めて,広範な市民から祝賀金(一口・千円以上)を募集することになりました。趣旨をご理解の上,ご協力をいただきますよう宜しくお願いします。

1991年1月30日


              殿

広 島 朝 鮮 第 二 初 級 学 校
                          創立45周年記念公演実行委員会

広島朝鮮第二初級学校創立45周年記念芸術公演の開催の
ご案内,ならびに祝賀会へのご招待のご案内


 謹啓 早春を迎え,厳冬の中に生命のいぶきを蓄えてきた紅白の梅のつぼみが,いまや花開こうとしている時候となりました。皆様にはお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
 さて,きたる2月26日,呉市文化ホールにおきまして,本校創立45周年を記念して,芸術公演を開催致します。本校児童の演じます民族舞踊,舞踊劇,演奏,コーラスを中心にして,卒業生の青年,広島歌舞団等の出演により,民族の伝統にささえられ,魂をゆりうごかす民族教育の大切さを呼びかけていきたいと思っています。いま私達が民族教育として次の世代の朝鮮人に伝えていることを,多くの心ある日本人のすべての皆様に,ぜひともご鑑賞いただきたいと,ここにご案内いたします。
 呉地域に戦前から在住しています朝鮮民族は,解放後さまざまの事情から故国の土を踏めず,自分達のこどもの教育の為に1946年4月,阿賀の地に古材を持ち寄ったりして創設し,母国語の学習などすばらしい生き方をしていくための学習の場として,朝鮮人として生きるために思いを出せる場として,また,日本社会の中で日本人との友好・国際理解のすすむような主体的な朝鮮人の育成の為に,厳しい試練を乗り越えてこの学校を守ってきました。
 「民族の燈台」ともいえるこの学校の学校関係者,卒業生,呉地域の私達同胞がその46年間の尽くせぬ思い出を語り,本校の今後の発展を願って,この日芸術公演が終了した後,国際理解のある呉の日本人の皆様方と一堂に会して,今日の意義ある民族教育の未来を祝賀し,朝日の心の交流を準備いたしました。教育の前進・国際交流の前進の為に祝賀会に貴職をご招待いたします。ぜひ御出席いただきまして,本校と共に歩んでいただけると幸に存じます。