◆各種資料 本文へジャンプ
 


日本弁護士連合会「勧告書」

(1998.2.20)



日 弁 連 総 第99号
1998年2月20日


内閣総理大臣 橋本龍太郎 殿
文 部 大 臣 町村 信孝 殿


日本弁護士連合会
会長 鬼追 明夫



勧    告    書



 当連合会は,日本国に所在する朝鮮各級学校の教職員組織である在日本朝鮮人教職員同盟中央本部並びにその教職員と児童生徒の保護者の組織である在日本朝鮮人中央教育会から,自己の民族文化を保持する教育についての人権侵害救済の申立をうけて調査したところ,朝鮮各級学校のみならず,いわゆるインターナショナルスクールなど日本国に在住する外国人の自国語ないし自己の国及び民族の文化を保持する教育に関して重大な人権侵害があると同時に,子どもの権利条約など関係条約違反の状態が継続していると判断したので,次のとおり速やかに善処されるよう勧告します。


[勧告の趣旨]

1.日本国に在住する外国入が自国語ないし自己の国及び民族の文化を保持する教育をする
 学校と大学校及びその卒業者について,日本国の学校教育法第1条の各義務教育課程,高
 等学校教育,大学に相当する教育を授受しているものにその資格を認めず,法律に根拠を
 持つ公的な資格を認定する試験を受験させないことは重大な人権侵害であり,かかる事態
 を速やかに解消させるべきである。
  そのための処置として,日本国に在住する外国人の学校について定める法律が制定され
 るまで,とりあえず,朝鮮各級学校と大学校及びアメリカ合衆国カリフォルニア州に本部
 を持つ西部地域学校大学協会(WASC)など国際的に一定の水準を維持している機関の認
 定している学校については,その教育内容に応じてこれに対応する学校教育法第1条の各
 学校と同等の資格を認める処置をとるべきである。


2.現行の私立学校助成制度は,学校教育法第1条に記載する認可を受けた学校と,これを
 受けていない学校との間に大きな差異を生じ,甚だしい不平等であるとともに,上記1の
 結果とあわせて間接的に日本国に在住する外国人の自国及び自己の民族文化を保持するこ
 とを妨げ,日本国の教育を受けることを押しつけることになっており,重大な人権侵害で
 あるので,かかる事態を速やかに解消させるべきである。
  そのための処置として,上記の各学校,大学校とその児童,生徒,学生に対して,新た
 に外国人の学校の振興助成に関する立法処置がなされるまで,少なくとも私立学校振興助
 成法によるのと同等以上の助成金が交付されるよう処置をとるべきである。


3.文部事務次官が,昭和40年12月28日「文管振 第210号」として各都道府県知事に対して
 発した文書は,朝鮮人としての民族性または国民性を涵養することを目的とする朝鮮人学
 校について,これをわが国の社会にとって各種学校としての地位さえも与えるべき積極的
 な意義がなく,学校教育法第1条に規定する学校の目的にかんがみこれを学校教育法第1
 条の学校として認可すべきでないこと,今後朝鮮人のみを収容する公立の小学校または中
 学校及びこれらの分校または特別の学級を設置すべきでないこと,などを都道府県知事に
 求めるものであって,日本国に在住する朝鮮人としてその民族性ないし国民性を涵養する
 教育をなしまたこれを受ける人々の人権を著しく侵害している。
  よって本文書を撤回させるなどこれによる人権侵害を除去し,その被害を回復する適当
 な処置を取るべきである。


[勧告の理由]

 
別紙調査報告書記載のとおり。