◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【2005年度講演と朝鮮料理を楽しむ集い・講演 ~ 2006年】



広島朝鮮学園の歩みを振り返って


(広島朝鮮初中高級学校長   李 一 烈)



 大先輩の前でこういう話をするというのは,ちょっとやりにくいんですが,今日は呉の李憲伯(リホンベク)委員長もおられます。文書の上ではわかっているんですが,実際の現場はわかっていないものですから,話をするのがちょっとつらいわけですね。そうは言っても,一応,準備したものをお話しして,後はいまの民族教育の現状,いまの生徒たちの姿というものをDVDでちょっと見ていただければと思っています。

 実は,昨日は中・四国の校長会がありまして,夜遅くまで飲んでいたんですが,そこには自分の先輩で,朝鮮大学校を卒業して東京朝鮮中高級学校で何年間も教員をやられて,それから大阪に行き,いまは岡山で校長をされている方がおられました。昨夜,その先輩との話の中にどんな話が出てきたかと言うと,同年配,若しくは年上ですから,やっぱり,井筒監督の「パッチギ」の話が出てくるんですね。「あの時はどうだった,こうだった」とか,「パッチギの中に出てくるああいう内容は全国的にあった」とかいう話がでてくるわけです。特にいまの岡山の校長は,私の大先輩なんですが,ちょうど東京朝高と国士舘大学とのいざこざが絶えなかった頃の先生だったんだそうです。昨日,その頃の生々しい“事件”の話を聞きながら,端的に言えば,民族教育というのはこうやって学んできたんだなというふうに思ったんですね。それが大体70年代の話です。
 それから数えても,もう25年・30年近くなっていますが,今年は民族教育が始められて60年になります。元々,1945年8月15日に祖国が解放されて,そこから始まったというのが原点なんですが,広島で言えば,小さな平屋だったそうですが,1945年12月に大竹に「国語教習所」が開設され,その翌年の1946年4月16日に朝聯大竹初等学校というのが設立されました。それが,広島朝鮮初中高級学校の創立記念日となっていますが,学校形態としての民族教育はそこから始まったんですね。
 もともと広島に,解放前,つまり1945年以前に,どれだけの在日同胞がいて,解放後にどれだけの在日同胞がいたかということがわかる1つの資料がありますので,それを見てみたいと思います。
 広島の在日同胞が日本に渡ってきた理由は,大きくは2つあります。これは李憲伯委員長が出された「在日運動史」の中にも書かれていたんですけれども,その当時,日本による植民地支配の下で苦しい生活を強いられて,職を探して日本に渡ってきた,あるいは渡って来ざるを得なかったというのが1つの理由です。そしてもう1つは,強制労働・徴用で日本に連れてこられたということですが,連れてこられてからは,都市部・山間部を問わず,いろいろなところで働かされています。この映像は,資料によると1960年代の基町の映像です。なぜこれを出したのかと言うと,やっぱり,広島市内では基町に集中して同胞たちが住んでいたからです。
 ?(クエスチョン)マークの部分は数が確認できなかったところなんですが,この表が資料による数字です。これによると,1903年現在,広島に在日同胞が3名おられたんですね。1910年の数字は確認できていませんが,そして,20年・30年・40年と時代が経過して,解放直後の1945年というのが,全国的に見ても,広島県で見てもやっぱり,一番多い数字になっています。全国的に見れば2,365,262名で,広島県でも87,206名の在日同胞がおられました。それから,解放の喜び,自分の国に帰れるという喜びに沸き返り,1945年以降,在日同胞たちが自分の故郷へ帰国していくわけです。資料を見ていると,広島県で言えば,宇品港・海田港・阿賀港から漁船に乗って故郷に帰ったという記録もありました。この阿賀港からもたくさんの同胞たちが故郷へ帰っていってるんですよ。
 そうした中で,当然,帰国を前提とした子どもたちに対する教育をどうするのかという問題がありました。日本の植民地下では土地を奪われ,言葉を奪われ,そして名前まで奪われ,日本に来ても朝鮮語を喋ることも朝鮮名を名乗ることも許されていなかったんですね。そういう意味で,解放の喜びと同時に子どもたちに民族教育を受けさせようという在日同胞たちの熱い思いが民族教育の始まりなんです。ですから,一世の方たちの思いが具体的な形となって,各地に学校がつくられたんですね。
 広島県ではまず大竹に朝聯大竹初等学院が1946年4月16日に設立されたんですが,それが広島朝鮮初中高級学校の創立記念日になっているんです。広島県では,この大竹の地に始まって,46年・47年の2年間のうちに県内各地に民族学校がつくられます。本校と分校がありましたが,分校というのはその地域に在日同胞が固まって住んでいたためにつくられたんだろうと思います。大竹が創立された翌年の3月現在で,本校が9校,そして分校が10校ありました。全国的に見れば,1948年4月現在で,民族学校数が503校,そして児童・生徒数は6万名でした。ものすごい数でしたが,現在は,各級学校を合わせて77校になっています。
 民族学校が設立された当初から,民族学校に対する日本政府からの弾圧があったわけですが,1948年には解放後のGHQの弾圧がありました。私たちが「4・24阪神教育闘争」と呼んでいるものです。言うなれば,学校現場に警察が入ってきて,力ずくで学校を閉鎖するという,本当に横暴なやり方だったんですが,先ほど言いました503校・6万名の児童・生徒のいる全国各地の民族学校に土足で入り込んで,力ずくで民族教育を潰そうという,厳しい弾圧があったんですね。
 私たちのハラボジ,ハルモニたちは,その厳しい弾圧に抗って闘いました。私は大阪で生まれて育った生粋の大阪人なんですが,その頃の話をオモニから聞いたことがあります。私のオモニはちょうどその時は小学生だったんですが,小学校に通ったという記憶がないと言うんですね。小学校2年生頃までは学校に通っていたという記憶はあるそうですが,それからは記憶がないんだそうです。いま私がオモニに,小学校時代何をしてたのか聞いても,「とにかくコチュカルを,つまりトウガラシの粉を袋に入れて,デモ行進に行って,それを何かに投げつけた」とか「とにかく毎日どこかへ行って大声でわめき叫んだ」という,そういう記憶しかないそうです。それに前後して民族学校が次々と力ずくで閉鎖されて,民族教育の危機を迎えていたからなんですね。ですから,私のオモニは小学校もちゃんと卒業してなくて,小学校中退なんです。オモニの記憶の中には,いまだに阪神教育闘争の記憶が鮮明に残っているそうです。阪神教育闘争の時に金太一(キムテイル)という少年が銃で撃たれて亡くなったんですが,私のオモニはその目の前にいたそうです。その現場にいながら,「どうして一般市民に銃を向けるのか」という,本当に言いようのない怒りを感じ,泣きながら行進していったそうです。後日,金太一少年の歌ができたそうですが,その歌を歌いながら,デモ行進をして,石を投げたり,コチュカルを投げたりしながら,闘っていたそうです。民族学校の初期の歴史というのは,やっぱり,そういう闘いの歴史だったんだと思います。
 これは1953年のカレンダーなんですが,まだ海田の中高級学校にいる時,ある同胞が「家を掃除していると,偶然,これが出てきた。自分が持っていても仕方がないので,学校に寄付します」と言って,持ってきてくれたものですが,資料価値が高くて,ものすごく大切なものです。いま学校ではスキャナーで複製をつくって,現物はちゃんと保管しています。
 1953年のカレンダーですから,これをつくったのは多分52年ですね。朝鮮戦争(1950年6月25日~)が終わったのが1953年7月27日なんですが,この内容を見ると,その当時の広島の同胞の状況がわかります。まず,このカレンダーをつくったのは「在日朝鮮人学校PTA」「広島県聯合会」,そして「広島朝鮮人中学校建設委員会」となっています。余談ですが,あの頃はPTAがあったんですね。いまの朝鮮学校にはPTAはなくて,PTAより強いオモニ会がありますが…。何と,朝鮮戦争の真っただ中に「中学校建設委員会」というのができていたんですね。40年代後半からすでに,小学校だけではなくて,中学校も建てていこうと言ってたわけです。ものすごいパワーですね。朝鮮半島では戦争が起こってるんですよ。これを見ると,当時の広島の在日の方たちが朝鮮戦争をどう見ていたかということもわかります。スローガンを直訳してみると,「朝鮮人民軍と中国支援のために応援しよう!」「在日朝鮮青年たちを立派な子どもに育てていく民族教育を実施するために闘おう!」,そして3番目が「広島の全同胞の団結した力でわれわれの中学校建設を成し遂げよう!」と書かれています。朝鮮半島では戦争が行なわれているのに,在日同胞の目はすでに中学校建設に向けられていたんですね。戦争は終結するだろうということを前提に,次は中学校を建てて,自分たちの子どもに中等教育を受けさせるために,同胞の団結を訴えているわけです。広島の同胞たちのものすごいパワーです。
 こうして海田に中学校ができたんですが,1960年代に入ると高校ができて,校名も「広島朝鮮中高級学校」に変えられます。そして,その翌年の61年に,高級部女子生徒の制服がチマ・チョゴリになりました。民族学校が始まってすぐチマ・チョゴリではなくて,61年に学校の制服として決まったということなんですね。私も歴史を調べていて,チマ・チョゴリの制服の歴史はそれほど古くはないということを初めて知りました。
 63年に新校舎が建てられましたが,これを機に,64年に第1・第3・第4初級部を改編して,第1初級学校に統合しました。それが横川の竜王町にあると言いますか,あった学校です。あそこは,いまはものすごいマンションになっています。そして,65年に幼稚園ができ,66年に学校法人「広島朝鮮学園」として認可されました。
 阪神教育闘争の時もそうでしたが,60年代に入って全国的に民族学校に対する支援の動きがだんだんと見られるようになったんですね。特に広島県では,日本の先生方と連帯して闘っていくという部分では他の都道府県に類を見ないような,すばらしい連帯ムードの高まりが見られたと聞いています。
 1950年代・60年代というのは,民族教育自体がそれまでの世界に類を見たことのない,前人未踏の教育だったわけですから,どのような内容の民族教育をしたらいいのか,教科書づくり一つをとってみても,誰もその具体的なイメージは持っていなかったんですね。その頃からもう60年過ぎているんですが,いまでもレールがあってないようなですね,この方向を目ざして行こうという方向はありますが,実際にどういうものが提起されていくのか,私たちにまだまだわからないことがたくさんあります。民族教育とはこんなものだという具体的なイメージがあって,その教育の中身や方法がシステム化されていて,不足部分だけをつけ足してきたというのではないんですね。一つひとつ模索しながら,積み上げてきたのが民族教育です。一世・二世たちの思いを一つひとつ形にしながら,積み上げてきたわけですよ。一世・二世の先生方は,誰も経験したことのない,誰もやったことのない教育を,苦労しながらやってきたんです。そう考えてみると,民族教育というのは,単純な言葉なんですが,すごい教育なんですね。今年,自分たちは60周年を迎えながら,その苦労を思うとですね,本当に,大先輩方には頭が上がりません。
 72年から教科書が無償配布されるようになりました。
 そして,主に中高級学校に対してですが,共和国から民族楽器が贈られてくるようになりました。海外にいる同胞に対して,どうすれば民族性を培っていけるのかと言えば,やっぱり,先ずは言葉なんですね。母国語である朝鮮語を喋る,習う。そして朝鮮の風習,民族の風習を身につけることなんですね。そういう意味で,日本にいても朝鮮の民族楽器を演奏することができる子どもを育てなさい,育てる必要がありますよということで,本当に大量の楽器をすべての中高級学校に贈ってくれるようになったんですね。
 それから,第一初級学校の真横に山陽本線が走っていたことから,1975年以降,新幹線の騒音問題というのが出てきて,そこから移転問題へと発展していくんですね。その時,私の妻も初級部の教員をしていたんですが,授業をしていても,新幹線が通るたびに,いわゆる“口パク”の状態になるんですね。子どもたちに声が聞こえないから,先生たちは大声で喋らざるを得なくて,家に帰った時は,もう喉はカラカラです。それでも,先生たちはまだ大声を出したらいいんですが,子どもたちは聞こえなくて落ち着かなくなる。そういう状態がずっと続きましたので,教育環境を整えたい,騒音公害を何とかしたいということから,移転問題に発展していったんですね。
 77年に入ると,高級部が文系と理系に分けてクラス編成をするようになります。進路保障の問題もあって,高校生の段階でちゃんとした進路を確立していこうということになったんですね。それまでは普通のクラスだったんですが,これ以降,文系・理系に分けてクラス編成をするようになったわけです。
 1980年代に入って,まず81年に広島朝鮮学園は広島市山根町に学校移転用地を購入しました。それから,第2初級学校に対して呉市から教育助成金が交付されるようになり,88年からは広島県・広島市・呉市・福山市から広島朝鮮学園に対する助成が始まります。
 1989年には,いわゆる“パチンコ疑惑”に端を発した朝鮮学校児童生徒に対する暴言・暴行事件が全国各地で起こっています。
 1980年代・90年代というのは,民族教育権の保障を求める様々な運動が取り組まれた時期です。広島では,1985年に広高同教の専門部として,現在の「朝問(文)研顧問代表者会議」が位置づけられて以降,様々な取り組みがなされました。87年には県教委から「在日外国人児童・生徒の教育に関する基本的な考え方-主として在日朝鮮人(韓国籍・朝鮮籍)児童・生徒の教育について-」が出されました。そして1990年には,日本学校と民族学校の連携のもとに「在日朝鮮人児童・生徒の教育を考えるシンポジウム」が開催されました。
 その頃から,民族学校が実質的に“一条校”に準ずる学校であることを認知させる闘い,あるいは“一条校”と同等の権利を獲得していく闘いが日本の各地で始まっています。その当時,全国各地で,事件とは言えないにしても,教育の場でいろいろな民族学校に対する不当な扱いというのが出てきていたんですね。
 例えば,これが発端となって全国的に取り組まれるようになったんですが,90年6月に大阪朝鮮高校バレー部の出場資格問題が起きています。この大会は国体にもつながっていたんですが,大阪府の春季大会の四部リーグへの参加することを認められて,1~3回戦を全勝で二次予選へ勝ち進んだ大阪朝高女子バレー部のもとへ,二次予選の直前になって,「朝鮮学校の高体連加盟を認めたのは大阪高体連のミスだった。以降に開催される別の大会からは参加を見合わせてほしい」という旨の連絡があったんですね。このことが大きな問題になって,全国で朝鮮学校の高体連加盟を認めるべきだという声が高まりました。当然,広島県でも,日本学校の先生方と朝鮮学校の先生方が連携しながら,高体連加盟問題に取り組みました。この高体連加盟問題で言えば,広島がトップです。日本学校の先生方との連帯の中で,一番先に名乗りあげたと言いますか,全国の民族学校の中でも最初に広島独自のやり方で,つまり準加盟という形で,高体連加盟の権利を勝ち取っていったんです。私はその当時,学校の管理職と組合員という2つの役回りを持たされていて,中学校の教務主任をしながら朝教同の分会長もしていたんですが,中体連の方に出向いていったことがあります。その時に,「どうして中体連に加盟できないのですか」と聞いてみたんですが,答えは単純なんですね。「上の高校が加盟していないので,中学校もまだ加盟できません」という,そんな答えにもならない答えが返ってくるだけでした。しかし,権利獲得のためのそういう闘いがあったからこそ,全国的には1994年から,各種大会への参加が認められるようになりましたし,広島県においては,大会参加だけでなく,高体連への加盟の権利を勝ち取った,つまり準加盟が認められたんだと思っています。
 そして,96年1月に新校舎への統合移転が行なわれましたが,その1年ほど前に広島の第1初級と呉の第2初級はすでに1つになっていました。ところが,その初級学校が竜王町から立ち退かなければならない時期が来て,緊急避難的に海田の中高級学校の中に引っ越していかなければならなくなるんですね。ですから,95年度の一時期には,海田の中高級学校の敷地の中に,第1初級と第2初級,そして中級部・高級部がありました。当然,校舎が足りなくなりますので,臨時にプレハブを建てたんですが,やっぱり,初級部の子どもたちにはいい条件で勉強させてやりたいという思いから,高級部はそのままにして,中級部が我慢してプレハブに入って,初級部は中級部の校舎に入りました。ですから,実際には1995年から一貫したシステムのもとで,幼稚園から高校まで一緒の生活が始まっているのですが,校長は,ふたりとも大先輩ですが,その当時の第1初級の金基雄(キムギウン)校長と中高級の申平植(シンビョンシク)校長がそのまましておられました。そして,96年1月に新校舎に移転したわけですが,この時は,まだ1つの学校になったというのではなくて,初級学校と中高級学校が同じ敷地内にあったというだけで,4月から正式に「広島朝鮮初中高級学校」としてスタートしました。
 そして,その年から私たちの学校でも「学校部分5日制」が採用されるようになりました。日本の学校では「学校5日制」はすでに始まっていたんですが,民族学校で週2日休むというのは,カリキュラム上とうしても無理があるんですね。日本学校と同程度の教育内容を保障しながら,プラスαとして朝鮮語とか朝鮮の歴史・地理といった民族科目を勉強しなければならないわけですから,土・日の2日間を休みにするということになると,実際のところ,どうしても無理があるわけです。ですから,私たちが採り入れている「学校部分5日制」というのは毎週2日休むのではなくて,土曜日を月1回だけ休みにして,後は課外授業若しくは課外活動にまわそうというシステムなんですね。
 それから,翌年の97年8月に,ボクシング部のインターハイ出場がありました。広島朝鮮高校と言うとサッカーが強いというイメージがあるんですが,サッカー部のインターハイ出場は2001年ですから,サッカーのインターハイ出場よりボクシングの方が早かったんですね。
 2002年9月には,カルチャースクールを開設しました。このカルチャースクールという発想がどこから出てきたかと言うと,統合・再編成されて山根町にやってきたわけですが,「新しい民族学校が地域の中にどのように位置づいていくべきか」「私たち自身が地域の中にどう根づいていったらいいのか」,あるいは「そのためには学校をどのように利用したらいいのか」等について,ものすごく討議したんです。そして,その討議の中で,自分たちの学校現場を小さな国際交流の場にできないかとか,地域に何か還元することができないか,そのためには,自分たち民族学校の教職員が持っている力や保護者の持っている力を利用すべきだということになったんですね。そうすると,みんな朝鮮語が喋れる,パソコンを使える先生がいる,空手を教えられる先生がいるわけですね。加えて保護者の中にはエアロビクスのインストラクターの資格を持っている方もいます。民族学校の中で音楽を流しながらエアロビをやってもいいじゃないかという話も出てきました。時間をかけて討議を重ねた結果,最終的には,学校を開放して地域の人たちに実際に中に入ってきてもらって,「朝鮮学校というのはこんな学校なんですよ」というのを知ってもらうために,カルチャースクールを開設しようということが決まったわけです。
 ところで,この2002年9月というのは,思い出したくもない,ものすごく厳しい時期でした。いわゆる「拉致問題」が発覚して,本当は民族学校には関係ないのですが,民族学校に対する嫌がらせや児童・生徒たちに対する暴言・暴行事件が頻繁に起こった時期なんですね。学校のホームページに掲示板があるんですが,その掲示板に6月26日からずーっと書き込みがありました。今日はそのすべてを持ってくることはできていませんが,9月中旬以降の書き込み記録を全部プリントアウトしました。後で見てもらえばわかるんですが,とにかく言葉には言い表せないような書き込みばかりです。言葉ではなくて,ただむやみやたらにキーボードを連打して書き込んだものとか,あるいは,今日は持ってきていませんが,差別用語のオンパレードですね。中には生徒たちの身辺に危害が及ぶんじゃないかという危機感を感じるような書き込み文書もありました。そういう厳しい状況の中で,9月18日の朝から集団登下校をするようになります。先生方は,大竹駅であろうと広駅であろうと,児童・生徒の乗車駅まで行って,例えば,6時半に電車が出るんだったら6時半前までにその駅まで行って,生徒を確認して一緒に登校する。そして学校が終わったら,先生方がまた手分けして分散して,その生徒たちを連れて駅まで,できれば家まで送っていく。そして,それからまた学校に戻ってきて職員会議,若しくは学習会という毎日でした。そんな状態が2学期末まで続きましたが,いまでも当時のことを思い出すと,本当に「よく体がもったな」「あんなことは絶対にあってはならないことだ」と思うんですね。私も自分の車を出して,女子生徒を毎日家まで送って行ってました。
 女子生徒には,チマチョゴリを着て登校しないで,学校についてから着替えるように指導していましたが,そういう時でも,本当に堂々とチマチョゴリを着て登校する生徒がいます。先生たちや保護者は心配なんですが,その生徒たちは堂々と「私たちは悪いことをしていないのに,どうして着たらいけないんですか」と言って,着るのを止めないんです。そういう生徒がいるのはもちろんですが,その反面では,例えばオモニと一緒に買い物に行って,スーパーなんかにチマチョゴリを着たまま入ったりすると,ものすごい視線を感じることがあるんですね。すべてがそうではないんですが,その視線によって恐怖すら感じてしまうような精神状態にまで追い込まれることがあるんです。本当は「チマチョゴリはきれいだね」と思って見ている人もいると思うんですが,生徒たちには,そのすべての視線が突き刺さることもあるわけです。また,その頃は実際にも,電車の中でチマを切られたり,「刺すぞ」と言って近寄ってきたり,あるいは学校の水槽に毒を入れたとかいうような話が頻繁にあったんですね。
 このように非常に厳しい状況の最中に「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」が立ち上げられました。その設立総会で,「いまは暗くて長いトンネルの中にいるんだと思う。でも,その長いトンネルを抜けたら,明るい外の世界が待っている。トンネルは進めば進むほど出口が近くなってくる」という話を聞いて,力をもらったことをいまでも覚えています。
 それから去年は,広島朝高では初めてになりますが,李大貴(リテギ)という卒業生が東大へストレートで合格しました。日本学校では珍しいことではないかもしれませんが,民族学校というのは法的には一条校ではなくて各種学校なんですね。でも,実際にそこで育った生徒がこれだけ活躍することができるんだということをアピールしてくれたと思っています。民族教育を受けて育った生徒らには無限の可能性があるということや日本学校となんら遜色ない授業内容,カリキュラムだということを証明してくれたと思っています。
 本校の卒業生の中には本当にいろいろな卒業生がいて,いまも日本各地で活躍しています。最近の卒業生の中から何人か紹介してみたいと思います。
 まず最初に,皆さんもよく知っていると思うんですが,サンフレッチェ広島の李漢宰(リハンジェ)がいます。いまでもたまに学校に来て後輩たちとボールを蹴っています。卒業してすぐの頃はまだ初々しくて,若いという感じがあったんですが,最近は生徒たちと一緒にボールを蹴っていても,やっぱり,オーラがあるんですね。何か光っているんですよ。ミニゲームをしても,漢宰が入ることによって,そのミニゲームが締まってくるんですね。「さすがだな。やっぱり,Jリーガーは違うな」と思うんですね。
 金剛山歌劇団では,いま3人,俳優として頑張っています。まず黄裕順(ファンユスン)ですが,彼女は広島市出身で,舞踊をやっています。この度の公演でも多分主人公役をしていたんじゃないかと思います。李康樹(リカンス)は歌手ですが,高校時代は一番背が高かったんですね。共和国に行っても,背が高くていい男ですから,ものすごい人気があって,カラオケなんかで彼が歌い始めると,若い人たちがどっと集まってくるそうです。そして,3人目は民謡歌手で宋明花(ソンミョンファ)と言います。お子さんが生まれて産休をもらっていましたので,昨年の広島公演には来られなかったんですが,今年はたぶん来られるんじゃないかと思います。
 これは誰だかわかりますか。最近ちょっとテレビに出だしたんですが,名前は裵正明(ペジョンミョン)と言います。去年,フジテレビ系のドラマで,「不機嫌なジーン」というのがありまして,ちょい役をしていました。それから,去年の夏でしたかね,同じくフジテレビ系のドラマで若者向けの「ウオーターボーイズ」というのがありましたが,その時は準主人公役を演じています。見ておられた人もいるかもしれませんが,あのドラマの主人公は3人いて,彼はその次の4番目か5番目ぐらいの役をもらって出ていました。「ウオーターボーイズ」の撮影現場の話をたくさん聞かせてもらいましたが,近年の韓流ブームのお陰で,名前が裵勇俊(ペヨンジュン)の“裵”と同じだから,多分,その流れに乗って,自分が抜擢されたんじゃないかと,彼は言っていました。学生時代からそういうキャラで,人を笑わせるのが好きで,本当に面白い生徒でした。
 最後は,李和枝(リファジ)です。一時期,「オットギ」の子どもたちの指導で呉に通っていましたから,ご存じの方も多いと思いますが,去年まで「広島Pステーション」のパーソナリティーをしていました。今は出産と育児の方に専念しています。
 この他にもまだまだたくさんいまして,たとえばこの前のカシオワールドゴルフで4位になったプロゴルファーであるとか,博士号を取って最前線で活躍している研究者であるとか,あるいはファッションモデル,オペラ歌手もいます。変わったところでは,何年か前までうちの幼稚班で先生をしていたんですが,いまは大阪の舞台で,ミュージカル化された韓国ドラマ「大長今(テチャングム)」(邦題「チャングムの誓い」)の主役を張って,チャングム役を演じている卒業生もいます。
 どうして自分を紹介してくれなかったのかと言う卒業生がいるかもしれませんが,また機会があれば,紹介させてもらいますし,いろいろ応援していただければありがたいと思います。
 さて,時間の関係もあって,今までざーっと,これまでの流れだけ見てきましたので,その一つひとつの詳しい説明はできなかったのですが,教育内容について言えば,50年代・60年代・70年代までは帰国を前提にした教育内容だったと思います。いまはそういう言葉は出なくなっていますが,「北一辺倒だ」とか「教科書には北のことしか載ってないのではないか」とよく言われていました。でも,その当時の韓国は,政策として,在日の子どもたちの民族教育を念頭に置いていなかったし,日本で民族教育を始めて守っていく,あるいは権利の獲得や擁護の問題にしてもそうですが,そのための財政的な援助は共和国から始まったし,いまも援助してもらってるんです。ただ,この前(2月4日)の「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」の講演会の中で金舜植(キムスンシク)弁護士が話されていたように,韓国もごく最近になって,在日の民族教育の問題に目を向けるようになっています。
 しかし70年代の後半からは,帰国者が少なくなってきたんですね。私の同級生の中に,「祖国に帰って勉強するんだ」と言って,75年に帰国した友人がいますが,本当に勉強するために帰って行ったんですね。毎年一回,修学旅行で生徒を連れて共和国へ行っていますので,その度に会っているんですが,頑張っているようです。いま共和国では,金策(キムチェク)工業総合大学と金日成(キムイルソン)総合大学がIT部門で競ってるそうなんですが,本人は金策工業総合大学を卒業して,いま朝鮮コンピュータセンターでいい役をもらって,IT関係の仕事をしているみたいです。
 そして,80年を前後して,在日同胞の中で世代交代が起こってきた。70年代までは一世・二世がほとんどで,在日社会の主流を占めていたんですが,80年代を前後して三世が出てきて,三世が主流になってきたわけです。私も,年令は50歳を越していますが,三世です。うちの先生方を見ても,二世の先生は27名中3名しかいなくて,後は全員三世です。ですから,いまの民族教育は三世が三世・四世を教育しているという現状なんですね。民族教育は一世から二世,二世から三世,三世から四世へと受け継ぎ守ってきて,現状を迎えているんですね。
 教育内容が画期的に変わったのが1993年の教科書の再編成からです。根本的に日本に根づくことが前提になったからなんです。ですから,私たちが教科書を見ても,「こんなに変わったのか」と驚くほど変わってしまいました。正直に言えば,私が小学校の時に習った日本語は,朝鮮語で書かれた朝鮮文学を翻訳した日本語でした。日本語で書かれているだけで,朝鮮文学の翻訳文だったわけです。いまは,皆さんもご存じのように,日本学校の国語教科書の内容が,そのまま民族学校の「日本語」という科目に変わったと言ってもいいほど,日本の国語教科書の内容を取り入れていますし,「社会」にしても同様です。私たちの頃はほとんど日本の歴史というのは習いませんでしたが,いまは日本の歴史という科目はないけれども,「社会」の中で日本の歴史を勉強しています。このように,日本の社会に適用できて,しかも世界に羽ばたくことができるような,そういう教育内容に変わってきたんですね。
 もっと変わったのが,2000年度に入ってからです。つまり,6・15以降なんですね。北南両首脳が会ってからまた教科書が変わりました。先ほどもちょっと触れたんですが,それまでの教育内容が“北一辺倒”という認識はありません。でも,2000年度に入ってからは,教科書の内容が北南統一後の年代を見据えていると言いますか,北と南,それぞれの内容を自然に取り込んだものになっています。例えば,それまでの教育内容を否定するという意味ではないんですが,私たちが60年代に小学校に通っていた時の韓国の写真は朝鮮戦争直後の写真が多かった。子どもたちが新聞を売っていたり,靴磨きをしていたり,そういう暗い感じの写真が多かったんですね。でも,いまの教科書の中には,現在のソウルの街並みとか,ソウル大学の写真があったりとか,世界的に見ればいまの韓国はIT部門では世界のトップを行っているとかですね,ありのままの韓国が書かれています。「朝鮮半島は1つだ」という物の見方に立った教科書に変わってきたわけです。これは「歴史」もそうですし,「社会」も同様です。そういう意味では画期的な教科書に変わってきたんじゃないかと思っています。

 さて,広島で民族教育が始まってから60年の歴史を駆け足で見てきたわけですが,この間,広島県においては他の都道府県にはない日本の先生方との友好・連帯のもとに,ともに闘い,さまざまな権利を勝ち取ってきました。私は,これがやっぱり他の都道府県にはない特徴と言いますか,これまでの民族教育擁護の歴史の中で,大切な部分がそこにあるんじゃないかと,資料を見ながら考えました。何度も言いますように,今年は60周年を迎える年になっているのです,私たちも,今年は広島の民族教育が転換期を迎える年になるのではないかということで,頑張ろうと話し合っているところです。いま私たちは,システムを変えるべきところは変えて,そして守るべきものは守っていきながら,新たに同胞社会だけでなく日本の社会にも認められるよう求められているわけですが,その中で,自分たちにできるものは何かということをいま模索しているところです。これからも民族教育をもっともっと発展させていくためには,どうしても朝鮮学校の位置づけの問題を解決しなければならないんですね。例えば,最近保護者会の中で話が出てきているスクールゾーンの問題もありますし,諸権利の問題,そして寄付金の問題等々,いろいろな問題がかかわってきますが,今年1年をかけて,糸口を見つけるために全員態勢で取り組んでいこうと決意しています。朝鮮学校を巡る情勢と言いますか,現状は確かに厳しいわけですが,以前はもっと厳しかったはずです。解放直後に朝鮮学校ができた当時もそうでした。そういう中でも朝鮮学校を守り発展させてきた,そういう民族教育の神髄を私たちが受け継ぎ,それをまた次の世代に渡してやりたいという気持ちで頑張っているところです。
 今日は,映像を観ていただきながら,簡単な説明しかできなかったんですが,これで終わりたいと終わります。どうもありがとうございました。
                                       (2006.2.16,呉市・阿賀公民館にて)