◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【江田島町部落解放研究会5月例会 ~ 2004年】



民 族 差 別 に 抗 っ て


(呉朝鮮問題研究会代表   横 間 洋 海)



  この3月に退職しまして,現在はいわゆる“サンデー毎日”状態です。朝から晩までどこにも行かず,ハングルの翻訳をしたり,下の娘に時々頼まれる英語の翻訳や日本語の英訳を手伝ったりしながら,疲れたらすぐに横になり,目が覚めたらまた辞書を引き始めるという,そんな時計の要らない,ゆっくり,のんびりした毎日を過ごしています。退職したら晴耕雨読の生活を楽しみたいなどと言ってはいたのですが,家のすぐ側にある畑にすらまだ一度も行ったことがありません。この調子だといつまでも百姓ができないんじゃないかと思っています。

 この前,岡田先生から電話をいただいた時に,日朝関係なども含めて朝鮮半島情勢について話してもらえないかという話もありましたので,最初にちょっと触れておきたいと思います。
 先月の23日から26日までの4日間にわたって第3回6者協議が開かれました。最終日に出された「議長声明」によると,①朝鮮半島非核化の目標に向けた意思を再確認,②可能な限り早期に作業部会を開き,非核化の「第一段階の措置」(核施設の凍結)の範囲・期間・検証と対応する措置(凍結の見返り)を定める,③次回協議を9月末までに北京で行なうなどが確認されたということです。要するに第1回6者協議からの懸案であった「検証を伴う核の凍結とその見返りとなる補償措置」の問題を巡ってアメリカがその必要性を容認したので,次回作業部会からは実質協議ができると言っているんですね。しかし,6月25日付の「ニューヨークタイムズ」がかなり辛辣にコメントしていますが,アメリカは自らが追い込まれた窮地から何とか抜け出したいという思いだけで今回の提案をしているのですから,私にはアメリカが真に解決を願っているようには到底思えないんです。

  「ブッシュ政権がこの提案をしたのはそうせざるを得なかったからだ。北朝鮮の核
  問題を軍事的に解決するという選択肢はない。悲惨なイラク戦争の後ではなおさら
  だ。北朝鮮への見返りを拒めば,日本,韓国,中国が,代償なしに北朝鮮に支援や
  保証を与え始めるだろう。そうなれば,北朝鮮が核兵器を製造する間,米国は何ら
  効果的な対応を取らなかったという非難を招くことになる。脅威を取り除く現実的
  な計画を提示したことはブッシュ政権の信頼につながる。遅すぎなかったことを望
  む」

 6者協議の到達点は最初からはっきりしています。つまり,「共和国が核兵器の開発を放棄し,アメリカは共和国に対して先制攻撃をしない保障を与えること」です。しかし,「どの道を通って到達点に向かうのか」を巡って,朝米間に深刻な対立があるわけです。アメリカはこれまで一貫して,共和国が核の完全放棄を先行しない限り,安全保障もしないし,経済補償もしないと主張してきましたし,共和国は,朝米双方が最大の敵対関係にあり,しかも信頼関係がない現在の状況では実現不可能なことで,アメリカの共和国敵視政策が変化しない限り核を放棄することはできないとして,「同時行動原則に基づく一括妥結」を主張しています。

 アメリカが共和国の「先核放棄」を求める最大の理由は,共和国は信用できない,いつ合意を破棄して核開発を再開するか分からないというわけです。だから今回のアメリカの提案も,たったの3ヶ月という準備期間内に4つの事項を履行した場合にのみ重油の提供,つまり補償措置をアメリカを除く関係4ヶ国がしてやるよと言っているだけで,「先核放棄」を求める立場は基本的には変えてないんですね。
 それでは,共和国はどうかと言うと,アメリカが対朝鮮敵視政策を放棄したと判断し得る共和国の基準は,①共和国を攻撃しないという不可侵の保障を共和国が信用できる方式で提供する,②朝米間の外交関係が樹立される,③アメリカが共和国と日本や韓国を初めとする他国との経済取引を妨害しない,という3点ですが,特にはアメリカの不可侵保障がない限りは,核放棄に向けた実質的な協議には入らないよと言っているわけです。
 とにかく朝米双方が相手を全く信用していない。外交交渉というのは深謀遠慮ばかりで私たち素人には理解しがたいところがいっぱいあるのですが,それでも敢えて言わせてもらえば,私は,イラク戦争の場合でもそうですが,アメリカこそ信用できない国だと思っています。例えば,日本のマスメディアはほとんど報道していないんですが,朝米基本合意を一方的に破棄して約束違反を平気で繰り返しているのはアメリカなんですね。ご存じだと思いますが,朝米基本合意というのは1994年10月に共和国とアメリカが調印したもので,大ざっぱに言えば,核査察受け入れの段取りを明記し,共和国の核開発凍結と関係改善への道筋を定めたものですね。査察受け入れの見返りにアメリカなどがプルトニウムを抽出しにくいとされる軽水炉型原発を2003年までに提供する,軽水炉完成までの代替エネルギーとして重油を年50万トン提供するというのが主な内容でした。ところがアメリカはその約束を次から次へと破っていった。
 先ず,軽水炉の問題ですが,昨年までに終わったのは軽水炉建設のための基礎工事と周辺整理だけで,いつ完成するのかという見通しすらつかない状況だったにもかかわらず,12月から50万トンの重油供給の中断を決定し,現在は建設工事そのものも中断されています。そもそも基本合意に違反したのは2003年までの軽水炉の提供を約束したアメリカの方で,重油提供は援助でも協力でもなくて,共和国が原発を凍結するのに伴う電力の損失を補償するためのアメリカの義務事項だったはずですね。この重油提供の中断を受けて,共和国が電力需要を満たすために核施設の再稼働を表明したわけですが,アメリカはそれを「北の威嚇だ」とか「北が合意違反をしている」と言い立てる。そして日本の政府・自民党はもちろんマスメディアまでが悪のりして,一方的な報道を繰り返し,共和国の脅威なるものを煽り立てるという図式になってしまっています。
 基本合意の第2条では,朝米双方は政治・経済関係の正常化に向かうことが合意されているのですが,合意成立後も一貫して共和国に対するアメリカの経済制裁は続いていますし,それどころかブッシュが政権を握ってからは対朝鮮政策の再検討を口実に対話を一切中止しただけでなく,「悪の枢軸」と名指しし,明らかに関係悪化へと方向転換しています。
 第3条では,アメリカは共和国に対して核兵器を使用せず,核兵器による脅威を与えないと約束しています。ところがこれについても,皆さんも覚えておられると思いますが,アメリカは安保上憂慮すべき対象に対して先制攻撃を行なう権利を放棄しない,先制攻撃手段の範囲には核兵器が排除されないとして,その対象に共和国も含めたんですね。
 さらに第4条関連の核査察問題では,共和国は軽水炉が完成・納入され,稼働できるようになった段階で核査察を受けることを約束していたのですから,その意味では査察を受ける必要のない共和国に対して,早期査察を受けない共和国は合意違反だと言い立ててきたのです。
 このように見てくると,共和国が同時行動原則を一貫して主張してきたことには,少なくとも私には納得できるし,今後の6者協議の成否はひとえにアメリカの出方にかかっていると考えざるを得ないわけです。

 かつて,日本政府の要人がアメリカが共和国と平和条約を締結して国交を正常化してくれたら困る,そうなったら日本が共和国から攻撃されても,アメリカが日本を守ることができなくなるという主旨の馬鹿な発言をしたことがありますが,とんでもない話です。本当に共和国は脅威なんでしょうか。日本という国は元寇を除けば被侵略の時代は一度もなくて,後は侵略の歴史ばかりですが,少なくとも韓国や朝鮮,つまり朝鮮民族には被侵略の歴史はあっても侵略の歴史は皆無です。そんな民族が他国に一方的な攻撃を仕掛けると思いますか。
 よく共和国の核が問題にされるのですが,電力事情の逼迫した共和国において,水力と火力だけでは増大する電力事情を賄いきれないことは周知の事実です。その上,6者協議に参加している他の5ヶ国はいずれも「原子力の平和利用に関する権利」を享受しながら,国内で多数の原子力発電所を稼働させている。それだけに,共和国にだけこの平和利用の権利を否定するというのは,食糧難とエネルギー難に苦しんでいる共和国民衆の状況を全く配慮しない,きわめて非人道的な姿勢と言わざるを得ないとは思いませんか。もちろん,原発から出る使用済み核燃料を再処理すると,核爆弾の材料になるプルトニウムが抽出されるのですが,朝鮮が保有しているとされているプルトニウムは,最近変更されたアメリカの推計によっても,多くて核爆弾8個分です。それに比べると,日本国内に貯蔵されているプルトニウムは核爆弾にして162~421個分と言われています。日本のプルトニウムは安全で,共和国のプルトニウムは危険だと断定する根拠は一体何なのでしょうか。
 アメリカが新たに持ち出した「高濃縮ウラニウムによる核開発疑惑」についても,韓国情報機関によっても,共和国には高濃縮ウラニウムの製造に必要な高性能の遠心分離機を生産する能力はないと判断されていますし,仮にパキスタンなどの協力でその能力を持ったとしても,核爆弾を一発製造するのに必要とされている約50キログラムの高濃縮ウラニウムを得るには,その根拠などは省略しますが,1670個の高性能遠心分離機を1年間フル稼働させなければならない計算になります。当然,膨大な量の電力が必要になります。今の共和国の電力事情でそんなことが可能だと思いますか。

 日朝関係で言えば,先ほどもちょっと言いましたように,日本のマスメディアでは事実が一切報道されないで,逆に朝鮮脅威論だけが煽られているのですから,日本の世論がどっちへ向いていくのかは明らかですね。
 例えば先月の1日と2日に,今年から広島朝鮮学園中級部・高級部の女子生徒の夏用制服に,チマ・チョゴリ以外にもブラウスとスカートの第2制服も導入されるという報道が相次いでなされました。このことは昨年度のかなり早い時期から決まっていたことではあるのですが,「拉致事件で反共和国感情が高まり,チョゴリは目立って危険」というのがこの第2制服導入の理由です。お配りしている資料にもありますように,かつての“パチンコ疑惑”“核開発疑惑”などの時と同じように,日朝関係が緊張している時には必ずと言っていいほど,朝鮮学校の,とりわけ女子生徒が暴言・暴行などの標的にされ,被害もたくさんでているんですね。
 国立大学受験資格問題も同様です。文科省によれば,現在日本にある外国人学校は40校。学校の設置形態で言えば,学校法人校5校・準学校法人校23校・財団法人校4校・無認可校8校ですが,今回は財団法人校・無認可校は認められたのに,準学校法人校である朝鮮学校が除外されました。当初,文科省は朝鮮学校にも大学入学資格を認める方向で検討を進めていたそうですが,昨年9月の日朝首脳会談での拉致問題を契機に広がったバッシングを利用した自民党など政権政党の一部に認可反対論が強まったことから,そうした反対論に配慮した結果だと言われています。
 日本の現状については,お配りしている呉朝問研総括の中でいくらか私たちの考え方,あるいは立っている位置については触れていますので,後で見ておいてほしいと思いますが,拉致問題について言えば,先に平壌宣言に反した行動を取ったのは日本です。拉致を肯定するつもりは毛頭ありませんが,日本は国際外交のルールから言えば,少なくともあの時点では,5人の拉致犠牲者を共和国に帰さなければならなかった。それにもかかわらず,約束を一方的に破棄して日本にそのままとどめたのですから,ある意味ではそれ以降の共和国の主張は間違っていないわけです。
 日本は拉致問題の解決なしには日朝交渉の再開はあり得ないという立場を取り続けているのですが,宣言を見ていただければ分かるように,これこそ「平壌宣言」違反以外の何ものでもないんですね。異論はあるかも知れませんが,日朝両国は平和条約の締結はもちろん関係正常化ができていないのですから,その事実だけ見れば日本と共和国は今でも戦争状態にあるとも言えますし,ましてや日本は共和国を国として認めていないのですから,その間に起こった拉致問題についても国交正常化交渉を進める中で解決されるべき問題だと私は考えています。
 今日の曽我さん一家の再会の問題もそうですが,日朝国交正常化の問題が小泉政権・自民党政治の延命に利用されるのは我慢ならないところがあるのも事実です。しかし,たとえば今回の小泉再訪朝もそうだったように,結果としては日朝の関係正常化に向けて前進はしている。その意味では一日も早く正常化交渉を再開し,平壌宣言の具体化を図ってほしいと願っているところです。

 さて,朝鮮半島情勢を巡る話がちょっと長くなりましたが,私と在日朝鮮人生徒との関わりについてもう少しだけ話をさせてください。
 在職中に皆さんからよく聞かれたのが,横間は何で朝鮮人差別の問題に取り組むようになったのかということでした。その時その時でいろいろな答え方はしてきたのですが,きっかけは何と言っても呉朝問研との出会いしかないです。呉朝問研の発足時の名称は「呉在朝研」(呉・在日朝鮮人の子弟の教育を考える研究会)でしたが,発足は1972年です。この時中心的な役割を果たしたのは,音戸高校に勤務しておられた加藤貫二先生です。自分のクラスに在籍している在日朝鮮人生徒にどう取り組んだらいいか分からなくて,当時阿賀にあった広島朝鮮第2初級学校を訪ねていって助言を求めたのが呉朝問研発足の契機になったと聞いています。私は1968年4月の採用ですから,この時はすでに教員にはなっていたのですが,呉朝問研との出会いはずいぶん後になってからで,教員になって15年目の1982年でした。その前年に大柿高校から音戸高校に転勤していて,この年は呉地区高同教の庶務をやれということになりまして,それに伴って第2初級学校との窓口を担当することになったのがそのきっかけです。
 活動は大体木曜日の午後3時半からだったと記憶していますが,毎月1回第2初級学校で月例会が行なわれていました。ウィークデーのそんな時間から活動ができていたのは,当時は呉在朝研への参加が出張扱いになっていたからで,私は呉地区高同教の窓口ですから当然,毎月例会に参加しなければならなかったわけです。
 月例会はもちろん参加各校の取り組み報告などもあったのですが,メインはチュチェ思想の学習です。金鍾九校長が毎回学習資料を準備して講義・解説をしてくれていました。朝鮮問題にとんど関心のなかった当時の私にとっては,この時間は苦痛な時間とは言わないまでも,本当に退屈な時間で,よく居眠りしていたものです。
 そんな状況で呉地区高同教の窓口担当者としての一年は終わったのですが,音戸高校の同推係の役割分担の関係で,1983年度も呉在朝研の一員としての活動を引き続き継続することになりました。
 ところが,もう覚えている人は少なくなったかも知れませんが,この年に呉地区では初めて,在日朝鮮人生徒の就職差別事件・就職試験受験拒否事件が起きました。呉工業高校の2人の在日朝鮮人生徒が国籍を理由にして,それぞれ愛知県と呉市の企業から「受験を遠慮してもらいたい」という形で就職試験の受験を拒否されたわけです。当時の呉地区各校は在日朝鮮人生徒に対する進路(就職)指導にあたって,学校・保護者・当該生徒の三者で話し合いをする中で,ほとんどの場合,就職後に問題が起こらないことを願って,事前に国籍等を明らかにした上で,企業に受験の可否を意向打診するというやり方をしていました。
 呉工業高校から問題提起を受けた呉地区高同教は早速問題解決に向けた取り組みを模索するんですが,一番の障害が差別企業に対して直接取り組むことができない教職員の意識の問題でした。どういうことかと言うと,企業の誤りを糾し,裁判に訴えてでも受け入れを認めさせるという闘いができないわけです。この時の呉工業高校の場合もそうでしたが,もしそんなことをしたら,次の年からその企業からの求人が来なくなることを恐れたんですね。仕方なく次善の策をということになるのですが,その結果,職業安定所からの企業指導を強めてもらう,そのために高同教として職業安定所に対する働きかけをする中で,その手始めとして職業安定所との合同学習会がスタートしました。その学習会には高同教側は研究部員が参加したんですが,学習資料はほとんどこちらが準備しなければならないのですから大変でした。呉在朝研のメンバーでもあった研究部員が中心になって,あちこちに相談しながら資料づくりをしたことを今でも覚えています。
 この就職差別事件に取り組んだことが契機になって,呉地区では翌1984年度に県内最初の朝問(文)研顧問会議が発足します。その時の名称は「外国籍生徒教育専門部」でした。
1990年度に「在日朝鮮人生徒教育専門部」に改称されましたが,1992年度からは県高同教に朝問(文)研顧問代表者会議が位置づけられたことに伴って,呉地区でも「朝問(文)研顧問会議」に改称されて現在に至っています。私自身について言えば,1984年以降は校務分掌の関係もあって,この新しく設置された呉地区高同教・朝問(文)研顧問会議のメンバーになったことは一度もないのですが,それからも高同教からの参加要請を受ける中で,その後少なくとも3年間くらいは,顧問会議にも職安との学習会にも一回も休むことなく参加し続けることになりました。一方呉朝問研でも,活動内容や役割分担をはっきりさせるために作ったばかりの規約に基づいて,1984年度当初から事務局体制を整備することになるのですが,その中で何故か私が事務局の世話をすることになり,そして4年後には代表を務めることになったわけです。
 1986年に広島県で初めて「日本高校在学朝鮮人学生サマースクール」が開催されることになりました。その年のサマースクール会場は「みろくの里」だったのですが,私たち日本人教職員も青年同盟との連携を図る中で,計画・立案の段階からサマースクールに関わることになったんです。私も,青年同盟の指導員と連絡を取り合いながら朝鮮人生徒に参加を呼びかけましたし,サマースクールそのものにも参加しました。そしてそこで,朝鮮人同胞との出会いの中で見る見る変わっていく生徒たちの姿を目の当たりにすることになるわけです。この時はもの凄いショックを受けました。私たちが日頃どんなに努力してもほとんど胸襟を開いてくれたことのない朝鮮人生徒が,初めて出会ったトンムたちの中で,しかも私たち日本人教職員の前で,被差別体験なども含めて,自らの“在日”に正面から向き合って本音を語り,怒りや不安,決意表明をクホ(口号)しているんです。
 参加した生徒の感想文は今でも忘れられません。確か清水ヶ丘高校の生徒だったと思いますが,そんなに長いものではありませんので,ちょっと紹介してみます。


 私は,今回のサマースクールは初めてです。来る時は,とても不安で初めは知らないトンムばかりだったのでやっぱりいやだったし,来るんじゃなかったなぁって思っていました。でも,少しずつトンムができ,このトンム達みんな朝鮮人なんだと思うと信じられない気持ちとすごくうれしい気持ちでいっぱいになりました。
 このサマースクールで私はたくさんの事を学びました。というか,考え方を180度変えてくれました。来る前の気持ち……「朝鮮」という言葉を聞くだけで胸がドキドキして,変な気持ちになって,みんなに知られるのがすごくとってもこわかった。授業なんかで同和教育を勉強しているときなんか,朝鮮のこととかが出るとすごくいやで「自分は日本人だ。朝鮮人なんかじゃないもん」って思いながら受けていました。でも,ここへきて,こういう考えを持っていた自分がとても情けなく思いました。そして,これから朝鮮人としてりっぱに生きていこうって思ってます。それに,朝鮮という国はすてきできれいでとても良い国で,いい人優しい人がたくさんいて,とっても好きになりました。トンム達みんなが団結をしてクホをやった時,協力・団結し合った大運動会,いっしょにみんなで食べたバーベキュー,そして,最後のキャンプファイヤー,どれもこれも感激・感激の一言でした。それに,朝鮮を好きになった自分自身にもとてもうれしいです。
 今から直面する就職・結婚のこと,これが一番の不安でした。でも結婚なんかでも,アボジが「朝鮮人じゃないと結婚ささん」とかって言うけど,やっぱ日本にいて日本の学校に通ってて,日本人を好きになるのはあたりまえで,そういうアボジの言葉が全然理解できませんでした。でも,今は,自分で「結婚するんだったら,朝鮮人の人と」って,今思ってます。就職も2学期から就職試験とかがあります。でも,いっしょうけんめいがんばっていこうと思います。


 その後私は,何が彼や彼女にそうさせるのか確認したかったし,朝鮮人として生きることを決意して,それをクホで表現している生徒たちの姿が見たくて,勤務校の朝鮮人生徒の参加の有無に関係なく,ほとんど毎年のようにサマースクールに参加することになりました。
 その頃の青年同盟の呉地区担当指導員が阿賀のボランボンの息子さんの全成烈さんでした。ある日成烈さんから私の所に電話があって,呉商のHがサマースクールに参加してもいいと言っているので,呉商の方に連絡を取ってHがサマースクールに参加できるように,学校からの引率の有無なども含めて,きちんと確認しておいてほしいということでした。そこで私としては早速呉商の同推係に電話して話をするんですが,全然話が通じない。そんな生徒はいないというわけです。当時は呉地区ではある程度朝鮮人生徒の把握ができるようになっている時期でしたから,これはショックでした。それでも,すぐに呉商の方でいろいろ確認作業をしてもらって,Hがサマースクールに参加できるように手を尽くしてもらったのですが,結局は直前になって本人が参加を拒否したんです。
 その翌年,私は呉商に転勤することになるんですが,Hは2年生になっていました。私は早速無理をお願いしてHの在籍クラスの副担任にしてもらいました。副担任になったら何とか取り組みのきっかけが作れるんじゃないかと思ったんですね。すぐに朝鮮奨学会の奨学金の受給を勧めるために,家庭訪問をしました。家に行ってみると,家にはコムシンのミニチュアが飾ってあったり,商銀のカレンダーがかけられている。家が呉市内なら商銀のカレンダーも分からないことはないのですが,彼女の家は江田島です。普通に考えたら地元にはない商銀のカレンダーなどが飾られているなんてことは考えられないのに,それがあるのですから,少なくとも家では朝鮮人として生きているんじゃないかと思いました。そして話をしているうちに,いろいろなことが分かってくるんですね。家に友だちが来る時には,朝鮮人だということが分からないようにコムシンのミニチュアや商銀のカレンダーなどはみんな隠しておくんだとか,キムチが嫌いで食べたくないんだが,食べなかったらアボジが許してくれないので,キムチをお茶で洗って食べているんだとか言うんですね。まぁ,そこからHとのつきあいが始まったのですが,本当にいろいろなことがありました。その後のHについては今宮原高校にいる高橋先生が広高同教大会でレポートしました。この年にサマースクールに参加して以降,少しずつ変わっていきまして,結局カミングアウトはしなかったのですが,卒業時点では何が何でも隠すということはなくなっていました。

 1987年度のサマースクールは志賀高原で行なわれたのですが,広島県からもかなりの数の朝鮮人生徒が参加しました。呉地区からは2人で,一人は先ほど話をしたH,もう一人は阿蘇サマースクール以来2度目の参加になる豊栄高校のFでした。そして,サマースクール最終日の県別討論集会で,Fが「2年前に阿蘇から帰って,周りを見たら熱が冷めて,宣言はもちろん,何もする気がなくなってしまった。だから今年は,今までクホをする気にならなかった。でも今年こそは,呉に帰ったら,本名宣言の問題も含めて頑張りたい」という主旨の決意表明をしたんです。私はその時,精一杯の大きな声を出して,クホをやりきったこのFを支えることができる場を何とかして作りたいと考えました。そこで思いついたのが在日朝鮮人生徒学習会「オットギ」です。その年の11月14日に第1回「オットギ」を開催すべく,呉朝問研主催で呉地区各校に参加を呼びかけました。しかし,結局は10名程度の教職員が参加しただけで,朝鮮人生徒の参加は得られませんでした。
 今度は,半年後の6月11日に第2回「オットギ」の開催を計画しました。多分皆さんも覚えておられるのではないかと思いますが,1988年は外国人登録の一斉切替の年で,全国的に指紋押捺拒否者が続出した年でした。県内でもかなり多くの拒否者が出たのですが,呉地区では5月に新規切替登録に行った昭和高校のSが,係の対応に腹を立てて押捺を留保した,いわゆる「指紋押捺留保事件」があったんですね。私たちには何とかSを支えたいという思いがあったし,同時にSをオットギの中心に据えたいという願いもありましたが,この時はSを含めて2人の在日朝鮮人生徒と11人の教職員の参加が得られ,会はVTRを視聴してから,指紋押捺留保に至るまでの経過や思いについて,Sから直接聞かせてもらうことができたんですね。それ以降,第4回オットギからは高同教主催になりましたが,活動の中身や指導も含めて第2初級学校の先生方を中心に協力をいただきながら,参加人数は少ないながらも,3年前まで活動が継続してきたわけです。

 最後に,ハムケについて話してみたいと思います。ハムケをやろうということになったのは1993年のことです。ちょうどその前の年が「第3回広島県在日朝鮮人生徒交流会」開催の年に当たっていて,夏休みにその準備も兼ねて倉橋の長門解放塾で合宿をしたんですね。参加者は僅かに4人でした。それも朝鮮人生徒は昭和高校のKとGの2人だけで,後は第2初級学校の朴英美校長と私だったんですが,幸いなことにその時にKが腹決めしてくれたんです。
 呉朝問研で言えば,1990年以降,第2初級学校の創立40周年記念行事の開催を手始めに,立て続けにいろいろなイベントを計画・実施して,その取り組みを通して呉地域における朝鮮学校支援の和を広げている最中でしたし,行政も巻き込んだ民族教育権保障の取り組みが呉市内外でようやく認知され始めた時期でした。その頃の一連の動きについてはNHKテレビで1992年4月に「明日に舞う」というタイトルで全国放送されましたが,その過程で朴英美校長は朝鮮人児童の第2初級学校への転校に取り組んでおられたんですね。この児童の姉のCが当時は安芸南高校に通っていたのですが,友人2人と一緒にオットギに参加するようになって,Kとつながったんですね。1993年度に入ってトントン拍子に話が進んで,3月6日に阿賀小学校講堂で第1回ハムケの開催ということになるわけです。その時,Kは400人の参加者を前にして次のような挨拶をしました。


 私がはじめて「オットギ」に行ったのは,高2になってからです。日本の先生方の強引さに負けたという感じでした。しかし,行ってみると,これが面白くない。暗い雰囲気はするし,来ているのも2~3人。正直なところ,もう二度と行きたくないと思いました。でも,私の優柔不断な性格のせいか,先生方に言われると,ずるずると行ってしまいました。
 それに在日朝鮮人生徒交流会で,この「オットギ」の活動報告をしたり…。
 その後,先輩たちは卒業してしまい,「オットギ」は本当に誰もいなくなりました。どうして「オットギ」に参加しているのだろう。いつも,結局は先生たちの言いなりになって,いつもいい子ぶりっ子をして受け入れてしまう。自分の意思はないのか。とても情けなく,自分が嫌でたまりませんでした。でも,またずるずると「オットギ」へ行ってしまいました。
 でも高3になってからは,参加する理由が一つだけできました。安芸南高校からリミとユヘという友だちが来ることになったからでした。ただただその2人に会えるのが楽しみで…。
 ところが,ある日「オットギ」に行くと,「3月6日に発表会があって,それに出るのよ」。私は驚き,「えーっ」の一言です。それでも,また例の如く,ずるずると承知してしまい,練習し始めました。
 ある日,ソンセンニムに「シルギは,来ていても,楽しいのか楽しくないのか分からない」と言われました。私は,図星をつかれてしまった,見抜かれてしまってると,びっくりしました。でも,本当に自分でもわからなかったのです。「オットギ」に通っていても「アンニョンハシムニカ」って言えない。どうしてか言えない。他の人は言えるのに…。私は考えました。他の人は,自分が在日であることについて,自分の意志でちゃんと考えている。そして自分の意志で,舞踊に,歌に,チャンゴに夢中になってとりくんでいる。こんな中に自分がいるのはおかしい。私一人だけ違う。舞踊もチャンゴもむずかしくてできないし…。そんなことを考えていると,私は孤独感で一杯になってしまいました。
 そんなある日,用事で学校に行った時,つい先生方に「行きたくない」と言うと,先生方はいろいろと励ましてくれました。その中で心に残った言葉が「自分をアピールすること」と言われたことです。その日は,「アピールねぇ」と思いながら,そのまま練習へ行きました。その日練習に来ていたのは,私を含めて,たまたま2人だけでした。私は思い切って,今まで思ってきたことを話してみました。本名のこと,在日朝鮮人差別のこと,そして,私が練習へ来たくないこと。答えは出なかったけど,私には,友だちの「ただ一生懸命頑張るだけ」という言葉がとても深く,印象的でした。今までの自分になかったことです。
 アピールすること,つまり,私たち在日朝鮮人が存在していること,在日朝鮮人がどんな理由で,どんな思いでいるのか。そして,在日朝鮮人が今の日本の社会の中で,どのような状態におかれているのかをアピールすること。それは私たち在日にしかできないことで,その活動の場が「オットギ」だということに気づかされました。自分をアピールするために一生懸命頑張る。私は,今まで悩んでいたことが一気に吹き飛んだような気持ちになりました。
 アピールするのは良いことだから頑張ってみよう。自分を知ってもらい,そして仲間を知ってもらうのは良いことだから頑張ろうと思えるようになりました。今では,そのことをもっと早くわかっていればと思っています。私は,やっとそのことに気がついたのだと今実感しています。
 今日私たちは,これまで,皆さんに“韓国”“朝鮮”そして“在日朝鮮人”を一生懸命アピールしてきました。きっと何かを感じてもらえたものと信じています。今日は本当にありがとうございました。これからも精一杯がんばります。


 以上,私が呉朝問研に関わるようになってからの朝鮮人生徒との出会い,あるいは「オットギ」や「ハムケ」の発足の経緯,生徒たちの思いを紹介しながら,話を進めてきました。この間に私が朝鮮人生徒たちから学んだことは,在日朝鮮人生徒の自覚を促し民族の誇りを持たせるのは,言い換えれば民族差別に抗って在日をたくましく生き抜く子どもを
育てるのは,決して日本人教職員ではないということでした。日本人教職員の役割は,もちろん日本人だからできるということもあるだろうと思いますが,何よりもまず大切なことは,在日朝鮮人生徒を“つなぐ”ことです。もちろん,“つなぐ”ためには,極端な場合には生徒を騙すことが必要になってくることもあるし,保護者の変革を迫らなければならない場面も当然生じてくるだろうと思います。
 しかし多くの場合,日本人教職員は一度か二度の本人や保護者の側の“拒否”を理由に取り組みを諦めてしまったり,取り組まないことを正当化するだけに終わっていましたし,いわゆる“是正指導”以降の県教委の様々な策動の下で,子どもたちに寄り添うことが困難になっているのも事実ですが,それを口実に保護者や子どもたちの思いや願いを無視して,取り組もうともしない教職員があまりにも多くなっていることに危機感を覚えています。私たちの在日朝鮮人生徒に対する進路保障の取り組みの第一歩は,民族差別に対する“怒り”と子どもたちに寄り添い在日朝鮮人同胞とつなぐことであり,さらに民族差別に対しては,子どもたちと連帯して闘う行動力・実践力を持つことだろうと思います。子どもたちは教職員が差別に対して第三者の位置に立つことを決して望んではいないのです。その意味で,教職員が今何をしなければならないのか,是非とももう一度,みんなで再確認したいものです。
 最後にもう一人,くどいと思われるかもしれませんが,呉工業のRの声を紹介しておきます。


 自分たちのような在日朝鮮人生徒は,生まれたところは日本であり,日本の教育を受け,日本語を当たり前のように使い,日本人のようなふりをして生活しています。日頃,日本人生徒と接していて,朝鮮についての話が持ち出されるとドキッとし,その話題を避けようとすることを最初に考えます。
 皆さんだったらどうでしょうか。多分,同じように感じている人は少なくないでしょう。なぜ,こういう思いをしなければならないのでしょうか。
 私たちは朝鮮人としての誇りを持ち得ないまま,自分の民族と本名を隠し続けているのが現状です。
 僕が朝鮮人として素直に感じることのできる場所は数多くはありません。その中で,本当の自分として活動できる場所が2ヶ所あります。そのひとつが,呉地区の朝鮮人生徒同士の集まり「オットギ」です。もうひとつは,サマースクールのような大きな集まりです。
 そのひとつであるはずの「オットギ」には積極的に参加することもなく,自らに与えられた少ない時間さえも壊してきたような気がして残念でなりません。しかし,今年はサマースクールに参加して,いろいろ学んできました。このサマースクールで,「学校のこと」「将来のこと」「結婚のこと」など多くのことを語り合いました。この中で,これから生きていく上で,大きな“絆”となる同胞の親友ができました。この同胞との出会いで,“朝鮮人”を少しでも素直に感じられ,勇気づけられました。
 このような同胞との集まりの中での生き生きとした僕の姿は,学校の先生から見ても全く別人に見えたと思います。それは自分でも感じていることです。
 このような同胞との繋がりの中で,自分たちは直接“民族”に触れ,心を動かされ,熱い感動を味わい,これからの自分の生きる方向を見いだしていき,まずは,残り少ない「オットギ」に参加して,高校を卒業しようと思います。
 これから直面する問題は数多くあると思いますが,それについてみんなで討議しながら,意見交換をしていきたいと思います。