◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【広高教組国際連帯教育推進委員会訪韓報告会 ~ 2003年】


「 韓 国 平 和 学 習 」 に 参 加 し て

(広島県高等学校教職員組合   横 間 洋 海)



 今回の高教組「平和学習」参加は,私にとっては2度目の韓国訪問ということになります。修学旅行の引率も含めれば韓国を訪問する機会はこれまで何度もあったのですが,その都度いろいろな言い訳をしながら韓国訪問を拒んできてました。
 横間がこれまで韓国訪問を躊躇い続けてきた理由は何なのか。それは,今の時点で考えれば別になんでもないことのようにも思えるのですが,パスポートにまだ「共和国除外条項」が残っていた1989年も含めて,私が過去2回,朝鮮民主主義人民共和国訪問していたからに他なりません。その当時はまだ,共和国訪問のためのパスポートの取得も簡単ではなくて,ほぼ一日中別室に入れられて,訪朝目的やスケジュールなどについて根掘り葉掘り聞かれていましたし,そのほとんどは在日韓国人留学生でしたが,韓国で日本からの留学生がスパイ容疑等で逮捕されるという事件が続発していたんですね。ですから,韓国の政情等を考えるとどうしても,韓国に入国してから出国するまでの我が身の安全が守れるという確信が持てなかったのです。
 前回,共和国を訪問した時も,総聯の方々と何度かお話をする中でようやく大丈夫という確信を持つことができて,最終的には2度目の共和国訪問を決意したわけですが,出発ギリギリまで訪問すべきかどうか悩みました。この時は私の身の安全ではなくて,娘の身の安全を心配したんですね。私の次女は2年半ほど韓国に行っていて,日本語教師をしたり留学生をしたりして昨年8月に帰国したのですが,この時は娘は益山(イクサン)市の小学校で日本語教師のボランティアをしていたんです。ですから,私が共和国を訪問することでひょっとして娘の身に何かがあっったらどうしようかと本気で悩んだわけです。
 しかし,娘が帰国する前に一度は韓国を訪ねて娘の生活ぶりも見ておきたいと思って,昨年やっとの思いでゴールデンウィークを利用して韓国を訪問したのですが,金大中大統領が誕生して以来,韓国の政情は言うに及ばず南北朝鮮の関係や日韓関係も好転する中で,これまでの心配がまるで嘘のように極めて快適な3日間を過ごすことができたことが,実は今回の高教組「平和学習」参加にも繋がったわけです。
広高教組の平和学習は2000年度まで「沖縄平和学習」を続けてきたわけですが,取り組み開始10年の節目を迎えて,組合員の日本による侵略の歴史(事実)や朝鮮半島の文化などについて学習したいとの声を受け,2001年度から「韓国平和学習」が始められ,今回が3回目ということになります。本年度も,内容的には過去2回とほとんど変わっておらず,ナヌムの家,板門店(パンムンジョン),独立記念館,西大門(ソデムン)刑務所,安重根(アンジュングン)義士記念館などの訪問研修とホテル内での夕食交流会(学習会)を中心に研修計画が立てられました。一行は本部執行委員2名を含めて総勢19名で,8月18日(月)の午前9時30分に広島空港を出発しました。

<ナヌムの家>
 その日は,11時10分に仁川(インチョン)国際空港に到着してすぐ現地のツアーガイドの出迎えを受け,すぐにバスで<ナヌムの家>に向かいました。
 <ナヌムの家>というのは,太平洋戦争の末期に日帝によって性的犠牲を強いられた元日本軍「慰安婦」のハルモニたちが集まり,生活している場ですが,1992年に結成された<ナヌムの家>建立推進委員会が,元日本軍「慰安婦」のハルモニたちに生活の場を用意してあげようという趣旨から仏教団体及び各社会団体に募金活動を呼びかけ,1992年10月にソウル市内に開院されて以後,1995年12月にチョウ・ヨンジャ氏から寄贈された京畿道廣州郡退村面所8キョウンギドクァンジュグントゥェチョンミョン)在の650坪余の土地に建坪180坪(生活館二棟と仏堂及び修練館として使用する一棟)の老人居住福祉施設を新築したものですが,現在は850坪の土地に,1997年に開館した歴史館も含む300坪の施設があります。
 私たちは<ナヌムの家>に到着してすぐに,今年の「8・6ヒロシマ大行動」にも参加していた<ナヌムの家>日本人スタッフに出迎えられ,1号棟内の広間で姜徳景(カンドクキョン)さんの死を悼んで制作されたVTRを視聴し,ここで生活しているハルモニたちが毎週韓国語教室と一緒に受けている絵画教室を通して覚えた絵で韓国内で数ヶ所にわたって展示会を開催し,過去日帝時代の日本軍による「慰安婦」に対する蛮行の真相を歴史に残す活動をしていること,毎週水曜日には「韓国挺身隊問題対策協議会」が主管する日本大使館前での水曜デモを通して,日帝の日本軍「慰安婦」への蛮行を暴露し,日本が過去の歴史に対して誠意を持って謝罪するよう抗議していること等々,ハルモニたちの日常生活や闘い,願いや思いについて大ざっぱに学習した後に,日本軍「慰安婦」歴史館を非常に懇切丁寧な説明をしていただきながら案内していただきました。
 日本軍「慰安婦」歴史館は,挺身隊に対する正しい歴史観を持たせるための後の世代に対する案内役になるように,第1展示場から第6展示場に分けられ,ハルモニたちの遺品や絵,韓国の芸術家から寄贈ないしは提供された造形物,さらには歴史資料が整然と整理・展示されています。
 今回の訪問では,時間の関係などもあってハルモニたちに直接お会いしてお話を伺うことができませんでしたが,2002年現在,ナヌムの家には9人のハルモニが住んでおり,院長のノングヮン和尚をはじめ9人の常勤職員がこのハルモニたちと一緒に生活しているということです。

<板門店>
 19日(火)は,早朝からバスで板門店ツアーに出かけました。私にとっては3度目の板門店訪問ですが,これまでの2回は朝鮮民主主義人民共和国側からの訪問で,韓国側からの訪問は今回が初めてでした。板門店というのは改めて説明するまでもないのですが,韓国と共和国の境をなしている休戦ライン上の要地で,開城(ケソン)から東に約10km,ソウルから北に約50km離れた非武装地帯の中にあり,軍事境界線を跨ぐ形でプレハブの会議場が造られ,休戦会談や南北会談が開かれているところです。
 初めて板門店を訪れた日のことは今でも鮮明に覚えています。1989年8月15日(パリロ)に,当時の「南朝鮮全大協」代表の林秀卿(イムスギョン)さんが,文奎鉉(ムンギュヒョン)牧師とともに「軍事境界線」を歩いてわたるという,あの「歴史的瞬間」をテレビ画面を通してセイムタイムで,平壌(ピョンヤン)市内の普通江(ポトンガン)ホテルで目の当たりにしてからわずか2日後の,1989年8月17日のことでした。その時の状況等については,このレポートの後ろに資料として添付していますので,そちらを読んでいただきたいと思います。
 あれから既に10数年が経過し,金大中(キムデジュン)大統領以来の対北「太陽政策」(呼称については韓国が一段と高みに立ったところから命名したもので,決して受け入れることはできませんが)のもとで朝鮮半島情勢も大きく変化しているだけに,個人的には南北朝鮮の自主的・平和統一も近いのではないかという思いを持っていただけに,今回の板門店訪問でその思いは完全に打ち消されてしまいました。
 当日は,まず中区小公洞(ソゴンドン)にあるロッテホテルで板門店ツアー専用バスに乗り換え一路北へ,板門店へと向かいましたが,バスが出発するとすぐにガイドから,共同警備区域内ではジーンズ,半ズボン,Tシャツ,ミニスカート等々を身に着けている場合には見学ができないという服装についての注意がありました(共和国側から「堕落」しているとか「退廃」いるとか見られたら困るというのがその主な理由のようでしたが,私には無意味なことにしか思えませんでした。しかし,私たちの一行でもデニム地ではなかったにもかかわらず,遠くから見たらデニム地に見えるということで,身に着けていたパンツの上からスカートをはかされた仲間がいました)。
 服装規定についての説明が終わると,そこからはツアー終了まで,ここではその一つひとつについて論評する気は毛頭ありませんが,まさしく板門店ツアーガイドの一方的な反共和国のためのプロパガンダと,実際に自分で見聞きしたものではないし,何一つ客観的な裏付けもない,悪意に満ちた共和国に対するありとあらゆる中傷・デマのオン・パレードでした。そんなガイドの一言ひとことで,私の気持ちは確実に,どんどんどんどん落ち込んでいきました。共和国の生活状況や政治状況についてありとあらゆる罵詈雑言を投げつけ,共和国がいかに好戦的な国であり,どれだけ恐ろしい国であるかと,これでもかこれでもかと押しつけてくるのです。10数年前に私が感じていた南北分断状況は好転どころか,ますます悪くなっているとしか思えませんでした。
 私たちのバスには,修学旅行生でしょうか,島根県の中学生も何人か乗っていましたが,彼や彼女たちはあのガイドの説明をどのように聞いたのでしょうか。おそらく,共和国はとても恐ろしい国で決して仲良くなれる国ではないと心に刻みつけられたに違いありません。こんな内容なら,絶対に修学旅行に板門店訪問を組み込む必要はないし,むしろ組み込むことは反教育的で,有害であると言わざるを得ません。
 しかしとにかく,バスは市街を外れると,漢江(ハンガン)から南北を分けて流れる臨津江(イムジンガン)に沿って北上していきますが,道路と河川敷の境には鉄条網の鉄柵が張り巡らされていたり,等間隔に置かれた監視塔を見ると,南北に対峙するこの国の厳しい現実を否応なく思い知らされました。バスは途中,一般の人の通行が許される統一路の最北端に位置する臨津閣(イムジンカク)統一公園に向かい,そこでしばらく休憩も兼ねて,臨津閣レストランの中の土産物店や公園内を三々五々散策をして30分程度の時間を過ごすことができましたが,そこからは臨津江を挟んで共和国側の国土もかなりはっきりと見渡すことができました。
 その後,バスは統一公園を出発して,非武装地帯に入る前の大きな橋(自由の橋)のたもとで停止させられました。そこで国連軍兵士からパスポートを一人ひとりチェックされます。パスポートのチェックが終わると,バスは橋を渡って,荒涼とした非武装地帯に入っていきます。道路の両脇の荒れ地の所々に赤い地に髑髏マークの付いた旗が下げてありますが,これは地雷原の表示です。
 バスは,やがて非武装地帯の国連軍駐屯基地であるキャンプ・ボニファスに到着し,ここで基地内の軍事専用バスに乗り換えさせられます。この基地の名前は1976年8月に起きたポプラ事件で殺害されたアメリカ軍のボニファス大尉から来ているということでしたが,ここより北の部隊は有事に備えるために車両エンジンは常にかけっぱなしで,1分以内に戦闘態勢に入れるようになっているとのことでした。
 まず最初に基地内のボーリンガー・ホールで,朝鮮戦争や休戦協定など板門店の歴史や意義の説明を受けます。そして説明が終わると,「訪問者(見学者)宣言書」なる日本語で書かれた1枚の文書が全員に配布されました。板門店見学上の注意事項が様々に書いてあるのですが,その前文の誇大妄想的な表現には呆れかえってしまいました。

  「…。敵の行動によっては,危害を受ける又は死亡する可能性があります。…。ま
  た,事変・事件を予期することはできませんので,国連軍,アメリカ合衆国及び大
  韓民国は訪問者の安全を保障することはできませんし,敵の行う行動に対し,責任
  を負うことはできません」

 こちらに来る前にちょっとは聞いていたのですが,実際にそれを目にすると,私は言いようのない不快感と苛立ちを感じずにはいられませんでしたが,とにかく全員が貸してもらった鉛筆でその文書に署名し(鉛筆で署名させるなんて,全く意味がない!),ゲストバッチを身に着けて,護衛兵士付の専用バスに乗り込みました。
 そして,いよいよ北緯38度線の共同警備区域(JSA)です。89年に共和国側から見た時には建設中だった「自由の家」も今はすっかり完成し,ガラス張りの立派な近代建築になっていました。この前でバスから降りるのですが,ここからは2列縦隊で歩いて行かなければなりません。共和国側からどんな風に見られるか分からないし,それが原因でいつ攻撃してこられるかも分からないから列は崩してはならないと厳重な注意があるのです。共和国側からの板門店訪問ではこんな注意をされたことはないし,行動も必要最小限なものを除いては制限された経験がなかっただけに,私はこれにはショックを受けてしまいました。
 「平和の家」の隣が展望台になっていて,そこから正面に,共和国「板門閣」が見え,その正面に,人民軍兵士がたった一人,直立不動で立っていました。また,共和国側の監視所が目前にあり,こちらを監視しているよう様子をうかがうこともできました。共和国側から訪れた時には,一行が休戦ラインに近づいた途端に国連軍兵士に何枚も写真を撮られたことを思い出しましたが,ここでは共和国側から写真を撮られるというような動きは全くなかったように思います。そんな時,ガイドが「勇気のある人は,向こう(共和国側)の施設や兵士の写真を写しても良いですよ」とか「決して向こうを指さしてはいけません。もしそんなことをしたら責任が持てません」,挙げ句の果てには「私はいつもこんな風にして皆さんをここに案内してきているので,もう完全に顔を覚えられています。もし町中で(人民軍兵士と)顔を合わすようなことがあったら,私は一体どうなると思いますか。本当に怖いと思ってます」等々,立て続けにまくし立てます。こんなことを聞くためにわざわざ一日かけて板門店を訪れたわけではなかったはずなのに…。もちろん,このようなガイドやガイドの説明が大多数の韓国民の思いからは完全にかけ離れたものであることは明らかですが,だからと言って,決して抑えることのできない怒りを感じたのは私だけだけではなかったと思います。
 両国の威信を示すように対峙している大きな建物に挟まれて,鮮やかな青ペンキで塗られた小さな平屋建ての建物が停戦会議場であす。この会議場の建物に半身を隠して,北朝鮮側に向かって微動だにしない兵士が警備していました。3棟ある青い建物の真ん中が,停戦会議を行った中央会議場で,この部屋の真ん中に大きな会議テーブルがあります。このテーブルの上には,前回ここを訪れた時までは,このテーブルを2分するようにマイクのコードが張られて北緯38度の休戦ラインが現されていましたが,今回はそのコードがなくなっており,マイクだけで休戦ラインが示されていました。
 停戦会議場を出て,次に共和国側が見える展望台に移動しましたが,この日は折からの雨で霧がかかり良く見えませんでした。それでも,ここから共和国側の「平和の村」がかすかに見えました。この村は北朝鮮が韓国に対して北朝鮮を宣伝するために作られた村で,そこには偵察兵士以外に一般人は一人も住んでおらず,毎日同じ時間に電気がついたり,消えたりしているというガイドの説明がありました。
 また,北の村から1.8kmしか離れていない韓国側にも「自由の村」があり,そこは戦争の以前から住んでいた住民の村で,現在230人ぐらいが農業を営みながら住んでいます。村民には納税や兵役の免除があるということでしたが,生活の制限を受け,農作業も兵士の護衛付きだそうで,「不自由」な生活を営んでいます。また,映画「JSA」でお馴染みの「帰らざる橋」も見えました。1953年の休戦以後,この橋で捕虜交換が行われましたが,捕虜交換の時いったん南か北かの方向を決めたら,二度とこの橋を渡って帰ることができないことから,この名前がつけられたのです。
 会議場の見学が終わって,またバスに乗って,キャンプ・ボニファスに戻った。そこにはお土産屋があって,様々な「板門店グッズ」が売られていました。中でも驚いたのは,鉄条網の切れ端が,4サイズくらいの額に入れてある飾り物です。南北を隔てる休戦ラインに張られていた鉄条網だそうです。
 とにかく,当たり前のことですが,国連軍の言うところの「敵」も不測の行動を起こすことなく,無事に非武装地帯から帰ることができましたが,何もかもが共和国側からの板門店訪問とあまりにも違っていました。国連軍の対応は,その全てが共和国に対する不信感から出発しているようです。それに私にはどうしても理解できないのですが,自国の国民ではなく外国人対して無意味な反共(反共和国)宣伝を声高に繰り返すで,大きな観光収入を得ているのです。一体,この板門店ツアーから得る莫大な観光収入は何に使われているのでしょうか。

<独立記念館>
 3日目(8月20日)には天安(チョナン)の独立記念館を訪問しました。
 ソウル五輪前年の1987年に完成した独立記念館は,総面積400万㎡という広大な敷地に造られています。ゲートを潜り,正面にそびえる「民族の塔」を過ぎて「民族の館」に着くまでだけでも600mもあるほどで,とうてい一日だけでは見切れないだけの展示物が第1展示館から第7展示館まで収蔵されています。
 この日私たちは,残念ながら時間の関係もあり,第2展示館から第4展示館までの展示を中心に見て回ることしかできませんでした。
 1982年の春に,日本の教科書が歴史的事実を歪曲しているとの報道で始まった「教科書問題」は本来,あれだけの国際問題に発展する性質のものではありませんでした。日本の政治家の国際感覚の欠如・不用意な発言が,事態を悪化させた大きな原因でした。
 問題が提起された時,韓国政府は水面下で日本と借款交渉を進めており,できるだけ事を穏便に済ませたいと考えていましたが,小川文相・松野国土庁長官(いずれも当時)の発言が韓国の柔軟姿勢を強硬姿勢に追いやってしまったのです。教科書問題の責任者であった小川文相は,その年の7月25日に日教組委員長との会談の中で,「(教科書問題は)外交問題といっても,内政問題だ」と発言し,韓国側の批判を内政干渉との立場から突っぱねる考えを明らかにしました。そして松野長官は,その同じ日に「韓国の歴史教科書にも誤りがあるだろう。例えば日韓(※ママ)併合でも,韓国では日本が侵略したことになっているようだが,韓国の当時の国内情勢などもあり,どちらが正しいか分からない。日本としてもきちんと調査すべきだ」と語っています。細川元首相がはっきり「侵略」と言った今では,こんな時代錯誤的な発言をする大臣は政治家として落第ですが,つい最近の麻生太郎・自民党政調会長のようにこうした発言をする人物は未だに後を絶っていません。
 韓国の新聞が7月25日,いずれも一面トップないし準トップでこれらの発言を「重大妄言」と報道し,これをきっかけに反日感情が一気に高まったのです。食堂には「日本人お断り」の張り紙が出され,日本人客の乗車拒否をするタクシーも出始めました。ソウルの日本大使館前ではデモも行なわれました。韓国政府は,国際的な問題になる前に日本政府が適当な措置をとることを期待していましたが,日本政府はその柔軟姿勢を「韓国は何とでも説得できる」と取り違えて受けとめていたのです。たまりかねた韓国政府は8月3日,これまでの柔軟姿勢を一転させ,前田利一・駐韓日本大使を外務省に呼び,抗議の覚書を手渡しました。
 全斗煥(チョン・ドファン)政権が予想以上に日本へ気配りを見せたのは,折から日本からの借款問題が大詰めの段階を迎えていたからです。朴正熙(パク・チョンヒ)大統領が暗殺された1979年にマイナス成長に転じた韓国経済は,やや回復の兆しは見せていたものの低迷を続けており,新しい資金の導入が必要でしたし,加えてその当時の韓国の反日運動はいつでも反政府運動に転ずる可能性を持っていました。光州(クァンジュ)事件(1980年)という,まだ癒えぬ傷を持つ全政権は,反日運動が反政府運動に変わることを極度に警戒していたのです。
 そこで韓国政府が打ち出したのが,「独立記念館」設立の国民への呼びかけでした。「日本に克ち」「植民地支配の苦難を二度と繰り返さない」ためにも,過去の歴史から学び,歴史を忘れないような記念館を造ろうとの呼びかけです。政治的には,反日感情の一種のガス抜きでもあったこの呼びかけは国民の共感を集め,短期間の内に数百億ウォンの募金が寄せられました。
 韓国の「独立」と言えば,日本からの独立のことで,反日的なものを集めた記念館になることは設立前から予想されていました。記念館の中でも,とりわけ日本支配時代の憲兵による拷問を蝋人形で再現したシーンは,韓国人ばかりでなく日本人にとってもショックです。そのため,開館されてからの相当期間,ここを訪れる日本人観光客はほとんどいなかったということです。

<学習会・夕食交流会>
 20日,独立記念から帰って,私たちの宿舎であるクラウンホテルで学習会と夕食交流会が行なわれました。韓国側からは中京高(チュンギョン)校の朴中鉉先(パクチュンヒョン)生と同校・歴史探究サークルの生徒2名,それに太平洋戦争被害者補償推進協議会の李煕子(イヒジャ)さんの4人に参加していただきました。
 朴先生と2名の生徒からは中京高校の歴史探究サークルの活動や最近出版されたばかりの『10代の若者たちの歴史レポート』の内容を中心に,李さんからは太平洋戦争被害者補償推進協議会の活動内容を中心に,それぞれお話をいただき,その後意見交流が行なわれました。
 意見交流会では政治問題も含めて様々な意見や質問が出されましたが,参加者全員が真剣に考え,真剣に意見を述べるという,本当に有益な時間になりました。因みに,私は前日の板門店ツアーで感じた思いや怒りをぶつけてみましたが,一般の韓国人は板門店訪問ができないこともあり,板門店ツアーの実態は全くご存じではありませんでしたので意見交換はほとんどできませんでした。しかし,問題提起の意味はご理解いただけたのではないかと思っています。
 ついでながら,『10代の若者たちの歴史レポート』については日本語に翻訳されたものがないために,その内容を広島県内は勿論,広く県外に紹介することは難しく,現在私の方で娘と協力しながら,翻訳作業をすすめています。早ければ年末までには完成するのではないかと思っています。

<安重根義士記念館>
 最終日(21日)は盛り沢山で,午後5時40分の仁川空港出発までに安重根義士記念館・西大門刑務所歴史館・景福宮(キョンボックン)・国立民俗博物館の4ヶ所を訪ねました。         
中でも安重根義士記念館については,わざわざ私たちのために開館時間を1時間ばかり早めていただき,何とか当初の予定通りの学習(参観)をすることができました。
 安重根は1879年9月2日,進士・安泰勲(アン・テフン)の長男として黄海道海州(ヘジュ)郡広石洞で(クァンソクドン)生まれました。17歳で洗礼を受け,キリスト教に入信。1909年10月26日に中国東北ハルビンの駅頭で初代の朝鮮統監・伊藤博文を射殺。その場で検挙され,旅順刑務所で処刑されました。日本では暗殺者ですが,韓国・朝鮮では殉国の愛国者です。
 彼は,伊藤を撃ったのは暗殺ではなく義兵としての戦いだと主張しました。獄中の所懐で,「今,東洋の大勢について言えば,その恥ずべき状態は最も甚だしいものがある。まことに記しがたい。いわゆる伊藤博文は,未だに天下の大勢を深く探ることをせず,残酷な政策を濫用している。東洋の全幅の将来が,魚肉の場を免れることは難しい。天下の大勢を慮れば,有志の青年らは,どうして手をこまねいて無策のまま座して死を待つことが可であろうか。私は以上のようなことを思って,ハルピンの公衆の面前で一砲を放ち,伊藤老賊の罪悪を青討し,併せて東洋の有志の青年らの精神を警醒させようとしたのである」と犯行の動機を述べています。
 伊藤は韓国併合につらなる1905年の「保護条約」を強行した責任者。明治の元勲ですが,韓国・朝鮮人から見れば祖国を奪った張本人です。その伊藤を暗殺した安重根は,日本ではテロリストですが,韓国・朝鮮では救国の偉人です。この違いを正しく理解することは両国の親善に繋がります。
 記念館には,安重根が獄中で書いた書がずらりと並べられています。

  「一日不読口中生荊棘 
    庚戊三月 於旅順獄中 大韓国人安重根」

と書かれた書は,単なるテロリストでない彼の人柄を現しています。書名と同時に手形が押してありますが,注意深く見ると,薬指が小指と同じ長さです。独立運動の血判書を書くために薬指を切断したためだということです。

<西大門刑務所歴史館>
 西大門刑務所は,1908年に「京城(キョンソン)監獄」という名前で開所し,抗日運動(韓国独立運動)をする人々が逮捕・投獄され,ひどい辱めを受けた所です。韓国で最初の監獄であり,最高収監数は3200名というもの凄い数であったと言われています。
 1912年に「西大門監獄」に改称し,1923年には「西大門刑務所」という名称になりました。戦後も刑務所として使用され,1945年「西大門刑務所」→1961年「ソウル矯導所」→1967年「ソウル拘置所」に名称が変わりました。1987年にソウル拘置所が京畿道儀旺(ウィワン)市へ移転することになり,現在の西大門独立公園(ソデムントンニッコンウォン)の場所が1989年に都市計画施設(公園)として決定されて以来1992年まで,ソウル市が大々的な整備・復元工事を行ない,「西大門独立公園」が誕生しました。
 現在は歴史と保存価値を考慮して獄舎7棟だけを原形のまま保存し,その中で獄舎3棟と死刑場は1988年2月20日に史蹟に指定された。死刑場の入口には1本のポプラの木が空高くさみしく立っていますが,死刑場に向かう死刑囚たちがこの木の前で痛哭したと言われています。そしてそのためか,この木は死刑囚たちの恨が深く染み込んだせいで育たないという話が伝えられていますが,その他にも第9・13獄舎,中央舎,ハンセン病舎,保安課庁舎,塀,望廬などが保存されています。
 1995年から西大門国立公園の史蹟地に対する聖域化事業が始められ,祖国独立のために日帝の侵略と残酷な蛮行に対抗して,激しい拷問を受けながらも,毅然として殉国した愛国先烈たちを追慕し,後世に朝鮮民族の自主独立精神を覚ますための歴史教育の場として新たに改装して,「西大門刑務所歴史館」として開館したものです。
 私たちはここでも,時間を気にしながらも,同所の日本人ボランティアから丁寧な案内をしていただき,期待した以上の学習をすることができましたが,個人的に言わせていただければ,今回の平和学習で訪れた中で一番強いショックを受けた訪問地になりました。
 他の訪問先については不充分ながらも予備知識を持っていたのに,ここだけはほとんど予備知識がなかったこともその大きな原因のひとつだろうと思います。しかしそれよりも,展示物が非常にリアルで,その上に音響(叫び声や悲鳴など)が実に巧みに利用されていることが,その最大の原因だろうと思っています。
 4年前に共和国の新川の戦争祈念館を訪れた時に受けたショック,昨年訪れたアウシュビッツで受けたショックと同様,あるいはそれ以上のショックをうけると同時に私たちがこれから果たすべき役割の重さを痛感させられました。

 以上,簡単に私たち広高教組「韓国平和学習団」が今回の研修旅行で訪れた訪問先について,その概要の紹介を報告してきました。ごく最近になって今日ここでレポートをしなければならないということを知り,やっつけ仕事でまとめてみたものです。 このレポートがひょっとして何かのお役に立つようなことが,本当に嬉しく思います。
 以上です。ありがとうございました。