◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【第2回人権啓発呉市民研究集会・第1分科会講演 ~ 1996年】



と も に 生 き る た め に


(呉朝鮮問題研究会代表  横 間 洋 海)



 失礼します。横間と申しますが,日頃は呉商業高校に勤務していまして,子どもたちと一緒に英語を勉強しています。
 早速ですが皆さんは,一体,「朝問研」とはどんな団体だと思っておられるのでしょうか。今日私に与えられました『ともに生きるために』という話に入る前に,呉朝問研とはどんなところかということをちょっとだけお話して,それから本論の方に入らせていただきたいと思います。
 呉朝問研については,今日お配りしています資料の中の最初の2ページに,新聞などで報道されたものを中心に多少載せていますが,それを見ていただいたら,私たちが今までどんなことをしてきたのかということはお分かりいただけるかもしれません。
 私たち「呉朝問研」の前身であります「呉・在日朝鮮人の子弟の教育を考える会」が発足したのが1972年。今から25年前になりますが,その当時音戸高校におられたある先生が,自分が担任をしているクラスにいる在日朝鮮人生徒にどう寄り添っていったらいいのかということでとても悩まれて,今もありますけれども,その頃阿賀にありました朝鮮学校,つまり広島朝鮮第二初級学校へ相談しに行かれた。そして,それがきっかけになって始まったのが「呉朝問研」です。在日朝鮮人生徒が在籍している学校の係とかクラス担任の先生方が,どうやって朝鮮人の子どもたちに寄り添っていったらいいのか一緒に考えようではないか,そのために,まず朝鮮の歴史や差別の歴史について勉強しようではないかということで発足したんですね。
 ただ,その当時は参加する学校はほんの4~5校しかなかったし,参加する先生方も10人にも満たない状況でした。それでも,その中で朝鮮学校の先生方の協力をいただきながら,自分たちの学校に在籍している在日の子どもたちが次第に民族性を喪わされていく現状を克服するために,本当に本気で考え,本気で勉強されていたわけです。その頃のエネルギーが,今の私たちの活動のエネルギー,活動の原動力になっているんだと考えています。私自身は「呉朝問研」に係わり始めて今15年目ぐらいですから,最初の頃のことはほとんど分からないのですが,いつの間にか,“お前が何とかせぇ”ということになりまして,この何年間か「呉朝問研」の窓口をさせていただいています。
 現在は,会則から言えば,こんな書き方をしています。つまり,「日本社会に現存する民族差別を克服し,在日朝鮮人生徒の進路を保障し,民主教育を推進していくこと」が私たちの目的なんですね。この目的を実現するために,毎月一回の定例学習会をやっていますが,その学習会を中心に据えて活動を継続しています。特にここ数年は,お配りしている資料の中にもあると思いますが,広島朝鮮第二初級学校に通っている子どもたちの民族教育をどう保障していけばいいのか,在日朝鮮人が在日朝鮮人の手で在日朝鮮人の子どもたちを教育する権利をどう保障していけばいいのか,そういう問題を解決しようということで,いろいろな取り組みをすすめてきました。もちろん,そのように在日朝鮮人の子どもたちの教育を考える際に,日本の学校に通っている在日朝鮮人の子どもたち,呉地区で言いますと小・中・高合わせて約100名いますが,その100名の子どもたちの進路をどう保障していくのかというようなところで,一緒に悩んでいます。

 
ところで皆さんは,呉市にどのくらい外国人が住んでいるかご存じでしょうか。先日たまたま,呉市にお勤めのある方から資料を見せていただいたのですが,それによると,呉市には,昨年4月1日現在で1417人の外国人が住んでいます。この1417人を国籍別に見てみますと,韓国人・朝鮮人が649人,ブラジル人が373人,フィリピン人が178人,中国人75人,タイ人16人,ペルー人15人という状況なんですね。韓国人・朝鮮人で言えば,全体の48.9%です。日本全体の平均値から見たら,呉市のこの数字はちょっと低いですね。ほとんどの自治体は,韓国人・朝鮮人だけで50%を超していて,大体6割です。
 ブラジル人とかフィリピン人については皆さんもご存じだと思いますが,最近は“ニューカマー”という呼ばれ方をされていますが,いわゆる“外国人労働者”として日本へやって来られた人たちですね。簡単に言えば,“出稼ぎ”にやって来ているわけです。ところが韓国人・朝鮮人で言えば,特に北朝鮮,朝鮮民主主義人民共和国は,日本との国交がないわけです。それにもかかわらず日本にたくさん住んでいる。国交がないのですから,日本に働きに来ているということは考えられない。“外国人労働者”にしても,日本で就労を認められているのは日系の人たちだけですから,その範疇からも外れている。
 それでは,先ほど言いました50%近い韓国人・朝鮮人がどうして日本に来ているのか,呉市に住んでいるのかということになります。梁東準という人が最近出された本で,『夢・いつも旬』(新幹社,1985年8月)という本がありますが,その冒頭で「『在日韓国・朝鮮人問題』とはいったいなんでしょうか?」と問い掛けられています。皆さんは,どうして70万人近い韓国人・朝鮮人がこの日本で暮らしていると思われますか。この問いに正確に答えられる日本人はあまりいないんですね。ましてや,韓国人・朝鮮人が今一体どのような問題を抱えながら生活しているのかということに関心を持っている人はほんの一握りに過ぎません。「在日」の世代が一世の世代から,もはや四世の世代になろうとしているにもかかわらずです。
 「『在日韓国・朝鮮人の問題』というのは,遠くすぎ去った過去の遺物ではなく,今を生きている日本人一人ひとりの問題でもあるのです。何故なら,李氏朝鮮末期の日本の侵略と植民地化,それに対する朝鮮の抵抗という両国の敵対関係の中から生じた問題だからです。そして,その問題の大半は解決されないまま,現在に引き継がれているからです」と,その本の中で書かれています。先日の打ち合わせの時にも市教委の方からどうしても歴史を喋ってほしいという話がありましたが,日朝関係史,日本と韓国・朝鮮の歴史を紐解くことなしに今の在日朝鮮人差別問題について考えるというのは難しいのではないかと思っています。そこで,私自身は先ほども言いましたように英語の教員で,歴史があまりよく分かりませんし,中途半端な喋り方をするとかえっていけないのではないかという思いもありますが,私の喋れる範囲内で多少時間をかけて,まず歴史を語ることから話をさせていただきたいと思います。

 明治の権力者たちは,日本の近代化と帝国主義的発展を果たすために,国内的には江戸時代の部落差別を温存し,利用していきました。そうすることによって天皇を頂点とするピラミッド型の差別支配体制を確立することをめざしたのですが,対外的にはアジアに対する侵略思想,つまり「征韓論」のことですが,この「征韓論」に則ってその第一歩として朝鮮を射程に入れた侵略体制を確立しようしてきたわけです。日本の朝鮮に対する武力を伴う侵略行為は,向こうの言葉で言うと“カンファド・サコン”ですが,1875(明治8)年の江華島事件に始まります。日本政府はそれまでの朝鮮に対する対等・平等・善隣関係を壊していくわけですね。ご存じのように日本は,その江華島事件を起こした時に「運揚号」という軍艦を使って脅しをかけていきましたが,その脅しに屈した朝鮮の側が,「日朝修好条規」という不平等条約を無理やり飲まされたんですね。日本はこれ以降,朝鮮に対する内政干渉や経済侵略,そういったものを繰り返していきます。
 日本は,日清・日露戦争を経て,朝鮮における支配権をさらに確立して,1910(明治43)年には,今朝の講演の中にもありましたが,いわゆる「韓国併合」をやってしまいます。ちょうどここにその時の新聞がありますが,もの凄いですね。これは『大阪毎日新聞』なんですが,これだけのスペースを割いています。しかも,裏の方は全面広告で,こんな風に「韓国併合」を祝っている。
 この時,これでやっと日本と朝鮮の関係が本来の姿に戻ったと言って,日本人は沸きかえったんですね。『日本書紀』の頃からずっと,日本は支配国であり,朝鮮は属国であった。日本は家父長で,朝鮮はその分家の家族だったのだからと言って,「韓国併合」を褒め称え,拍手喝采したのです。この新聞ではないのですが,お手元にも,その時日本でどんなことが行なわれたのかという記事のコピーが資料の中にあると思います。例えば,非常に小さく縮小していますから見にくいかもしれませんが,提灯行列があったとかいう新聞記事もあります。是非後でそれを読んで,「韓国併合」の時に日本がどんなことをやってきたのかということを考えてみてほしいと思います。
 日本の朝鮮に対する植民地支配はもの凄く苛酷なものでしたが,その朝鮮支配の中枢に朝鮮総督府を置いていました。朝鮮総督府の総督というのは代々,陸海軍の大将だったのですが,これは天皇の直属だったんですね。朝鮮半島に駐留する日本の軍隊の全てを統括する。立法・司法・行政,これも全部統括する。そういうもの凄い権限を与えられていたんです。強権で押さえつけて植民地支配をするためにどうしたかと言うと,公務員はもちろんですが,教員にまで刀を持たせ,学校の中ですら無理やり押さえつける。そういうもの凄い支配の仕方をしてきたわけです。
 日本の朝鮮植民地支配は「土地調査事業」という名目で,東拓ですね,東洋拓殖会社が朝鮮の農民から土地を奪うことから始められましたが,その次はさらに「産米増殖計画」で米を奪っていき,朝鮮の農民が食べていくことができないようにさせていくわけです。それから今度は,民族資本の形成がですね,民族資本で事業を興すとかいうことができないようにして,逆に日本の企業が進出しやすくしていく。そんな風にして,朝鮮あるいは朝鮮人を日本の産業構造の中に,つまり,変な言い方ですが,帝国主義的な資本主義構造の中に組み入れていくわけです。
 さらには,そのように土地を奪うとか米を奪うとか,あるいは労働力を奪ってしまうとかいうことだけではなくて,朝鮮の伝統とか文化ですね,そういうものまでも奪ってしまう。そのために教育を使ったり,あるいは文化政策を使うわけですね。朝鮮を日本化する,つまり朝鮮人を日本人のようにする,あるいは朝鮮そのものを日本のようにしてしまうんですね。そして,そうすることによって,日本人には日本が朝鮮を支配するのは当たり前だという風に考えさせていくわけです。
 日本は「韓国併合」当初から,朝鮮民族を日本人,つまり大和民族に協力的な民族につくり替えることを狙って,1911年に「朝鮮教育令」を出して,いわゆる「同化政策」あるいは「同化教育」を推し進めていきます。ところが,1919(明治52)年に3・1運動が,3・1独立運動というのが蜂起するんですね。こうなってくると,それまでの同化教育,それまでの同化政策だけでは不充分になってくる。そこで「文化政治」という名のもとに,さらに同化政策を強めていくんですね。学校で朝鮮語を教えることを禁止するとか,あるいは学校で朝鮮の歴史や地理を教えることを禁止していく。そして,その代わりに日本語を教えたり,日本の歴史や地理を教えていく。そんな風にして,朝鮮人に朝鮮のことを分からなくさせる,知らなくさせるという政策をとっていくんです。
 そして日中戦争が始まると,皆さんも聞いたことがあるんじゃないかと思いますが,今度は「内鮮一体」という言葉のもとに「日の丸・君が代」を強制する。さらには宮城遙拝です。毎朝,皇居のある方向に向かってお辞儀をさせる。あるいは神社参拝です。朝鮮にも朝鮮神社というのがあちこちで造られましたが,日本式の神社を造って参拝させる。それを通して日本人化をますます強めていくんですね。そして最後に,今朝の話にもアイヌの似たような話がありましたが,「創氏改名」です。朝鮮人が自分の名前を名乗ることを禁止する。朝鮮人が自分の名前を名乗り続けたいと思うと,例えば米の配給をストップするとか,子どもが学校に通うことを禁止するとか,そんなことまでして,無理やり朝鮮名を捨てさせ,日本式の名前を名乗らせる。そういうことまでやっていくんですね。

 昨年末でしたか,江藤元総務長官の“オフレコ発言”が問題になりました。もう決着したと思っていたのですが,選挙区での新年の挨拶で,また開き直り発言をしているようです。しかし,今まで話してきましたように,朝鮮を日本の都合のいいようにするために,日本が朝鮮を支配しやすいように,学校を建てたり,港を造ったり,あるいは鉄道を敷設したりしただけですから,どんなにひいき目に見ても,日本が朝鮮人のために何かをしてあげたんだとか,日本人は朝鮮でもいいことをしてあげたんだということにはならないと思います。
 日本の植民地支配のもとで国を滅ぼされ,食べるものもなくされ,困った朝鮮人たちが日本にやって来る。食べるために日本にやって来るわけですね。特に「韓国併合」以降,日本にやって来る朝鮮人の数が急速に増えています。ところが,日本はそんな風に生活に困った朝鮮人が日本に渡ってくることまで制限するんですね。景気がいい時にはたくさん連れてくるし,景気が悪くなると来させなくする。そんな風にして日本に入ってくる朝鮮人の数を調整する。その上に,当時で言えば日本人労働者の給料の約半額が朝鮮人の給料だったそうですが,今度は朝鮮人労働者の賃金が上がるのを押さえる。まさに分裂支配ですね。そんな風に生活に困って日本にやって来た朝鮮人の労働者たちを利用するということが長い間続きます。
 しかも,呉でもそうなんですが,日本人がやらないような危ない仕事,きつい仕事,そんなものしかやらせないわけですね。呉周辺がどうだったかというのは,また後でちょっと話をさせてもらいたいと思っていますが,全国的に見れば,炭鉱であるとか,鉱山であるとか,橋梁工事であるとか,ダム工事であるとか,そんな仕事ばかりやらせています。広島県では高暮ダムというところが有名ですが,よく言われていますね。高暮ダムを造るのに,上からコンクリートを流すのですが,その時下で働いている朝鮮人に,コンクリートを流すからその仕事場を離れろなんてことは一切言わない。流したい時に流して,それに気づかないで,逃げられないでコンクリートに埋められた人を,そのまま助けることもしない。“物”と一緒です。そのまま殺されるわけです。高暮ダムのコンクリートの中には,今でも朝鮮人の死体がいっぱいあると言われています。そんな風に朝鮮人を“物”として扱ってきたんですね。
 さらに,15年戦争が始まると,呉なんかもそうなんですが,日本国内の労働力が不足してきます。日本国内の労働力が不足すると今度は,その不足した分を朝鮮人にやらせる。そういう政策を次々と採っていくわけですね。
 皆さんの中に,昨年8月5日にNHKで放映された『されど,わが愛』というドラマを観た方がどのくらいおられるか分かりませんが,原爆の悲劇と韓国人被爆者の問題を絡めて描かれた作品でしたね。その最後の方で,萩原健一が扮する被爆二世の医師・石橋英雄が息子の和彦と和彦の友だちの安翼俊の3人で,陜川を訪ねるのですが,その陜川で安翼俊のハラボジ(おじいさん)の家に泊まって,明日はソウルに出かけるというところで初めて,英雄のお父さんが朝鮮総督府の役人として,陜川でどんなことをしていたかということを聞かされます。私はその台詞がとても気になって,メモを取っていたんですが,ちょっとその台詞を再現してみます。

 
 「あの頃,あなたのような日本人がいたら,この国も少しは幸せでした。アメリカ
  との戦争が始まってから,特にひどかった。この陜川にも日本の警察や朝鮮総督府
  の役人がいました。役人のひとりは頭がいい男で,警察も役人の指図に従っていま
  した。その頃,私は21歳で,家代々の村長をしていました。役人は24歳。ある日,
  役人は私に命じました。『この村には3人の男が残ればいい。後は全部,日本に連
  れて行く』。私はそれに抵抗しました」
  「役人は朝鮮人狩りの名人でした。その頃の日本人にとっては,私たちは人間では
  ありませんでした」
  「役人は,私たちを広島に送り出した後,朝鮮人狩りの腕前が認められて,広島の
  大きな軍需工場の労務係になりました」

 
これ,実話なんですね。この広島の軍需工場というのは,今の三菱ですね。NHKに確かめたわけではありませんが,歴史的にはかなり考証されているようで,全くの作り話ではないようです。こうした言葉を聞くだけでも,朝鮮人強制連行がどれほど酷かったか想像できるのですが,実際には今の私たちには想像もできない,もっと苛酷なものだったんだろうと思います。
 1939年3月から,日本人労働者が不足している産業部門への朝鮮人労働者の移入が開始されます。日本政府が,日本の鉱山や土木事業などの業者に朝鮮人の集団連行を許可したんですね。募集の形式は,朝鮮人を“動員”するというものでしたが,実際には“動員”というのは名ばかりで,総督府がそれぞれの村に人数を割り当て,その土地の有力者とか警察が一緒になって,朝鮮人を強制連行したり,強制徴用していくというやり方に変わっていくんですね。ところが,1941年12月に太平洋戦争が始まると,それまでの募集形式の強制連行ではとても間に合わなくなってきます。“募集”ではなくて,無理やり引っ張ってこなければいけなくなるわけです。そのため,朝鮮総督府などの,いわゆる“官斡旋”による労働力の供出が実施されるようになります。そして,1944年には朝鮮人にも「徴用令」が適用できるようになるんですね。人狩りもピークに達するわけですが,こういう風な形で,騙されたり,無理やり日本に連れてこられた朝鮮人は,70万人とも,100万人とも,あるいは120万人とも言われていますが,日本の政府によって調査されたことは一度もない。従って実数は分からないんですね。分からないんですが,広島で言うと,そういった方たちは,先ほどちょっと言いました高暮ダムであるとか,あるいは三菱重工であるとか,そういったところで無理やり働かされるわけです。これもはっきりは分からないのですが,高暮ダムなんかのように生き埋めにされたとか,あるいは三菱なんかで事故死したとか,そういったところで死んでいった人たちの数は5万人は下らないだろうと言われています。
 もちろん,そのような労働だけではなくて,戦場にも連れ出されています。兵隊としても徴用されるようになったわけです。兵隊として戦場に駆り出された朝鮮人は約50万人。そのうち,死んだり行方不明になった朝鮮人軍人は約20万人と言われています。さらには,今朝も軍隊慰安婦の話がちょっと出ましたが,「女子挺身隊」という名のもとに慰安婦として戦場に連れて行かれた朝鮮人女性が大体8万人くらいだと言われていますね。その慰安婦として連れて行かれた朝鮮人女性たちは,一日に50人くらいの男性を相手にしなければならなかったという話もあります。そういう風に日本人の軍人のセックス処理に利用されたのに,日本が戦争に負けた時には,日本にも朝鮮にも連れて帰ってもらえないで,その場で殺されたり,あるいはそのまま放置される。最近はテレビなんかで全国的にも,そうした状況がずいぶん報道されていますので,皆さんもご存じだろうと思います。

 それでは,呉とか呉周辺ではどうだったと思われますか。呉の場合は,ほかの地域に比べると,その数は圧倒的に多いんですね。その理由は,もちろん海軍工廠があったからです。あるいは広工廠があったからです。例えば,「朝鮮人強制連行真相調査団」という団体が編集した『強制連行された朝鮮人の証言』(明石書店,1990年)という本がありますが,現在の白岳2丁目にあった呉海軍工廠福浦第二宿舎に,要するに朝鮮人の飯場ですが,そこに連行されていた朝鮮人が日本の敗戦とともに朝鮮に帰っていく時の名簿ですね,一人ひとりの名前がその中に掲載されています。これは,当時,その第二宿舎で舎監をされていた山口さんという人が,自分の記憶をたどりながら書いた名簿だそうです。また機会があれば,その中に記載されている名前も見てみてほしいと思いますが,その中には朝鮮人ばかり,実に1364人の名前が記載されています。呉市内では第二宿舎はもちろんですが,例えば仁方のトンネルを掘った朝鮮人の宿舎が仁方にありましたし,阿賀の田中町から畑の方に向かってトンネルを掘りかけていて,戦争に負けて中断されたんですが,神田神社の近くにもやっぱり飯場がありました。それから両城ですね。今は「階段住宅」で知られているんですが,両城地区はもの凄い山の上まで人が住めるようになっています。両城をあんな風に人が住めるようにしたのも,やっぱり朝鮮人です。その朝鮮人の飯場は今の愛宕町にあったそうです。そうした,たくさんある飯場の一つでしかなかった第二宿舎で,さっき言いましたように,1500人近い朝鮮人が生活していたのですから,その当時どれほど多くの朝鮮人が呉市にいたのか,それだけ見ても分かるのではないかと思います。
 私はたまたま,去年から1年間,「七三一部隊展から呉・平和を考える実行委員会」という会でも活動しているのですが,ちょうど今,呉市内の小・中・高校生を対象にして,呉周辺の戦跡のガイドブックをつくるために原稿集めをしているところです。呉市には,先ほど言ったもの以外にも,例えばトンネルですね,地下工場跡なんかがたくさんあります。その中で新聞にも出て有名になったのが冠崎の回天製造工場ですが,新聞に出た途端に呉市が入り口にふたをしてしまって,中に入れなくされてしまいました。そういった地下工場であるとか,広工廠の分室のような形でつくられた工場が長浜にもあります。この長浜の地下壕は,たまたまその土地の持ち主が個人だったことから,今でも入り口はふさがれていなくて,お願いすれば,中に入れてもらえるようになっています。呉にはそういったトンネル,地下壕が,他にもまだまだたくさんあるんですね。
 呉だけではありません。この周辺にはもの凄くたくさん戦跡があるんですね。江田島にもありますし,音戸にもあります。ですから,いつか音戸でもあったのですが,団地が造られ,埋め戻しがされていないトンネルの上に家が建てられているのですから,ある日突然土地が陥没して,家まで壊してしまうことがあっても珍しいことじゃないんですね。
 今の天応中学校なんかもそうです。天応中学校のグランドの下には,無数のトンネルが縦横に走っているんですね。入り口だけはふさいでいますから外からは見えませんけれども,この天応中学校のグランドがいつ陥没してもおかしくない。非常に心配な状況もあるわけです。そんなところがたくさんあります。このような,いろいろな工事を誰がやったのかということで,近所の方にお聞きしていきますと,ほとんどの場合,朝鮮人が工事をしたと言われるんですね。日本人が掘っていたという記憶がないのは,事実がないのですから当たり前なんですが,どこどこに飯場があって,どこどこを朝鮮人が掘ったという話ばかり,たくさん出てきます。
 それ以外で言いますと,仁方のトンネルなんかもそうですが,今の呉線ですね,当時の三呉線です。三呉線を造ったのもやっぱり朝鮮人で,極端な言い方をしたら,枕木一本につき朝鮮人がひとり死んだとまで言われています。その当時の新聞も残っていますが,三呉線の建設工事現場では待遇改善を求めてストライキが起こったりして大変だったということです。
 江田島を例にとっても,諸葛徳さんという私の朝鮮人の友人がいるんですが,その人がいつも私に言うんですね。「先生,江田島というのは,朝鮮人にとっては恨み以外の何ものでもないんよ」と,よく言われます。あそこに兵学校があったおかげで,やっぱり,朝鮮人の連行者の数がもの凄く多かったと聞いています。郭早苗という在日朝鮮人の作家が『父・KOREA』(長征社,1986年)という小説と言いますか,随筆と言いますか,そんな本を10年くらい前に出しました。その本を読んでみますと,その郭早苗さんのアボジ,お父さんですね,その人はそれまでは神戸の方で生活していたのですが,呉海軍工廠に徴用されることになった。ところが,そういう話で連れてこられたのに,実際に着いたところは江田島だったということとか,江田島での徴用工たちはこんな生活をしていたんだということを,かなり詳しく載せてくれています。これも是非読んでいただきたいと思うんですが,こういった関連の書籍が最近はたくさん出ています。
 私が読んだ本の中で,比較的読みやすいんじゃないかなと思うのが,山口県の吉田清治さんという方が書かれた『私の戦争犯罪・朝鮮人強制連行』(三一書房,1983年)という本です。この人は自分でも言っておられますが,“朝鮮人狩り”の名人だと言われていたそうです。あるいは慰安婦の関係で言いますと,三部作になっていますが,山田盟子さんという方の『慰安婦たちの太平洋戦争』(光人社,1991~92年)という作品とか,そういった本がたくさん出ています。広島県の関係で言えば,朴壽南さんという方が『もうひとつのヒロシマ』(舎廊房,1983年)という,特には韓国人被爆者の証言をもとにした作品を書かれていますし,先ほど言いました高暮ダムの関連でも,ちょっとタイトルは長いんですが,『戦時下広島県高暮ダムにおける朝鮮人強制労働の記録』(三次地方史研究会,1989年)もあります。たぶん呉市の図書館などには,そういった本がたくさんあると思いますので,是非読んでみてください。
 それともう一つ,再来週の今日,この場所で映画上映会があります。『エイジアン・ブルー』という映画ですが,これは,「浮島丸事件」というのをご存じかどうか分かりませんが,日本が戦争に負けて,強制連行されてきた朝鮮人が朝鮮に帰る途中,その帰還船が舞鶴港で突然爆発,沈没して,乗船していた朝鮮人ほぼ全員が死んでしまうという事件が1945年にあったんですね。その事件をもとに作られた映画『エイジアン・ブルー』というのが24日ですね,土曜日の6時半からここで上映されます。これも是非観ていただきたいと思います。たぶん,料金は1000円だったと思います。
 朝鮮人は,そのようにいろいろな形で強制労働を強いられてきたわけですが,1945年8月15日に日本が戦争に負け,朝鮮が解放されると,朝鮮人は朝鮮に帰ることを急ぎます。ところが現実には,朝鮮戦争の関係であるとか,あるいは財産の持ち出しを制限されて,お金を持って帰ろうにも持って帰れなくて,朝鮮での生活ができる保障もない。そういった諸々の悪条件の中で,朝鮮に帰るのを断念せざるを得ないんですね。それで,結果的には60万人近い朝鮮人が日本に残るわけです。もうほとんどお亡くなりになっていますが,その日本に残った人たちであるとか,その子どもとか孫・曾孫であるとか,そういう人たちが,今日本で生活している在日朝鮮人・韓国人なんですね。
 日本には今,約68万人の在日朝鮮人・韓国人が住んでいます。普通なら数は増えるはずなんですが,もう何年間も68万人なんですね。どうしてだか分かりますか。差別があるから,朝鮮人であると差別があるから,その差別から少しでも逃れたいということで,もの凄い数の朝鮮人が日本人になろうとしている。帰化していっているんですね。そのために朝鮮人の数はいっこうに増えない。それどころか,減っていっています。朝鮮民族ではあるけれども,韓国人とか朝鮮人ではなくて,“日本人”になってしまうわけです。
 歴史について,あまりよく分からないことを長々と喋ってきましたが,簡単に言えば,朝鮮人・韓国人というのは,ある時は日本人として日本の戦争に協力させられる。ある時は“内地人”と呼ばれて日本人とは区別される。そしてある時は,今は差別語だということで禁止されてはいないけれども,使うのをためらうのですが,“第三国人”だということで日本人と違った扱いを受ける。それまでは,一方的に“日本人”にされていたのに,「サンフランシスコ条約」締結されると,今度はその日を境に,一方的に“外国人”にされてしまって,全ての権利を奪われてしまう。朝鮮人はそんな風にずっと,日本の戦争政策・経済政策に翻弄されてきたわけです。

 それでは,どうして朝鮮人に対してこんなことができたのかということになりますが,例えば誰かを殴ってやろうと思っても,相手が自分より優れている時には,自分より偉くて,いろいろな面で自分より勝っている人ですね,そんな尊敬できる人だったら,殴ったりはできないですね。やっぱり,相手が自分より劣っていると思うから,殴ることもできるし,喧嘩もできる。同じように,朝鮮人に対して,どうしてこんなことができたのかというのは,朝鮮人に対する差別意識があったからこそできたんだろうと思います。
 それでは今度は,どうして朝鮮人に対する差別意識がつくられてきたのかということになりますが,これはもちろん,意識的につくられているわけです。歴史学者が利用されたわけです。日本人はもの凄く優秀で,朝鮮人は劣っているんだというようなね,そういう歴史がつくりあげられてしまったわけです。そういう歴史観が次から次へと植えつけられていったんですね。
 中身について言えば,例えば「停滞論」というのがありますが,19世紀末の李氏朝鮮を日本と比較したら,日本の武家社会以前の平安時代くらいに相当している,つまり,日本より700年から800年遅れているというんですね。政治・経済・社会・文化全般にわたって日本で言えば貴族社会のままの状況が続いていて,これほど社会発展が停滞している李氏朝鮮は自分の力で,朝鮮人自らの力で,朝鮮を近代化することなんかできない。だから,日本が朝鮮を支配して,近代化する手助けをしてやろうじゃないかと,そういう理論なんですね。
 あるいは「日鮮同祖論」というのは,日本と朝鮮は,もとを辿れば祖先が同じだ。それも,血の繋がりがあるだけではなくて,日本は『日本書紀』の頃から朝鮮の親あるいは本家なんだ。本家が分家を指導するのは当たり前だから,日本が朝鮮を支配するのは当たり前なんだと,そういう考え方なんです。
 停滞し後れた朝鮮が近代化していくためには,日本の力に頼る以外に道はないと,日本統治恩恵論とか美化論が,学校教育を通して,日本人に対しても朝鮮人に対しても注入されていくんですね。そして,日本の朝鮮に対する侵略や植民地支配を無批判に受け入れるだけではなくて,積極的に荷担していく日本人をつくっていくんです。さらに,そういう差別意識がある中で,先ほども言いましたように,非常に苛酷な労働条件のもとで低賃金で働かされて,生活実態は非常に厳しい。非常に貧しい生活を強いられている。そんな生活実態を見たら,差別意識はますます助長されていきますよね。そういう関係を意図的につくり上げてきたわけです。
 とりわけ大人の世代は,この時代につくられた朝鮮人に対する差別意識を未だに払拭できていないんですね。意識する・しないにかかわらず,家庭の中でも社会の中でも,それが子どもたちの世代に伝えられていっているわけです。そして,そういう中で,今なお朝鮮人が差別され続けているわけです。

 今日,皆さんのお手元にお配りしている資料の中にも,そういった関係の資料もたくさん入れていますが,最近で言いますと1989年に,いわゆる「パチンコ疑惑」が契機になって,広島はもちろん呉でもそうですが,全国的にも朝鮮学校に通っている児童・生徒たちが暴言・暴行差別事件に遭わされました。その後しばらくの間はそうした暴言・暴行も影を潜めていたんですが,今度は一昨年,朝鮮民主主義人民共和国の「核開発疑惑」が起こってきた。するとまた,朝鮮学校に通っている子どもたちの,例えばチョゴリが破られたり,引き裂かれたり,あるいは石を投げつけられたり,そういう差別事件が続発してくるんですね。呉でもそんな事件がたくさんありました。
 例えば,ちょっと事情もあってマスコミを使って報道するようなことはあえて避けましたが,一昨年の10月に,先ほど言いました朝鮮学校に対する差別電話事件が起こっています。詳しい内容については避けますけれども,ちょうどその日は,朝10時から約3時間の間,豊栄高校のグランドを借りて,朝鮮学校の運動会をしていたんですね。その3時間の間に実に5回にわたって,同じ人が電話をしている。朝鮮学校は運動会をしていて外に出ているんですが,それが分かっていながら朝鮮学校に電話を入れていて,その中身が留守電に録音されているわけです。例えばこんな風です。「昼の時間まで休みなくスピーカーで流しゃあがって,くそ。なんぼ宣伝音楽流しても効果あるもんかい。嫌われるばっかりじゃ。出て行け」。こんなのが5回も電話に入っている。この事実については,すぐに呉市の方に連絡して,こういう状況があるから何とかしてくださいということで呉市との対応が始まるわけです。ところが,現実には呉市は何もやっていない。放ったらかしにされています。私たちの立場から言えば,その放ったらかしにしている呉市が許せないということで,実は,昨年改めて抗議文を出して,今その話し合いがすすんでいるところですが,そんなこともあったんですね。
 今日の資料の中に呉市が出している市民啓発資料を2種類ほど入れています。これについては,「どうしてこの時期に,こんな中身のないものを出すのかな。まぁ,出さないよりはマシかな」という思いで読ませてもらいましたが,何の解決の手立てにもなっていないと思っています。
 1991年には,高校生の差別事件が起こっています。これについてはちょっと中身を詳しく説明してみたいと思いますが,ある在日朝鮮人生徒とその友人の日本人生徒が同じ男の子を好きになったんですね。どちらがその男の子とつき合うかということでトラブルが起こったんですが,その日本人生徒と朝鮮人生徒はお互いに非常に仲がよかった。朝鮮人生徒の立場から言えば,その日本人生徒には自分が朝鮮人だということを1年生の時にもうすでに教えているんですね。それほど信頼できる日本の友人だった。それなのに,その男の子のことを巡って彼女がどう言ったかというと,「あんたは朝鮮人じゃけん,黙っときんさい。日本人に文句を言う立場じゃなかろう」と,こう言うところから始まったと言うんですね。それを聞いた朝鮮人生徒は,喧嘩にまではならないにしても,いろいろ問い質していく。「どうしてそんなことを言うのか」という風に聞いていくわけです。結局,最後はどうなったかと言うと,「うちは日本人じゃけぇ,朝鮮人のことなんか分からん」という捨て台詞をして逃げていくんですね。そんなことが呉市内の高等学校でもあるんですよ。この朝鮮人生徒は,私たちが日頃やっている「オットギ」という子どもたちの会がありますが,たまたまその会に参加している子で,「先生,こんなことがあったんよ。どうしたらええかね」と,私たちに相談してきて,それで,この事件が分かったんですが,呉市内でも,私たちの知らないところでこんな事件がいっぱい起こっているんです。
 先ほど話しました差別電話事件のことで呉市と話をしていましたら,朝鮮人差別だけには限りませんが,呉市も,この8年間で20数件の差別事件があったことを把握しているということでした。把握できていない差別事件もたくさんあることを考えたら,一体どれだけの差別事件があるのだろうかと,本当に怖ろしくなってきます。

 こうした現状を解決していくには,やっぱり教育の力しかないと思うんですね。教育の場で,つまり学校で,差別は間違っているとか,差別する理由なんかないということを子どもたちに教えなければいけないのですが,現実にはそんなことを教えられるようなシステムにはなっていない。それどころか,教育行政から差別の仕方まで教えるような「指導方針」まで出されているんですね。例えば,大阪市教委がとんでもないものを出していますが,こんなことを書いています。「朝鮮民族は他国にあっても容易に同化されない民族である」とか「朝鮮人の子どもは日本人の非行の4倍で,再犯率は高い」と,そんなことを学校向けの通達の中に平気で書いているんですね。こんなことを書かれて,学校現場いる私たち教職員は,何をどうすればいいのか。むしろ,差別をしなさいと行政の方が教えているわけです。
 今私が勤務している呉商業高校で,今日資料としてお配りしていますけれども,子どもたちが,呉商生ですが,朝鮮問題や朝鮮差別についてどのような認識を持っているのか調べてみたことがあります。資料としては簡単に一枚の表にしていますが,これを見ていただいたら,子どもたちが朝鮮についていかに知らないかがよく分かります。私たちは今まで,一体何を教えてきたのかと思うと,本当に情けなくなります。朝鮮についてよく分からないから,かえって周りから教えられる差別意識だけは身につけていくんですね。
 そういった中で朝鮮人の子どもたちがどのような状況になるかというと,これもまた悲惨です。お配りしている資料の中に,今日は名前を伏せていますが,当時清水ヶ丘高校の3年生だったKという女の子が書いた感想文があります。サマースクールという朝鮮人生徒のための合宿と言いますか,研修会みたいなものがあるのですが,そこに参加した時にKさんが感想を書いたものです。もう時間がありませんので,ここでは読みませんが,是非後で読んでみてください。朝鮮人生徒たちはこんな思いをしながら日本の学校に通っているんです。
 もうひとり,呉昭和高校に通っていた男の子が,高校で同和教育の名のもとに行われている在日朝鮮人差別問題の学習について,「先生,僕らはとにかく1時間中,“朝鮮”という言葉が自分の頭上で飛び交っているのを避けるために,ずっと何も聞かないようにして,1時間中座っとるんですよ」と話したことがあります。私たち教職員は,何とか差別をなくしたいという思いで,授業やホームルームなどをしているのですが,当の朝鮮人,朝鮮人の子どもたちには,そうはなっていない現実がいっぱいあるんですね。
 学校現場だけ見ても,私たちが何とかしてほしい,何とかしてくれと言って,呉市と話し合いを続けてきた差別事件が5~6件あります。一番最初は1980年に始まったのですが,これが何ひとつ解決されていない。昨日もある生徒と話をしていたんですが,「先生,私は今差別は受けていないけども,私の弟は今大変なんです。毎日学校へ行きとうない言うんです。いじめがあるんです」と言うんですね。「いじめって,どんないじめや」と聞きますと,「先生,もちろん朝鮮人だからよね。暴力じゃないけども,朝鮮人だということで,もの凄い言葉によるいじめがあるんよ」。「それじゃあ,弟の学校の担当の先生はよう知っとるから,話をしちゃろうか」と言うと,「やめて。弟は後一ヶ月で卒業するんじゃけぇ。先生,もう言うてもだめなんじゃけぇ,放っといて」。これほど厳しい差別実態があるのにもかかわらず,その学校の先生方は全然気がついていないんですね。

 要するに,日本の社会では,もの凄い深いところで朝鮮人に対する差別意識が根づいているものですから,差別する側の日本人は気づいていないんですね。しかし,差別をされる側の朝鮮人はもの凄く敏感に差別を感じ取っている。朝鮮人に対する差別というのは,朝鮮人の責任で起こったというのは何ひとつありません。全部,日本人の責任で起こっている。だから当然,日本人が朝鮮人に対する差別の現実を変えていくしかないんですね。
 法制度上から言ってもそうです。選挙権がない。議員として選ばれることもないし,議員を選ぶことすらできない。この現実を考えてみると,今までいろいろ差別の話をしてきましたが,私たち日本人がどれだけのことをすれば朝鮮人差別を解決できるのかいうことを,やっぱり,私も含めて呉市民でしっかり考えていかなければいけないのではないかと思っています。
 学校現場では,先ほど100人ぐらい在日の子どもがいると言いましたが,その100人ぐらいの子どもたちを繋いで,その中から何とかしたいという思いで,高校の現場でも,あるいは小・中学校の現場でも,いろいろな取り組みをすすめてきました。朝鮮語を教えたり,あるいは朝鮮の踊りを教えたりすることで,朝鮮に対するマイナスイメージを消していこうということで,いろいろな取り組みをすすめてきたわけです。
 今年で3回目になりますが,この3月3日にも阿賀公民館で,朝鮮の民族芸術発表会をやります。呉市内の小・中・高・幼稚園に在籍している朝鮮人の子どもたちが朝鮮の民族芸術を発表する場です。その第1回発表会に参加した金実紀という女の子が,ハムケに参加し始めてから自分がどう変わってきたのかということを書いた挨拶文を今日の資料の中に入れています。この子たちがこのハムケの中で育って,今それぞれ社会人になったり,あるいは朝鮮人のプロの芸術団に参加したりしながら,一生懸命頑張っています。
 学校現場では,たとえ不充分なものであっても,このようにいろいろな取り組みが行なわれていますが,それじゃあ,私たち大人の側はどうでしょうか。現在,地球には国連加盟国だけで160近くの国があって,たったひとつの地球を共有していますが,それぞれの国では様々な歴史的経緯から外国人や異なった民族の人たちが暮らしています。そうした人たちが国籍や民族の違いを認め合って,共存の道を探っているというのは世界では当たり前の姿ですが,日本も決して例外ではないんですね。多少気になる表現ですが,いわゆる“国際化時代”を迎えて,世界をともに生きる共同体と捉えたグローバルな発想への転換が求められているわけです。世界という共同体の一部である日本社会も,日本人だけのものではなくて,そこで暮らす全ての外国人にとっても住みよい開かれた社会にならなければならないんですね。
 広島県でも,今ようやく,そんな見方ができるようになりました。今日お配りしている資料の最後に,広島県が県として在日朝鮮人差別の問題をどのように捉えているのか,その捉え方をまとめたものを,これは企業向けの啓発資料として広島県が出しているものなんですが,それをひとつだけ入れています。ようやく広島県も,そこに書かれているような捉え方ができるようになったんです。これをベースにして,私たちもこれからの取り組みを何とか進めていきたいと考えているところです。

 さて,本当はもっといろいろな準備をしてきていたのですが,時間の関係もあって中途半端なままで終わらなければなりません。本当に申し訳ないと思っているのですが,これから皆さんと一緒に在日朝鮮人差別の問題について考えていければありがたいと思っています。どうもありがとうございました           (1996.8.10,呉市つばき会館にて)