◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【第3回在日朝鮮人問題を考える呉集会講演 ~ 1989年】


在 日 朝 鮮 人 と し て 生 き る こ と

(在日大韓基督教小倉教会牧師  崔 昌 華)



<안녕の背景>

 안녕하십니까。(拍手)
 みなさん,全員,「안녕하십니까」と言えば,すぐおわかりだろうと思いますけれども,안녕という言葉は,韓国の言葉で,非常にポピュラーな言葉なんですね。挨拶の言葉ですけども,実は안녕の言葉から,ちょっと説明したいと思います。
 この안녕というのは,漢字で書けば,“安らか”であるという字と“丁寧”の“寧”ですね。今,日本と韓国との日韓問題,日朝問題を,私たちはいろんな角度から考えるわけだけども,韓国はちょうど中国との,大陸の半島にありますので,元々,韓国は中国との関係が非常に厳しかったわけですね。私は生まれは「北」の方なんで,今,朝鮮民主主義人民共和国になっているわけですが,そこの宣川というところで生まれたんですが,中国が韓国をよく攻めてきたわけですね。そしてまぁ,しょっちゅう殺されてたらしいんですね。そういうことで,一日一日生きることがとっても大変なことだった。だから,「本当にお前,安らかに,昨日寝られたんか」と,そういう意味で안녕という言葉を使い出したということを,池明観教授がある場所で説明しておりました。それぐらい,「안녕하십니까」の意味には,韓国の人々がその日その日,生存を脅かされながら生きていた中で,挨拶の言葉として用いられたと教えられておりますので,そういう意味では本当に,「안녕하십니까」ということを,一言一言,しっかり噛みしめてみたいなという思いなんです。

<どうして“在日朝鮮人”か>

 えー,実はここ毎日,たまたまこういうスケジュールになっちゃったんですが,昨日・一昨日は,福岡県の浮羽郡の福教組の支部の方で,学校の先生を中心に,大体,中学生・高校生まで一緒に加わって,180~200人ぐらいの集会で話をしました。昨日の晩は,また小倉のPTAの会合で,これは全く人権啓発の集会で『教育と人権』ということを話して,200人ぐらい集まり,お母さん方が非常に多くおりましたんですが,今日は,横間先生がずっと前から準備をしまして,こういう集会を持たれて,本当にうれしく思います。
 『在日朝鮮人として生きること』という主題が掲げられていますが,呉の方では朝文研または朝鮮問題研究会という名称を持っていますが,この“在日朝鮮人”という呼び方については,いろんな角度で,いろんな問題を持っていると思うんですね。ある意味では,“在日朝鮮人”というのは差別語ではないかと,私は思っています。筑豊で靴を売っているある人がですね,あまりよくない靴を出すと,「お前,これ,朝鮮人みたいな靴じゃないか」と。何か悪いというと,全部“朝鮮人”,“在日朝鮮人”“朝鮮人”ということになるんで,そういう意味では,“朝鮮人”っていうのは,ある意味では“部落民”と同じような意味で,差別語として日本に定着しているんじゃないかなーっていう思いがしてるんですね。
 もう1つは,今“在日朝鮮人”というのは,ある面では朝鮮民主主義人民共和国の方を表している言葉としても,まだ使われていますね。
 私がどうして言葉を説明するかと言うと,日本では,言葉というのがいろんな意味で,いろんな形で使われているわけで,また「在日韓国人」と言うこともある。「お前はどこなのか」と言うと,「そうですねー,…」ということで,いろいろと問題を感ずるわけですね。
 実は,この私たちの運動の主体が『在日韓国人・朝鮮人の人権獲得闘争全国連合会』ということもあるんですね。この名称のことで,私は韓国のKCIAとかなりやり合いました。それは,“朝鮮人”という3つの字が入ったために,私の思想性はもちろん,いろんな問題が問われて,かなりきつい関係を持ったことがあります。
 私はいろんな言葉を使ってるんですけども,まず“在日朝鮮人”という言葉を意識的に使っています。むしろ,“在日韓国人”よりは“在日朝鮮人”を使っています。その意味は,朝鮮民主主義人民共和国を表すとかいう意味じゃなくて,むしろ,日本における在日朝鮮人が“朝鮮人”として差別されてきた歴史を背負っていることをきちっと踏まえていこう。そして,“朝鮮人”として差別され,蔑視されたからこそ,“朝鮮人”として,人間として生きていこう。言葉を替えることによって,偏見とか差別が少しなくなったかのように錯覚する場合があるんですね。だから,“在日韓国人”になったら,なんか差別がないみたいな気がしたりすることがあるんですが,そうじゃなくて,やっぱり日本の社会では“在日朝鮮人”として,全ての日本人に朝鮮人―在日朝鮮人―はすばらしい,私と同じ人(
ひと)であるっていうこと,人間であるっていうことを認めさせていこうと。
 これは,黒人社会においての問題とかと合うわけですけども,私は1973年にアトランタに行きました。そこは黒人の街なんですけども,どうしたことか,私と黒人とあまり繋がりはないんだけども,黒人の街へ行った途端に怖いんですね。何かしら怖いんですね。夜中に,とにかく,街を歩くとみんな黒人ですよ。何か震えがくるくらい怖いんですね。後で,それを自分なりに検討してみると,私のこの身体の中に血と肉となっているのは,白人から教えられた黒人への偏見であろう。それが,何も言わなくても,何ら問題なく,自分の中に溶け込んだものが感情的に出てきてるんですね。
 私たちのグループに,1人の女性がおりましたけれども,ちょうど男性は男性,女性は女性で泊まり,女性1人だけが女性の寮の中に泊まるようになりました。全員,黒人です。とにかく,その女性がその晩ね,一晩,少しも眠れなかったと言うんです,怖くて。どうしてそうなったのか。まぁ,しばらく経ってやっと眠るようになったらしいんだけど,やっぱり,そこに黒人に対する偏見があるんですね。そのことが,黒人の街に行って,黒人を横にして,自分にわかったんですね。「これは何なのか」「これは,長年白人に支配されたところの教育の中で培われたものである」と。そこから,私たちは変わっていく。
 黒人は白人になろうと思って,かなり苦労してるんですね。“黒人性”というのを見たら,非常に苦労してるんですね。まず,顔が黒いですから,白粉いっぱい塗って,いくら白くしようとしても白くならない。また,黒人はですね,髪が少し縮れてるんですね。黒人の中には顔の白い人がいっぱいおるんですよ。それは,白人との間で生まれた子ですね,ほとんど。見たら白人と変わらないんですね。けれども髪に,ちょっとでも縮れがあったら,それは黒人なんですね。だからそういう人たちは,仕方がないからパーマネント屋に行ってですね,縮れた髪を伸ばすために苦労するわけですね。
 そこで,マーティン・ルーサー・キング牧師が言った言葉の中で,“Black is beautiful
―黒人こそ美しい―”というテーマを掲げて,彼は説教をし,みんなに呼びかけたんですね。白人が美しいんじゃなくて,黒人こそ美しいんだ。そこに,黒人のアイデンティティーとしての人間性を呼び出したんですね。だからそこで,黒人が,黒人こそが,まさに人間として美しいんだという“Black is beautiful”ということで,闘いが始まってくるわけですね。
 そういうのを見ながら,私たちが,在日朝鮮人が,名称を“在日韓国人”だとか,また別のものに変えたところで,差別がなくなるわけではない。むしろ,“在日朝鮮人”として,人間として,生きるという主体をですね,私たちはしっかり考えるべきではないだろうかなという思いがいたします。

<宣川とキリスト教>

 今日,ここで初めて会う方がほとんどだと思いますけれども,まず,自己紹介をします。みなさんは,私に対していろんなイメージを持って,ここに来てるだろうと思うんですね。“崔昌華”というイメージが1つ,もうちゃんとできていて,それを持って,ここに来ておると思うんですね。それはどういう“崔昌華”かと私が分析しますと,テレビのブラウン管で,国に向かって叫んでいる場面、怒っている場面。だから,どこへ行ってもですね,私に対するイメージは非常によくないです,これは。日本国家に向かって,日本人に向かって,怒ってる場面ばっかり出てますからね。「あの崔はどうもおかしい。あんまりひどい」というイメージが多いんですけども,実は,テレビ取材なんか見ますと,私が穏やかに話す時はテレビ(カメラ)廻さないんですね。ここにひょっとしてマスコミの方がおるかもわかりませんが,廻らないんですよ。で,何かちょっとおかしく,パッと怒ると,スーッと廻しちゃうんですね。一番怒った時なんかガーッと廻して,そこだけアップで出すんですよ。ですから,日本国民全員には,私というのは,いつもアップされた,一番怒った時だけが示されている。だから,おそらくみなさんも,「そうであるだろう」と思って来られたんじゃないかと思いますけども,確かに私は,その場面は事実ですから,そういう場面もありますけども,そうでない場面もあることを,みなさんに少し理解してほしいなという思いもします。
 私は朝鮮民主主義人民共和国の平安北道の宣川というところで生まれたんですが,この宣川というところはですね,当時の百科事典,1940年代の百科事典で探してみますと,「朝鮮第一のキリスト教都市。人口3万」と書いています。この言葉でおわかりのように,この宣川はキリスト教の盛んな都市でした。だから,日曜日は大きな教会の鐘が一日中鳴り響きますね。日曜日と一緒になると,市(
いち)が立たない。私は,そこで4代目のクリスチャンとして生まれました。
 私は日本に来るまで,宣川というところが日本政府にとってどういうところであったかはあまり知らないで,ただ,宣川で起こったいろんなことを体験しただけなんです。後になって今,歴史の流れをずっと見ると,宣川は,韓国の多くの都市の中で,日本政府が特に重点的に迫害を加えた場所です。神社参拝を強要し,クリスチャンを徹底的に皇民化政策に導いていったところが宣川です。おそらく社会科で歴史を勉強する先生方は『105人事件』をご存じだと思います。これは宣川で起こっているんですが,完全に日本がでっち上げた事件の1つなんですね。教会の指導者を一網打尽にしていこうという1つの政策です。それと同時に,一方では韓国のキリスト教指導者を日本に招いて,日本のいろんな場所を見せながら,懐柔政策をとっていく。そういう時代でした。
 だから私も,小学校3年までは朝鮮語を学びましたけども,3年以後は朝鮮語はなくなって,完全に日本語で勉強させられたし,確か,4年か5年頃からは名前が「高山昌華」に変えさせられ,そして神社参拝はしょっちゅうさせられたし,今でも思い出しますけれども,あの宣川の南山ですね。高いところに神社が建ってるんですね。参拝に行く時は,必ず階段を登るんですね。小さい時からね,高いところへ登ると怖いんですよね。こう見ると,下がものすごく怖いんです。怖いので,前ばっかりを見て,やっと上に登っていったら,「気をつけ!最敬礼!」ということで神社参拝させられて,降りる時は向こうをずーっとぐるーっと廻ってですね,降りていくんですね。
 そういう状況でした。そこで,日の丸の旗を教会の礼拝堂に掲げていく。教会が全部ボイコットすると,夜中に刑事が来て,教会に日の丸の旗を掲げていく。教会の長老が来てみて,「これは何や!」ということで破って燃やしてしまうと,それを刑事がちゃんと見届けて,その1人だけじゃなくて,その教会の人たちを全員逮捕して,力尽くで日の丸の旗を掲げていく。こういうことが宣川で起こったんですね。私は小さい時,そういうのを目の当たりに見ながら育ちました。
 日本人は全員,中学校に入りましたけれども,朝鮮人はなかなか中学校に入れないんですね。100人募集であれば,大体20人か30人を日本人が占めてしまって,残り70人を,1500人,1600人から2000人の生徒が競っていく。だから,中学校へ入ろうと思ったら,小学校の4年・5年・6年の本を丸暗記せにゃいかんのですよ。丸暗記する。だが,その丸暗記していく本には朝鮮の歴史は何も入っていない。全部,日本の歴史なんです。奈良の法隆寺はどうのとか,吉野山の桜がどうのとか,見渡す限り桜だとか,そういう本を全部,覚えさせられる。即ち,中学校入試の準備の中で,私自身がもう完全に日本人化させられる同化教育になってしまっていました。私は中学校2年生の時に,校長先生に推薦されまして,陸軍幼年学校を受験しました。陸軍幼年学校受験というのは,陸軍大学校ということを意識していたんですね。ま,こういう状況で試験を受けましたけども,落ちましたがね。

<『自主入国』以後―同化からの目覚め>

 そして,日本が敗戦になって,ちょうどソ連軍が朝鮮民主主義人民共和国に来て,今の金日成が首相になるわけですけども,社会主義国家で,今は朝鮮民主主義人民共和国も宗教の自由をかなり認めてきたんですが,当時は「宗教は阿片なり」ということで,徹底的にキリスト教を弾圧してきたんですね。それで,私たちはその弾圧に屈しないということで,信仰の自由というのを叫んでですね,私はソ連のK・P・U(
ゲーペーウー)に逮捕され,刑務所に6ヵ月間おりました。私と一緒に逮捕された人は全員,シベリアに流刑になりました。だが,私はまだ満18歳になっていなくて,軍事裁判を受ける資格なしということで釈放され,釈放されて20日経って,私は命をかけて「南」の方に行き、『6・25動乱』をソウルで経験し,そして済州島でしばらく学校の先生をしてから,日本に来る機会がありまして,1954年に“自主入国”で日本に来ました。
 どうして私が“自主入国”ということを言わないといけないかと言うと,“自主”というのは自分の力,国家の背景のない,パスポートのない,自分の力で入ってきたということなんですね。ということは,日本においては,当時いろんな意味で,法務省の関係とか,いろんな関係でやっぱり難しいんですね。そういう意味では,私にとって指紋の闘い・国家との闘いというのは,とてもやれるような立場じゃなかったんですね。それに私は,それをそんなに真剣に考えてなかった。
 けれども,私は1960年に小倉に来まして,いろいろ教会のことなどをしながら見ていると,在日朝鮮人・韓国人が置かれた立場というのは,非常に大変なんですね。それで,勉強し直しました。八幡の大学で法学を2年間勉強し,そして九州大学で1年間,そして福岡大学の修士課程・博士課程で勉強しました。みなさんご存じのように,その間,1968年に『金嬉老事件』が起こりました。寸又峡で,14人の人と旅館に一緒におりながら,在日朝鮮人の差別を訴え,自決する宣言をして闘ったんですね。それで私は北九州から現場に行って,一晩泊まりながら,その金嬉老と話をしました。
 実は昨日も,私は熊本刑務所で嬉老さんと面会をして,一時間ほどいろいろ話をしましたけれども,私は韓国で育っている関係上,日本のことはあまり知らなかったんですが,この『金嬉老事件』に関わってずーっと金嬉老さん,本名は権嬉老さんですけども,権嬉老さんの歩みをずーっと追っていく中で,日本における差別状況というのが段々とわかってきました。

<『国籍と人権』>
 私が法律的に勉強して段々と知っていく中で,いくつかのことが起こります。1つは,少なくとも私は日本に来たということです。日本から全部帰国していく,みんな韓国に帰るのに,私は逆に入ってきたんですね。それは何なのかというのを自分で吟味してみますと,それはやっぱり,私の中に教育された“同化教育”と言いますか,「日本にあこがれる」「ある面では日本人は信頼できる」というような,小さい時に植えつけられた教育があったと思うんですね。私は宝塚で韓国人の学校の先生をしておりましたが,そこの子どもたちが捕まって警察署へ行く,鑑別所に行く。いろんな問題が起こった時に,私が行っていつも説教した言葉は,「お前が悪いんだ」「お前,もっと真面目にせぇ」「お前がしっかりせにゃいかんよ」でした。そして,いつもその子どもを責めていました。そして,環境を責めました。
 けれども,私が小倉に来て,学問でずーっと研究をして,そこでわかったことは,在日朝鮮人が悪いんじゃなくて,日本の法制度・日本の社会制度が在日朝鮮人が人間として生きる権利を奪い,そして人間として生きることを踏みつけているということでした。
 それを学問的に気づいたのが,今日ここにもありますが,『国籍と人権』という本であります。この後ろには私の闘いのかなりの部分のいろんな論文を載せています。普通は,本というのは前から読むんですけども,私は後ろから読んでほしいと思っています。後ろにはいろんな問題提起の論文が載っていますし,一番最後には,今度私がソウルの人権シンポジウムで報告した論文まで含まれています。そう意味では,後ろの部分を読んで,そして前の方にいくと,国籍とは何ぞやというのが,もう少しおわかりいただけるんじゃないだろうかと思います。
 今日ここに朝鮮学校の先生方が来られているので,私は非常にうれしく思っていますが,この『国籍と人権』の本は,1975年に一版が出ました。私がこれまでつき合った人々の中に,福岡に住んでおられた朝鮮総聯の方で,リーダー的な存在であった方がいます。1人で何回もこれを読んだそうです。そして,「先生,ぜひ会いたい」と私に電話をかけてきた。で,会いますと,質問を全部書いてきて,ずーっと質問して,「わかった。私は朝総聯におる1人の幹部で,朝総聯としてこの運動をやることはとてもできないけれども,私は,個人として先生の運動に賛成し,積極的にこの考え方に共鳴します」と言われました。私は今,この本を読んだ人の中では,おそらくこの人が一番たくさん読んだと思うんですね。おそらく5・6回は読んでいるでしょう。本当によく読んで,いろんなことの質問を受けました。
 ある意味では,私の人権運動のベースはこの本の中にあります。在日朝鮮人のいろんな問題を含めて,この第3版を今年の7月に出しました。今みなさんの手元にはこれが届いているだろうと思いますが,この本をぜひ読んでほしいなという思いがあります。
 一言で言えば,吉田茂が悪いんですけども,国際関係の中で在日朝鮮人をいかに法的に日本から追放していくのかということから始まったんですね。戦前,日本の領土に200万人もの朝鮮人を合法的に日本の領土に連れてくるのを可能にさせたのは,朝鮮人に完全に日本国籍を与えていたからです。日本国民ですから,国際世論は動けないんですよ。そして今度は,その200万人を追い出すために,「日本国籍がなくなって外国人だ。韓国人だから外国人だ」ということで切り捨てて,彼らを追放していく政策が,“外国人”であります。だから,その点はもう少し私たちが考えなければならん問題だろうなという思いがしています。

<関東大震災・納骨堂>
 ちょっと話を戻しますが,1962年の夏ですが,教会関係の集会があった時に,横浜の清水ヶ丘教会の倉持牧師さんを招いて特別な集会をしました。その時,日本人の牧師の口から,関東大震災の話を1時間聞きました。私は生まれて初めてでした。6000人虐殺された。その虐殺された細かい話を聞いて,私がそれまで持っておった日本人のイメージが,ガーンと叩かれました。あの虐殺された場面の中でですね,足で蹴られ,逃げて,池の中にはまってしまった。池ではもうこれ以上泳げない。だから這い上がろうとすると,長い棒で斧が入ったものでブスッと,こうして脳から木っ端微塵にして人を殺していく。その場面をあの先生は話した。何が故に,生きようとする人間を殺すのか。たった1つ,朝鮮人であるということだけです。私はこれを聞いて,本当にビックリしました。それは,私がそれまで持ってたのとは全然違う日本人像でした。
 今度は,筑豊の炭坑に遺骨が400ぐらい散らばっているということで,私は納骨堂を建てて,その遺骨集めをずっとしました。
 ある寺の住職先生のところへ行きます。「今度,こういうことで納骨堂を建てますから,1つ,その遺骨を渡して下さい」「はい,わかりました」と。それで,納骨堂を建てて遺骨を,もらいに行きますと,「渡せない」と言うんです。「どうしてですか」と言うと,「この遺骨はどこの遺骨かもわからんから,統一になるまで渡せない」「ああ,そうですか」と。それで,ある親しい在日朝鮮人の人を通して住職先生と交渉すると,「お金を出してくれ」と言うんですね。この遺骨を金で取り引きする。それは納得できない。
 もう1ヵ所の寺に行きますと,「先生,よくいらっしゃいました。朝鮮人の遺骨を見せてあげましょう」と言って,連れて行く場所は屋根裏ですね。立派な納骨堂があるんですよ。だから,私はそこへ連れて行くのかなぁと思ってたんですが,そうじゃなくて,別なところへ連れて行く。屋根裏に行ってですね,そこで遺骨を2つ見せてくれました。遺骨は,真っ黒いネズミの糞が落ちたところに置かれていました。それを見て,「ああ死んでも,遺骨の置き場所もこういう差別をされるのか」と実感させられました。
 そして,在日朝鮮人の生存者からいろんな証言を聞きながら,あの炭坑の中での,朝鮮人の凄まじい苦しみ,うめき,死というものを聞かされて,私の脳裏では本当に日本人像が砕けていきました。

<日本国籍確認訴訟・参政権運動>
 そして,学問的にこの問題が出てきました。そういう中で,私には「これじゃいかん」という怒りが出たんです。そういう怒りを感じた一番最初の問題は,在日朝鮮人には選挙権がないということです。とにかく,北九州で選挙権運動を始めようということで,1975年に選挙権運動と日本国籍確認訴訟という2つの問題を提起したわけです。
 本人の意思は別として,今,外国人登録証明証には「朝鮮」と明記されています。でも,あれは国籍じゃありません。日本国もそういうふうに認めています。それは国籍とは言えない。朝鮮地域の符号なんです。私は,今「朝鮮」と表記されている人は国際法から考えてみたら,日本国籍があると認定すべきだと思っています。国際法上,そうなっているんです。だから,朝鮮籍の人が「私には日本国籍がある」という確認訴訟を九州で10年間闘ってきたんですね。。私は特別補佐人として,法律関係の方でずーっとそれに係わってきたんです。即ち,「私たちは日本における外国人ではないんだ。日本という共同体のメンバーだ」ということが主な主張であります。
 参政権運動を始めると,かなりの人から批判されました。国籍確認訴訟を提起した途端に,私は在日朝鮮人の約85%から批判されました。「何たることや。日本国籍確認とはどういう意味なのか」。もう,批判されっぱなしでした。けれどもこれは,国際関係,いろんな関係から見て,真剣に考えなければならないと思っています。

<人格権訴訟―一円訴訟>
 75年に北九州,76年に福岡県,78年に日本国首相宛に「参政権を認めよ」という公開質問書を出しました。その参政権運動を始める土壇場で起こったのが名前の問題ですね。在日朝鮮人をどのように規定するのか,「外国人なのか,少数民族なのか」という規定の中で,私は少数民族として位置づけているわけです。少数民族というのは,自分の文化・自分の言葉・自分の伝統を守りながら,その地域でメンバーとして生きる権利なんですね。
 そう考えてくると,日本国で在日朝鮮人が持ってる文化の一番の象徴であり,人格の象徴である名前の問題が浮かび上がってきました。当時,金大中先生の名前がずーっと日本語読みで放送されるので,一回「どうも納得できない」と,NHKへ行って抗議したことがありました。「どうして金大中を日本語読みするのか。ちゃんと韓国語読みしなさい」と言って抗議したんですが,全然,返事も何にもこないですね。
 ここには私の名前が抜けています。希望を言えば,(ハングルで名前を板書する)まず,この言葉を書いてほしかった(笑い)。私の闘いは,このハングルの최창화を勝ち取る闘いなんです。私の名前は,まず漢字表記,そしてローマ字表記。全部ふり仮名をふって,資料を渡してあるんですね。記者たちにも「名前は間違えられないように」と注意していました。
 念には念を押したけれども,NHKは9月1日に私のこの取材を全部終えました。参政権運動の公開質問状を出すグループが,ここに80人くらい,ずっと座ってる。全員を前にいたしまして、市の広報課長が立ったんですね。名刺を出した。名刺をもらった。それから,私の名刺をちょっと見ながら向こうが最初に言った言葉が,私の名前の日本語読みです。それで,後ろの方で「そういう人はおらんよ」となったんですね。もう,緊張のど真ん中でした。私は黙っていました。向こうも黙っているんですね。それをNHKも記者たちもずーっと注目してる。それで,私が「そこにふり仮名がふってあるでしょう」と言う。ところが,見るんだけど,このふり仮名がなかなか読めないわけです。「教えてあげましょうか。チョエ・チャンホァと言うんです」。それで,向こうが「チョエさん」と言って,話が始まったわけです。
 その次の質問は「今日は何の日ですか」でした。向こうが「今日は防災の日です」と答える。「それだけでしょうか」。黙ってるんですよね。「今日は9月1日。朝鮮人虐殺の日だ」。私たちは,朝鮮人であることで殺されたところから,日本の法制の中でも法律的にも殺される状況から人間解放を叫んで,今この運動を始めている。75年から今まで,私たちはずーっと『9・1集会』を続けています。それも,東京のお茶の水で。1万枚のビラを刷って,たくさん集まろうが少なく集まろうが,お茶の水の前でずーっと往き来する人に配っています。9月1日は在日朝鮮人の1つの起点なんです。出発点なんです。
 そういう問答をしたのを,NHKはちゃんと知っておりながら,その日の夕方にニュースを流す時に日本語読みした。私はおそらく日本語で読むだろうと思って,ビデオの準備をし、録音の準備をし,写真の準備をちゃんとして,パチパチッと撮った。そしてNHKに行って,「名前を訂正してくれ。間違ったから訂正してくれ」と抗議しました。そしたら向こう曰く,「自分勝手にはできない。東京と相談する」。「おかしいじゃないか。私の名前を,私が正しく読めと言うのに,何で東京と相談せんにゃいかんのか」「いや,実は東京と相談せにゃできない」。それで1ヵ月待った結論が,「読めません」ということですね。
 人権運動を始めたのに,名前が読めないということに対して,「ああ,そうですか」というわけにはいかない。「どうしようか」。それで,毎日新聞の記者と相談したら,「そりゃ,裁判する以外にないだろうね」と。「ああ,そうですか。裁判する言うたって,そう簡単じゃないでしょう」「まず裁判する前に,今までNHKと話し合ったものをちゃんと確認した方がいいでしょう」「ああ,そうですか」と。それで,ある新聞記者と,それに牧師まで連れて,NHKまで行ったんです。テープ持ってね。「今まであなたたちと話したのを確認しましょう」ということで,ずーっと話し合ったことを一つひとつ確認して,テープにとった。NHKは「これ,どうして確認するんですか」。「いや,ちょっと。ひょっとしたら裁判するかもわからない」。そしたらNHKは「もし裁判するようだったら,前もって言って下さい」と。「わかりました」。
 帰ってきたら毎日新聞の永守さんが,「今日,どうなったか」。「全部確認してきた」。「裁判する気あるんか」と聞く。「あるもないも,まだねぇ。どうしようかは考えてるよ」「先生,一番不満なのは何か」「戦前の創氏改名から始まるんだ。日本語読みというのは戦前の創氏改名につながることなんだ。だから納得できない」「わかりました」。
 それで,夕方の8時頃,また電話してきましてね,「どうなった。何か訴状書いたか」と言う。生まれてから訴状を見たことも書いたこともないのに,「訴状書いたか」と言うんですよ。「いや。まだ訴状まではいってないけど,今考える最中ですよ」と言ったら,「ああ,そうか」と。
 11時頃,また電話かけてきて,「もうゲラできた」と言う。新聞のゲラができたと言うんですよ。「明日は裁判を起こす」と。こっちはまだ訴状書いてないんですよ。そして,「ああ,そうかなぁ」と思って,それで日立裁判の訴状なんかあったんで,これをちょっと集めて読んでみて,「どんなの書いたらいいかなぁ」と考えていたら,あくる朝,5時半に新聞配達が来て,見てみたら,大きく「人格権訴訟提訴!」です。私はやらせられたんですよ(笑い)。
 人権運動というのは,当の本人もあるけど,周囲をとりまく意識のある日本人から,かなりのことを教えられながら歩んでいくんですね。もし永守さんが背後でいろんなアドバイスをしてくれなかったら,裁判できなかったかもわかりません。永守さんという方は今,毎日新聞のソウル特派員です。「ソウル発」というのを見たら「永守良孝」と書いてる,あの人なんですよ。
 本当にねぇ,そういう闘いを14年間やりました。けれども,大変なことなんですよ。名前の裁判を出した途端に,手紙が60通ぐらい飛んできましたが,その半分が脅迫状です。その中には,“殺す”という言葉が2~3枚入ってるんです。それもね,遠いところから来てて「殺す」というのだったらそれほどでもないんですけど,局を見たら西局です。うちのすぐ隣の局なんですね。私は金がないから,タクシーにはほとんど乗らなくて,バスしか乗らない。でも,あの裁判を提起した時は,「殺す」というハガキが来たもんだから,夜遅くなったら必ずタクシーに乗って,着いたらすぐに金を払ってパッと家に入っていく,何が起こるかわからんから。それぐらい緊張しました。
 電話ではじゃんじゃん脅迫してくるしですね,家はもうみんな,ノイローゼ気味でした。それだけじゃないですね。街に出ると,日本の人の見る目が全部厳しいんですよ。私は男だから,まぁ何とかなるけど,うちの連れ合いは出た途端に,もうとても買い物できない。それぐらい厳しいんですね。
 あまり厳しいもんだから,脅迫の手紙が来たのを全部コピーして,第1回公判で法廷へ出してぶっつけたんです。そうしたら,新聞記者たちがバーッと走ってきて,今度は私の弁明を書いたんです。そしたら一般の人が,厳しい目をしてたのが急に変わって,「先生,今日は」って言うんですね。マスコミの力ってすごい。一行書いた途端にこんなにコロッと変わるんですよ。でも,次に何か書いたら,またコロッと変わるんでしょうね。
 そういう闘いをしながら,名前の裁判をしたわけですが,名前の裁判は裁判所と私との闘いだけじゃないんです。名前の裁判は私の周囲全部と私との闘いでした。私は学校のPTAの副会長までしたんですけれども,朝鮮人であるということで会長はダメになって,副会長になったんですが,PTA総会で議長をやるんですね。すると,知っていながら,わざわざ立って私の名前を日本語読みするんですよ。それを訂正していく。
 電話をかけてくると,必ず「チョエ」と言う。「チョエって何ですか」「名前です」「何と読むんですか」。この電話が,名前1つで大体5・6回言うんですね。「漢字でどう書くんですか」。それをまた,教えるのが大変です。「そうですね,漢字で“催し物”とかあるでしょう。その“催し物”の横のイ(にんべん)をとると,こちらは“チョエ”と読むんですよ」と,こう言わないといけないんですね。いかに日本語読みを避けて教えるかということですね。気を遣うわけですよ。
 また,指紋拒否のことで警察から電話がきます。必ず日本語読みでくるんですね。「そういう人はおりません」と,バチッと切るんですね。すると,また電話がかかってくる。また日本語読みで言う。「そういう人はおりません」と切るんですね。5・6回往復して,やっと向こうが「おるはずですよ,この番号で」と言うわけです。「そういう人はおりませんが,チョエ・チャンホァという人はおります」。「そのチョエさん,チャンホァさんです」と言う。これはね,警察の公安の人,朝鮮人係の人ですよ。わかっとるんですよ。わかっとりながら,日本語読みでくるわけですよ。

<本名の闘い>
 名前の裁判というのはそういうことですね。面白いのは,“面白い”とまではいきませんけど,子どもが学校へ行くとね,また本名の闘いです,学校でね。わざと日本語読みするわけです,先生方がね。子どもはそれを訂正せにゃいかんのですよ,立って。「先生,違います。そう読みません。チョエです」。次の時間また来て,“チョエ”と読まない。また日本語読みする。ある時は予備校で,子どもが予備校へ行ったらですね,先生にきちっと教えたのに,また呼ぶから,今度は友だちが「あんたは絶対に返事したらいかんよ。うちらが言うから」。そして,予備校で日本語読みで呼んだら,友だちが「そういう人はおりません」って全員がパッと言っちゃったわけです(笑い)。
 この名前を正しく読むということが,日本の社会でどれほど大変なことなのか。もっと言えば,ここにも学校の先生がおられると思いますが,うちの善恵が小学校へ入学した時でした。学校へ行って,「名前は“チョエ・ソネ”と読んで下さい」と言うと,学校の先生が「発音がしにくいですね」と。最初これでした。「いや,でも正しく読んで下さい」と言うと,「先生,日本の名前をつけたらいかがですか」と言うんですね。「いや,名前は大事だから,日本の名前どうこうじゃありません。ちゃんと読んで下さい」と言うと,「お父さんがつけにくいなら,私がつけましょう」。(笑い)みなさんは笑うけどね,やっぱり今から17~18年前は,それが普通でした。だから,私は怒りました。でも,あまり怒りすぎると,入った途端に子どもがいじめられるでしょ。だから少しだけ怒って,「名前は大事ですから,大変失礼ですけど,“チョエ”と読んで下さい」と。
 だけど,私たちはその先生を批判できないんですよ。なぜできないかと言うと,うちの子どもが入学したその貴船小学校は,同和教育を一生懸命やってる学校なんです。差別のことをよく知ってるんです。それでも,朝鮮人の名前を名のって学校に来ると,それはいじめられる的になるんです。だから,いじめられないために,日本の名前を持っておかなきゃいかん。日本人らしく生きなければいけない。だから,「日本名をつけましょう」と言うんです。これは,うちの子を守るためなんです。いじめから守るためなんです。いじめている人の過ちをなおすんじゃなくて,いじめられる側をなおしていく。これは“同化教育”です。日本人の意識・差別構造をなおすんじゃなくて,それは温存して,いじめられる朝鮮人を変えていかせる,日本人にならしめていく。これが“教育”なんですね。その先生はそれをよく知ってるから,そう言うんですね。
 子どもがね,ある日学校でいじめられて,殴られて帰ってきました。それで私に,「アボジ,○○さん,日本人なの,韓国人なの」と,朝鮮人かどうか私に聞くわけですよ。「あの子ならね,お父さんが韓国人だし,お母さんも時々教会にも来るしね,間違いなく朝鮮人よ。韓国人よ」と言ったら,「違うよ。あの子が一番悪いの」と。普通,同じ韓国人・朝鮮人であればね,いじめられたら,「止めなさい」って止めに入るのが普通でしょ。これが,普通の人間性のある人なんですよ。弟がいじめられれば,兄さんが来て,「止めなさい」って防ぐんですね。だから,うちの子どもがいじめられれば,同じ朝鮮人であれば,それをちゃんとカバーして,「いじめるな」と言うのが当たり前です。
 では,なぜ「いじめるな」と言わなくて,いじめてくるのか。彼は本名を隠して,日本名で生きてる。日本人として,今生きているわけですよ。自分が最も日本人らしい日本人として生きるためには,まず朝鮮人をいじめることなんです。だから,「お前,朝鮮人」と言って,蹴ったりしていじめる。すると多くの日本人は,日本人らしく生きてるんだから,「そうだ。こいつ,やっぱり日本人や」と。家に帰ったら朝鮮人,学校へ来たら日本人。ちゃんとわかっとるんですよ。
 そういう知恵があるわけです。いや,知恵があるんじゃなくて,日本の社会は,そういう日本人であればこそ受け入れていく。朝鮮人はいじめていく。これ,社会構造ですね。だから,名前が奪われること,名前をなくすことは,結局何かと言うと,その人間の人間性が破壊されるいうことですね。その子は破壊された人間として生きているわけです。
 私は帰化した人たちとたくさん接触をします。私は非常に意地悪く,帰化した人に年賀状を出すんです。どのように出すのかと言うと,その人の本名で出すんですね。帰化名では出さない、本名で出す。前の本名を知っていますから,帰化した名前じゃなくて本名で出すんですね。最初,3年間くらいは手紙が届くんですが,次は「おりません」といって帰ってきます。「あなたは帰化をしたけれども,あなたは朝鮮人だよ。あなたの本名はこれなんだよ」と,私は教える意味で送るんです。それが3年ぐらい過ぎたら,「居所におりません」ということで戻ってくる。その居所にはちゃんと住んでいるんですよ。だけど,「おりません」と返ってくるんです。なぜか。「自分は帰化しているんだから,朝鮮人姓をなくさにゃいかん,隠さにゃいかん。こんな手紙を受け取ってはならない」。だから,「おりません」と返してくるんですね。
 極端な例は,帰化して日本人になってから,ある場所で,「みなさん,私はあそこらにおる朝鮮人と違います。今度,日本政府からちゃんと認めてもらって,日本国籍を取りました。今度は日本名の○○です。あの朝鮮人の悪い人とは違うんです」と,堂々と朝鮮人の悪口を言って,自分が帰化したことを誇りに思うような人がおるんです。このような人間というのは二重性のある人間ですね。もっと極端に言えば,帰化する時に警察がちゃんと言うらしいですね。「絶対に朝鮮関係・韓国関係の団体には寄附をするな。つき合うな」とね。今は少し変わったでしょうけど,そういう意味で,帰化というのは,民族を背反し,日本民族につくっていく1つの同化の道具なんですね。私たちは,そういう意味での帰化というのは望みもしないし,考えられない。人間破壊を導くものです。
 みなさんのお手元に,最高裁から出された判決文について,朝日新聞と読売新聞の記事のコピーが配られていると思いますが,これには新聞の性格と,最高裁でこの判決を巡って記者たちが真っ2つに割れたのが,きちっと出てますね。2月17日付の『朝日』の全国版には,氏名の読み方には人格権があるということで,大きな文字を打ってるんですが,『読売』は「日本語読みは適法」と,こう打っているんです。全く違うんですね。判決文の全体像は「人格権在り」と認めたんです。だがしかし,当時は,NHKがそれを読んだ当時は日本語読みが慣用になっていたから,それは適法だけども,人格権はあると認めたんです。
 裁判をしていくと,いろんなことがあります。証人尋問せにゃいかんのですが,私は弁護士を選任していないんですよ。お金がないこともさることながら,ある弁護士に相談したら,そんなのは難しいからできないということで,仕方なく本人訴訟で最高裁までやったんですね。
 証人尋問せにゃいかんからと思って,一番最初に取材記者を尋問するわけです。名前をまず韓国読みで読む。黙ってる。知らないですよね。日本語読みも2つありますね。2つ言ったうちの1つだけを正しいといって指定しました。名前というのはその本人の持っている正しい発音だけでなくてはならないですね。私は今ここに持ち合わせていませんが,『名前と人権』という本が出ていますが,その表紙。訴状の一番最初に書いた私の名前の表記はハングルです。ハングルが一番最初,최창화です。その次が漢字です。その次にチョエ・チャンホァというふり仮名をふった。どこまでも私は,ハングルが一番最初に出てます。地裁判決が出た後,判例時報には,私の主張を書く毎に,ハングルの최창화でずっと出ておりました。ハングルが我々民族の言葉なんですね。漢字は中国の言葉です。
 そういう意味で,私は主体的にハングルを使うための努力をしてきたし,今もしているわけですが,名前の裁判というのは,そういうふうな状況で闘ってきたんです。

<指紋の闘い>
 私は,今日一番最初に“自主入国”と言いましたけども,日本に来て,いろんな意味で自分の置かれた立場もあって,最初私はできませんでしたが,うちの善恵,2番目の娘ですけども,15歳になって指紋を採られることになったんですね。娘は「自分は指紋は嫌だ」と言う。最初は日本人も全部採られると思っていたらしいですね。ところが後で聞くと,日本人は誰も採られていない。それで,「自分は絶対に押さない」と言う。
 私から見ても,その言葉は正しいんですね。正しいんだけど,それをどのようにサポートしていくのか。人権運動をしていた私としては,法務省と闘うというのは本当に大変だと思っていました。あまり好ましいことではないけども,子どもがそう主張するものですから,子どもの言うことを聞きました。日にちから言ったら,1980年の12月12日が善恵の切り替えでした。けれども,これはあまりに重要なことだから,家族同士でちょっと真剣に考えにゃいかんということで,善恵の切り替えは少しおいとくことにして,私は18日だったので,私は行きました。
 娘が嫌だと言うのに,私が行ってパッと押してくるわけにいかんから,「ちょっとこれは,一時保留します」。それで,正月に家族全部が集まって,いろいろ話し合いをしました。その時に,お姉さんが名古屋から帰ってきて,最初はお父さんが娘に「自分の妹を唆してやれ」と言ったんだと思って,帰ってきたんだけど,話を聞くと全然違うんですね。妹が真剣に考えてるのを見て,自分も2・3日考えて,「やっぱり私も,姉さんとして指紋問題を黙っているわけにはいかない」と。だから,81年1月9日,お姉さんが拒否をしました。それでも,私の拒否と長女の拒否は,新聞はどこも一行も出しませんでした。
 そして,この15歳の指紋です。将来,何世代も続く指紋を撤廃するこの闘いは,ここに出発点があるということで,前日記者たちに,娘・善恵が拒否することを発表し,そして,当日取材してもらいました。これが全国的にテレビで放送されまして,指紋拒否運動が始まったんです。
 指紋拒否の運動は,何回も押していた私たちの運動じゃなくて,この15歳が今後,絶対に指紋を“採られない・採らせない”という運動で始まったんです。9年かかりました。でも今でも,まだ終わっていないんです。まだ,16歳指紋が残っています。今からが本当の16歳の闘い,運動なんです。これが指紋の闘いなんですね。
 簡単に指紋の闘いと言いましてもね,この指紋の闘いは,国家と私たち家族の闘いでした。本当に,精神的にはノイローゼ寸前でした。国家権力を使って,いろんな形で圧力がかかってきました。法廷陳述の中でも,ちょっと述べていると思うんですけど,告発する前後なんかは,まさに神経戦でした。
 うちの娘は2人とも西南女学院を卒業しています。12年間お世話になったんですが,中学校3年生の時に指紋を拒否しました。それで,中学校3年の時に記事が出ました。そしたら,保護者から聞こえてくるのは,「何や,西南女学院に朝鮮人がおったのか。あのお嬢さん学校に」。そういう反応でした。学校の先生は,今日ここには先生方が多いだろうと思いますけども,“誰ひとり”とまでは言いませんが,ほとんどの先生が冷たい視線でした。2人の先生だけが「崔さん,頑張ってね」と言われました。2人の先生だけです。生徒もほとんどが知らん振り。学校はとても辛いものでした。
 そして,高校3年になって,逮捕されるかどうかという瀬戸際にきたんです。ある時,私は学校へ行きました。すると,原岡校長先生が「崔牧師さんが来られたから,ちょっとお会いしましょう」ということになって,校長室へ行きました。校長室に入ると,校長先生が丁寧に「先生,大変ご苦労様です。心配しないで下さい」と言うんですね。「どういうことですか」「善恵さんが逮捕されたら,学校長の私と理事長の先生が警察に行って,ちゃんと身元引き受けをします。だから,先生,安心して下さい」。“逮捕されたら身元引き受けするから安心しなさい”です。私は言ったんです。「指紋の拒否闘争は逮捕されるまでの闘いだ。逮捕されてしまうと,警察その他で全部の指紋を採る。だから,逮捕されたら大変だ。逮捕されて指紋を採られるぐらいなら,逮捕されないようにせにゃいかん」。だから,私は校長先生に,「それほど考えるなら,お願いがあります。学校長と理事長の名前で警察署に,今受験期を迎えて非常に多感な時期だから,逮捕だけは避けて下さいという要望書を出して下さい」と。すると,あれほど親切ぶっていた校長がガラッと変わって,「それは大きな問題です。教育者は政治問題には係われません」と言って断った。
 これがキリスト教主義の学校の校長なんです。私はどこに行っても,この言葉は声を出して言います。どうしてか。1人の自分の生徒が指紋を拒否して,どれほど苦しみ,どれほど悩み,人間的にどれほど苦しさにあるかということを1つも考えないで,その場に全然降りないで,考えようともしない。そして,「政治問題」という一言で片づけていくこの“体制”側の教育者。
 今,在日朝鮮人は16歳になると,全員指紋を押さざるを得ない。その時に,その子どもがどういう思いを持っているか,どういう苦しみを持っているか,保護者がどのような状況にあるのか。それをどれだけの先生方が考えただろうかということですね。「日本の子は押さないのに,どうして私だけ押さなければならないのか。それも,昨日・今日来たんじゃない。もう100年の歴史を持っている三世・四世にかかっている。それでも指紋を採るという,この日本の国家構造をどう考えるのか。
 そうすると,法務省の入管局長はこう言うんですね。「日本は民主主義国家です。言論の自由は保障されています。どうぞ指紋の撤廃運動はやって下さい。しかし,法に違反する拒否運動だけは止めて下さい。拒否運動は止めて下さい。法違反だから」。いろんな場に法違反の問題はあります。民団の社会でもその問題はあります。もちろん,朝鮮総聯の中でもあるでしょう。大韓教会の中でも法に違反するかどうかの問題はあります。
 しかし,はっきり言いましょう。法には2つの種類の法があります。1つは,道徳としての法があります。人を殺すこと,盗むこと,強盗すること。そういう法は,私たちは守らなければなりません。
 けれども,国家がある政策を持って,ある目的を遂行するためにつくる法があるんです。それは政策の遂行のためなんです。この指紋制度というのは,日本国が在日朝鮮人を管理し奴隷化していくための法として存在してるんです。そういう目的があるんです。目的がなくなったら,法はなくなっていくんですね。そういう法は人間がつくった法です。私たちは,そんな人間のつくった法には従うべきじゃありません。もっと高度な良心に従って,人間のつくった法とは闘って,訂正を勝ち取らなければなりません。
 どうして指紋が“人権”なのか。指紋が“人権“だと思う人もいれば,そうでないと思う人もいます。まず,基本的に人間には,自分の良心に従って自分の力で,自分の過ちを訂正して能力があります。何か悪いことをした時に,「これは悪かった。次はしないようにしよう」というふうに,自らを戒めて訂正していく能力があります。これが一番大事なんです。これを育てるのが我々の社会の構造なんです。しかし,国家が指紋を持っているが故に,悪いことはしたけれども,今反省し始めている子どもを逮捕して,鞭打ち叩くことによって,その子どもの出かかっている芽をとざして鎖してしまってるんですね。それどころか,もっと悪い人になっていく面もあります。
 私は刑務所の篤志面接委員をもう15~16年していまして,鑑別所なんかへ行っていますけども,少年鑑別所に入れられた少年が出てきて良くなる例は10%か20%に過ぎないんです。ほとんどの場合,鑑別所に送られると,そこでたくさんの悪い人たちと友だちになって,帰った時にはもっと悪くなってるんですね。だから,鑑別所に行かせるのは止めなければならない。そういう意味では,人間が人間として自分の能力でやっていくことが大事なんですね。そういう意味で,国家が指紋を握ることによって,何よりも,そういう人間の本来的なものを阻害する面があるということがあるのではないかと思います。
 二番目に,戦後,「国民指紋」といって,日本全国で指紋を採ろうとして,警察が動いたことがあります。だけど,日本人が相当反対したために,実現できなかったんです。今,年度ははっきり覚えていませんが,運転免許証を取る時に,指紋を押さされたことがあります。でも,日本人がみんな反対したために,その指紋はなくなりました。愛知県では「中学生指紋」といって,学校の先生と警察が手を組んで,中学校を卒業する時に全員並べて指紋を採ってたんです。これはかなり長い間続いていたようですが,ある先生が「これはおかしいぞ」ということで反対運動をしたら,指紋がなくなったんですね。こんなふうに,日本人であれば,指紋の問題が起こって運動したら,なくなってるんですよ。

<再入国不許可>

 でも,朝鮮人の問題として,韓国人・朝鮮人が「我々は人間として解放されたい。あの指紋の鎖から解放されたい」と運動すると,“金槌”で叩かれるんです。“金槌”とは何か。「再入国不許可」です。旅行の自由を奪うんですね。
 あの1985年の大量切り替えの時には,入管の方から全ての市役所・役場に命令しました。「拒否する人に『あなた,拒否したら再入国許可は出ませんよ』とはっきり言いなさい」とね。再入国許可が出ないというのは,“旅行の自由”が奪われるということです。
 私も拒否していたんですが,4回再入国許可を取って,アメリカも韓国もドイツも行ってきました。ところが1982年の10月28日に,韓国の国際会議に行こうとしたら,不許可になりました。それ以降は,拒否者全員が不許可になっています。私は,この日本という広い“刑務所”に6年間閉ざされていました。
 こういう状況の中で,うちの娘の善愛がアメリカへ留学に行きたいと言う。ずーっと悩んで悩んで,1年延ばし2年延ばしして,そして大学院を卒業して,どうしても行きたいということで,向こうの大学院を決めて,アメリカ留学しようとしたら,再入国不許可なんですね。本当に,どうするか。名古屋へ行くと,娘が私の顔を見てね,「アボジ,どうする。私,もう行くのよ」と言う。私は「まぁ,もうちょっと待ちなさい,法が変わるから。もうちょっと待ちなさい」。「もう待てない」。
 再入国許可がないとアメリカのビザも取れないんですね。アメリカがビザをくれないんです。入国を許可してくれない。当然,今度はアメリカのビザを取るにはどうするかという問題も起こってくるわけです。私はそういう葛藤の中でどうしようもなくて,国連で人権問題を訴えた関係もあったので,いろんなアメリカの人権グループや教会の関係に頼んで,そこから議員を動かし,さらには国務省を動かして,「これは人権問題だから,ぜひビザを出してくれ」ということで,1986年に福岡で再入国許可なしの入国ビザを取ったんです。
 入国ビザを取って,今度は本当に出発する日のことです。娘が12日に家を出ようとしてる時に,私が「行くと言ってるけども,まだ将来どうなるかわからんから,あと6ヵ月,ちょっと考えてみたら」と言ったら,娘は「アボジ,今,荷物を持って出ようとしてる時に,何でそんなことを言うの」と言う。「やっぱり,今後どうなるかもわからんからね。もうちょっと考えたら」と言ったら,娘は「切符も全部買ってるのに」。「切符が無効になっても,20万円
や30万円無効になっても,もうちょっと考えて」。娘は「それはダメよ」と言って,小倉を発って成田へ行ったんですね。
 そして,成田を出ようとした時に,「文書にサインしなさい。許可なしで出国すれば永住権がなくなりますよ」と言われるんですね。私もその場にいて,「どこにそういう規定があるのか」と抗議しました。それは,ちょうど14日の夜でした。盆の前で法務省が休みだったんです。ですから,入管は法務省にすぐ電話したんですが,誰も出てこないんですね。あれは,本当は止めるはずだったんですけども,止められなかったんです。「もう出ます」「待ちなさい」。いくら連絡し続けても時間ばかりかかって,とうとう飛行機の出発時間が来た。それで,「出ますね」「はい出ます」となった。だから,書類にはサインしないまま飛行機に乗ったんです。
 後で聞いたら,それは大変なことだったようで,入管では「再入国許可なしで出国したいと言う人がいても,所定の書類にサインしない限り,絶対に出すな」という指令を全ての関係部局に出したらしいです。だから,それ以降は,再入国不許可のまま日本を離れた人は誰もいません。出ようとするケースはいくらかあったそうですが,出さなかったんです。
 その後,娘はアメリカで2年間勉強しましたけれども,その2年間は本当に苦しい2年間でした。まぁ,本人は心を落ち着けて勉強した場面もあったでしょうけども,やっぱり,いろいろ苦しい面があったんですね。
 一番苦しいのはクリスマスでした。年末には,向こうは学校の寮が閉まるんですね。行くところがないんですよ。普通なら日本に来てまた帰っていくんですが,日本には行けないし,もし日本に行けたとしても,今度はアメリカに帰れない。それで,どうしようかと子どもから電話がかかったり,手紙が来るんですね。
あの時は,本当に心の中で泣きました。“流浪の旅”と言いますか,仕方がなくて,「ぜひ宜しく頼む」とニューヨークにいる友だちに電話をかけたりしました。本当にそういう,行く場所がなくて人の世話にならざるを得ない状況でした。
 今度は1988年の6月1日です。「入国しようと思ったらビザを取れ」と言うんですね。ビザを取ったら旅行者だと認めることになるので,ビザを取らない。それで,飛行機に乗ろうと思ってもビザがない。再入国許可がないから乗せてもらえない。だから6月1日は,ロサンゼルスまで来たのに飛行機に乗れなくて,帰るしかなかった。でも,裁判のことを考えたら,どうしても日本に入らなければならなかったんです。仕方がなくて,もう入ろうということで,6月28日に入国するわけですが,あの日のことは,私も,うちの娘も,一生涯忘れません。
 こういう裁判や人権闘争というのは,ある意味では,怒りがなければとてもできるものではありません。日本で生まれた三世がアメリカへ留学して,2年経って帰ってきたのに,その権利が全部奪われて,180日に変わった。これは,国際人権規約B規約の12条4項「何人も自国に戻る権利を恣意的に奪われない」に明らかに違反しています。この国際条約を巡って,福岡でずーっと裁判で闘ってきたんです。でもみなさん,裁判所は国の言う通りでした。これは,とても納得できないということで,控訴はしています。
 あの条項については,一言で言えば,この“自国―his own country”という言葉がどういういきさつでこの条項に入ったのか,どういう意味があるのか,ということが焦点です。国際法学者,国際通念から見れば,この“自国”というのは「国籍国+生まれ育った国」。それが“自国”なんですね。うちの娘は日本で生まれ育ったんです。ここで三世として生まれたんですから,当然の権利なんですね。
 それが国家によって奪われてしまう。「180日」というはんこを押されたパスポートを見るとですね,180日経って法務大臣が更新を拒否すれば,本当に日本におれなくなるわけですね。
 私も指紋拒否闘争をしたために,今は3年の切り替え期間が1年に縮まっています。これは不当だということで,また法務省を相手に裁判を起こしました。地方裁判所の審理はたった25分,私が訴状を読み上げた時間だけでした。審理もしないで却下です。高裁に上がっても見もしないで却下。最高裁も却下。問答無用です。こういう裁判ばかり続いてるんです。しかし,日本の社会は変わらなければならないのですから,この裁判の実態を通して闘わなければなりません。
 今日,ここに,『샛별(明星)』の10号を持ってきていますが,この中に,娘が恩赦拒否を求めて最高裁に宛てて書いた文章が入っています。「1988年6月28日,私はこの日を生涯忘れることはないでしょう」と,日本に入国する時の自分の心の動きを全て書いています。この中で,娘は最後に「私は日本で生まれ育った者として,日本の社会の一員であることの自覚を持って住んでおり,単なる一時的な旅行者なら指紋を拒否することもなかっただろうし,そして再入国不許可になることもなかったでしょう。この2年半日本を離れてみて,日本は私にとってどこよりも懐かしく思う国であり,自国であることは法律的に立証されるまでもなく,もう厳然とあるものであると確認しました」と書いています。2年半離れてみて,日本という国はやっぱり自分が育った国である,法律でどう言おうがここが自分の国なんだ,自分の生まれ故郷なんだという確信ですね。
 その前の方には,「世界中どの国をとっても,差別のない社会はおそらくないでしょう。それは人間のネイチャー(本性)なのかもしれません。黒人同士も差別し,また差別された者も差別しないとは限りません。だからこそ,法が人間の善を行い,平等を約束するものでなければならないはずです」という文章があります。人間には弱さがあるが故に差別がある。そういう人間の弱さがあるが故に差別があるならば,法は,もっと善を追求し,平等を追求し,人間の弱さをカバーしなければならないはずです。それにもかかわらず,日本ではその法が,在日朝鮮人が人間として生きる全ての権利を剥奪しているんです。私たちは,このことをしっかり認識していかなければならないと思うんですね。
 実は,私がこれまでいろいろ書いた論文を,韓国で行われたシンポジウムに出した論文もつけ加えて,あるグループが出版するんですね。その中に,私が「在日朝鮮人は日本における21世紀の奴隷だ」と書いているところがあるんですが,「“奴隷”というのはひどいから,少し言葉を替えてもらおうか」ということになって,「“奴隷”という表現を少し替えてもらえんか」と言うんです。私は,「“奴隷”というのはね,どういうのが“奴隷”だと思うか。まず,主人に向かって一言言うと叩かれるのが“奴隷”だ。私たちが指紋を拒否して,自由な人間になりたいと言ったら,日本国は叩いてきた。居住権を奪ってしまう。人間として,いろんな差別的な状況があるでしょう」と返しました。
 私は今,大学の講師をしているんですが,“被告人”というのは,やっぱり嫌な言葉なんですね。理事長が「ちょっと来てくれ」と言うので,行ってみたら,「何はともあれ、あなたは被告人だから大学を辞めて下さい」と。講師の契約期間が終わった時点でした。理事長は弁護士ですけども,言えば私が聞き入れるだろうと思って,
そう言うんですね。私は,「被告人だから辞めなさいということじゃなくて,中味の問題でしょう」と返しました。「中味は問いません。被告人は被告人です」。「私は被告人じゃありません。そういう意味で理事長が私に辞めろというのなら,どうぞ法的手続きを取って下さい。私は闘います」。そしたら,「あんたは裁判を起こすの」と聞くから,「いや,起こすんじゃなくて,あなたは弁護士ですから,よくわかるでしょう」と。まぁ,こういう闘いですね。

<指紋拒否裁判>

 私が一番苦しかったのは,指紋拒否裁判の第1回公判でした。一番最初に娘が冒頭陳述をするわけですが,チョゴリを着てですね,法廷に立って自分の生きざまを語る時,私は本当に泣きました。今お嫁に行く娘を法廷の晒し者として,被告人という立場で立たせるこの親の気持ち,これは本当に,子どもを持つ親なら誰でもわかると思います。本当に胸が裂けるような思いでした。こういう道は避けたいと思いました。しかし,その一方で私は誇りに思いました。「あー良かった。朝鮮人として生きる自由な生き方をここで選んだ。ここで,日本国に向かって,日本人に向かって,朝鮮人も人間だと宣言する。指紋拒否闘争はまさに人間宣言であり,朝鮮人も人間であることを日本の社会にアピールすることだ」。だから,法廷に行ってみたことがある人は誰でもわかると思います。被告は裁判官であり,検事側でした。在日朝鮮人・韓国人側はその場を借りて堂々と,日本国を告発してきました。これが指紋拒否闘争です。在日朝鮮人が人間であることを,生きる姿勢を,求めていく闘いです。
 こういう闘いに対して同じ同胞社会の人々がどれだけ共鳴したと思いますか。
 民団は初めは“留保”戦術をとったんですが,その後,押しなさいという指令を出したんですね。私は,民団や韓国政府に向かっても,怒りを発しました。「韓国政府も我々在日朝鮮人を人間として認めなさい。外交の道具に使いなさんな。ある時は『留保しなさい』とか『保留しなさい』という指令を出しておきながら,その次には『もう終わったから押しなさい』『法を守りなさい』と言う。“法を守れ”というのは“押しなさい”と同じじゃないか」と。私は,これはソウルで叫びました。「日本にいる在日朝鮮人を人間として,外交の道具に使うな」と叫んできたわけですね。
 それと同時に,私は朝鮮総聯の人にも言いたい。朝鮮総聯の何人かの子どもたちが指紋を拒否して闘っていこうとしたけども,組織の人たちは「押せ,押せ,押せ」とやってきた。なぜか。組織を守るためです。個人が指紋拒否闘争をすると,警察が入って組織に係わってくるかもしれない。だから,組織を守るために個人の人権を抑えてきた。私はそれは困る。組織があって個人があるんじゃない。個人があって組織があるんです。組織は個人の人権を守るためにあるべきだ。
 私たちは,そういう意味でこの指紋拒否闘争は,しっかりと総括をしながら人間であることを叫んだ闘いだと思っています。この闘いで,在日朝鮮人や韓国人は本当に血みどろの闘いをしました。そしてそれと同時に,日本人の有識者も,私たちと肩を並べて闘いました。
 裁判というのは,確かに,原告と被告の双方が法廷で自分の考えを主張するということもあるでしょうけども,露骨な言い方をすれば,ものすごい金がかかります。九州の指紋拒否裁判で400万円使いました。たった1つの裁判で最高裁まで行って400万円です。その費用のうち300万円ぐらいの金が日本人のカンパでした。今,東京の再入国裁判が高裁までいってますが,地裁が終わった段階でもう400万円ぐらい使っています。今はかなり借金があります。

<天皇ヒロヒトの死と朝鮮人>

 私たちがこの資料(『샛별』第10号)をつくるのにも50~60万円かかります。できあがった資料を売って,印刷代を払うのが精一杯です。けれども,“運動”だからやらざるを得ないんですね。この資料がいろんなところへ行って,いろんな人が読んで感じ取ってくれているんですね。私は,特に今回のこの資料の中には,恩赦の問題を少し重点的に入れました。
 実は,名古屋在住のフリーカメラマンの方で,私と個人的に少しつき合いのある方ですが,その方が被爆者の問題を含めて韓国に取材に行くと言うんで,私は彼にこういう助言をしました。「確かに被爆者取材もいいと思うけども,今ちょうど,天皇が死んでからの恩赦拒否の
動きが起こっていることだし,天皇の葬儀を前後した韓国の動きを少し取材してみてはどうなのか。私は,むしろその方を勧める」と。それで,彼はソウルへ行って,ソウルのパゴタ公園で,主に教会の人々が中心になったデモを取材しました。そのデモを規制したのは韓国の警察です。私はこの目で,それを確かに見ました。
 韓国から見た天皇ヒロヒト,これは日本の『毎日グラフ』に載っています。在日朝鮮人にとって“天皇”とは何か。そのことを,私たちはしっかり考えなければなりません。私が天皇によってどういう人間にさせられたかということは,最高裁の免訴判決の拒否のための文章の中で書いてあります。「在日」と言われる我々朝鮮人が,一個の人間として日本で生きていく中にはですね,やっぱり,1つひとつ,いろんなことがあるんですね。
 韓国の民主化運動の中で苦労した人の1人が金大中先生なんですけども,この場で言うのはよくないかもわかりませんが,韓国の使節が日本に弔問に来るということで,私はその使節に反対するために韓国へ行きました。私はまだ,その新聞の原本を見ていませんけども,天皇が死んで一番最初に大使館に駆けつけたのは,一番最初かどうか真偽のほどはわかりませんが,金大中先生でした。金大中が天皇が死んだことを知って弔問に駆けつけて,深々と頭を下げた。その場面を『京郷新聞』が撮って,その写真を一面に載せて報道した。盧泰愚や民団の幹部が行ったというのは新聞の記事になりませんけども,金大中が行って頭を下げたことは,大きな新聞記事となって報道されました。
 このことは何を意味しているのか。どうして金大中が,民主化運動をしていた彼が,天皇が死んだからといって大使館へ行って頭を下げなければならないのか。それほど,日本の資本が韓国に行ってるということなんですね。民主党になろうが,改革されようが,韓国では,日本の資本を無視して政治ができないんです。政治がやれないということを意識したために,金大中は大使館へ行って頭を下げたんだろうと思うんです。でも,私はそれには賛成ではありません。けれども,韓国では天皇の死というのはそういう状況の中にあるわけですね。
 私たちが「在日」のいろんな問題を考えていく中で,本当に人間であることを宣言するとは何か。私は,朝鮮人が人間であることを宣言すると同時に,日本の中における平等を勝ち取らなければならないと思っています。私たちが,人間は生まれながらにして平等であるというね,平等の思想を徹底して勝ち取っていくところに,人間の平等が生まれるんだろうと思います。

<おわりに>

 私が小倉に来た時には,うちの教会の人たちも自分の祖先を語ることを恥ずかしがりました。強制連行で連れてこられたとか,炭坑で仕事をしたことは誇りに思っていなかったんです。けれども私は,聖書を勉強し,聖書を学んだ者として,聖書が,あの選民意識の高いイスラエルの人々にこう語りかけていることに注目しています。「あなた方を奴隷の地・エジプトから導き出した神は…」というところです。「奴隷の地・エジプトから」と,エジプトの地を“奴隷の地”というふうに表現しているんですね。それは,イスラエルの民がどこへ行こうが,どういう生活をしていようが,自分がエジプトで奴隷であったことを肝に銘じておくべきだということです。これは,逆に言えば,在日朝鮮人が奴隷として連れてこられた。そして今も奴隷状況が続いている。それが在日朝鮮人のルーツであり,そのことを肝に銘じて生きていかなければならないということです。
 ということはどういうことか。奴隷であったことが恥ずかしいことではなくて,奴隷を持ったその人たちに恥ずかしさがあるということです。そういう意味で私は,この奴隷のような状況を日本からなくしていくために,在日朝鮮人が同じ人間として平等な権利を勝ち取ることができるまで闘い抜く。それが共なる闘いであるだろうと思っています。
 今日は,呉に来ているにもかかわらず,少し自分の身体を気遣わなければならなかったりしましたが,みなさんとこういう交わりができたことを本当にうれしく思っていますし,横間先生が本当に苦労しながら,こういう集いを持ってくれたことに感謝しています。いろんな場で,いろんな立場で,お互いが人間として生きることができるように,この人間解放の闘いをともに歩んでいきたいと思います。
 감사합니다。(拍手)              (1989.10.28,呉市・山の手会館にて)