◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【「日朝友好広島県民の会」設立一周年記念講演会 ~ 2009年】



二つの国のはざまで


翻弄され続ける家族



(前「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」副代表  蓮 池  透)



<はじめに>
 皆さま,今晩は。本日はお招きいただきまして,誠にありがとうございます。
 
広島は,もう6回目,7回目くらいになりますが,いつ来ても考えるのは,世界で唯一の被爆地ということです。今日は先ほど着いたばかりなんですが,以前,原爆ドームなども見させていただいていますし,先日は長崎の方にもお邪魔しまして,長崎の原爆資料館などを拝見しました。
 
ちょっと,本題からは逸れるんですけども,“核のない世界”というのはオバマ(Barack Hussein Obama, Jr.)大統領が提唱しまして,ノーベル平和賞を先取りしてしまったような感があります。オバマ大統領が,賞をもらったからには,ご自分で提唱されている“核のない世界”という,4月に行ったプラハ演説を早く実行していただいて,核というものを世界中からなくしてしまうという方向に持っていただきたいなというふうに思っています。私も東京電力で原子力の仕事をしていましたので,“平和利用”とは言え,原子力を使うということで,原子力の利用に反対されている方からいろいろなお話をいただいていました。それに対してこちらは,こちらなりの理屈で説明しながら30数年やってきたわけですけども,発電所の方は別にしまして,使った燃料をどうするかとか,核の廃棄物をどうするかということについては,まだ先が見えないところがありまして,どうしたものかというふうに思っているところもあります。
 
オバマ大統領が11月に来日されるそうですけれども,できれば広島・長崎を訪れていただいて,原子爆弾というものがいかに非人道的なものであるかということを実体験していただきたいな,と私も思っています。それに今,平和の祭典という意味で,市長さんレベルでオリンピックの招致という話も出ていますので,オリンピックというのは「一国・一都市開催」というのが原則だそうですが,何とかこれが実現すればいいな,というふうに私は個人的には思っています。

<「制裁一辺倒」論に異議>
  2002年9月17日に小泉純一郎総理(当時)が訪朝して,北朝鮮による日本人の拉致が白日の下にさらされ,それから7年が経過しました。そして昨日,1015日で,5人の拉致被害者が帰国して丸7年が経過しました。今年の9171015も,マスコミはほとんど取り上げていなかったような気がしますし,拉致問題への関心が段々沈静化しているじゃないかというように感じました。とりわけ昨日は,全くと言っていいほど,取り上げるメディアはなかったように思います。メディアが取り上げないということは,国民の皆さんから関心が薄れていくということになりますので,マスコミの皆さんも,こういう節目の917とか1015という日を忘れずに報道していただきたいものだと思っています。被害者5人と家族が帰国・来日した以外,7年間,拉致問題は膠着状態にあります。何の進展もないと言ってもいいと思います。被害者の帰国を今か今かと待っている私たちは,ただ単に年齢を重ねただけで,その苦しみや悲しみはもはや限界に達しようとしています。非常に残念極まりないことです。
 
ところで,私は今まで拉致被害者の救出のためにいろいろ尽力してきたつもりですが,最近の私の言動に関して,「おまえは黙ってろ」とか「余計なお世話だ」とか「足を引っ張っている」とかいうふうに言われます。それは私が「制裁より対話,交渉ではないか」ということを提言したからです。私も当時は「右翼の急先鋒」だと言われて“左”の方から相当たたかれましたが,現在は“右”の人から「変節した」とか「自己矛盾だ」と言ってたたかれていまして,非常にシンドイ部分もあります。でも私は,確かに「制裁一辺倒」という運動の足を引っ張っているかも知れませんけれども,被害者救出の足を引っ張っているつもりは毛頭ありませんので,それだけは申し上げておきたいと思います。
 
私も,もちろん黙っているのが一番楽です。弟は帰ってきましたので,「帰ってきたから一抜けた。あんた達,頑張ってね」と言って,黙っているのが一番楽です。しかし,帰ってきた5人はいつも「自分たちだけが帰ってきて忍びない」と言っていますし,まだ帰ってきていない人のことが常に頭の中にあって,喜びを素直に表すことができない苦しい状況にあります。心の底から喜びを目一杯表現できないという不健康な状態にありまして,その周りにいる私たちも同じような感じを持っています。それじゃあ,どうしたら目一杯喜ぶことができるのかということを考えると,やはり,まだ帰ってきていない人に帰ってきていただいて,みんなで喜ぶしかないんじゃないか思っています。私の母なんかは,ニコニコしていれば「まだめぐみさんがいるじゃないか」と言われますし,ふさぎ込んでいれば「嬉しくないのか」と言われますので,「どういう顔で街を歩いたらいいのか分からない」というようなことを言っています。
 
そういうことから,どうすれば拉致被害者の救出にとって一番いいのかということを,この7年間ずっと考えてきました。そして,物事を深く考えるようになりました。私は今,一部の右翼の方から“変節者”と言われていますが,「“変節”ではなくて,考え方が“進化”したんだ」と自分に言い聞かせて,そういう,自由にものが言えない雰囲気を一掃したいというふうに思っているんです。
 右翼の方がある右翼新聞に投稿したことがあるんですが,それによりますと,私がすごい左翼だと言ってるんですね。「ついに馬脚を現したか」と言うわけです。投稿した人は地元の市会議員なんです。私の両親はもうリタイアしていますが,ともに公務員でした。父は教員で,母は市役所に勤めていました。それで「親父は日教組で,母親は自治労の組合員。それに弟は北朝鮮のスパイ。だから,あいつらは一家揃って左翼だ。これからしっかり監視していかなければならない」というふうなことを書いていました。私がいろいろなことを言って,私についてとやかく言われるのは構わないのですが,両親や弟までそんなことを言われるのは,まったく許せないことですので,間接的にではありますが,強い抗議をした次第です。私たち兄弟が北のスパイで,弟と私が手を組んで,北朝鮮側に立って早く国交正常化を進めることができるように,いろいろな工作をしているんだというストーリーです。とにかく,読んだら笑ってしまうような論文だったんですけども,そういうふうに「北のスパイだ」と言われた時,弟は身内なんですが,非常にかわいそうに思ったものです。

<拉致被害者の真の“自立”に必要なもの>
 
弟たちは国から補助金を,つまり税金を,いただいていますので,税金で衣食住がまかなわれていると思っている人がいるようで,外食に行けば「税金で飯を食っていやがる」と,あるいは旅行に行けば「税金で旅行に行ってやがる」というふうに思われて,「もうこれ以上私たちが納めた税金を使わないでくれ」というような手紙も来ます。弟たちが帰国した当時,ある政治家が,とってつけたような議員立法で「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律(=拉致被害者支援法)という法律をつくりました。毎月30万円ほどのお金をもらっているんですが,簡単に言えば「5年間で自立しなさい」という法律です。来年3月にその5年目がやってくるんですが,その一月30万円というのは,本人が働いて収入が出ますと減額されていくんです。弟もいろいろ働いたり,あるいは本を書いたりして,収入がありますので,それがどんどん減額されているんですが,年収400万円程度になったらほぼゼロになってしまうという補助制度です。今の政府は「支援法は延長する」と言ってるそうですが,弟は「税金をもらってとやかく言われるんだったら,俺はもう要らない」と言っています。「そういう税金をいつまでももらい続けていても,ろくなことがない。俺は自立して北朝鮮と日本を見返してやる」というふうなことを言っています。北朝鮮に対しては相当な恨みがあるんだろうと思うんですが,日本政府に対しても口に出しては言いませんし,言えないんでしょうけれども,相当な思いを持っているんだろうと,私は思っています。
 
弟たちは24年間,北朝鮮にいたわけですが,日本からの救出をあきらめたのは2年目だったそうです。それ以降は,地村さんたちと一緒に北朝鮮で生きていこうと決意したんだそうです。そのためには,日本に帰ることをあきらめること,そして日本に帰ろうと考えないこと,それが北朝鮮で生きていくための唯一の方法,北朝鮮で生きていくためのプラス思考だった,と彼は言っています。
 
自分たちの人生は棄てて,生まれてきた子どもたちにすべてを託して,そして北朝鮮の指導員の言いなりになってさえいれば,身に危険が及ばないということで,段々と相手が考えていることを先回りして,相手が何を求めているのか,何をさせようとしているのかをいち早く察知して,言われる前にそれをやれば,相手に対して非常に受けが良い。受けが良かったら指導員は上に良い報告をする。そうなると,その指導員の地位も上がるし,自分たちの待遇もよくなるわけです。そのため,何と言いますか,相手が何を考えているかを察する技術,つまり人の心を読む技術はものすごく発達したような感じがしますし,24年前に比べて,非常に神経質な性格になったような気がします。
 
そういうことは致し方ないことだとは思いますが,24年間,そんなふうにして一般の方々よりはマシな生活をしていたようですが,ほとんど幽閉生活と言ってもいいぐらいで,不毛な暮らしをしていたわけです。だから私は,この前亡くなられた中川(昭一)さんに「そろそろ補償していただけませんか」とお願いに行ったことがあります。昨年のことですけども,北朝鮮に対して24年間の補償を求めているのはもちろんなんですが,日本政府の不作為についても責任があるので,その辺りの補償をしていただきたいとお願いしに行ったわけです。そうしたら,「そんなのは,予算一本通して法律を作れば簡単なことだ」とおっしゃいました。「それじゃあ,やってくれませんか」と言いましたら,「時期尚早だ。まだ,めぐみさんがいるじゃないか。あんたがそんなことをしたら,相当な非難を受けるよ」と言われました。「いや,そうではありません。レールを敷いておいたら,これから帰ってくる人たちにとっても非常に役に立ちます。そういう制度を作っておいたら,帰ってきた人たちがすぐにその制度の適用を受けて,日本で暮らしやすくなるんじゃありませんか」という話をしましたが,やっぱり「まだ早い」ということで,その話は実現することはありませんでした。でも,私は今も,彼らにとっては,毎月毎月税金を支給するんではなくて一時金のような形で支援金を渡して,後は知らんと言われる方がどんなに楽だろうか,といつも思っています。
 
「一緒に国を訴えようじゃないか」という話を弟にしたこともあるんですが,弟は全面拒否でした。「国を訴えても勝てるわけがない。俺はこの先何年生きられるか分からないけども,今,24年間暮らしてきた北朝鮮の生活よりもさらにいい生活をしようとしてるんだ。だから,裁判は10年,15年かかるかも分からないのに,法廷でその24年間について取り沙汰されたくない。裁判に訴えるのなら,兄貴が受けた心の痛みというか,そういうものに対する補償だけを要求しよう」というふうに言ってるんです。非常に寂しい話なんですけども,そんなことを言ってますし,「絶対に自立するんだ」と言ってます。
 
ただ私は,「拉致被害者が帰ってきたら,その人たちが帰ってきた後のことは,生活とか言動なんかも含めてすべて,政府が保証します」ぐらいのことは言わないと,帰ってこないんじゃないかと思います。たまたま,うちの場合は両親が生きていましたので,何とかしのげたんですが,もし帰ってきたら身寄りがなかったとか,あるいは帰ってきたら介護が必要な両親が待ち受けていたというようなことだったら,ほとんど,帰ってくる気持ちにはならないんじゃないかという気がするんです。政府には,そういうことも考えていただいて,どうすれば被害者が帰って来やすい環境をつくれるかということも考えていただきたいとお願いしているんですが,なかなかそうはなりません。非常に残念なことなんですが,家族会の方々の中にも「それを言うのは時期尚早だ」と言われる方がいまして,「そこをやってしまったら,被害者に補償して幕引きになってしまう。それは困る」というふうなことを言われたこともあります。

<鳩山首相の国連総会一般討論演説>
 
何年にもわたる時の流れの中で,政治の世界には大きな変化が到来しました。自民党から民主党への政権交代で,様々な政策分野で自民党政権との対立軸を明確にするということが言われていますけれども,民主党政権が,永きにわたって滞ってきた対北朝鮮外交で果たしてどのような政策をとるのかを,政権交代から1ヵ月の間,注目してきました。しかし,現時点では旧態依然としたままのようでありまして,非常に残念に思います。一昨日(1014),自民党政権時代の拉致問題対策本部が一部組織変更されましたが,新政権内の拉致担担当相で,副本部長に就任された中井洽代議士は「ますます北朝鮮に対する圧力をかけていく」というふうなことをおっしゃっていました。これでは,自民党政権時代と変わらない,あるいはもっと厳しい政策をとるのではないかと,ちょっと心配しているところです。
 
日本時間では深夜でしたので,その全体を報道したメディアはなかったように思いますが,9月24日の国連総会の一般討論演説の中で,鳩山(由紀夫)首相は北朝鮮問題について3点にわたって演説しています。1つは「北朝鮮による核実験とミサイル発射は,地域のみならず国際社会全体の平和と安全に対する脅威であり,断固として認められない。北朝鮮が累次の安保理決議を完全に実施すること,そして国際社会が諸決議を履行することが重要である。日本は6者会合を通じて朝鮮半島の非核化を実現するために努力を続ける」,2つ目は「日朝関係については,日朝平壌宣言に則り,拉致,核,ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し,不幸な過去を誠意をもって清算して国交正常化を図っていく」,3つ目は「拉致問題については,昨年に合意した通り速やかに全面的な調査を開始する等の,北朝鮮による前向きな行動が日朝関係進展の糸口となるであろう。そのような北朝鮮による前向きかつ誠意ある行動があれば,日本としても前向きに対応する用意がある」という3つです。この内容については,ほぼ共感・共鳴できるものなんですが,一部不満もあります。
 
この演説の中で,鳩山首相は「諸懸案を包括的に解決する」というふうに言っておられるんですが,この“包括的”という言葉は従来からずっと使われてきているものです。でもこの言葉は,聞こえはいいかもしれないんですが,私にはご都合主義の逃げ口上としか思えません。核やミサイルの問題と拉致の問題というのは全く次元の異なる問題です。核というのは全世界に脅威を与えるものですから,全世界が核廃棄や非核化に向けて努力しなければいけないのは当然のことですが,拉致問題はあくまでも日朝間の問題です。日本は拉致問題単独できちんとした戦略を持つべきだと,私は考えています。
 
それから,「北朝鮮が前向きな行動に出た場合には日本側も行動する用意がある」と,まるでボールは北朝鮮側にあるような発言をされているんですが,私には異論があります。と言いますのは,昨年夏(8月12)の合意は,北朝鮮の調査委員会の設置と日本の制裁緩和の2つを同時に行うということ,つまり“同時行動”が原則であったわけですから,現状では日本側が先ず行動の意思表示をして北朝鮮に同時行動を促すべきだ,今ボールは日本側にあるんだ,と私は思っています。
 
鳩山演説にちょっと戻りますが,それでは,鳩山さんはどうしてこの演説内容を日本国民に向けて発信しないのでしょうか。「まだ国会開会前だから…」と言われるのかもわかりませんが,ぜひとも,これを広く国民の皆さんに向けて発信してもらいたいと思っているところです。“平壌宣言”とか“国交正常化”とか“過去の清算”とか,そういうことについて何も書いていない新聞があるんですが,私には,意識的にそうした問題をカットしているんじゃないかと思えて仕方ありません。ぜひとも鳩山さんには,もう一度はっきり,この3項目を日本国民に向けて発信していただきたいと思います。鳩山総理が拉致被害者家族と面会した際にこの3項目の内容を伝えたということも私は聞いていません。
 ちょっと話が逸れるかもわかりませんが,被害者家族にあった時,鳩山総理はまたブルーリボンバッジを渡されたそうです。「今度はつけ続けて下さい」という要望があって,鳩山総理はその場でつけておられましたが,オリンピック招致演説に行く時にはもう外しておられました。それから帰ってきて2,3日間はつけておられましたが,今はもう外しておられます。「読売新聞」が「総理の決意はいかにバッジをつけ続けるかに現れている」というふうなことを書いていました。でも私は,日本の総理が拉致被害者救出のシンボルであるブルーリボンバッジをつけるのは結構ですけども,毎日つけておく必要があるかということになると,それは疑問に思います。日本にはいろいろな運動があり,いろいろなシンボルマークがあります。ピンクリボンもあれば,レッドリボンもある。日本の総理というのはそれらすべてを解決する責務があるわけです。ですから,総理大臣が拉致問題のシンボルであるブルーリボンバッジだけをつけているというのはおかしいと思います。つけるのであれば,それらを全部つけなければいけないはずです。そうなると,それこそ何個胸につけなければならないか。そう考えたら,閣僚もそうですが,そういう日本を代表する人たちが,ブルーリボンバッジだけをつけているということには,私は違和感を覚えるわけです。
 少なくとも民主党政権は,この7年間,自民党政権がとってきた対北朝鮮政策を検証・総括する必要があると思っています。なぜ膠着状態が続いているのか,存続すべきは存続して正すべきところは正していかなければいけないと思っています。自民党政権は,金正日政権は倒れて当然だというような発言をしています。でも私は,自民党政権を支持してきたわけでもありませんし,この度の政権交代は,対北朝鮮政策で言えば,従来とは異なった方向へ大きく舵を切る一つのチャンスではないかと思っています。北朝鮮がなぜ日本を相手にしないのか,何を怒っているのか等について,北朝鮮の立場に立ってよく考えてみなければなりません。今がチャンスですし,今を逃したら,この膠着状態がまた何年も続いてしまう恐れがあるんです。民主党政権は今までの自民党政権時代の政策に間違ったところがあれば,すべて旧政権の責任として切り捨てることができるんです。北朝鮮側に対しても,「あれは旧政権のやったことだから…」という言い訳ができるわけです。ですから私は,どうしても舵を切ってもらいたいと思っているんです。このまま同じことを続けていたら,民主党政権には変わったけれども,解散がない限り,今後4年間は膠着状態が続くのは火を見るより明かだと言えると思います。

<拉致問題の解決と程遠いアメリカ頼り>
 
今日(1016),拉致問題担当大臣の中井さんが韓国へ行くとおっしゃっています。韓国の黄長燁(ファン・ジャンヨプ,황장엽)氏を日本に招聘するんだそうです。実現するかどうかは分かりませんが,長燁さんという方は10数年前に南へ亡命した方です。そういう方を日本に呼んで情報を得たとしても,10数年前の情報でしかありませんし,彼は主体思想をつくった人で,拉致問題はそんなに詳しくないと聞いています。そもそも,この問題で韓国と協調したり,アメリカに頼んだり,あるいはタイやルーマニアと協調するとかいうような国際関係を築いていっても,それは遠回りしてしまうだけです。日朝間で解決するのが一番なんです。
 
それなのに,自民党政権時代もそうでしたが,いろいろな場で世界各国の首脳の理解を得たと,まるで手柄でも立てたかのように言うんですね。G8やG20,あるいはサミット(主要国首脳会議)で各国首脳にこの拉致問題の重要性を訴えて理解を得たと言うんですが,「理解を得てどうするんだ」と私は言いたいです。「これは人権問題だし,大変な問題だから理解してくれ」と言ったら,「理解しない」という人はいないはずです。それは何の成果にもなりません。ましてや,日本政府は拉致問題に対してちゃんとやってるんだというポーズのためにだけやっているとしたら,全く意味のないことだと思います。たまには他の国の首脳が「ちょっと待ってくれ。いったん母国へ持ち帰って考えさせてくれ」というぐらいのことを提起するんじゃないと,この問題は解決の方向に進んでいかないんじゃないかと思います。
 
私は,アメリカに頼るようになったら終わりだと思っています。アメリカが日本人を助けてくれるということはあり得ないことです。私もアメリカへ行って上・下両院の議員に会いましたが,アメリカの議員のリップサービスはものすごいんですね。「アメリカだったらとっくに海兵隊を出してるよ」と言われて,力強い言葉だったので,ちょっと嬉しくなったんですが,よく考えてみたら,アメリカが海兵隊を出して,その手で日本人を助けてくれるかと言えば,その保障は全くありません。アメリカは,あくまでもアメリカの国益を追求するというのが当然のことで,日本人を助けてくれるわけがないと思います。それなのにアメリカに頼んで,横田早紀江さんがブッシュ(George Walker Bush)前大統領に会ったということをもって,日本政府はこの問題にきちんと対応しているんだというポーズをつくっているわけです。早紀江さんがブッシュ大統領に会った時,ブッシュは「横田さん」とか「早紀江さん」とか,あるいは「めぐみさん」とかいう言葉を口にしたと思いますか。そんな言葉は一切,口にしませんでした。その程度の認識だったんだろうと思います。アメリカの大統領に会って「助けて下さい」と言うのは,実は,日本政府が何もしていないということの裏返しなんです。私は,あまりアメリカに頼ってほしくないと思いますし,アメリカに頼むのは日本人として恥ずかしいことだと思います。「今,日朝間にはまったくパイプがないので,米朝間にあるチャンネルを使わせてもらって,日朝で話し合いをしたい。何とか取り持ってもらえないか」という程度のお願いならしても構わないと思うんですが,「アメリカさん,何とか助けて下さい」というのは,大きな間違いだと思います。「11月にオバマ大統領が来日する時にオバマさんに会わせてくれ」と言っている人が,またいるそうです。でも,それは鳩山首相の顔を潰すことになりますので,その辺りのことを加味してよく考えていただきたいと思っているんですが,パフォーマンスでオバマ大統領と被害者家族の面会というのが今度もあるかもしれません。

<「経済制裁」という愚策>
 
この7年間を振り返る形で,なぜ北朝鮮が日本を相手にしなくなったのか,何を怒っているのか,その背景を自分なりに分析してみたいと思います。
 
5人の拉致被害者とその家族が帰国して以後,日本政府がとった政策は経済制裁ですが,私も経済制裁は一つの手段だと考えていました。ただし,経済制裁というのは平和的な解決と武力行使の中間にある手段ですから,戦争を放棄しているわが国にとっては最後の手段です。ですから,実施するにあたっては被害者の救出につながるような戦略的な制裁であるべきだと,私は主張してきたつもりです。つまり,どういう動機づけで,どういうシナリオで,どういう展望を持って,制裁を実施すれば被害者が救出されるのか,しっかり知恵を絞った上での制裁を私は訴えてきたわけです。
 
ところが,2006年の北朝鮮の核実験が発端ですが,実際に制裁が実施されてみると,拉致問題は付けたりでした。「核実験?けしからん。制裁だ」ということになったんですが,その時,拉致問題もあるということで付け足されたわけです。そこには,私の言ってきた戦略はまったくなかったと思っています。闇雲な経済制裁というのは,北朝鮮の感情を悪化させ,彼らの結束を固めさせるだけで,被害者の救出にはつながりません。にもかかわらず,当時の政府が経済制裁にこだわった理由は,拉致問題に対する基本姿勢が“逃げ”だったからです。とりわけ「被害者家族の言う通りに経済制裁を実行した」ということを言い訳にして,タフで面倒な交渉を回避して,机の上で指示できる経済制裁へと“逃げて”いったんだと思いますが,政府が拉致問題解決のために取り組んでいる姿を見せるための,日本国内向けのパフォーマンスだったという考え方もできるのではないかと思います。これではまったくの思考停止状態だと言うしかありません。
 マスコミは,安保理決議の時もそうでしたが,制裁がいかに強まるかというところに焦点を当て,制裁の強弱だけを尺度にして報道しているような気がしてなりません。マスコミは「制裁が効いている」とか「効いていない」とかいうことをよく報道するんですが,制裁効果というのは,本来であれば,北朝鮮側が拉致被害者を返す方向へ姿勢を転じたとか,そういう方向性を打ち出したとか,そういう姿勢の変化の有無をもとに論じられるべきだと思います。でもマスコミは,「経済制裁で北朝鮮がいかに困っているか」とか「中朝国境で朝鮮籍の人たちの商売が破綻している。経済制裁が効いているんだろう」などという報道をしているんですね。これは完全に,“手段”が“目的”化してしまってるんですね。そういう中で松茸なんかについても, “松茸ローンダリング”と言うんだそうですが,「北朝鮮は松茸を日本に輸出できなくなった。だから,松茸をいったん中国へ出して,中国でラベルを“中国産”に替えて日本へ輸出している。こういう抜け道があるのはまずい」というふうな論陣を張っているわけです。
 私は,制裁効果の有無を北朝鮮の人たちがいかに苦しんでいるかどうかということに置き換えて報道しているマスコミはおかしいと思いますし,実際に経済制裁で苦しんでいるのは,境港港の水産業者の方々や在日コリアンの方々ではないでしょうか。経済制裁によって,在日コリアンの方々の母国への送金が制限をされているというのはあるんですが,それ以外にも,私はある所で,北朝鮮宛の手紙を郵便局に持って行ったら,受付を拒否されたという話を聞きました。それに,制裁が始まって以降,朝鮮学校の生徒たちがチマ・チョゴリを着なくなったという話を聞いています。私は東京の田舎の方に住んでいるんですが,近くに朝鮮学校があります。以前はチマ・チョゴリ姿で通学しているのをよく見かけていたんですが,最近は全く見られなくなってしまいました。“普通の格好”と言うとおかしいんですが,日本人と同じような格好をして通学しているんですね。学校に着いたらチマ・チョゴリに着替え,そして下校する時にはまた着替えて,帰宅しているんだそうです。
 今でも「経済制裁を強めろ」という話があるんですが,先日,温家宝首相が訪朝して,経済援助を約束しました。ということは,日本がこれ以上何かをしても,結局はそれを中国が補ってしまうという構図になったということですから,この経済制裁というのは全く意味のない,思考が停止した策だというふうに考えています。

<拉致問題対策本部の“仕事”ぶり>
 
それから,2006年9月に「拉致問題対策本部」が設置されました。対策本部というのは,情報を収集して,どうやって被害者を救出するかという戦略を練る部署であるはずなんですが,何をやっているかと言うと,日本国民に対する拉致問題の啓発活動をやってるんですね。テレビCMを作ったり,ポスターを作ったり,めぐみさんの映画(めぐみ―引き裂かれた家族の30)DVDを作ったり,あるいは漫画を外国語に翻訳して海外に配っているんです。それから,エコはがきという広告つきのはがきがあるんですが,その広告のところに「拉致被害者を必ず取り戻す」というメッセージをつけて,日本郵便から発売するというようなこともやっています。昨年の暮れには,「拉致被害者を必ず取り戻す」と書かれた拉致被害者の写真を掲げた大きな10トントラックを先頭に,私たちは繁華街を練り歩きました。まるでジャニーズの宣伝カーのような感じで音楽を流しながら,新宿や銀座を練り歩いたのを思い出します。それ以外にもコンサートを開いたりしていますけども,結局,それは何のためにしているのかと言えば,「この平和な日本から何の罪もない日本人を連れ去った北朝鮮はけしからん」ということを印象づけて,北朝鮮に対する敵対感情を煽っているだけです。そこには時系列的な考え方というものはまったく存在していません。とにかく,北朝鮮は悪い国,けしからん国だと訴えているだけです。対北朝鮮感情を悪化させていると言うか,あくまでも悪いイメージしかない敵国にしようとしているわけです。政治家の中にも,一般の人々の中にも,そういう状況になっていた方がいいと思う輩がいるのかも知れませんが,そういう憎しみや怒りでナショナリズムをまとめていくというのは非常に危険なやり方だと,私は思っています。
 
皆さんにも,この「拉致問題対策本部」のホームページをぜひ見ていただきたいと思っています。政権が変わりましたので,今はどうなっているのか分かりませんが,ホームページに「アイディア募集」というのがあるんですね。私はこれを見てあ然としまして,「対策本部が“アイディア募集”とはどういうことですか」と聞いてみたんですが,そうしましたら,係の人は「あれは啓発活動のアイディアの募集です」と言うんですね。これを聞いて私は,「それにしても対策本部がホームページでアイディア募集をしているようではもう末期症状だね」と言ってしまいました。
 そして,自民党政権下では全閣僚がこの対策本部に関与していたんですが,新政権では閣僚を拉致担当大臣と外務大臣と官房長官の3人に限定して新たな対策本部を設置しました。総理大臣が本部長で,その3名が副本部長です。「より機動性を持たせて,より圧力を強める」ためで,対策本部に充てる予算は今までの4倍にするんだそうです。予算を4倍にして,また宣伝するんでしょうかね。非常に心配です。

<日本政府の4つの失敗>
 話は,2002年9月17日に戻りますけども,この日以降4回,日朝間では拉致問題の政治決着が企てられ,すべて日本側が裏切る形で失敗に終わって,そのために日朝関係がもつれてしまったと,私は考えています。

❐9・17(日朝平壌宣言の日)を巡って
 
4回あるんですが,その一つは“917”そのものです。私は,あの日は謀略の一日だったと思っています。その日,私たちは国会の議員会館で日朝首脳会談の行方を見守っていたんですが,外務省には「飯倉公館」という首脳会談や外相会談等が行われる迎賓館があって,外務省からそこに移るように言われたんですね。「情報がないんだったら我々は行きません」と言ったんですが,「情報は必ずあります」と言われて,私たちは大型バスで飯倉公館に移動しました。私は,飯倉公館に行くんだったら,日朝間に何か回線でもつながっていて,テレビ電話のようなものが見られるんじゃないかという期待もしながら行きました。非常に大きくて広い応接室に通されましたが,中央に大きなテレビが置いてありました。ひょっとしたら,このテレビで平壌の様子が見られるかも知れないと思ったりしていたんですが,なかなかテレビをつけてくれないんですね。それで外務省の人に「テレビをつけて下さい」と言うと,「いいですよ」ということでテレビをつけてくれたんですが,それは,平壌の様子ではなくて,NHKの総合テレビでした。
 
ちょうど,NHKのニュース速報が流れていました。拉致被害者が9人生存しているというニュースです。私は「9人?9人って誰だろう?」と思ったんですが,そういうことを話している家族はいませんでした。そしたらすぐに訂正が入って,「9人ではなくて数人でした」と言うんです。私は,とても無責任なニュース速報だと思って腹が立ったんですが,そのことは言わずに,「なぜ外務省でNHKを観なければいけないのか。おかしいじゃないか。我々はNHKテレビを観るためにここへ来たんじゃない」と外務省の係官に言ったんです。そうすると外務省は,「皆さんの家族の命に関わる重要な問題ですから,今,最後の詰めと確認を行っているところです」と言うんですね。
 
それから1時間ほど経って,ようやく横田さん一家が別室に導かれました。20分くらいで横田さん一家は帰ってきましたが,早紀江さんの目は真っ赤で,何も語りかけることができませんでした。早紀江さんは「うちはダメだったけど,お宅らは大丈夫よ」というふうなことを言っていました。そして,その後は一家族ずつ順番に別室に呼ばれて話を聞いたわけですが,後から話を聞いてみると,当時の福田(康夫)官房長官と植竹(繁雄)外務副大臣がはっきりとした口調で,「非常に残念ですが,お宅の息子さん(あるいは,娘さん)はお亡くなりになりました」と断定・宣告したということでした。「いつですか」「どこでですか」「どうしてですか」…。どんな聞き方をしても,「それは分からないが,とにかく死んだんです」と言うだけだったそうです。
 
そして,最後に私たちが呼ばれました。福田さんが対応してくれたんですが,「家族会は一つの家族みたいなものだから,こんなまどろっこしい,順番にやるようなことをしないで一度にやって下さい」と,うちの母が言い終わらないうちに,福田さんが,「あなたとは違うんです」という例の口調で,「黙って聞きなさい。あんた方の家族は生きています」と言うんですね。「だから,文句言うことはないだろう」と言わんばかりの言い方でした。私が「ほかの方たちはどうされたんですか」と聞くと,「残念ながら亡くなられました」とはっきり断定されました。「証人がいる」と言われました。梅本(和義)さんという当時の駐英公使が平壌で確認したというわけです。
 
梅本さんは駐英公使ですから,私たちが本人に会って話を聞くことはなかなかできないんじゃないかと思っていたんですが,幸運にも,すぐ翌日に会うことができました。横田さんはめぐみさんが死んだと言っている証人に会いに行くということで,相当の覚悟をして外務省に来ていたはずです。でも梅本さんの話は,「娘さんのキム・ヘギョン(김혜경)さんが来て,『お母さんは亡くなった』と言っていた。お父さんはなかなかお母さんの話をしてくれないし,お墓もどこにあるのか分からない」というような話でした。それから,お母さんのゆかりの品ということで,バドミントンのラケットカバーを持ってきていたそうですが,そのカバーには横田さんの「田」という文字が辛うじて見えたという話でした。私が「ヘギョンさんにあった時の話は分かったんですが,あなたはどうやって横田めぐみさんの死亡を確認されたんですか」と聞きましたら,梅本さんは「私は死体を検分したわけではないので,確認などしていません」と言うんですね。それで,「それじゃあ,昨日のあの断言は何だったんですか」「いや,我々は確認はしていません」「だったら,訂正して下さい」というやり取りの中で,「マスコミは裏も取らずに号外を出して,『5人生存,8人死亡』と大々的に報道しています。我々はもう“遺族会”と呼ばれているんです。中には,『めぐみちゃんのご冥福をお祈りします』とまで言ってるニュースキャスターもいます。外務省にも記者クラブがありますから,そこで会見して,拉致被害者が死亡したというのは伝聞情報に過ぎなかったということを日本中に伝えて下さい」と言ったんですが,外務省の係官は「上司に相談する」「上司に相談する」の一点張りです。私は,「梅本さん,あなたの名誉に関わる問題ですよ」と言ったんですが,梅本さんも「上司に相談する」の一点張りでした。それで,私たちは仕方なく,自ら記者クラブに行って記者会見をしたんですが,「時すでに遅し」で,“8人死亡”という情報が日本中に広まってしまったわけです。
 
国交正常化を急ぐあまり,「拉致問題を早く解決したい。どうしたら拉致問題の解決を早くできるか」ということだったんだろうと思います。事前の水面下の交渉がすすむ中で,金正日(キム・ジョンイル,김정일)総書記は,「拉致を認めて謝罪したら国交正常化の方向へ進めるし,正常化したら莫大なお金が入る。それなら,恥を忍んで拉致を認めて謝ろう」と考えたんですね。
 
「5人生存,8人死亡」ということですが,私にはその数字がいつ出てきたのか分かりません。その数字がいつ出てきたのか,私は水面下で交渉していた人に聞いてみたいと思っています。当日の朝だったという話もありますが,もしそうだったら段取りが良すぎたのではないかと思っています。我々を移動させて,飯倉公館へ行かせて,そこで「8人死亡」ということを既成事実化しようとしたんです。「政府が宣告したら,家族はあきらめて葬式を出すだろうから,日本政府ナンバー2の官房長官が家族に宣告する」という幼稚な方法です。大昔なら信用された話かも知れませんが,現在の日本でそんな話は通用するはずがないんです。そこには,拉致被害者の人格とか人権とか尊厳などが一切存在していない,あるいは配慮されていないと言いますか,そういう非情なものだったと思っています。「8人は死んだからあきらめて葬式を出してくれ。5人は生きているし,平壌がいいと言ってるから,会いたければ家族が平壌へ行け」というシナリオだったんでしょう。
 
それじゃあ,どうして私たちを飯倉公館に呼んだのか。それは,私たちをマスコミから隔離するためだったんだろうと思います。「○○さんが死んだ」という情報が出たら,きっと私たちはマスコミの前で騒いだと思うんです。そうなると,国交正常化に向けた動きに支障が出てきますので,私たちをマスコミから隔離しなければいけないということになったんでしょう。それと,小泉さんが「平壌宣言」にサインするまで巧妙に時間を稼いだんだろうと私は考えています。
 こうした経過の中で「日朝平壌宣言」は締結されたんですが,「8人死亡」というシナリオが成立するはずはなく,国交正常化のための政治決着というのは,結局は失敗に終わったわけです。私は,この“陰謀”と言いますか“謀略”と言いますか,その事実に対しては非常に複雑な思いをしています。もし,この「一日で拉致問題を解決する」というシナリオがもっと精巧に練られていたら,8人は完全に死んだことにされて,今頃は,私たちが「平壌詣で」をしている可能性も充分あったわけです。そのことを考えたら,非常に複雑な思いがするんですが,とにかく第一回目の政治決着は失敗に終わったわけです。

❐5人の「一時帰国」を巡って
 
2番目は5人の被害者の「一時帰国」をめぐる問題です。拉致された人間がどうして「一時帰国」ということになるのか,私にはよく分かりませんでしたが,「今回は子どもを連れて帰らない。次回は家族全員で帰国する」という北朝鮮との約束があるという話を,私は政府からはっきり聞きました。それでも,「帰ってこないよりはいいから…」ということで受け入れたんですが,私は端から「一時帰国」などあり得ないと思っていました。それで,「絶対に北朝鮮には戻さない」という決意で5人に相対したんですが,羽田でタラップから降りてきた弟の姿を見て,私はがっかりしました。24年前の弟とは全く異なる姿だったんです。それに,話をしてみてもとんでもないことを言うわけです。北朝鮮の人たちとまったく同じことを言うんです。「日帝や米帝が強大な軍事力で小国を圧倒している。けしからん」「アフガンに侵攻したのはアメリカだけども,日本も手伝っている。今度はイラクだ」,あるいは「主体思想はすばらしい」と言うんですね。「おまえは被害者だ。拉致被害者だという認識をきちんと持て」と私は言ったんですが,弟は「拉致は許した」と言うんです。「何で許せるんだ」と聞いたら,「ある人が俺のところに来て謝った。だから拉致は許した」と言うんですね。
 
彼らは“帰国”じゃなくて“来日”しただけなんです。じゃあ,何をしに“来日”したのかと言えば,先ず第一に,拉致被害者が生存しているということをアピールするためです。その次は,短期間でもいいから両親に孝行して,そして両親に平壌へ来るように促すためです。特に横田さん夫妻にはいろいろな情報を渡して平壌に来るように促したと聞いています。彼らはそういう重い責務を背負わされて“来日”したんです。
 
5人が日本に着いた時,マスコミの人たちから記者会見を開いてほしいと要求されました。その時,私はコーディネーターみたいなことをやっていましたので,「一言でいいから,何とかしゃべってくれ」と言ったんですが,「嫌だ」と言われました。「何でもいいからしゃべってくれ,頼む」と執拗に頼み込んでようやく記者会見をさせたんですが,曽我さんは本当に「とても会いたかったです」の一言でした。今,あの時の状況を考えたら,背筋がぞーっとします。もしあの記者会見で,「金日成(キム・イルソン,김일성)主席万歳!金正日総書記万歳!共和国万歳!」とでも言われてしまっていたら,すべてアウトだったと思うんです。弟にその話をしたら,「拉致被害者がそこまで言う必要はないだろう」という事前の打ち合わせができていたんだそうです。でも今考えてみると,とてもぞっとするような話で,危ない綱渡りのようなことをしていたんだなぁと思います。
 
羽田に着いた時,5人は一滴も涙を流しませんでした。迎えた側はぼろぼろに泣いていたんですが,弟たちは涙を一筋も流しませんでした。どうしてかと言うと,涙を流すということは,過去を否定することになってしまうし,いかに苦しい生活をしていたかという証明になるわけです。だから,それは絶対にやってはいけないことだったんですね。あの金英男(キム・ヨンナム,김영남)さんも,韓国で家族に会った時,涙を流しませんでした。おそらく,北朝鮮での生活を否定することは禁じられていたんだと思いますし,たとえ禁じられていなくても,自分たちにはもう分かっていたんだろうと思います。24年間も北朝鮮で暮らしていたら,どういうことをしたら彼らが喜ぶかということは充分に分かっているはずなんです。だからこそ彼らは,“使節団”として,日本に送り込まれたんです。「5人は“人畜無害”だから一時帰国が許されたんだ」と言う人もいますが,私は,それは違うと思っています。
 
いずれにしても,5人は北朝鮮に帰る日のことを相談したりしていましたし,政府が作ったスケジュール表の中にも<お土産の購入>という項目がありましたので,日本政府が5人を北朝鮮に戻すつもりでいたのは間違いありません。でも,私はその時,何とか5人を引き止めようと思ったんです。非常に残念だったのは,日本政府・外務省も,マスコミも,多くの国民の皆さんも,「家族会」や「救う会」も,5人は当然,北朝鮮に戻るものだと思っていたことです。誰も止めてくれませんでした。止めたのは私だけだったんです。うちの両親なんかも,カレンダーを見ながら,出発予定日までに残されている日数をカウントダウンするだけでした。
 
それで,「東京にいたら何もできないので,とにかく故郷へ行くしかない」と考えまして,故郷へ連れて帰りました。故郷に帰ったら少しは心を開いてくれるかと思っていたのですが,「敵も然る者」で,日本人だというアイデンティティーをなかなか取り戻してくれませんでした。私たちはいろいろなことをやりました。日本のパスポートを取る,婚姻届を出す,子どもたちの出生届を出す,失効している運転免許証を特別に頼んで再交付してもらう,…。そんなふうに,「自分は日本人だ」とか「昔はこんな生活をしていたんだ」ということを思い出してもらえるようなことをたくさんやったんですが,なかなか意固地でした。地村さんはそうじゃなくて,東京にいた時から「もう北朝鮮には戻りたくない」というようなことを言ってたんですが,うちの弟は頑なで,なかなか考えを変えてくれませんでした。
 
私は脅しました。「羽田であれだけ大騒ぎになって顔が売れてしまったんだから,当然,北朝鮮でも拉致被害者・蓮池薫というのは知れ渡ってしまったはずだ。今までは自分の身の上を隠して暮らしていたけども,拉致被害者だと分かった途端におまえらは,北朝鮮へ戻っても今までの生活はないし,子どもたちの未来はないぞ」と脅しましたし,ウラン濃縮疑惑がありましたので,「今,北朝鮮は核問題で揺れているから,拉致なんてもうどうでもよくなっている。だから,北朝鮮に戻っても今までの生活はないし,子どもの未来もないぞ」と脅しました。脅したり煽したり,本当にいろんなことをやりました。
 笑い話みたいなこともありました。彼らは,日本滞在中の小遣いとして,北朝鮮から100ドル札で10枚,1000ドルもらってきていたんですが,それを円に両替したいと言うので銀行に連れて行ったら,銀行は「100ドル札は偽札が多いので鑑定します」と言うんですね。それで鑑定機にかけたら,3枚ひっかかったんです。こう言えば冗談に聞こえるかも知れませんが,私はその時,「やった!」と思いました。「弟は“偽札所持”でもう日本から出られない。強制的に出国を止められる」と思ったんですね。ところが,行員が「うちの鑑定機はちょっと古いので,向かいの銀行に行ってみて下さい」と言うものですから,そうしてみると10枚全部さっと通ってしまって,私が期待した「“偽札所持”による出国禁止」というのはダメになってしまったわけです。
 いずれにしても,弟はその時,「日本に残って親をとるか,北朝鮮に戻って子どもをとるか」という究極の選択を迫られていたわけですが,弟に聞いてみますと,「そういう選択はできなかったし,両方とりたかった。そのためには,非常に確率は低いかも知れないけども,日本に残って北朝鮮から子どもたちを迎えるしかないという決断を下したんだ」と言ってました。妻の
祐木子は猛反対だったそうです。「早く北朝鮮へ戻って子どもたちに会いたい」とか「冷蔵庫に両親を迎えるために用意した松茸がしまってある」というふうなことを言って,猛反対したんだそうですけども,弟は「そんなことはいい。俺が決める」と言って,妻をなだめたんだそうです。子どもが帰ってきた時には「奇跡だ!」と言っていました。おそらく「子どもたちを返すわけがない」と思っていたんだろうと思います。
 
ものすごい葛藤の後に,ようやく弟たちは,「日本にとどまる」ということを決断してくれたんですが,日本政府にそのことを伝えると,「これは北朝鮮との約束だから,戻ってもらわなかったら困る」と言う人と,「本人が戻らないと言ってるんだから,日本にいてもらえばいいじゃないか」と言う人がもめたんだそうです。「安倍(晋三)さんと中山(恭子)さんが5人を一生懸命引き止めた」ということがよく言われたりしているんですが,あれは嘘っぱちです。引き止めたのは私で,5人の結論を政府に伝えてから,“滞在延長”という見解を出させるのに安倍さんと中山さんが尽力してくれたというのが真実です。その結果,福田官房長官が嫌そうな顔で「滞在延長」と言ってくれましたので,5人は日本に残ることができたわけです。もし日本政府の“滞在延長”の決定がなかった,弟たちがいくら日本にとどまりたくても,日朝間の約束ができていたわけですから,北朝鮮に戻らざるを得なかったわけです。
 結局,私にも責任はあるんですが,弟たち5人を日本に派遣して,日本の世論を何とか沈静化させて国交正常化につなげたいという目論見は失敗に終わったということです。それまでの失敗に学びもしないで,性懲りもなく,日朝間で「永久帰国」ではなくて「一時帰国」という不合理な約束をしてしまったんです。そういうふうな,被害者を利用した政治決着は実現するはずがないということだと思います。ただ外務省は,日本国内では「そんな約束なんかなかった」と言ってるんですね。北朝鮮とはしっかり握手して約束しておきながら,日本国内では「そんな約束などなかった」と言ってるわけです。こんな二枚舌を使っているようでは,日本政府はとても外交などはできないんじゃないかというふうに思います。

❐家族の帰国を巡って
 
そして,三つ目は小泉さんの再訪朝です。5人の家族を帰国あるいは来日させることで拉致問題の進展を証明し,国交正常化を図ろうとしたわけですが,5人の子どもたちを連れ帰ってきた小泉さんに対して,「家族会」は「最悪だ」とか「プライドはあるのか」とか「子どもの使いだ」とか,相当失礼なことを言って,日本国民の皆さんから反感を買ってしまいました。あれで小泉さんは拉致問題に対する情熱を失ってしまったと,私は思っています。もしあの時,「今日は非常に有益な,最高の一日でした。5人も子どもたちを連れて帰って下さってありがとうございました。今度は私たちの番ですから宜しくお願いします」と言ってたら,小泉さんはもう1,2回,あるいは,もう3回ぐらい平壌へ行ってくれたかもしれません。私たちは,ただ一人,自らの手で行動してくれる政治家を失ってしまったわけで,今考えてみると,非常に残念です。それで,拉致問題の解決を訴えて国交正常化に結びつけようとした政治決着も,結局は失敗に終わったわけです。

❐めぐみさんの遺骨を巡って
 四つ目は横田めぐみさんの遺骨の問題です。めぐみさんの遺骨を出すことでめぐみさんの死亡を証明して,日本の世論を鎮めようとしたわけです。おそらく日本政府・外務省は,「めぐみさんが死んでいると言うのなら,証拠を出しなさい」と北朝鮮側に迫ったんだと思います。それに対して,北朝鮮側は「それでは骨を出します」と応じて,遺骨を出してきたわけです。骨は1200℃以上の高温で焼いているので絶対に鑑定できないはずですし,鑑定不能だったら,日本側は偽の骨だとは言えないわけですね。日本側もそういうことを念頭に置いた上で約束したんだろうと思います。横田めぐみさんというのは拉致問題のシンボルですから,めぐみさんが亡くなったということが分かったら日本の世論は鎮まって,国交正常化に向かえるんじゃないかという思惑だったんだろうと思います。その思惑通り,科学警察研究所では骨の
DNA鑑定は不能でした。ところが,帝京大学のDNA鑑定で偽物だということが判明して,日本の世論は国交正常化どころか,ますます北朝鮮批判に傾いていってしまったわけです。このようにして,4回の政治決着,すなわち拙速な国交正常化策はことごとく失敗に終わりました。いずれも日本政府が北朝鮮との約束を反故にするという形で終わったわけです。それ以来北朝鮮は,「日本政府は信用できない。拉致問題は終わった」と言って,日本政府を相手にしなくなりました。そのために両者の間で長い膠着状態が続くことになったんだと,私は考えています。

<おわりに―鳩山新政権がなすべきこと>
 
昨年(2008)ようやく日朝実務者協議が行われて,朝鮮側の<調査委員会設置>と日本側の<制裁緩和>の同時行動という合意がなされたんですが,それも実現しませんでした。この<調査委員会の設置>については「調査委員会も立ち上げない北朝鮮には誠意がない」という声がありますが,調査委員会の設置と制裁の緩和は同時行動であったはずです。ですから,「調査委員会を立ち上げるだけで制裁緩和とは何事だ」という声が大きかったのは確かですが,「北朝鮮に誠意がない」と言うんではなくて,「日本側にも誠意がなかった」というのが事実で,そうこうしているうちに福田さんが政権を投げ出してしまったんです。
 
これからの鳩山政権にとって,この4回の政治決着の失敗という現実から学ぶべきものは多いと思います。「どうして北朝鮮は怒っているのか」とか「北朝鮮は何を望んでいるのか」ということをしっかり考えてほしいと思います。その上で,日本は何をすべきかについて戦略的に,そして自省的に,知恵を絞ってほしいと思います。原則論を貫いて,制裁だけに拘っていたら,身動きがとれなくなるだろうと,私は思います。「甘い」と言われるかも知れませんが,対話路線を模索することが必要です。私は,いかなる民族が相手であろうと,対話と交渉なしでは和解はあり得ない,と考えています。鳩山総理が国連で演説したように,北朝鮮の調査委員会の設置と日本側の制裁緩和を同時に行って,それを何とか日朝国交正常化の糸口にしていくことが必要ではないかと考えています。
 
そして,それを「日朝平壌宣言」の履行につなげていくべきだと思います。“過去の清算”と言えば,いろいろな議論があります。「そんなものは必要ない」と言う人もいますし,「やるべきだ」と言う人もいます。私はそんな不毛な議論にかかわりたくはありませんが,「日朝平壌宣言」には“過去の清算”ということがはっきりと謳われています。鳩山総理も,国連の一般討論演説で,誠意を持って過去の清算をすると言っていますし,村山談話(1995年8月15)も踏襲すると言っているわけです。日本政府としての正式見解です。そうであれば,この“過去の清算”を具体化する必要があると思います。“過去の清算”とか“歴史認識”とか,そういう曖昧な言葉がいろいろ出てきますが,「何が悪くて,何に対してどういう行動をするのか」というのをきちんと具体化して,国民の理解を得ることが必要だと思います。きちんと情報開示して,「□□があった。だから,そのことに関してはきちんと補償する形で過去の清算をします」ということを言わなければいけないんだと思います。そして,それを具体化して,堂々と行動する姿を見せることによって,北朝鮮の同時行動を求めていくべきではないかと私は考えています。
 
ただ,「日朝平壌宣言」に則って行動すると言った途端に「5人生存,8人死亡」ということになってしまいました。北朝鮮側に言わせれば,「日本側が『5人生存,8人死亡』という事実を飲んだから,小泉氏は平壌宣言にサインした」ということになるのは当然なんですが,それを言われてしまうと,日本側は反論のしようがなくなってしまいます。このジレンマをどのように克服していくのか,まさに鳩山政権の外交の手腕が問われるところだと思いますが,平壌宣言をテコにしてやるしかないと思っています。今,日朝間にはそれしか合意事項がないわけです。この膠着状況をどうすれば打開できるか考えた時に,私の頭には今それしか浮かびません。平壌宣言をテコにしながら,「8人死亡」という事実をどうやってひっくり返していくのか,それをしっかり考えてもらいたいと思います。
 
家族に対して否定的な態度をとると言いますか,家族に反論すると言いますか,今までそういうことをしたのは小泉さんだけです。たいていの総理は「会ってほしい」と言えば会ってくれるんですが,小泉さんは一回目の訪朝の前日に「会って話がしたい」と言ったら,嫌だと言いました。今の総理や閣僚はどうでしょうか。「家族会」の言うことには反論できず,「家族会」の言う通りにしています。マスコミもそうです。「家族会」が政治団体化しているわけです。「『△△してほしい』ではなくて,もっとシビアに『△△しなさい』と言われる」というふうに,あるマスコミの人が言っていました。私は,北朝鮮に関してもっと自由に語り合えたり,もっと自由に議論できるような雰囲気に,そういう世相に,なってほしいと思っています。あまりにも硬直化・先鋭化した考え方は,この日朝関係のもつれた糸を解きほぐしていくことの障害となるばかりだと考えています。
 
私はもう一度,小泉さんのように「ちょっと家族会は黙っとけ。あんた方はリビングでテレビでも新聞でも見ていなさい。俺はやるんだから」と言って,退路を断ってでも自分の思う通りに行動するような政治家が出てくることを祈るばかりです。
 
時間が参りましたので,終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました。

(20091016日,広島YMCA国際ホールにて)