◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【第5回呉地区新春を祝うつどい・講演 ~ 2009年】



日朝関係のこれまでとこれから


(山口大学人文学部教授  纐 纈  厚)


안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ).
 
나는 山口 대학의 纐纈 라고 합니다(山口大学纐纈します)
 
초대해 주셔 감사합니다(お招きいただきありがとうございます)
 
自己紹介をするようにということを言われましたので,どこまで通じたか分かりませんけども,朝鮮語で挨拶をしてみました。少しずつ朝鮮語を勉強していますが,なかなか難しいものです。
 
実は最初,この話から申し上げたいと思います。今,待ってる間にちょうど話題にしていたところですけれども,2年ほど前に강원도 대학교(カンウォンド テハッキョ,江原道大学校)というところに講義に参りました。テーマは,南北が分断された状況をどうやって克服するのかということで,江原道大学校の若い人たちと膝をつき合わせながら,夜遅くまで話してきました。講義が終わった後,ある若い学生が私に質問してきました。日本がとても好きな学生のようで,‘流暢’とまではいきませんでしたけれども,日本語で質問してくれました。こういう件なんですね。「私たち朝鮮民族は南北に分断をされて大変つらい思いをしている。今,このような状況下で,共和国に対してはまだ完全に胸襟を開くということはできかねる」。次が問題ですね。「けれども,中長期的には,私たちには共和国よりももっともっと深刻に思っている国があるんです。それは,先生には誠に申し訳ないんですが,일본(イルボン)です,日本です」と,こう言うんですね。その場所は동해(トンヘ,東海)に面した,とても風光明媚な場所で,皆さんご承知のように,東海の方面は本当に夕日がきれいなところで,私も夕日を見て帰って参りました。とてもきれいな海岸線です。そこから車でわずか45分の距離に共和国があるという,共和国とも大変近い場所であります。先ほどメディアの話がありましたけれども,これまでのいろんな歴史の流れの中で,誤った情報も含めて,洗脳されている韓国の若い人たちもたくさんおられるでしょう。そういう人たちが,それでもやっぱり,「中長期的には,恐いのは日本。そして,その後押しをしているアメリカです」ということを,私に正面切って言うんですね。「あー,そういうつき合い方を日本はこれまで,戦後ずっとやってきたのか」ということなんですね。私は,そういう意味では,改めてショックを受けました。
 
私は今,山口大学というところで先生をやっておりますけれども,朝鮮半島の国際情勢ということで,次のような話をよく持ち出すんですね。そうすると何と言うんでしょうかね,生徒たちの対朝鮮観がずいぶん変わります。それは,こういう話なんです。
 
日本は1945年に,あの数多の侵略戦争の末に敗北をいたします。そしてまた,35年にわたる朝鮮植民地支配に終止符を打つことになります。同じ敗戦国であったドイツは,ご承知のように,分断国家になりました。ソ連,アメリカ,イギリス,フランスの4ヵ国によって軍政統治をされ,軍人が直接ドイツを支配するという形になりました。同じ敗戦国であった日本はどうなったでしょうか。
 
ご承知のように日本は,分断されず,事実上,アメリカ一国による占領下に置かれました。これは,考えてみたらおかしな話です。敗戦国でもない朝鮮が分断の憂き目に遭い,敗戦国・侵略国であった日本が分断の憂き目に遭わず,その後は言うまでもなく,アメリカからの多大の支援の下に,湯水の如く豊かな資本を投入されて,そして1964年東京オリンピックも開くことができた。これはもちろん,アメリカからの巨大な経済支援のあげた結果ですね。そして,日米安保条約を結び,安保体制下の繁栄の中で,いわゆる高度経済成長の道をまっしぐらに走る。一方,朝鮮半島ではどうなったでしょうか。分断の結果,朝鮮戦争も起きた。家族が離散した人たちも数多く出た。朝鮮戦争では,現在分かっているだけでも約250万人もの多くの犠牲者が出た。おかしなことですね。どうして分断ラインが東海(=日本海)を越えて朝鮮半島に上陸してしまったんでしょうか。
 
例えば,学生を相手にそんな話をして,「考えてみて下さい。どうしてだと思いますか」というような質問をします。そうすると,「そう言えばそうだ。どうして日本はドイツのようにならなかったのだろうか。ドイツのようにならなかった結果,日本は戦後どういう歩みをしてきたのだろうか」と考えるわけです。
 
歴史に“…たら”はあってはいけません。歴史に“もし…”や“…たら”はあってはいけませんね。だけど,敢えて“…たら”を許していただいて考えてみれば,ソ連とアメリカの議論の中で分断ラインが宕背を越えて朝鮮半島に行ってしまったんですけれども,日本があの時,例えば北海道・東北とそれ以西に分断されていたら,つまり,呉も含めて広島県,あるいは私が住んでいる山口も九州も全部アメリカ圏に,そして東京から北が全部ソ連圏になっていたら,ひょっとしたら,また「日本戦争」のようなものが起きて,数多の被害が出たかもしれない。
 
しかし,アメリカは日本を単独に占領したかったんですね。アメリカは日本を,社会主義・ソ連による,いわゆる“赤化”を防ぐための反共拠点にしたかったために,“単独で”日本を占領したかったんです。そのために,この呉からも非常に大きなキノコ雲が見えたそうですが,8月6日に広島に原爆が投下され,そして8月9日は長崎に原爆が投下されたわけです。確かにあの原爆は,広島・長崎の頭上で炸裂したかもしれませんが,アメリカは戦後のアジア戦略を考えて,要するに「アメリカの力によって日本をねじ伏せた」という歴史の成果を得るために,もうほとんど戦力が底をついていた帝国・日本に原爆を落としたんです。比喩的に言えば,あの原爆は日本に落とされたのではなくて,戦後のアジアをアメリカが単独で支配・占領するために落とされたものだったんですね。
 
ここは呉ですけれども,広島でそこのことを話すと,「そうだったのか。俺たちは戦後のアメリカのアジア支配のための犠牲者でもあったんだ」と分かっていただけますし,長崎に行ってそのような話をしましても,「俺たちの犠牲はそうだったのか。もちろん日本の天皇も悪い。軍部も悪い。けれども戦後のアメリカは,そのような大戦略の中で,落とさなくてもいい原爆を落とし,数多の被害を与えていたんだ」ということがはっきりしてくるんですね。実は,そのアメリカのアジア戦略の結果,戦後においても,言ってみれば,朝鮮半島を含めてアジア全域に大きな不幸が展開されているわけです。
 
しかしその一方で,日本はどうだったんでしょうか。先ほど「安保効果論」という話をしました。日本は1947年に新憲法下で新しい社会,新しい国づくりを始めました。戦争には一切かかわらない。もちろん植民地支配などということをしない。他民族支配をしない。民族抹殺を行った朝鮮支配のようなことをしない。そう誓って,戦後出発したわけですね。ところが,その誓いもたった4年間しか,言ってみれば“有効期間”はなかったと言っていい。なぜならば,1947年5月3日に新憲法が施行されたんですが,その4年後の1951年にはサンフランシスコ講和条約を結んで,日本は国際会議の場に復帰はしますけれども,同時にアメリカ主導の西側陣営の一翼を担い,そのことの証明のために,「日米安全保障条約」,いわゆる日米安保条約を結ぶわけですね。その日米安保の結果,日本は先ほど言いましたように,新幹線も東京オリンピックも大阪万博も開くことができたんですね。つまり,アメリカに“負んぶに抱っこ”で日本の経済繁栄が成し遂げられ,いわゆる「経済大国・日本」というものが生まれるわけです。
 
しかし,私たち日本人は大きな宿題を残してしまいました。それは,ひとつは,朝鮮半島あるいはアジアの人たちに対しては,アメリカという‘フィルター’,アメリカという‘ファインダー’を通してしか見ようとしない‘悪しき姿勢’‘悪しきスタンス’を身につけてしまったことです。35年もの長きにわたる朝鮮支配,台湾・澎湖諸島に至っては半世紀にも及ぶ植民地支配,この長きにわたる他民族支配という蛮行を戦後,日本人は忘れ去ってしまった。なぜならば,朝鮮半島を分断されてしまったがために,日本の戦争責任を追及するというチャンスを逸してしまったわけです。傀儡政権である南朝鮮の政権に対してアメリカはこう言いましたね。「今,アジアの反共拠点として,日本を大きな国にしなければいけないし,安定した国にしなければいけないから,35年の植民地支配の苦痛を耐えろ。そのためにはアメリカから莫大な支援はするから」。言ってみれば,グーの音も言えないぐらい押しつけられていくわけですね。それがために日本は,1965年に「日韓基本条約」によって,南朝鮮の人たちから戦争賠償請求をするようなチャンスを一切遮断していくわけですね。そして共和国に対しては,「社会主義国だから知らない」というような態度をとり続けてきたんです。そのような日本政府,また,それを良しとする数多の日本人の姿勢が,今日に至ってまで続いています。私の言葉でいう「植民地支配責任」をきっちりと克服するという態度にもならないし,また,そのような歴史認識というものも生まれようがなかったわけですね。
 
そのことを冒頭で紹介申し上げた江原道大学校学生は見事についたわけですね。指摘をしたわけです。つまり,20代そこそこの学生ですら分かる日本の歩みの間違い,歩みの愚かしさというものを「中長期的に恐いのは日本です」と言ったその言葉の裏には,「日本人はいったい何をやってきてるんですか。何をやったんですか。何をやってくれたんですか」という思いがあるわけです。彼の言葉を続けて言いますと,「私たちは,同胞として朝鮮がひとつになる,インテグレーション(
integration),統一を果たしたいんです。そのことによって,様々な歴史の克服をしたいんです。そのことを,日本人・日本社会・日本政府は邪魔をしてきたじゃないですか。もういい加減に止めて下さい」。こういう話なんですね。
 
実はその話は,中国で若い青年,若い研究者たちと話している時にも,何度も何度も耳にすることがありました。これまた,昨年は北京大学に,そして一昨年は西安(シーアン)交通大学に行った時に,私は今のような話を振りながら,このように申し上げました。
 
今,ヨーロッパには欧州連合(EU)ができていて,敗戦国・ドイツがそのリーダーとして一生懸命に頑張り,過去の克服に成功しています。ドイツも日本と同じように,かつてはドイツのナチスが“ヨーロッパのドイツ化”を標榜して,ヨーロッパ侵略の限りを尽くしました。しかし,その後ドイツの人たちは,自らが選んだナチス・ヒットラーの過ちをドイツ人自身の問題として,その戦争責任と向き合いました。その結果ドイツは,戦後いち早く“ヨーロッパのドイツ化”から“ドイツのヨーロッパ化”を目標にしました。ヨーロッパナイゼーション(Europeanization)と言いますけれども,ドイツをヨーロッパにしてしまうことに奔走したんですね。ですから1956年,まだ統一前で西ドイツでしたけれども,当時,アデナウアー(Konrad Hermann Joseph Adenauer)という大変名うての首相がおりました。「(西ドイツ)連邦補償法」という法律を制定し,かつて侵略をした国々,とりわけ,ユダヤの人たち,イスラムの人たち,あるいは障害者の人たちに対してですね,つまり被差別者たちに対して手厚い補償をくんだんですね。1991年には「ドイツ・ポーランド和解基金」という基金まで立ち上げて数多のお金を提供することによって償ったんです。
 
そして,そのような努力の積み重ねの結果,かつての被侵略国,侵略された国の人々はドイツを見直していったんですね。「ドイツは友人だ。かつては侵略されたけども,今は友人だ」。EUができる時に,「じゃあ,ドイツを中心にしてまとまろうじゃないか」ということで,今EUではユーロという共通通貨も持ちました。イタリアに行ったらリラ,ドイツに行ったらマルク,イギリスに行ったらポンド,もうそんなものは別に必要ないですね。共通通貨でもって自由自在に動くことができる。ブリュッセルには欧州議会まででき,EUの大統領をつくろうという話まで出てきている。経済統合はかなり進み,いずれ政治統合も間近いという話になっています。
 
ところが,どうでしょうか。アジアでは日本が,かつてアジアを“大和化”“日本化”しようとした。その一環として,台湾・朝鮮を植民地にしていったわけです。それを「大東亜共栄圏」なんて,いかにも美しいネーミングをして,「日本の下に集まれば,すべての国々が豊かになれる」と言うんですね。「八紘一宇」というイデオロギーも振りまかれました。「八紘一宇」というのは要するに,「天皇の股ぐら(足元)に集まって,一宇を,つまりひとつの宇宙をつくろう。そうなれば,みんな幸せになれる。民族の差異を越えて豊かになれる」という意味ですが,それがとんでもないデマゴーグ,嘘であるということは言うまでもありません。
 
戦後,日本はドイツがやったと同じように,かつての“アジアの日本化・大和化”から転じて,憲法も謳っているように“日本のアジア化”,つまり日本をアジアにしなければならなかったんです。もちろん日本は,元々アジアの一員なんですけれども,アジアナイゼーション(Asianization)という私の英語の造語もありますが,日本をアジアの一員にすることがおそらく,日本がかつての植民地責任を果たす,侵略責任を果たす唯一の道だったと思うんですね。それにもかかわらず,とりわけ1951年に「日米安保条約」を結んだことによって,日本が戦後行おうとしていることがはっきりしてきました。それは,“日本のアジア化”ではなくて“日本のアメリカ化”であったわけですね。アメリカナイゼーション(Americanization)です。日本は英語でJapanと言います。アメリカはAmericaと言いますけれども,戦後の日本はJapanと言わず,Japamerica(ジャパメリカ)と言っていいくらいです。つまり,日本の中にアメリカという国が入り込んできて,「America is best」,「America is No.1」,「アメリカのようになることが全ての日本人にとっては幸せなんだ」というような刷り込みが行われていたんですね。ですから,一頃は,英語を国語にしようなどという運動も,当時の文部省が主唱して行ったほどです。さすがに,これはひんしゅくを買って立ち消えになりましたけれども,いずれにしても,戦後の日本はアジアを忘れ,アメリカに依頼し,アメリカにすがることによってアジアを忘れていったんですね。
 
その‘アジアを忘れていく’中で,“忘却”というとんでもない出来事が次々に起きていきます。最大の“忘却”は,言うまでもなく「植民地支配」ですが,朝鮮半島を35年間も植民地支配し,皇民化教育を強要しました。例えば今,辞随(ソウル)害至(ナムサン,南山)という所にソウルタワーという塔が立っていますけれども,ご承知の方も多いと思いますけれども,戦前,あそこには「朝鮮神宮」という神社が建てられていました。今では「建国記念日」と名前を変えられましたけども,「紀元節」の日とか「天長節」の日には,宮城遙拝と言って,天皇の住む宮城に向かってお辞儀をさせ,そして朝鮮大神宮へ強制して連れて行って,かしわ手を打たせたんですね。
 
そのような形で,朝鮮の文化,朝鮮の歴史を抹殺していったわけです。自らの文化・伝統・歴史を全否定されることは,人が殺されることと同じぐらいつらいと思います。私たち人間は,長生きされる方もそうでない方もいろいろおられますけども,生には限りがあります。だけども,限りがないのは民族の誇り,文化・伝統であるわけです。これを,日本帝国は植民地統治したり,皆さんご承知の方ばかりですから,ここで縷々申し上げる必要はないかもしれませんけども,それを全否定していくことによって朝鮮人を“大和化”しようとしたんです。このことの罪は非常に大きいと思っています。
 
私は,戦争責任を語る時,2つのキー・ワードを使います。その1つは“無時効性”です。戦争責任には時効がないんです。あまりいい例ではありませんけれども,例えば人が人を殺めた場合,たとえ‘死刑’判決が下されるような重大犯罪でも,15年間,犯人が捕まらず逃亡し尽くしたら,時効が成立し,刑事的な責任から解放されますね。それは,“人権”という考え方からそういうふうになってるわけですが,とにかく,殺人の容疑者には時効というものがあるんです。ところが,戦争責任については,私は時効があってはならないと思うんです。戦争責任を負う者からすると大変きついんですけども,「時効なき戦争責任」というのが私の立場なんです。本当に未来永劫,永遠に,そういう思いを持ち続けるべきだと考えています。それは「ずーっと苦しめ」というんじゃありません。そうではなくて,二度と誤った侵略戦争や植民地支配のような愚かしいことをしないがために,そして他民族の文化・伝統・歴史を抹殺するような蛮行を二度としない,あるいはそのような思いを致さないようにするためには,時効があってはいけないという考え方なんですね。
 
私は,日々接している若い学生たちに,「君たちには植民地支配責任や戦争責任はないかもしれない」と言うことがよくあるんですけども,実は,私も戦後生まれ,1951年生まれですから,日本が侵略戦争をしていた時には,まだこの世にはいませんでした。この世に生まれてくるかどうかも全く分かっていませんでした。父母がまだ出会ってもなかった頃だったと思います。ですから私は,同時代的な意味で言う‘当事者’ではありませんし,その意味で言えば,戦争責任はないかもしれません。学生諸君もそうですし,それ以外の若い人たちもそうです。あるいは,ここにおられる日本人の若い人たちもそうかもしれません。けれども,絶対にそれで済まされることではないと思っています。だから私は,「“戦争責任”はないかもしれないが,“戦後責任”はある」という言い方をしているんですね。「“戦後責任”て何?」と思われる方もたくさんいらっしゃるんじゃないかと思いますが,“戦後責任”というのは,「たとえ侵略戦争や植民地支配をしていた時代に生まれていなくても,その植民地支配がどういう歴史を刻んでしまったのか,あるいは,侵略によってどれほど多くの人々が苦しみ,豊かな才能を開花させることができないままに去ってしまったのかという事実をずーっと継承し,繰り返し学び,二度とそのような時代や考え方に堕していかないための努力をし続けること」です。つまり,「戦争や植民地支配を歪曲したり,否定したり,捏造したりすることを慎むこと」を“戦後責任”というわけです。そうであれば,今を生きる人々,そしてこれから生きようとする人々には,未来永劫,“戦後責任”があるわけです。私はそれを“未来責任”と言ってもいいと思っています。ですから私は,二十歳の人であっても,あるいは10代の子どもであっても,やっぱり“戦後責任”があると考えているんですね。
 
そういう意味で言うと,またまたドイツの例を出して恐縮ではありますけども,ドイツの若者たちは,そういう意味での戦後責任を,‘痛覚’‘痛み’のごとく,非常に自覚しています。若者たちから言えばおじいちゃんやおばあちゃんの世代になるかもしれませんが,かつてナチスに少し心を砕いていた人,シンパシーを感じていた人たち,戦後生まれのおじいちゃんやおばあちゃんたちが,息子や孫たちに向かって,「本当に申し訳ないことをした。自分たちが選んだヒットラーが数多の侵略や植民地支配をしてひどいことをした」という告白をする。また孫や子どもたちも,「ねぇ,1936年にベルリンでナチスの大会が開かれてるけど,おじいちゃん,おばあちゃんは参加していないよね」,「えっ,参加したの?どうして参加したの?」というふうに,肉親に対しても家族に対しても鋭い問い詰めをするんです。つまり,家庭の中でも,そのような戦争責任を告発する営みがごく当たり前に行われてきた。もちろん,地域社会や学校教育の現場でもそうしたことが行われるのはごく自然な風景です。それがドイツですね。
 
ところが,日本はどうでしょうか。日本の家庭では‘親子の断絶’ということがよく言われますが,親父が息子と話さない,あるいは娘とあまり話しません。政治や歴史の話なんていうと余計です。「おまえ,何かちょっと政治かぶれしとるんじゃないか」と言われるのがオチです。「お父さん,おじいちゃん,戦前,日本がアジアや朝鮮半島を植民地にしていたのをどんなふうに思ってたの?」というような問いを発するような雰囲気をつくることがなかなか,家庭の中でも地域社会の中でもできなかった。それが積もり積もって,アジアに対して,あるいは分断されてしまった朝鮮に対して偏見を満ち続けて,未だに偏見から解放されていない根本的な理由があるように思うんです。
 
先ほどメディアの話もありましたが,まさにおっしゃる通りで,数多のメディアが発達してはいますけれども,大手メディアは言うに及ばず,きちっと正確な報道を真摯な態度でしようというメディアは極めて少ない。‘極めて少ない’どころか,今言いましたように,捏造,歪曲を堂々とやっている。だから,誤った情報なのに,それが事実だと誤認,あるいは,信じてしまう。目が曇らされてしまうわけですね。だから,そこからは正しい認識も生まれようがないということなんですね。
 
簡単なレジメを用意しましたけれども,最初の「共和国バッシングに奔走する日本政府とメディア」というところの,“変更著しい日本のメディア”が戦後,世論を煽動してきた背景というものを今申し上げた次第です。“排外ナショナリズム”という問題も,戦後の日本社会においては極めて深刻な問題です。
 
戦前の日本は,かつての中国を“眠れる獅子”と言って,いったんは恐れるんですが,日清戦争に勝利すると,今度は“支那”とか“チャンコロ”と言って,一転して侮蔑的・差別的な態度をとる。日露戦争でロシア辛くも勝利すると,ロシアのことを“ロタン”“ロ助”といって,またまた差別用語を展開します。もちろん,朝鮮を植民地にした時にも,“半島人”をはじめ,差別用語を徹底して使うようになります。戦前,日本はアジアのいくつもの民族,あるいはいくつもの国を敵愾視することによって,日本国家の統一を図ってきた。つまり,外に敵をつくることによってしか,国民国家,ある意味では,日本の統合ということはできなかったわけです。
 
戦後も同じです。戦後はご承知のように,最初,中華人民共和国が成立しますと,「中国は敵だ」という言い方をして,中国を徹底的にマークします。しかし1972年に日中国交正常化を果たしますと,今度は,「ソ連は敵だ」と言います。“ソ連主敵論”です。そして1991年にソ連が崩壊して,日本政府も,あるいは日本の軍隊である自衛隊もライバルがいなくなってしまって,「さぁ,どうしようか」という時,拵えた敵,ライバルが共和国だったんです。
 
つまり日本は,戦前から戦後ずっと,アジアにライバル,敵をつくることによって,言ってみれば,日本と国民を‘集団化’,‘団体化’,‘統一化’するしかなかったんです。そういう意味では,極めていびつな国家と言わざるを得ませんよね。私も日本人の端くれとしては,非常に恥ずかしい限りです。それでは,どうして日本は,もうちょっと眼を見開いて,きちっとあるべき歴史を語り,そして調べるということをしなかったのでしょうか。おそらく,日本が朝鮮半島の分断両国だけではなく,アジア諸国も含めて,きっちり眼を開いて見ようとしないのは,少なくとも日本の指導層と言われている人たちの中には,「見開いたら,結果として日本の国がバラバラになってしまう」という心配が根深くあるんでしょうね。私は,あるに違いないと思っています。
 
その事例を説明するのにちょうどいい話があります。日本が中国と国交回復する時の話なんですが,もちろん皆さんはご承知の話だと思います。中国と国交回復する時に,日本の政府も世論も二の足,三の足を踏んだわけですね。どうしてか。中国と国交回復したら,中国で日本はかつての15年戦争で約4000人もの人々を殺し,傷つけてるわけですね。中国における文化破壊たるや,それを弁償したら天文学的な数字になります。国交正常化したら,おそらく莫大な戦争賠償を中国政府は日本に要求するだろう,請求するだろうということを心配したんです。国際法から言えば,その権利はもちろん中華人民共和国にあったわけですね。だから,今も言いましたように,二の足,三の足を踏んだわけです。
 
だから外務当局は,中国の外務部と何回も何回も繰り返して下交渉をしていく中で,くどくどくどくどと確認しました。「国交正常化したら,中国政府は日本にどれくらい戦争賠償を請求するんですか。額はいくらなんですか」としつこく聞いたわけです。この辺りの件は有名な話ですから皆さんもご承知だと思いますが,中国には周恩来という人がいて,「不要(プヨ)」,「要りません」と言ったんですね。戦争賠償金は一銭もいらないという話をしてきたんです。最初,日本政府,あるいは外務官僚たちは,周恩来,あるいは中国政府のこの回答が信じられなくて,「これはトリックだ。中国の得意なトリックだ」と言って疑いました。ところが,実際に中国は一銭も取らなかった。周恩来首相は,「中国も発展途上の国だから,ノドの奥から手が2本も3本も出るくらい,お金は欲しい。お金があったら,傷ついた中国人民を助けたいし,休ませたい。経済発展して豊かにならないと厳しい。でもそれよりもつらいのは,もし日本に戦争賠償請求をしたら,日本の人民はどう言うだろうか。どういう中国観を持つだろうか。きっと,中国を恨む人たちがまた現れるかもしれない。もちろん私たちは経済的な問題を頭が痛くなるほど考えるんだけども,それ以上に欲しいのが平和である」と言ったんですね。
 
日朝関係で言えば,2002年に小泉さんが共和国を訪問して,国交正常化の早期実現をめざして両国トップ同士の合意がなされ,「日朝平壌宣言」が発せられました。ところが,共和国は国交正常化の早期実現のための話し合いに応じてくれたのに,日本国内では,拉致問題を理由に足を引っ張り続けているんですね。どうしてか。「拉致問題が解決するまでは…」というフレーズは,言ってみれば“為にする言い訳”に過ぎません。そんなんじゃなくて,「共和国は,国交正常化した暁に日本に対して,かつての植民地責任を鋭く追及してくるに違いない」ということを恐れてるんです。ここなんですね。ご承知のように,1942年以降,朝鮮半島から79万人,約80万人の朝鮮の方々が日本に強制連行されている。1910年の「韓国併合」から数えたら200万人ですね。その1942年からは「官斡旋」,つまり政府が直接絡んだ強制連行が行われてきたんです。
 
私も,「朝鮮人強制連行真相調査団」の一員として,山口で『朝鮮人強制連行調査の記録<中国編>』(2001年,柏書房)をつくったひとりです。3~4年かけてやりましたでしょうかね。広島や山口の総聯本部の方々と繰り返し繰り返し調査や会議や勉強会を展開しました。本当に一生懸命やりました。中央からも,国際部長さんも含めてたくさんの方に来ていただきましたし,シンポジウムも何回も持ちました。そういう実績の中で,私たちが現在でも知り得る,あるいはもっともっと知らなければいけない朝鮮植民地支配の実態というのは,まだまだ全て解明されているわけではありません。私も歴史研究者のひとりとして,「まだまだ不充分だ」という思いで一杯です。ですが,今私たち日本人が持っている資料で,植民地支配がどういうものであったかということは,具体的な数値・数量,あるいはデータで,かなり具体的に語ることができます。ある意味では皆さんの方が精通されている部分があるかもしれませんが,そういうものを見たら,国際法を熟知していれば,日本政府が相当の戦争賠償を支払わなければならないのは当たり前だという思いがします。
 
先ほど,南(韓国)とは1965年の「日韓基本条約」で,南の人たちが日本に対する賠償請求というものを一切しないということが,当時の南の傀儡政権であった朴正熙(パク・チョンヒ)政権下で結ばれたことは皆さんよくご存じですね。「植民地支配下で呻吟した人々が,日本国家・日本政府に対して一切賠償請求はしません」という内容が「日韓基本条約」には書かれているんですね。つまり,完全に口を封じているわけです。
 
だから,日本政府が恐れるのは共和国です。共和国と国交正常化はしたいと思うけれども,正常化した暁にはそのような行為があるかもしれないことを恐れているんです。それに,お金の問題だけじゃないんですね。かつての植民地支配の蛮行が赤裸々になってしまうかもしれないし,それが国際社会の中にオープンになってしまったらどうしようという思いがあるんですね。どうして日本の指導層が「どうしよう」とか「こうしよう」とかいう話をするのかというのは,日本の国家自体が過去の侵略国家,戦争国家に再び舞い戻ろうとする矢先にあるからです。
 
私はこの間,軍事法制,有事法制などの研究をやってきましたが,最近では来月,凱風社というところから『帝国日本の原型とその再登場』という本を出版することになっています。今,“帝国日本”が再びその姿を全面展開しようとしている。そのために憲法を変えようと言ってるんでしょ。日本国憲法は今,確かに換骨奪胎されて,いわゆる骨抜きにされて,本来の憲法の姿でなくなっていることは,皆さん,重々ご承知だと思います。あってはいけない‘軍隊’がありますね。その名前を“自衛隊”と言います。
 
3年ほど前,その時はまだ防衛庁長官になる前でしたが,石破茂さんと対談したことがあります。よく“軍事マニア”とか“軍事オタク”などと言われている人ですが,その時,「石破さん,あなたは今度,自民党の改憲試案で‘自衛隊’を‘自衛軍’としたいと言ってるけども,本音はどこにあるの?」と,私が聞きましたら,しどろもどろの返事でしたので,その雰囲気を漂わせながら言うんですけども,「やっぱり,最終的には‘国防軍’にしたい。国民に愛される‘国防軍’にしたい」と言うんです。それで,私は「それはちょっと違うでしょ。朝鮮人民軍や中国人民解放軍とは違って,国民に基盤を置かない軍隊がどうして国民から愛されるのか」と言ったんですが,要するに,帝国日本の軍隊も国民を基盤にしていなくて,天皇制や国家のための軍隊であった。文字通り,“天皇の軍隊”であったわけです。その反省の上に,戦後の憲法においては,一切軍備を持たないということを宣言したんですね。それなのに,1950年に自衛隊の前身である“警察予備隊(75,000)”を創って,“保安隊”を挟んで,1954年に“自衛隊”にしてしまった。以来,世界では2番目という強大な軍事力を持つまでに至っているんです。
 
私は今日,呉に着いてから「大和ミュージアム」に寄ってきましたけれども,多くの来館者の中にはおそらく,「すごいなぁ,こんな巨大な大和を造れる日本はすごいなぁ」という感嘆の声を上げる人も少なくない,と言うよりも非常に多いかもしれません。呉市はそれで少し潤っているかもしれませんけども,違うんですね。この「大和」という巨大戦艦を造るために日本人民を犠牲にして,文字通り‘血税’を奪い取って,そして,‘戦争資源’‘侵略資源’にしたんです。その踏み台にされたのは,日本人民たちだけじゃなくて,植民地にされた朝鮮人民,アジア人民もたくさんいます。そういう無駄なことにお金を投資したことを今,真摯に反省しなければいけないんです。それが,例えば「大和をどう見るか」ということなんですが,そうではないんですね。「すごい軍艦を造って,日本は技術超大国だ。軍事技術超大国だ。すげー,すごい」の声ばかりです。しかも,若い人たちがそういう声を上げて帰るんですね。そうすると,新軍国主義,新侵略主義というものが,この広島という被爆県をも含めて,あちらこちらで起き上がってくるという現実が生まれてくる。石破さんは,そういう流れの中で,「‘国防軍’にしたい」と言ってるんですね。
 
私はそんなに気は短くない方ですけども,さすがに頭に来まして,「石破さん,あなたは何を考えてるのか」と言って,5分間ぐらい説教しました。石破さんは「よく分かりました」と言ってましたけども,「うーん」と言いながら腕を組んでいました。たぶん分かっていないでしょうね。「まぁ,かつては私と同業者でしたが,ついでに舛添さんにも言っといて下さい」と言っておきました。舛添さんというのは今は厚労相をやってますが,石破さんとふたりで‘自衛軍’という憲法改悪の骨幹をつくった人ですからね。
 
それで今,自民党の調子が悪くて民主党に替わったとしても,小沢民主党だって,基本的には“軍事大国・日本への道”を否定していないのですから,そういう意味で言うと今の日本は,大変残念ながら,帝国日本の再生に突き進んでいるんですね。そのために年間5兆円という巨費を投じて,軍艦を,船を,あるいは航空機を造りに造っているわけです。
 
また,この度は“海賊対策”という名目で,今呉に係留されている2隻の護衛艦という名の軍艦を3月に出すことが決まっているんですね。この呉から出すわけです。他の手段はいっぱいあるのに,政府は最初に「自衛官派遣ありき」で,“海賊対策”の名の下に,この呉から遙か遠方のソマリア沖まで自衛隊を派遣すると言ってるんです。皆さんの中にも,「海賊対策だからいいじゃないか」と思われる方がいらっしゃったら,それは間違いですよ。海賊対策だというのなら,かつてマラッカ海峡に海賊が出没した折に,日本の海上保安庁が海上保安艇を拠出し,そして経済的な支援を手厚くして,マレーシアやシンガポール,タイと共同作戦を展開して海賊対策に当たり,今では海賊の撲滅にほとんど成功しているという例もあるんです。自衛隊なんか出す必要は全然ないんですよ。けれども,海上自衛隊は艦船を日本の外に出したくて仕方がないんですね。
 
今呉に配属されている自衛隊の輸送艦は‘大型自衛艦’と言いますけれども,これは明らかに‘軽空母’ですね。自衛隊の発表では8900トンということになっていますが,1万トンを優に超えています。ヘリコプターが20機搭載できますし,その船底にはLキャック(Lcac)というホーバークラフト2隻を搭載しています。これはイギリス製なんですけども,完全武装した陸上自衛隊の武装兵1000人を載せて上陸することができる上陸用舟艇です。どうして自衛隊が,強襲揚陸艇を持ち,しかもヘリコプターを20機も搭載できるような,いわゆる‘ヘリ空母’をこの呉に配備しているんでしょうか。呉は再び「軍都・呉」に立ち返っていると,私は思います。そういう状況下で,また,この経済不況も手伝って,軍国日本が新しい装いを凝らして,登場しているわけなんです。
 
そういう中で,共和国が日本の植民地支配責任をどんどん追及してきたら,どういうことになると思われますか。困りますよね。困るから,口封じのために,あるいは“知らぬ存ぜぬ”を決め込んで,拉致の問題を盾に正常化を阻んでいるということじゃないでしょうか。やや結論的なことを言えば,「日朝国交正常化は日本の軍国化を阻むためにも必要である」ということだと思います。かつての植民地支配責任を日本国家,政府,あるいは我々日本人が償うということはもちろん大事ですけども,同時的に「軍国・日本」をブロックする,歯止めをかける,そして1951年に死んでしまった現行憲法を蘇生させ,生き返らせなければならないんです。そのためにも,日朝国交正常化の実現は極めて重要だと,私は思っています。
 
逆に,「日朝国交正常化には反対だ」と異議を唱える人たちは,それがどんな理由であろうと,明らかに「軍国・日本」でいいという人たちだと思います。「軍国・日本」への道に真っ向から反対する人は日朝国交正常化を一日でも早く実現してほしいと願っているんです。私もそう思っています。そういう考え方をしてほしいんです。これは,もちろん在日の方ではなくて,日本人に繰り返し繰り返し申し上げたいと思います。あるいは私は,日本という国は内圧も必要だけども,この国を再び「軍国・日本」「侵略国家・日本」にしないためにも,共和国の方々も含めて,よき外圧,外からのプレッシャーが極めて必要であると思っています。そういう意味で,日朝国交正常化問題,あるいは日朝問題,朝鮮問題に真摯に取り組まれてる人たちの役割はますます大きなものになっているし,私たちが「朝鮮人強制連行真相調査団」で動いていた時以上に,あの時の調査の成果をもっともっと広めていかなければいけないと思うんですね。
 
もう一つ,韓国には,研究者,あるいは弁護士さんもたくさんおられますけども,一般の労働者,民間人も含めて,韓国政府から完全に自立した「平和統一研究所」という研究機関がありますけども,実は,私は4年ぐらい前から,その「韓国平和統一研究所」の海外研究員をしています。そこに,共和国でも有名かもしれませんが,韓国で最も有名な,悪舛姥(カン・ジョング,姜禎求)先生という私の友人がいます。先生は,元々はアメリカに留学されて研鑽を積まれた社会学者で,今はもう60歳半ばの大変優れた研究者です。姜禎求先生にお会いした時,私はいろいろな話をさせていただくんですが,ある時私は,「どうして共和国が,現在のような非常に厳しい外交政策をとらなくてはならなくなったのか。その原因を,私は政治家ではなく一介の研究者として,研究したい」と言ったことがあります。
 
皆さんもご存じのように,共和国は「先軍政策」,つまり,軍事を非常に大事にしなければいけないという政策をとっています。そうすると,これについて,日本のよく分かっていない研究者は,「共和国も軍国主義なんですね」と言うんですね。「何を考えてるんですか。そうじゃないでしょう」と話をすることがよくあります。どういうことかと言うと,共和国は「先軍政策」をとりたくてとってるわけじゃないんです。例えば,「チームスピリット」という米韓合同軍事演習が20年以上にわたって,共和国の領空,領海を侵犯しながら,本当に実戦さながらにやられていました。「戦争のように演習し,演習のようにして戦争せよ」というスローガンがありますが,戦争と演習の区別がほとんどつかないぐらいの勢いで,領空や領海を侵犯しながら,軍事演習を展開するわけですね。
 
私も,韓国にはよく行きますので,「チームスピリット」を見たことがあります。例えば,採至(釜山)からソウルまで高速道路が走っています。それは,ソウル近くになると直線状になって,日本で言えば,8車線から10車線ぐらいの非常に幅の広い高速道路なんですが,その真ん中に中央分離帯はないんですよ。言ってみれば,水を入れたタンクがちょこちょこっと並べられてるだけなんですね。
 
さて,「チームスピリット」が始まりました。すると,その高速道路は完全に通行が遮断されます。遮断されて何が起きるかと言うと,今は14ですが,私が見たのはだいぶん前のことですから,F4ファントム戦闘爆撃機が高速道路に降りてくるんです。そして,“touch & go(タッチ・アンド・ゴー)”をやる。キューンと降りてきて,そのまま,止まらないで飛び上がっていく。何のためにそんなことをするのか。共和国と戦端を開いた場合に後站基地として高速道路が基地化するんですね。軍用滑走路に変わるんですよ。そのくらいの勢いで20年以上,軍事演習を続けているわけですね。毎年同じ規模ではありません。多い時には10万人,20万人という軍事力を使います。
 
そうすると,共和国はどういう対応を取らざるを得なくなるか。先ほども言いましたように,戦争を仕掛けられたのか,演習をやってるのか分からないんです。はっきりしてるのは,共和国の領土,領海が侵犯されているということだけです。特に公海,それと領空です。日本でもどこでも領空というものがありますけども,そこに入ってくるわけですから,それに対して当然,軍事的対応をしなければいけないですよね。ご承知の方が多いと思いますけども,好むと好まざるにかかわらず動員をかけて,いつ米韓軍が入ってきても即時対応できるように準備しておかなければいけないわけです。ですから,労働者も学生も,場合によっては工場を止めて機械を止めてでも,あるいは農耕を止めてでも,学業を止めてでも,配置につかざるを得ないわけです。
 
そうなると,生産をしようにも生産できませんし,一生懸命学ぼうにも学べません。一生懸命農耕しようと思ってもできませんね。相手は米・韓という強力な部隊ですから,持てる資源をどうしても軍事に回さざるを得なくなります。それが「先軍政策」なんですね。私は,「先軍政策」というのは内発的なものではなくて,外圧的なものだと考えています。つまり,共和国が「先軍政策」というものをとっているとすれば,それは,アメリカ・韓国・日本が強いているからです。アメリカ・韓国は言うに及ばず,日本もいろいろな意味で,またもや共和国を侵略しているんです。‘間接侵略’とでも言ったらいいんでしょうかね,直接共和国へ行って爆弾を落としてくるんじゃないにしても,ある意味で,圧力,プレッシャーをかけ続けているわけです。
 
その反作用として,様々な事件が起きたことは言うまでもないと思うんですけども,私たちは,そのことをどう考えたらいいのかということですね。そういう極めて重要な問題について,日本のメディアは,あるいは,‘多くの’と言えば語弊があるかもしれませんが,多くの研究者は目を背けたままで,いつも拉致問題だけをクローズアップし,あたかも拉致問題が解決しなければ日朝国交正常化はないという言辞を吐き続けているんです。その理由は,もう言うまでもないと思うんですね。
 
EUつまりヨーロッパ連合の加盟国のほとんど全ての国は,もう共和国と国交を回復しています。言ってみれば,‘先進国’あるいは‘中進国’と言われる国々で,共和国と国交を結んでいないのは日本とアメリカだけです。それにもかかわらず,日本は「共和国は閉ざされた国だ」と言ってます。「閉ざしているのはどっちだ。それはアメリカと日本じゃないか」という気が致しますね。これは,私だけじゃなくて皆さんも,そういうふうにお考えになっているでしょう。
 ところが,今アメリカがオバマ(
Barack Hussein Obama, Jr.)政権に替わりまして,共和国に対するスタンスをだいぶん変えてきましたね。クリントン(Hillary Rodham Clinton)さんが日本・中国・韓国を行脚することになったことはご承知だと思います。「家族会(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)」,「救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)」,「拉致議連(北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟)等がクリントンさんに会談を申し入れ,「遭わざるを得ないだろう」ということで,日本滞在中にお会いになるというスケジュールが組まれたということを聞いていますけども,アメリカ全体の共和国に対する方針というのは,一時のブッシュ政権のそれに比べるとかなりトーンダウンして,楽観的に言うのは慎まなければいけないことは言うまでもないんですけども,‘米朝接近’と言うよりも‘米朝協調’にシフトしてきたと言いますか,米朝がかなり接近していることは間違いないと思います。
 何年か前に
오도산 통일 전망대(オドゥサン トンイルチョンマンデ,オドゥ山統一展望台)とか판문점(パンムンジョン,板門店)へ行きましたけども,統一展望台の近くに도라산(トラサン,都羅山)という駅がありますね。都羅山駅には立派な駅舎ができていまして,駅舎に入りますと,右に평양(ピョンヤン,平壌)行き,左にソウル行きというふうに両方向の駅名まで書いてあります。もちろん鉄路はできていて。時々,試運転をして,使ったりしています。おそらく,今後,共和国の高官がそれに乗って韓国に入るという可能性もあります。ただ,今,共和国は이명박(イ・ミョンバク,李明博)政権に対しては大変厳しい政策をとらざるを得ないというところで,少し足踏み状態になっておりますけども,少し広い目で見ると,アメリカと共和国,韓国と共和国との関係は,一頃から比べると,かなり前進していると言うことができると思います。
 
ところが,問題なのはわが国なんですね。そういう国際社会の大きな流れというものに真っ向から逆らうかの如く,共和国に対してはなかなか胸襟を開こうとしない。あの二度にわたる小泉訪朝はいったい何だったんだろうかいうことで,もちろん皆さんも忸怩たるものをお持ちだろうと思いますけども,どうしてかという理由は,先ほど申し上げました。日本の‘帝国・日本への舞い戻り’,‘回帰’ですね。これが国交正常化交渉を阻む大きな理由のひとつだと,私は今でも思っているわけです。
 
今,「拉致の問題を解決しないと,経済的支援に踏み込まない」と,日本は言ってるんですけども,これはやっぱり間違いだと,私も思います。経済支援をすることによって,両国人民が胸襟を開き,そして私たちが許される時代がきっと来るだろうと思っています。もちろん,先ほど言いましたように“無時効性”です。許されたとしても,かつて植民地支配をしたわれわれ日本人は,そのことをずっと記憶の中にとどめておかなければならないことは言うまでもないことなんですね。そういう意味で言うと,私は人道支援というのはごく当たり前のことだと思います。私たち日本人が苦しくなったらやっぱり,朝鮮の人たちからも助けを請うことがあるかもしれない。そんなことは長い目で見たら,充分あり得ることです。そういう人道支援は‘施す・施される’という関係を平時からつくり上げることによって初めて,他民族との共生の関係が生まれるというのは言うまでもないことですから,それに踏み込めない日本というのは‘非人道国家’だと言わざるを得ないと,私は思っています。
 
レジメの4番目に「日本の共和国敵視政策と米朝接近の動き」というふうに書いておきましたけども,日本政府はかつての,つまり1972年の,日中国交正常化の時の二の舞をするんじゃないかと,私は思っています。と言いますのは,1972年に日本と中国が国交を正常化した時のことですけども,それまで日本政府は,中国を徹底的に敵視していました。ところが,ある日テレビを見ていたら突然,画面に北京(ベイジン)空港が映り始めて,何とAir Force One(エアフォースワン),つまりアメリカの大統領専用機がそこへ滑り込んできたんですね。「何だろう,何だろう」と言いながらテレビを食い入るように見ていたら,タラップが開いて,あのニクソン(Richard Milhous Nixon)大統領が降りてきた。みんな,ビックリするわけですね。だって,昨日まで中国を「敵だ」「敵だ」と言って,日本をも焚きつけていたアメリカの大統領が北京空港に乗り込んだんですよ。奥さんをつれてゆっくりとタラップを降りていくんですけども,一番前に立って迎えた人が当時の中国の国務院総理(首相)の周恩来でした。1972年ですから,私は21歳で大学生でしたけれども,私もふたりの握手を見ておりました。実際にはそんなに長くはなかったでしょうけども,ものすごく長いhandshake(握手)で,いつ果てるともしれないと思うほどでした。
 ニクソン・アメリカ大統領と周恩来首相が握手した。それで,日本はビックリしました。だって,アメリカが「中国は敵だ」と言ってたのですから,日本も中国敵視政策をとり続けていたんですね。日本の外務官僚も大慌てでした。“頭ごなし外交”だと言って,アメリカ政府に対してクレームをつけたりしました。だらしないですね。日本に主体的な判断能力がなかったことを,自ら認めたようなものです。「どうして,そんなに仲良くなっているんだということを知らせてくれなかったのかと,アメリカに泣きついたんですね。私は,日朝関係においてもいつか,その二の舞をするんじゃないかと心配してるんですね。そんなに遠くない将来,平壌空港にアメリカの大統領専用機が飛んできて,オバマさんが降りてくるかどうかは分かりませんが,アメリカの大統領が降りてきて,
김영남(キム・ヨンナム,金永南)さんと握手してるかもしれない。そういうシーンを日本政府は,私たち日本人は,もうじき見せつけられるかもしれないんです。その時,日本はまた,1972年と同じようにアメリカに,「どうして共和国とアメリカが話をつけているのを教えてくれなかったのか」と言って,クレームをつけるかもしれない。30年経っても,日本は学んでいないんですね。その心配を,私はしています。日本の外交というものは,それくらい主体性がないんです。先ほど申しましたように,アメリカのフィルター,アメリカのファインダー越しにしか,朝鮮半島とかアジアの国々を見ていないから,自分の眼で見ていないから,言ってみれば“後塵を拝する”と言いますか,後からついて行くという状態なんですね。
 
私は日本人のひとりとして,日本政府に対して,アメリカが共和国と国交正常化をする前に,自らの判断で勇気を持って,日朝国交正常化をすべきだと言いたいと思います。かつての植民地支配責任を相応に果たさなければいけないことはもちろん言うまでもありません。もちろん私も,日本人のひとりとしても,戦後生まれの日本人のひとりとしても,その覚悟はあります。だけど,アメリカの後について正常化するということだけは止めてほしいと思います。日本が,朝鮮に対してやったことを本当に真摯に反省するのであれば,むしろ「早く正常化しようよ」と言って,アメリカを焚きつけるぐらいの推進力を持ちたい,持つべきだと思うんですね。
 
そうすれば,すぐには許してもらえないかもしれないけれども,共和国の人からも,韓国の人たちからも,「日本は日本でよく考えていたんだね」というふうに,評価されるかもしれないと,私は思っています。「アメリカが正常化したから日本も正常化しましょう」というような‘右習え’式のことはもう止めてほしい。そういうことを私は,日朝国交正常化問題を語る時にいつも強く思うんですね。
 
そういう意味で言うと私は,この日朝国交正常化という問題は非常にいろいろな問題を孕んでいると思っています。ちょっとくどいようですが,おさらい的なことを申し上げますと,私たち日本人にとって,‘軍国・日本’の再登場を阻止するためにも,日朝国交正常化は緊急の課題なんです。そしてまた,日本が再び‘軍国・日本’に立ち戻るということは,アジアに再び不幸をもたらすことになるわけですから,何としてもそれは阻止しなければいけないと思うんですね。それから2つ目は,アメリカの動きに関係なく,日本が率先して国交正常化に向けてつき進んでほしいということです。そのことが,今,本当に求められていると思うんです。もう過去の二の舞だけはしてほしくない。そんなふうに思っています。

 最後に,話が戻るようで恐縮ですけども,今ちょっと思い出しましたので紹介しておきたいと思います。山口県の下関市に嶋倉剛という,文科省キャリア官僚出身で,まだ
44歳の教育長がいます。もうご存じの方が多いんじゃないかと思うんですけども,昨年6月22日でしたかね,私がとても尊敬している方なんですが,私の山口の友人の김종구 선생님(キム・ジョング ソンセンニム,金鍾九先生)をはじめ代表の人たち数人が,民族学校に対する助成金創設の要望をするために,その嶋倉教育長と面談したんですね。その時,教育長が「私は朝鮮植民地支配はなかったと思います」というふうに,「植民地支配否定論」を物しちゃったわけです。
 
「これは大変なことだ」ということで,金先生たちは仲間と一緒に連日,抗議行動をされました。私も,「下関で集会をやるから話しに来てくれ」ということで,話をしに行きました。集会をやることが決まったのは一週間ぐらい前だったんですけども,会場の「下関社会福祉会館」には300人以上の人たちが集まって,座席が足りなくて溢れんばかりの人たちでした。もちろん,半分以上が日本の方でした。一生懸命声を掛けられた金先生たちに多くの人たちが応えたということでしょうね。参加者はみんな,嶋倉教育長の「植民地支配否定論」に対して,「何でこんな奴が教育長をやってるんだ」と,心の奥底から怒っていました。教育長ですから当然,歴史教育にも責任を持っているはずなんですが,それにもかかわらず,金先生たちの目の前で堂々と植民地支配否定論をぶつんですね。これは,もちろん全国ニュースになりました。私も,中央のメディアからも再三再四,インタビューを求められました。今,抗議行動は一応収束しているんですが,実は嶋倉教育長は金先生たち民族側には未だにきちんと釈明していません。「認識不足のまま発言してしまい,大変ご迷惑を掛けた」と議会に釈明・謝罪しているだけなんですね。
 
もちろんこの問題は,キャリア官僚の発言だから問題にしているわけじゃありません。この問題が何を示しているのかと言うと,「今,戦後生まれの官僚組織の中枢にいる人たちも,ひょっとしたら嶋倉教育長と同じような歴史認識でいるかもしれない」ということです。だから私は,背筋が凍るような思いに苛まれることも度々ありましたが,これまでこの問題について考え,行動してきたわけです。
 
こんなことを言うと,皆さん,元気がなくなるかもしれませんけども,日本の戦後生まれの官僚,あるいは政治家は二世議員が多いですよね。本当は,二世議員と言うよりも‘偽’議員と言いたいくらいなんですが,ほとんどの二世議員の歴史認識たるや,非常にいびつ極まりない歴史観です。「植民地支配をしたから朝鮮は豊かになった」とか「植民地支配のおかげで朝鮮の進歩が早まった」と,彼らは堂々と言うんですね。でもこれは,「植民地近代化論」と言って,私たち歴史研究者が,論理的にも実証的にも徹底して批判してきた問題です。
 
今,韓国でも新幹線(KTX)がソウルまで走っていますけども,確かに,元々は日本が植民地時代に造ったものですね。だから,「日本がもとの鉄道を造ったから,KTXが今みたいに発展したんだ」という物言いをする連中も少なからずいます。でも,誰が何のために造ったんですか。朝鮮を植民地支配をするために,日本人,あるいは日本企業のために造っただけじゃありませんか。朝鮮の人たちが造ってほしいというオファーをしたわけじゃないわけですよね。そんなことは,‘歴史のイロハ’の‘イ’です。それにもかかわらず,そういうふうな言辞を吐き続けている連中がたくさんいるんですね。おそらく嶋倉教育長も,そういう流れの中で,そのノリで,「植民地支配はなかった。‘支配’ではなく,‘統治’をして朝鮮に数多の幸福をもたらした」という認識をずーっと持っていたし,今でも持っているのかもしれません。
 
残念ながら,そのような連中や輩が,日本の官僚組織の中枢を占めているんですね。私は,そのことについて極めて大きな危機感を感じているんです。私たち日本人は,そのような連中の思いを変えさせるための努力をしていかなければなりませんし,在日の方々も含め,ひとりでも多くの仲間が共同して,そのような歴史認識のいびつさを是正していくための努力を絶え間なく続けていくことによって初めて,日朝国交正常化が実現がするんじゃないかと思うんですね。

 
以上,あれやこれやの話をとりとめなくしてきましたけども,与えられた時間は約1時間です。時間には勝てません。とりとめない話で大変恐縮に思っていますが,この辺で話を終わらせていただきたいと思います。
 
これからも頑張りましょう。고맙습니다(ありがとうございました).

(2009年2月15日,呉市・山の手会館にて)