◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【2007年度講演と朝鮮料理を楽しむ会・講演 ~ 2008年】



民族教育と私 ~広島で学んだこと~


(広島朝鮮初中高級学校教員  徐 錫 姫)



今日안녕하십니까
 
まず,「自己紹介を…」ということですが,私は今,広島朝鮮初中高級学校で,高級部2年生の担任と国語(朝鮮語)の教科を受け持って,国語分科長をしています。横浜の出身で,広島に来たのは1983年の4月ですので,今年で25年目になります。
 
民族学校というのは,九州から北海道まで高校が11校ありますが,そこを卒業して東京の小平市にある朝鮮大学校に行きまして,いろいろな学部を経て,朝鮮学校に配置されます。私の場合は,横浜にある神奈川朝鮮中高級学校を卒業して朝鮮大学校へ行って,それから国語の教師として,広島へ来ました。
 
なさんも,民族学校の現状をいろいろ知っておられると思いますが,やっぱり,広島出身の子が広島に戻って来るというのが一番いい形なんですね。でも,需要と供給の関係がいろいろありまして,その時は,広島朝鮮中級学校に国語の教師と寮の舎監がいなかったんです。それで,「1~2年したら(横浜に)帰してあげるから,…」ということで,私の親も承諾して,広島に来ることになったんですね。

 
今日は,ここに横間先生がいらっしゃいますので,私よりも詳しいことを知っておられる先生を前にしていろいろなことを話すというのは,ちょっと大変なんですが,自分のことを話したいと思います。ほんの少しなんですが,“在日”の一人として「自分が歩んできた道」と言いますか,自分が広島に来てからいろいろ考えたことをざっくばらんにお話ししたいと思っていますので,いろいろ疑問な点や分からない点などがありましたら,後でご質問をいただいたらと思います。宜しくお願いします。
 
先ほども言いましたように,私は初めは「何年かしたら地元に帰って…」という気持ちで広島に来たわけなんですが,広島に来たことによって私の人生は,“第二の人生”と言いますか,大分変わりました。広島に来てどうして人生観が変わったのかと言いますと,広島に来て初めて原爆のことを知ったからなんですね。
 
具体的に言うと,その時は海田の中高級学校だったんですが,私は横浜で生まれて,一応“都会っ子”として育ってたものですから,初めて海田に来た時には,学校の目の前に山があるということにすごくビックリしたんです。高校時代までは周りに山なんかなくて,秋の遠足なんかで山に行く時でも,バスで2時間ぐらい行って,やっと山が見えるというような環境で育っていたものですから,初めのうちは,「こういうところに学校があるというのはいいなぁ」と思いながらも,一方で「こういうところには住めないな」と思ったりもしていたんです。

でも,日曜日なんかでも,海田から広島まで出て行くということはまずありませんから,学校の寮にずーっと一人でいたら,どうしてもテレビをつけますよね。そしたら広島のテレビは,ニュースにしろ,情報番組にしろ,とにかく何かにつけて,原爆の問題が出てくるんですね。そこから始まって,私は原爆ドームにも行きましたし,自分でいろいろなことを学び,在日の被爆者がたくさんいることも知りました。そして,そんなふうにいろいろなことを知った時に,「日本にいながら,何でこんなことを自分は知らなかったのだろう。本当に無知というのは罪だなぁ」と感じたんですね。

それから,その当時,海田の学校は日本の学校の先生たちとの交流が盛んでした。西高の先生たちもそうですし,横間先生やいろんな先生たちとの交流があったわけです。25年前の話ですが,学校で諸葛先生とか先輩の先生方からいろいろな話を聞きながら,「ここには自分と違う環境の中で育った“在日”がいるんだ」ということや「地域によって活動もいろいろ違うんだ」ということを知りました。神奈川にいた時にも,学生時代,学園祭なんかでクラブ活動などを通して日本の学校との交流がありましたし,朝鮮大学校へ行っても,すぐ横の方には武蔵野美大もありますし,いろいろな大学の学生たちとも交流はありました。でもそれは,「ここに日本学校がある」とか「ここに朝鮮学校がある」というだけの,単なる“友だちづきあい”としての交流だけだったんですね。歴史的な問題を,お互いに深く掘り下げて話したり,勉強したりとかいうようなことはなかったんですね。教員になって初めて,民族教育の深さとか民族教育のあり方など,いろいろ考え始めたんですね。

先ほど,1~2年で(横浜に)帰るつもりだったと言いましたけども,元々,教員を希望してたわけじゃないので,私のような人間が“教師”だということはあり得ないと思っていたんです。私は,中学・高校と自分の進路問題でいろいろ悩んだんですけども,自分たちの時代は誰でも,「結局,自分が希望したことはできない」ということが前提にありましたので,投げやりな自分がいたんですね。박치기(パッチギ)世代の人たちは,大体そうなんですけども,
“在日”の人たちは自分の進路問題について,「自分の夢を持っても仕方がない。結局は,ここ(日本)では実現できないものだ」ということを頭の中に植えつけられていたんです。「それじゃあ,何をするのか」ということを考えられる人と考えられない人がいるんですが,私の場合は“考えられない人”だったんですね。やりたいことというのは子どもは誰でも持っているものですが,私は,やりたいことがあっても,端からそれをやろうともしませんでした。やろうとしないというのは,「結局はダメだろう」という気持ちがあるから,諦めてしまってたんですね。まず最初に,「でも,できないだろう」というのがあって,そのまま大学へ行ったものですから,教師になって初めて自分の進路について考えたと言っても過言ではないくらいです。この民族教育の場に自分がいられるということは本当に素晴らしいことだと,1年,2年と歳月を重ねるうちに考えるようになりまして,それから勉強しました。

本当に遅い“進路問題”だったんですけども,そういう中で振り返ってみて,私が今まで25年間,民族教育の場にいられたのは“人と人との繋がり”があったからだと思っています。そこで今日は,この“人と人の繋がり”ということをテーマにお話ししたいと思っているんですけども,まず最初に,先ほども少し報告されていましたが,呉市の広島朝鮮学園に対する助成金の問題で,呉市の先生方をはじめ,いろいろな日本の方々に本当にお礼を申し上げたいと思います。

この問題については,全国各地の朝鮮学校の先生たちが「何で日本学校の先生がこんなに動いてくれるの?」「何で日本の方々がこんなに動いてくれるの?」ということで,本当にビックリされています。他の地域でも日本学校の先生とか日本の人たちとの交流はあります。神奈川なんかは特に,外国人学校がいろいろありますから,いろんな学校との交流があって,中華学校にしろ,インターナショナルスクールにしろ,結構,通じるところがあるんですね。でも,朝鮮学校のためにだけ動いてくれる日本の方々がこんなにいるということに,すごくビックリされていました。

私たちは,自分たちの周りでの署名活動はしていても,広島駅前に立って署名を呼びかけたのは一回しかありません。自分たちの問題だからということで,私たち教員も久々に広島駅前に立って署名運動をしたんですけども,その時に快く署名してくれた人たちが呉市の人たちなんですね。仕事が終わって帰る途中なんですが,広島駅で「署名運動をしています」と言うと,「何の署名ですか」と聞かれて,「こんな内容なんです」と説明したら,何も言わずに,「貸しなさい」と言って,すぐボールペンをとって,署名してくれるんです。それで聞いてみたら,「わしは呉から来たんじゃ」と言われるんですね。署名運動をしていたらわかるんですけども,署名してくれない人がほとんどなんですね。署名してくれるのは大体,呉市の人たちと,後は若い学生たちでした。

学生たちは,ものすごい格好をしてる子もいるし,本当にいろいろな学生がいるんですけども,こっちは教師ですから,教師という立場で,高校生なんかには特に声をかけやすいんですね。高校生に声をかけると,「何ですか?」と聞かれるんですが,説明してあげたら,「それじゃあ,署名します」と言って,すぐに署名してくれたんです。本当に,「日本の高校生はバカにできないな」と思ったんですけど,ふざけ半分,遊び半分じゃなくて,しっかり読んで考えてくれて,署名の主旨を理解した上で,「おかしいですね」ということで名前を書いてくれるんです。

私は,そういう日本の高校生たちの姿を目の当たりにしながら,「自分たちにはこういう人たちによって助けられていることがたくさんあるんだ」ということを,すごく感じたんですね。だから,そのことを,自分の学校に帰って学生たちに話してあげるんですが,学生たちも,日本の高校生たちがそんなことをしてくれるということを知って,ビックリするんですよ。日本の高校生たちのことが分かっていなかったからですね。

先ほども言いましたけども,私は,広島に来るまでは,原爆のことについて,“知らなかった”と言うよりも,“関心がなかった”んです。関心がなかったんですから,当然,知ろうともしませんでした。でも,関心を持って知ろうとし始めると,いろいろなことが見えてきて,自分が何をしなければいけないのか分かってきたんですね。だから,そのことを子どもたちにも教えていかなければならないと思ってるんですね。

日本人も朝鮮人もアメリカ人も関係なしに,何人であろうと,人間というものは一人では生きていけません。だから,私は,いろいろな人との繋がりを本当に大事にしていかなければいけないと思っているんですが,広島に来てからは,本当にそれまでの人生で経験したことがないような,日本の人たちとの交流がたくさんありました。

自分が神奈川にいた時には,在日朝鮮人として生まれて,小学校から高校・大学まで朝鮮学校へ行きましたから,私は日本人とかかわらなくても生きていけたんですね。だから,「これからも日本人とかかわることはないだろう」と思っていました。昔の,私たちの時代の在日朝鮮人は,そういうふうに考える子がほとんどでした。なぜかと言いますと,「結局,朝鮮人社会,在日社会でしか生きられない。日本の社会に出てもいろいろ差別があるし,どうせ…」となるわけです。この「どうせ…」という思いから,そういう生き方をしてきたんですね。でも私は,こんな生き方は間違っているんだということを,本当に広島に来て学ばされました。そういう意味で,広島に来て本当に人生観が変わったと,私は思っているんですね。

このような自分の経験から,現在の日本と朝鮮の関係とか日本人と朝鮮人の関わりですね,そういうことについていろいろ考えてみたんですが,相手の国とか相手の人のことを知るために歩み寄ろうとする時は,今日、この場の私たちと同じように一堂に会して,面と向き合わなければいけませんし,話し合いもしなければいけないと思うんですよね。

でも,私なんかはその典型かも分かりませんが,朝鮮学校の子どもたちは,そのほとんどが小学校から高校(大学)まで朝鮮学校ですから,日本学校を知らないんです。

私の夫(韓政美・広島朝鮮学園副理事長)は小学校から中学校までは日本学校です。日本学校に行ってても,自分が朝鮮人だということは知っていました。お父さんもお母さんも朝鮮人ですし,家では아버지(アボジ)어머니(オモニ)ですし,食べるものは김치(キムチ)で,제사(チェーサ)もします。でも,教育は日本の教育を受けてるんです。そこで矛盾を感じるんですね。

お父さんお母さんがなぜ日本学校に入れたのかと言うと,お金がなかったからなんです。お金がないから,目の前にある日本学校に入れざるを得ない。理由はそれだけです。それともう一つは,その頃は食べていくのが苦しくて,子どもの教育について,今のようには深く考えていなかったと思うんです。「とにかく字を教えなきゃ」という思いで,日本学校へ行かせたんですね。

私の夫はほぼ박치기世代で,今年50歳になりました。今もそうなんですが,その時代の日本学校には朝鮮人がたくさんいたんですね。今は表立った差別はないんですけども,あの頃は,全校集会で運動場に並ぶ時なんか,朝鮮人だけの列があったそうです。朝鮮人だけの列があって,そして,1組,2組,3組,4組…という列があったんです。もちろん,この朝鮮人の列にいる子たちはそれぞれ,1組,2組,3組,4組…に属していたんですけども,朝鮮人だけ別に並ばされてたんです。

私の夫は,みなさんもご存じのように,ああいう性格ですので,「そうじゃ,わしは朝鮮人じゃ。それがどうしたんな」っていう感じだったようですけども,他の人たちは自分が朝鮮人だということを隠して生きているのですから,そんなふうにやられたら,頭が上げることができないんです。それを子どもの頃からずーっとやらされるんですから,「何で自分は朝鮮人なんだ」という思いを植えつけられてしまうんですね。だから,誰にも分からないように,自分が朝鮮人であることを隠して生活していた人がずいぶん多かったんだろうと思います。

今,その人たちが大人になって,「自分の子どもたちはそんな目に遭わせたくない」という思いから,姓を変えたり,帰化したりして,日本の学校に行かせてるんです。自分が帰化しているということはわかっても,自分の子どもは知りませんからね。でも,成人するにあたって,行く行くは知るようになるんですけどね。

私の夫の場合は,本人に言わせれば,江波小学校―江波中学校というのはエリートコースだったようですが,江波中学校で1年生の時から野球部のレギュラーでした。私にはよく分からないんですが,1年生の時からレギュラーというのは普通ではあり得ないと本人は言ってます。自分は中1でレギュラーになって,高校は広商か広陵か,どちらかへ行って,そのまま野球をして,それからカープに入団して,というのが夫の未来設計図だったんだそうです。

広島の野球少年は、当たり前のようにそう思っていたんです。そして,その頃は「自分は野球で生きていくんだ」という思いがありましたから,差別をされているのに,別にそれが差別だとは思わなかったらしいんです。

それが,中1の時,野球の練習中に足を怪我して,一ヵ月間,ギブスをはめて練習ができなくなったんですね。昔は日本の学校も,特に野球部なんかは,先輩・後輩の上下関係がとても厳しかったですよね。ある先輩に「お前,練習しに来んのか」と言われて,「足を怪我していますので…」と答えたんですが,「それじゃあ,球拾いでもしろ」となったんですね。夫は,その言葉が頭に来て,その先輩とケンカをしたんだそうです。そのため,「謝るのか謝らないのか。謝ったら野球部に残れるし,謝らなかったら野球部を辞めさせる」と先生に怒られたらしいです。でも,夫は謝らなかった。自分の性格のゆえに人生が変わったと言いますか,それで結局,野球部を辞めることになった。野球部を辞めたものですから,当然「自分の人生,もう何もなくなった」とやけになるわけですが,その時に夫を救ってくれたのが日本学校の先生だったんですね。

日本学校のある先生に「おまえは朝鮮人じゃろ。朝鮮人なら朝鮮学校へ行くのが普通だ。」というふうに言われたんだそうです。それまでも,朝鮮学校の先生たちとか総聯の役員の人たちが,朝鮮学校に入学するように勧誘しに,何回も家に来たことがあったらしいんですけども, その都度,逃げ回っていたんだそうです。「自分は朝鮮学校なんかには絶対に行かないし,野球をするんだ」ということで,朝鮮学校に入るなんてことは考えたこともなかったのに,どうして日本学校の先生がそんなことを言うんだと思って,初めのうちはずいぶん反発したそうです。でも,その先生がいろいろと親身になってくれて,「朝鮮人は“朝鮮人”にならにゃあいけんから」とずっと言い続けてくれたんだそうです。

それで,高校から海田にあった朝鮮中高級学校へ行くことになったんですが,行ってみたら,朝鮮学校は日本学校と比べものになりませんよね。校舎なんかの大きさもそうですし,運動場でも,「これ,本当に運動場か?」というぐらいなんです。だから,「こんな学校に,どうして自分が来なきゃいけないのか」と思うんですけども,「でも,自分はもうここにしか来れないんだ」と,何とか自分に言い聞かせたんだそうです。それで,中高級学校に行くようになったらすぐに,その当時朝鮮学校には野球部はなかったのですが,自分が好きな野球をやりたいと思い始めるんですね。その年の日本学校からの編入生は,私の夫も含めて40人位いたんですが,1年生のクラスに編入生だけのクラスがあったそうです。その編入生だけのクラスの中から,日本学校で野球をしてた子たちを集めて,「野球をしようじゃないか」ということで,毎日,1時限目から6時限目まで,授業と授業の合間の10分間の休み時間を使って,運動場でキャッチボールをしていたんですね。

その当時,神奈川とか東京の朝鮮学校には野球部があったんですけども,広島では野球をしてる子なんていませんから,キャッチボールだけでも,野球をしているということで,先輩たちも「この生意気な一年坊主が…」というふうに見ていたそうです。ところが,それが一日や二日だけじゃなくて,ずーっとやってるものですから,「こいつら,すごいな」ということになって,認めてくれたんだそうです。先生方の中にも野球をしていた先生はいなかったのですが,一応,野球を知らない先生が顧問としてついてくれることになって,それで野球部を創ることになったんだそうです。

それで夫たちは,毎日,野球の練習をしながら,のびのびと過ごしていたんですけども,練習をしていると,今度は試合をしたいと思うようになりますよね。でも,試合をしてくれる学校もないし,試合なんかできる状態じゃありませんでした。でも,これもまた“人との繋がり”から試合ができることになったんですね。どういうことかと言うと,昔はよくあったことですけども,海田まで行く電車の中で,朝鮮学校の生徒と日本学校の生徒がケンカをしたんですね。その時,呉の先生が仲裁してくれたんだそうですが,その先生は,夫に「お前,野球部だろ。それなら,野球の試合で勝敗を決めたらどうだ」というような話をしてくれたらしいです。多分その先生は,朝鮮学校の野球部がどういう状態なのか,全然分かってなかったと思うんですが,それでも,練習試合ですが,試合をしてくれたんですね。そして,それが契機になって,日本学校の先生との交流が始まったんだそうです。その先生がどなたなのか私にはわからないんですが,夫は,今でもよく「恩師だと思ってる」と言ってます。

これは,朝鮮高校生と日本人教師との間の話なんですけども,そういう“人と人との繋がり”があったがゆえに,日本学校から朝鮮学校へ行った私の夫も,「日本学校にもこんないい先生がいるんだよ」というような話を,私によくしてくれるんですが,私は夫のそんな話を聞きながら,「本当に,いろいろな人がいるんだなぁ」と,改めて考えさせられてるんですね。

私の夫は日本学校を出たので,日本の人たちとの繋がりがたくさんある朝鮮人ですが,私の方は日本学校ではありませんでしたから,日本の人たちとの繋がりが全然なかった朝鮮人です。“在日”の中にもいろいろな“在日”がいるんです。“在日”はみんな同じ考えをしているんじゃなくて,一人ひとりの生活や環境によって,みんな違うわけです。同じ朝鮮学校にいても,いろいろな考え方があります。日本学校にいる朝鮮人の子も同じだと思います。日本の学校にはいるけども,「自分は朝鮮人だ」と親からちゃんと教えられてる子もいるし,教えられてない子もいます。また,教えられていてもそれを隠してる子もいます。いろいろな考え方を持った“在日”の人たちがいるんです。だから,日本の人の考えと朝鮮人の考えが違っているのは当然のことです。それでも,結局は同じ人間ですから,こんなふうに話をして通じないわけがないと,私は思ってるんです。今,朝鮮と日本の間には,いろいろと政治的な問題があると思うんですけども,こういう形で,まずお互いを知り理解することが大切なんだということが,私は広島に来て,本当に分かったんですね。

広島での教員生活を通して,いろいろな日本の先生方とお会いしたり話をしたりしていて,初めのうちは多少ビックリすることがありました。先ほどの呉の署名でも,集まった6000人の署名のうち5000人くらいは日本人の署名ですよね。このこともそうですが,これまでのいろいろな経緯を見ても,ずーっとそうなんですね。日本の人たちがうちの学校のために本当に一生懸命動いてくれる。「どうしてこの人たちはうちの学校のためにこんなに一生懸命頑張ってくれるんだろうか」と,不思議に思ったんです。「もし自分が日本人だったら,こんなに動けるだろうか」「自分は,自分の国だけじゃなくて他の国の人のために,どんなことが,どれくらいできるだろうか」等々,いろいろと考えさせられたわけです。そして私は,うちの学校にいる子どもたちにこの日本の人たちのことをいろいろと教えていかなきゃいけないんだということを教えられたんですね。


最近,日本全国で,こういう形で交流会とか勉強会なんかが行われているんですが,今一番盛んに行われているのは,日本の若い子たちに対する学習会です。どうしてかと言うと,かつての私が原爆のことを全然知らなかったのと同じように,日本の子たちは“在日”の存在を知らないからなんですね。存在を知っていても,どうして日本にいるのか知らないんですよ。

例えば,うちの学校で言えば,今でも毎年,うちの学校の中学生が山陰の方の学校に交流会で行っていますし,小学生もうちの学校の下の方にある尾長小学校と学年別の交流会をしているんですが,去年も今年も,日本の子どもたちがまずうちの子どもたちに聞くのが「いつ日本に来たの?」なんですね。まずこの質問です。私が25年前に教員になった時から全然変わっていないんですね。「いつ来たの?」「いつ帰るの?」です。それで,日本の子にそう聞かれたうちの学校の子どもたちも,「えっ,何?」ってなるんです。うちの学校の子どもたちも,日本の子どもたちが自分たちのことを知らないということを知らないんですよ。それでも,子どもたちのことですから,お互いにいろいろ話し合ってるうちに「えっ,日本で生まれたの?」「そうだよ」ということになって,すぐに馴染んで,仲良くなってメール交換をしたりするようになったりしています。今私は,こういう取り組みこそ本当に必要だと思ってるんですね。

こういう状況はもっと上の世代でも変わってないんですね。静岡大学に今年で3年目になる朝鮮人講師がいるんですけども,大学生の前で講演をしているんだそうです。何の講演をしてるのかと言いますと,在日同胞の存在についてなんですね。“在日”の歴史を,本当に白紙の状況から話しているんだそうです。“在日”がどうしてこんなに日本にいるのか,朝鮮通信使などの話も含めていろいろな歴史的な問題を,今日に至るまで体系的に話して,やっと学生たちは「それで,こんなに朝鮮の人がいるのか」というふうに気づくんですね。もちろんこれは,大学生たちだけじゃなくて,日本の一般の市民の方たちも同じだと思います。どうして知らないのか。ひと言で言えば,「知らされていない」から知らないんですね。ただそれだけです。うちの機関紙(1月28日付「朝鮮新報」)に,その朝鮮人講師の話を聞いた大学生たちの感想文が載せられているんですが,ちょっと引用してみます。


○テレビのニュースなどで目にしたことと,実際の話ではずいぶんと違っていることに驚い
 た。
○朝鮮半島の統一は,おそらく世界中の人が望んでいることだろうと思う。日本が騒ぎ立て
 ることによって統一が遠のくようなことだけはしてはならないと感じた。
○朝鮮に対しても,私たちほとんどの人は「悪の国」と思っているが,そうではなく,まず
 互いの文化を認めて触れあい,きちんと朝鮮の人と正面から向き合い,よりよい関係を築
 くべきだ。
○いかに自分の在日朝鮮人に対する知識が乏しく,偏っていたかを感じた。在日朝鮮人には
 まだ差別が残っており,とくに欧米系の学校には大学受験を認め,アジア系の学校にはそ
 れを認めていないということを知り,そんなおかしなことが実際に行われているのかと驚
 いたし,政府は何を考えているのだろうと疑問に感じた。
○違う国の人が互いをわかりあうことは非常に難しい。場合によっては,今までの自分を相
 手に否定されるくらい生き方に違いがある。しかし今回の講義を聞き,難しいからといっ
 てあきらめるのではなく,完全にとはいかなくてもできるだけわかりあおうとする姿勢が
 大切なのだと感じた。互いがその気持ちを持ち続ければ,きっとよくなっていくのではな
 いか。
○朝鮮と韓国はだんだん近づいてくると思う。南北を通じる電車も開通した記憶がある。時
 間がかかるかもしれないが,朝鮮と韓国がそういう動きをしているなか,日本もロシアも
 米国も協力すべきだと思うし,個人的にも協力したいと感じた。
○マスコミによる朝鮮報道にもすごく疑問を感じていた。明らかに「悪の国」であるという
 報道がなされているが,歴史を知らない人たちは「日本人は正常,朝鮮人は異常」と理解
 してしまうと思う。


これが一般的な学生の考え方なんですよね。でも,話を聞いたら,「いや,違いますよ」というんじゃなくて,素直に受け入れてくれるんです。先ほど街頭署名の時の話をしたんですが,同じなんです。本当に何も知らない高校生たちにちゃんと説明したら,「それはおかしいですよね」と分かってもらえるし,対話ができるんですね。私は広島に来て,それまで経験したことがなかった日本学校の先生たちとの交流を通して人生観が変わったんですが,それと同じように,話をしてみたら,みんな分かり合えるということなんですよ。

“在日”の中にもいろんな考え方をした朝鮮人がいます。うちの夫婦なんかもそうなんですが,親は「同じ在日だ」「朝鮮人だ」ということだけで結婚を認めるんですが,本当に,それまでの生活・環境が全く異なる二人が夫婦になって,「本当にいろんな人がいるんだなぁ」と実感させられることも珍しことじゃありません。でも,人と人がちゃんと向き合って話したら,誰でも通じ合えるんです。私は広島に来て,朝鮮人同士であろうと日本人同士であろうと,あるいは朝鮮人と日本人の間であろうと,話せば通じ合えるということを学んで,これからもそういう営みを大切にしていきたいと思ったるんです。

先ほどの大学生の感想文の中にもあったのですが,ちゃんと話し合えば通じ合えるということを,私が一番実感したのは,南北朝鮮の関係です。南北の関係が2000年から本当にビックリするほど,もっと言えば,私たち在日朝鮮人にとっては,世界がひっくり返ったんじゃないかと思うぐらい変わったんですね。

朝鮮が南北に分かれたのは1945年です。皮肉にも解放後なんです。解放後に南北に分かれまして,「朝鮮戦争」という朝鮮人同士の殺し合いの悲劇まで経験して,この60年間,本当にお互いに敵として,反目し合ってきたわけです。ずーっと60年もの間,南北双方がそういう教育をされてきたわけです。教育というのは本当に恐いと思うんですね。韓国の人たちも北朝鮮の人たちも,お互いにそういう教育を受けているので,同じ民族だから統一もしたいと思っているけれども,何でも,韓国の人たちは韓国式に,北朝鮮の人は北朝鮮式にやるんですね。それで,考え方の違いがあることも手伝って,お互いに反目し合っていたわけです。

身近な例で見てみたいと思うんですが,1970年代に私の家の隣に韓国からお嫁に来たおばさんがいました。昔は生活が苦しかったので,生活のために韓国に来た日本の人と結婚して,日本に来たという女の人が結構たくさんいたんですよ。その女性は,私は朝鮮学校へ行っていますし,総聯系だということで,初めのうちはうちの家族を警戒していたんです。韓国での教育を考えれば当然ですよね。韓国の人にとっては「総聯系=北朝鮮」ですから,「この人たちとは絶対に話をしたらいけない。恐い存在だ」ということで,隣に住んではいたけれども,うちの家に来ることはなかったんです。でも,自分の故郷の韓国から来た人ということで,全然知らない人なんだけどやっぱり血が騒ぐんでしょうね,そのおばさんは日本語が分からなかったし,どうにかしてあげたいという気持ちで,うちのお母さんの方から近づいていったんですね。そしたら,言葉も通じるし,その人も安心して少しずつ少しずつ打ち解けてきたんです。それで,そのおばちゃんが言ったのが,もっとも私が子どもだっただけで,“おばちゃん”といっても若い女性だったんですが,「ごめんね。正直言って私は,あなた方の頭には本当に角があると思ってたのよ」なんです。それを聞いて私は,子どもながらに,「角だって?何考えてるのよ,このおばさんは」と思ったんですが,その人は本気でそう信じていたんです。本当に恐い話ですが,そういうふうに,小さい時からずーっと反共教育を受けた人が大人になってるわけですから,どうしたら韓国の人たちが「北」の人たちとか「在日」の人たちと話し合うことができるのかと,私はあの時,本当に絶望的に考えました。「本当に,これで統一なんかできるの?」と,本気で思ったんですね。

でも,この状況をどうにかしなくてはいけないということから,南北両首脳が話し合って,2000年6月15日に南北共同声明が出されました。それは単なる紙切れではなくて,実際に今も,ずーっと動いてるんです。

その動いてる中で,韓国の大邱の高校の先生たちが朝鮮学校に来るようになったんですね。今年で7年目になるんですけども,毎年1月に,大邱の先生たちが日本に来られます。大体12月の末から冬休みになってから来られるんですけども,私たちは,7年前に初めて大邱の先生たちがうちの学校に来るという話を聞いた時,本当にビックリしました。韓国にはまだ「国家保安法」がそのまま残っているんですから,韓国の先生たちが朝鮮学校に来れるはずがないと思ってたんですね。でもそれが,今では毎年,大邱の先生たちがうちの学校に来てるんですよ。

初めは,大邱の先生たちもちょっと警戒心を持っておられました。なぜかと言いますと,「朝鮮学校へ行ったらああだ」とか「こうだ」というふうに,政府の方からいろいろ言われてたんですね。ですから,その時は,うちの学校の関係者以外には彼らが来ることを秘密にして,うちの学校の教員の家に民泊したんです。今のような大邱の先生たちとも交流は考えられないことだったんですね。

あの時から7年経ったんですけども,その当時は朝鮮学校の存在すら知られてなかったんですから,大邱の先生たちは,初めて朝鮮学校に来て,そこで見聞きしたにビックリしたんですね。それから7年間の交流の中で,今では,子どもたちを連れてくるようになってきました。今年なんかは子どもたちの方が多かったんですね。それじゃあ,どうして子どもたちを連れてくるようになったのかと言うと,「これからは,子どもたちが大人になるにつれて社会を変えていかなければいけない」という考え方があるんですね。先ほども言いましたように,大人というのは,考え方を変えるのが難しいんです。そういうふうな教育をずっと受けてきていますし,歳をとればとるほど自分たちの考えを変えるのは難しくなるんですね。でも,子どもたちの世代・若い世代は,いろいろと新しいことを学び,いろいろなことを知った上で,これからの社会を築き上げていく土台になる人たちですから,そういう意味で,その先生たちは自分の子どもたちを教育しようと思ったんですね。

私が言ったらいけないんですけども,この先生たちがおっしゃるには,韓国の教育にもいろいろな問題があります。“受験戦争”ですよね。高校に入った途端に受験戦争が始まります。何も知らない子どもたちが,“勉強”“勉強”“勉強”で追い立てられる。そしてその結果,受験競争から落ちこぼれた子どもたちは,芸能界や芸能人,ファッションなどに興味・関心を向けるようになる。日本の子どもたちもそうなんですが,社会からはみ出されて,夢とか希望をなくして,今さえ楽しければいいというふうになってしまった子どもたちがたくさんいるんです。だから,自分の子どもに自分の言うことが通じなかったり,学校でも先生たちの言葉があまり通じないということで悩んでいる親がたくさんいるわけです。

そういう子どもたちがどうやって日本に連れてこられるかと言うと,日本に行けるということで喜んで来るんです。最近,韓国には日本のマンガとか芸能雑誌なんかも,大量に入ってますから,ファッションなんかもそうですが,日本に対して憧れがあるんですね。日本に遊びに行けると思って喜んで来るんですよ。

でも,その子どもたちが日本に来て朝鮮学校を見たら,ビックリして目が点になってしまうんです。「何,この学校は?こんなに豊かな日本の国にいるのに,わざわざ苦労しながら,どうしてこんな朝鮮学校にいるの?」というふうに思うんですよ。自分たちは,韓国人として韓国で生まれ育ったんだけれども,韓国の民族衣装や民族舞踊や音楽を知らないんです。と言うよりも,韓国で育った子どもたちはそんなことを意識していないんですね。日本の子どもたちが日本舞踊をしないとか着物を着ないというのと同じです。

その子どもたちは,最初は「日本に住んでるのに,どうしてわざわざ…」というような疑問から出発するわけですが,うちの学校の子どもたちと話をしていくうちに,いろいろと考えさせられるんですね。その上に,今度は日本の高校生との交流が始まる。そしたら,日本の子どもたちと話し合うだけじゃなくて,日本の先生方に協力してもらって,その先生方の家に泊めてもらうんですよね。そうなると,そこでまた日本の人たちの考え方も分かってくるんです。親たちは,日本に行ったらいろんなことを学んで帰れるから,この機会を逃すまいといろんな方法を使って,子どもたちを日本に来させるようになったんですね。


最近は,韓流ブームに乗って,韓国ドラマなんかを見たり聞いたりすることが多いんですが,うちの学校の子どもたちは言葉が分かりますから,すごく身近に感じてファンクラブに入ったりですね,私たちの世代では考えられないことをしているんですね。

私のクラスの子が自分のブログを立ち上げたんですが,どうせやるんだったら朝鮮語の勉強もしたいし,自分の言葉がどのくらい通じるのか試したいということで,朝鮮語でブログを立ち上げたんですね。それで,先ず何をしようかということになって,自分のことを紹介することになったんです。そしたら,自分が朝鮮学校の学生ですから,「自己紹介=民族学校の紹介」になってしまうんですね。自分が伽倻琴(カヤグム)という民族楽器を弾いていますので,先ずそこから自己紹介をしたんですが,それを読んだ人たちから一斉にメッセージが入ってくるんですね。私も見させてもらったんですが,そこに入ってくるメーセージの数がすごいんです。私は,“怖い”と言いますか,本当に“すごい”と思いました。

「初めて知りました」とか,「なに?その学校は」のようなメッセージが韓国の人からずいぶん入ってくるんです。“在日”の人たちにしても,朝鮮学校でこんなことをしているというのは,昔の“在日”の人たちにしてみれば考えられないことですから,ビックリしてるんですね。だから,その子の立ち上げたブログは,いまいろんな意味で反響がすごいんです。韓国から入ってきたメッセージを見てたら,「あなたのブログを見て初めて知りました。大人として,一人の韓国人として,恥ずかしいです。在日の人たちがこんなに苦労しているなんて」というのがあるんですが,その人は,それが契機になって,いろんな勉強を始めたというんですね。このメッセージを読んで,「私と同じだな」と思いました。知らないから何も関心が持てないのであって,知ったら関心を持つようになって,もっともっと深く知ろうといろんな人たちと繋がりを持つようになって,お互いにわかり合えるようになるんです。そのことを,今の学生たちがこれから少しずつ分かってくれたらいいなと思っています。


今日,大した話はできていないんですけども,この講演の話をいただいた時,私は「自分が話したい」というよりも,「先生方にお会いしたい」と思ったんですね。こういう会に参加して下さる人たちに会いたかったんです。私たちのような“在日”がいるんだということを,これから先生方が日本の子どもたち,若い人たちに話していただければ幸いだと思います。

私も,こういう機会を通じて,うちの学校の子どもたちに本当にいろいろなことを教えていかないといけないと思っているんですが,そう思いながら,もう25年も経ったんですね。本当に知らないうちに25年経ってしまいました。これからも時間はまだあるんですが,これまでやってきたことがあまりにも少ないのに,これからやらなければならないことはずいぶんたくさんあります。歳はとっていくし,学校では「もういらない」と言われたら,それでおしまいです。それだけに,自分に残されている教員としての時間に,本当に専念していきたいと思っています。

支離滅裂な話になってしまいましたが,今日は,いろいろな先生たちのお話も聞かせていただきたいと思いますので,遠慮なく,ご質問でもご意見でもいただけたらと思っています。

以上です。ありがとうございました。

(2008.2.16,呉市・阿賀公民館にて)