◆各種講演など 本文へジャンプ
 
日朝関係のこれまでとこれから
朝鮮半島の非核化を考える
二つの国のはざまで翻弄され続ける家族 
朝鮮半島の今を考える 


【2006年度講演と朝鮮料理を楽しむ会・講演 ~ 2007年】




私と民族教育



(在日本朝鮮人教職員同盟広島朝鮮学園分会長  金 令 姫)



 
宜しくお願いします。座って話をさせていただきますが,横間先生が真ん前にいるのでちょっと緊張しています(笑い)。
 それでは,まず自己紹介をさせてください。ちょっと,名前だけ書いておいたんですが,漢字ではこのように書きます。朝鮮読みではキム・リョンヒといいます。年齢は,呉ではよく知られている呂(リョ)先生と同級生でして,高校1年生から,その当時海田にありました朝鮮学校に“編入”という形で通いました。中学校までは日本の学校に通っていました。いま私は教育に携わっていますので,そういう体験というか,その時の気持ちなんかを織り込みながら,現在民族学校に通っている生徒たちの社会的な地位というか,生徒たちに対する暴言・暴行というか,そういうものと同時に私が思う民族教育像というか,そういうものについて,ちょっとお話ししたいと思います。
 さっきの先生の話にもあったように,ざっくばらんに,質問があれば,途中でもお話していただければいいかと思いますし,「それはちょっと違うんじゃないの」というところがあれば指摘していただければいいと思います。
 私は在日3世になります。年齢はもう42歳なんですが,おじいさんが大阪に強制連行で連れてこられた。当時,済州島(チェジュド)と大阪の定期便がありましたので,それに乗せられて連れてこられたという形です。それで大阪に住んだんですが,諸事情で岡山の方の田舎に住むようになりました。落合というところになるんですが,ああいうところにも朝鮮人が住んでいるんだなぁというところで,当時で5世帯ぐらいの朝鮮人が住んでいたと思います。勝山とか山の方にはもっといたんですが,その当時落合に住んでいたのはそのくらいですかね。そこで生活していました。
 中学校までは,お父さんもお母さんも,「あんたは朝鮮人だから,結婚するのも朝鮮人。これから大人になってつき合っていくのは朝鮮人なんだよ」という話をするんですけども,私としては,ちょっとよくわからないわけですね。何がわからないかというと,私の周りにいる人はみんな日本人だったんです。中学校に上がった時にクラスに一人だけ韓国籍の女の子がいたんですけど,その子は「私は朝鮮人なんよ。韓国人なんよ」って,日本の友だちの前でも恥ずかしげもなくしゃべる子でした。私も,どっちかと言うと,そういうのを隠す子ではなかったんです。でも,お父さんお母さんはそういうんだけれども,周りはみな日本人で,朝鮮人はどこにいるのかなということを疑問に思いながら成長していきました。
 中学校ぐらいになると,思春期になるんで,「あの子,かわいいなぁ」とか「あの男の子,格好いいなぁ」という話になってくると,お父さんが怒るわけですね。たとえば,友だちから電話がかかってきても,今みたいに携帯なんかないですから,家に電話がかかってくるんですが,「何しにそいつから電話がかかってくるんか」みたいなことを言うんですね。それで,「いや,友だちだから…」というような話をしても,「おまえがつき合うのは朝鮮人なんど」という話をずっとされるんです。でも,そう言われても周りに朝鮮人はいないし,「私はどういう人間なのか」ということで,中学校2年生ぐらいから少し疑問を持ち始めました。それまでは,朝鮮人・韓国人ということに関して,生まれは朝鮮人だということはわかっていました。おばあちゃんもちょっと朝鮮なまりの日本語をしゃべるし,怒ったら朝鮮語でわーっと怒るんですね,済州島のことばで。はっきり言って,何を言ってるのかよくわからないんですけど,何となくわかるんです。これについて怒っているんだなということはわかるんです。
 そういうふうにして,中学校3年生になったときには,進路を考え始めますよね。どうしようかと思ったときに,私は一応看護婦になりたくて,看護師ですね,今で言う看護師になりたくて,それを希望したんです。近くに准看までとれるような看護学校があったので,お父さんに内緒で,そこに一日体験入学に行ったんですね。それは子どもの考えることですから,お父さんもお母さんもわからないだろうと思って体験入学に行ったところが,もちろん学校から連絡が行ってますよね。その日,家に帰ったら,お父さんが「ちょっと来い。おまえは今日,看護学校に一日体験入学に行ったらしいな」と言うんです。私は「何で知っとるんだろう。お父さんは知らんはずなのに」と思いながらですね,ドキドキしながら,お父さんのところへ行きました。とても厳格な父で,それこそ極端な表現で言うと,お父さんと二人で部屋でテレビを見ていたらきっと窒息するぐらいの,すごい恐い父だったんですね。
 「看護婦になろうと思っとるんか」と聞かれて,「そう思っとる。その学校に行こうと思う」と言うと,お父さんが「朝鮮人は看護婦にはなれんのじゃ」と言うんです。その当時はまだ国家試験を受けることができなかったので,資格も取ることができなかった。自分の叔母にあたる人が看護士を目ざしたけれども,結局だめで断念しているという経緯もあったんですね。「看護婦にはなれないから,そんなことは考えるな。おまえは,もう行くところは決まっとるんじゃ」と言うんですね,ある日突然,それも降って湧いたようにですよ。それで,「行くところが決まっとるいうて,どこに行くの」と聞くと,「広島の朝鮮学校に行くんだ」と言うんです。そう言われて,私は怖いわけですね。朝鮮学校がどこにあるのかもわからないし,見たこともないし,得体も知れないところでした。それこそ,今からどこか他の国へ投げ出されるような,そんな感覚でした。でも,「朝鮮学校へ行かせる」という父に反発もできなかったんです。そういう恐い父でしたので,私は嫌だとも言い切れなくて,どうしたらいいか悩んでいたんですが,担任の先生に相談しに行ったんです。その時の担任の先生は私をすごくかわいがってくれた先生で,体育の先生だったんですけど,どこかに行くときはいつも私を連れて行ってくれるんです。「今日は町役場に行くから,おまえも一緒にくるんだ」とか言われて,「私は中学生なのに,何で行くんかなぁ」と思ったりもしていましたが,まぁ,よくかわいがってくれた先生でした。その先生に相談しに行ったわけです。いま考えてみれば,親とその先生がつながってというか,話をすませてあって,そういう言葉を言ったのかもしれないんですけど,その先生は私にとってはすごい信頼のおける先生でしたので,「まぁ,看護師の学校へ行けや」というのを期待しながら,その先生に相談するわけですね。ですから,その先生に「おまえは朝鮮人だから民族学校に行く方がいいんじゃないか」と言われたときには,頭の中はもう真っ白でしたね。「えっ,朝鮮学校へ行かにゃいけんのじゃ,やっぱり」ということになって,それで「じゃあ,やっぱり,そうしようかなぁ」ということで,半年ぐらい悩んだ末に民族学校に行くことを決めました。
 民族学校へ入学すると寮に入るようになりますので,嫁に出す娘というのではないですけど,民族学校に行く前に,お父さんが私を前に座らせて,「おまえは,たぶん民族学校へ行ったら,先生をするとか言い出すから,そういうことは一切考えるな。総聯の活動をしたりとか,そういうことは一切考えんでいい。おまえは朝鮮の風習と言葉を習って帰ってきて,嫁に行けばいい」という話をしたんですね。その時は私も,「そうなんかなぁ,風習だけ習って帰ってきたらいいんかなぁ,言葉だけ習って帰ってきたらいいんかなぁ」って感じで学校に通ったんですけど,やっぱり,父の思ったとおり教員になってしまいました。いま考えてみると,父は子どもの気質を見ていないようで,やっぱり,よく見ていたのかなぁと思ったりします。
 それで,海田の朝鮮学校に編入という形で1年生から行くことになったんですが,行ったときは,何と言ったらいいですかね,まさにカルチャー・ショックでした。何にショックだったかというと,そこにいる人がみんな朝鮮人だということがショックでした。それまで私が行ってた学校は5クラスあって,1クラスに大体40人位いましたので,同級生が200人位いた学校で,それが中1・中2・中3となったら約600人位いた学校なんですが,その中でも朝鮮人というのは,本当に,私と先ほど話した女の子の2人位だったんです。だけど,海田に行ったら,みんなが朝鮮人なんですね。横を向いても朝鮮人,前を向いても朝鮮人,先生も朝鮮人です。こんな世界があるんだなぁというのを,それこそ,カルチャー・ショックで受け取りました。
 それと同時に,何て言うんですかね,言葉ではちょっと表現しにくいんですが,安堵感と言うか,こういう,何か通じ合える人たちが横にいるんだなぁというのを初めて体験しました。それまでは,どちらかと言うと,私は活発な子で,小学校のときでも,男の子と一緒になって山を駆け回ったりするような子だったんです。「おまえ,朝鮮人か」とか言われたこともあるんですけど,「じゃけん,どうしたんよ」みたいな感じで,負けてない女の子だったんです。友だちは朝鮮人ではないけれども,自分が朝鮮人だということに対しては何ら卑下しないというか,そういう子だったんです。ところが,それでもやっぱり,心の中には何か壁があったんですよね。それは何だったのかということを,いまも時々考えることがあるんですが,やっぱりそれは,自分は朝鮮人なので横にしかいられないというか,社会的に見たら朝鮮人という立場が認められていないということなんですね。子どもですから,政治的なこともわからないし,難しいことはわからないけれども,やっぱり,そういうものを感じてたんですよ,子どもながらに。そういうものが壁としてあったんだろうと,いまはそのように思っています。ですから,学校に行ってるときにお父さんが,機会あるごとに「おまえは朝鮮人と結婚するんで。朝鮮人とつき合うんで」と言ってたのは,自分たち2世とは違う思いで3世がこれからこの世の中を生きていく上で,自分のアイデンティティをちゃんと持ちながらも,日本の人とも仲良くしていかんといけんという思いがあったからだろうなと,いまは思っています。
 海田の学校へ行ってからは,私もひとつ気持ちの壁がとれましたので,友だちともすぐにとても仲良くなれました。特に呂先生なんかは,私のことを“ピョニ公”“ピョニ公”と言って,よくからかっていました。朝鮮語で編入生のことを“ピョニッセン”というんですけど,“公”というのは“先公”の“公”ですね。
 それからが大変でした。ひとつは朝鮮語を覚えるのが大変でしたね。高校生からの編入なので,他の子たちはもう,自分の意のままにべらべらべらべら喋れるわけですね。だけども,私はそうじゃない。たとえば,試験をひとつするのでも,教科が全部朝鮮語なので,それをひとつ覚えるのもすごく時間がかかるんですね。朝鮮語で書いてある1列を覚えるのに何時間もかかる。ひょっと友だちを見たら,その子は10分で3ページぐらい覚えていくわけですよ。日本語で覚える子もいるんですよ。私の同級生には編入生が7人いたんですけど,男の子なんかは覚えられんということで,最初から日本語で覚えたりするんです。私はちょっと,負けん気が強かったんで、「そんなんで負けとられん。朝鮮語で覚えんといけん」みたいな感じだったんですけど,どうにかこうにか2年生にあがった頃にはほとんど朝鮮語で喋れるようになりました。
 3年生になったときに初めて“模範学級”というクラスがつくられて,その“模範学級”に選ばれると,その当時は万景峰号に乗ってウリナラに行ける,共和国に行けるという副賞が与えられるようになったんですね。だから、今まで行けなかったところに一歩足を踏み入れるということで,みんなが必死ですよね。とにかく難しい本を100回読んだり,学校では朝鮮語を100%使うとかいうふうにして,みんな,一生懸命頑張りました。3クラスあったんですが,1クラスだけ“模範学級”に選ばれたので,修学旅行ではないのですが,そのクラスだけが共和国に行きました。いまは二人とも先生をしているのですが,なぜか,呂先生のクラスと私のクラスはなぜか選ばれませんでした。その当時は,いまは共和国にもお土産屋なんかあったりするんですが,行ってもお土産なんかなかったので,白頭山の石とか,旅館のトイレットペーパーとかがお土産でしたね。「これは自分たちが泊まった旅館のトイレットペーパーなんよ」と友だちが言うと,「へぇー,そうなんじゃ」とか言いながら,そのトイレットペーパーを見た覚えがあるんですが,その時はまだ紙質も本当に悪くて,ゴムみたいな感じで,それこそ日本の新聞紙がちょっと伸びるぐらいと言いますか,そんなものでした。20年ちょっと前のことですが,そんなものを持ってきたりとかしていました。
 高校を卒業するときに,私は進学をしたかったので,一悶着ありました。家の方では,高校入学のときにお父さんが言っていたように,「家に帰ってこい。おまえは風習だけ習いに行かせたんだから,大学へ行くなんてとんでもない」ということだったんですが,私が一回言い出したら言うことを聞かない子だというのは父もわかっていたので,「まぁ,それなら2年制だけ行くのを許してやる」と言うんです。師範学校ですね。ところが,私が理学部にいきたいと言ったものだから,「何で女が4年も学校へ行って勉強するんか」と言うんですね。朝鮮人の家庭はどっちかと言えば,儒教的な考え方が強いので,私たちの時代でも同級生の女の子で4年制の大学へ行ったのは二人だけだったんです。やっぱりお父さんたちは,「男の子には勉強させてやりたいけれども,女の子が4年の大学に行くのなんか…」という感じだったんですね。全国でも理学部に来たのは4人だけでした。その当時の4年制の大学では外国語学部がちょっと多かったのですが,それでも女の子は20人しかいないという状況でした。お父さんも当然のように,「何をしに大学へ4年も行くのか。4年間大学へ行って何をするんか」というんですが,私は「何するんか言われても,私は,朝鮮語がまだちゃんと喋れないし,風習もまだちょっとわからない。だから,もうちょっと勉強したい」と言うわけです。お父さんは2年制だけなら許すと言うんだけど,私も引かないし,お父さんも引かない。それで,担任の先生が家庭訪問に行って,「この子はぜひ4年制に行かせてやってください」と言う。お父さんはその言葉に折れて,「それじゃあ,仕方ないなぁ」という感じだったんです。
 私は,民族学校へ行って民族に触れることはしたんですけど,3年間のうちの1年間は,朝鮮語を覚えるのに必死で,2年・3年となったら,全部の教科が朝鮮語で行われるわけなんですね。だから,その時その時は一生懸命勉強して過ごすんですけど,知識として蓄積されるものというのがあまりないんですね。なぜかと言うと,言葉がちゃんと入ってない上にその言葉で学ぶので,どうしても,その時は一生懸命やって点数もある程度とるんだけれども,後になってその時のことを振り返ってみたら,あまり頭に残っていないというような状態があったりしたんですね。それで,私も数学とか好きだったので,理学部の方に進学して,4年間東京にある朝鮮大学の方へ通いました。
 朝鮮大学を卒業して,また海田にある学校に6年間就任させてもらって,結婚して下関の方に9年間いて,4年前に李先生にまた広島の方に呼んでもらって,移動で帰ってきました。いままで約18年ほど教員をやってるんですが,私にとって民族教育というのは,民族の魂というか,そういうものを教えてくれたところなので,いま現在、私が教員をしながら,子どもたちにもやっぱりそういうものを教えてやりたいと思っていますし,もうひとつは“観”ですね。人生観はもちろんですが,物事を見る価値観です。それを育ててくれたのが民族教育だと,私はいま思っています。だから私も,子どもたちにそういうものを育ててあげたいし,そういうものを育てる力をつけてあげたいというふうに,いま現在思っています。
 民族教育と言ったら,北海道から九州までたくさんの学校があって,いろいろな特色があるんですけども,一言でいうならば,いま民族教育はとても難しいところに来ているなぁというふうに,私は実感しています。その理由は,教育の内容自体がどうこうとか,学校の先生たちがどうこうとかいう問題ではなくて,やっぱり,いまの日本の社会の流れがどうなっているかということです。昔は,私が小さいときもそうですが,たとえば男の子が「おまえは朝鮮人だろう」といっていじめたけども,そんなのはそれで終わりだったんですね。それで,ちょっと喧嘩をすれば仲良くなるという感じだったんですが,いまはそうじゃないんですね。去年もありましたが,何年か前もチョゴリが切られたりとかいうことがあるにはありました。「やっぱり,広島は平和都市なのかなぁ」と思ったりもするんですが,広島ではあまりそういうことはないんですが,やっぱり,暴言を言われたりというのは昔からたくさんあったのですが,最近のそういう暴言なんかはとても陰湿なものが多いし,もうひとつは生活にとても浸透しているというか,根深く入っている暴言的なものがとても多いんですね。
 毎日テレビを見ていたらそうなるなぁという感じもするんですが,去年の統計を見ると,2002年の9月17日に金正日さんが“拉致”を認めて,それ以前と以降には明確な差があるんですね。民族学校でもその統計を取ってみると,暴行による被害というのは,それ以降すごく減ってるんです。たとえば,チョゴリを切られたとか,暴力をふるわれたというのはすごく減ってるんですね。ところが,自分たちが何らかの暴力を受けたという中の約80%が言葉による暴力なんです。それも,高校生の男の子にはあまりありません。全国でもほとんどゼロですね。ところが,チマチョゴリを着てる女の子や低学年の子どもたちに暴言を浴びせられる者がとても多いということです。それを誰が言うのかということですが,昔は,広島でも6時,7時ぐらいになったら,ちょっとお酒を引っかけて,おじさんたちが広島駅に集まって,その人たちが言ってたんですが,いまはそうじゃないんです。同世代の子が言うんです。小学生が「おまえ,朝鮮人か」とかいうふうに言うんですね。私は牛田に住んでいるんですが,近所の子は普通に遊んでいるときは普通に遊んでるんです。うちの子はお姉ちゃんの名前を朝鮮名で呼びますし,近所の子も普通に朝鮮名で呼んでいます。ところが,何か不思議なものを感じるんですが,うちの子が制服に着替えて学校に行きだすと,同じ近所の子が「おまえ,朝鮮人か」と言うんですね。子どもが「『おまえ,朝鮮人か』いうて言うんよ」と言うから,「ああ,そうなん。じゃあ,『あんた日本人なん』って言ってあげればいいじゃん」と私が言ったら,「そうよね」とか言ってます。何か,うちの子は兄弟(姉妹)が4人いますので,「自分たちが集団で歩いたら,私らは勝つよ」という自信みたいなのがあって大丈夫なようですが,そういうふうに見てみると,よくわからないんだけれども,「朝鮮人・韓国人はいやだ。暴言をするに値する存在だ」というようなのが,いまあるように思います。
 一連の報道なんかを見ても,[共和国→朝鮮総聯→朝鮮学校]という流れができてるわけですね。それでも,今までは「学校だけは…」と思っていました。ところが,1月28日に滋賀朝鮮初中級学校に警察が約90人ほど入ってきました。ちょうどその時,東京で全国の民族学校の先生たちの教研集会があったんですね。滋賀の先生たちがバタバタしてるんでどうしたのかなと思ってたら,「警察が入った。もう帰らんといけん」ということだったんですが,朝の10時ぐらいから夕方の5時ぐらいまで約半日をかけて,学校をくまなく調べたという話です。その時,いったい何を調べるのか,その理由は何か,“車庫とばし”だったという話になったんですが,それじゃあその容疑で学校の内部まで,教室まで見なければいけないのか。子どもたちが掲示物を張ったりしていますが,そういうのも写真を撮ったりして帰るらしいんですよ。そんなものがこの“刑事事件”の証拠になるはずがないですよ。そんなこともありましたし,後は校長室ですね。校長室をくまなくみたりとか,教務の方にある保護者の名簿なんかも全部押収して持っていったらしいんですよね。そんなものが道路交通法違反容疑に何の関係があるんですかね。いま,日本では個人情報が何だかんだと言ってるこの時期に,名簿を持っていって何をするのかというのを考えたら,これは悪意としか言いようがないと,ものすごく思うんですよね。大人もそうなんですけど,そこにいる子どもたちにとても恐怖感を持たせるということは,私としては,学校に携わる者としては,決して許せない行為だと思います。
 結構,民族学校に通っている生徒たちは,気質的には強いですよね。何か言われても,「じゃけんどうしたんな」みたいな感じのところがあります。たとえば,こういうふうに暴言・暴行などがあったら,「自分たちも滋賀へ行って抗議しようや,先生」と言ってきたりします。そういう気質があるので,自分たちのところにきたらどうするかという話を,高校生ぐらいになったら,子どもたちがするわけです。「先生,うちの学校に入ってきたらどうする」とか聞いてきます。「だけども,この平和な日本で,一応,民主主義国家と言われている日本で,いま警察が学校に入ってきたらどうするかという話ができるあんたらはすごいよ」という話を私も時々するんです。私の周りにいる在日の同胞たちも,危機感と言いますか,そういうものを持って生活しています。とても怖いことだという恐怖感ではなくて,“戦前に戻る”とよく言われますが,本当にこれからどうなっていくんだろうかという危機感をいま実感しながら生活しているわけです。
 年が明けて,1月から兵庫とか北海道の商工会や総聯本部の中にも全部入ったんですけど,ちょっと前に兵庫に入ったときは機動隊が600人来たらしいんですね。「機動隊は商工会に600人も来るほど暇なんかなぁ。もっとやることがあるんじゃないかなぁ」と思ったりもするんですが,昨日,偶然テレビを見ていたら,芸能人の藤原紀香さんが結婚して,「機動隊が500人も来るという超厳重態勢の中で…」とか言ってましたが,「それ+100人」ですから,600人というのはすごいですよね。インターネットを通じてエルファネットなどを見てみると,その当時の映像が収録されているのがあるんですが,ものすごいですよね。民主主義国家の警察が発するような言葉じゃないですよ。友だちにちょっと聞いてみたら,外に置いてある機動隊の車に触ったら,「触るな。公務執行妨害だ。逮捕するぞ」「指紋採れ。指紋採れ」みたいな言葉が行き交って,騒然とした状況だったようです。でもやっぱり,そういうところで,「それは不当だ」といって声を高く上げているのは,民族学校を卒業した子どもたちなんですよ。いま青年であったり,もう40代・50代になっている民族学校を卒業した人たちが中心になってやっているんですよね。そういうのを見ると,やっぱり民族学校というのは,ただ単に教育の場として理科を教え,数学を教え,国語を教えるという場所ではなくて,先ほども言ったように,人生観であるとか世界観であるとか,そういうものを育ててくれる,在日同胞にとっては唯一大事な場所なんだなぁというのを,今日に至っても私はすごく実感しているところなんです。
 だけども,民族教育の場で,これから日本において民族教育がどのようになっていかなければいけないのかというのは,現場にいる私たちもいろいろな話をしたり,校長先生などとも話をしたりとかいろいろするんですが,やはり,いろいろな権利のようなものも,今まで60年近く日本に定住しながらいろいろ得たものもたくさんあるんですね。ところが,いま安倍政権になって,いろいろな法がどんどんどんどん“改正”されて,教育基本法まで変わってしまったということで,私たちが今まで何十年もかけて守ってきたものが一日のうちに変わってしまうような状況にあるんじゃないかと思っています。
 先ほど資料をもらったんですが,この中にもあるように,神奈川では玉川大学の問題がありましたけど,広島の場合は,一応うちの学校と西校等学校という二つの学校に通うような形になっていますので,実は去年,うちの卒業生は玉川大学に入学しています。それは,うちの学校の卒業生ではなくて,西高の卒業生として受験しましたので,何ら問題もなく入学という形になっているんです。結局,人は関係ないんですね。その子が韓国籍であろうが朝鮮籍であろうが,西高の卒業生であれば入れるわけです。ところが,民族学校の卒業生だったら入れない,というふうな形がいまとられているんです。今年もひとり広大を受けるという生徒がいたんですが,国公立大は個別審査制度になっていますので,親としてもそれはとても苦痛なわけですよね。個別審査を受けるというのは,たとえば普通の生徒のように受験をして入るというんじゃなくて,いろいろと書類を揃え,それも個人情報的な書類じゃないですか,それを揃えて受験する。そういうふうになってくると,やっぱり子どもたちが,3年間学んだ後に,あるいは12年間学んだ後に,日本の社会に出て行くわけですよね。そういった時に,日本の社会でちゃんと対応していける,そういう力を持つためには,子どもたちにもっともっと厳しい要求になるかもしれないけども,高校生ぐらいになると,「現実はこうだ。それじゃあ,この中で私たちはどのようにしていかなければいけないか」ということを突きつけて,一緒に学んでいかなければいけない,そういう時代が来たなぁと思っています。今までは,「うちの生徒は,高校を卒業したら,どこに出しても恥ずかしくありませんよ」で済んだんですが,それじゃあ,もう済まない時期が来たなぁというのをすごく感じています。
 ちょっと前も,今年学校が60周年を迎えたので,近所の人たちに案内を配ったんですが,その時,皆さんが「お宅の生徒は礼儀正しくて,とてもいいですよ」という声をかけてくれるんですが,そういうのって,なかなか,みんなの声にならないんですね。学校の方に苦情電話がかかってくることがよくあります。この前も「お宅の生徒がうちの子どもを殴りました」と,お母さんが電話をかけてきたんですね。「高校1年生の男の子が泣きながら家に帰ってきた。お宅では,学校でそういう暴力を教えているんですか。テレビと同じですね」みたいな暴言を言われるので,「何でうちの学校の生徒だとわかるんですか」と聞くと,「横にチマチョゴリを着た女の子が通っていた」と言うわけです。横にチマチョゴリを着た女の子が通ってたから,その近くにいた男の子は朝鮮学校の生徒だろうと言ってるんですね。そんなことはその男の子がうちの生徒であるという根拠にはならないし,本当はそのお母さんも自分の息子を殴った男の子がどこの学校の生徒かはわかっていないのに,「近所で人を殴ったりする子がいるのはお宅の学校だ」みたいな思い込みを持っているんですね。でも,そういうのはすぐ噂になって広がるわけですよね。「あそこの学校の生徒は喧嘩早くて,こうなんよ」という噂が出たりとか,コンビニでアイスクリームを売ってますが,「お宅の学校の小学生が,涼むために,冷凍庫を開けて顔を入れる。そんなことをされたらアイスクリームが溶けるから困っている。学校ではどういう指導をしとるんか」いうふうな抗議の電話が,夏に近くのセブンイレブンなんかからかかってきたりするんですね。そんな電話を日本の学校にもするのかな,と思うことがあるんですね。たとえば,業者の人が日本の学校に「お宅の学生が…」という電話をしたりとかですね,明らかに日本の学校の生徒だとわかる子と喧嘩したときに,お母さんがそのことをその学校にいっていくのだろうかとか,いろんなことを考えていたら,毎日のように,普通の学校の位置と違う民族学校の位置というものを考えずにはいられないわけです。

 今,うちの学校に通ってる子たちは,高校生だったら3世も少しいるんですが,あとはもう4世・5世なんですね。それで,5世の子に「あなたは朝鮮人としての自覚を持ちなさいよ」と言うとき,何をもって自覚を持つことができるのかと考えると,やっぱり,それができるのは教育の場しかないんですね。もちろん,私たちが暮らしているのは日本の社会ですから,私たちにとっては異国の地です。家にも,朝鮮語を使っているおじいさんおばあさんがもうほとんどいないし,お父さんもお母さんも,民族学校を卒業していない限りは,朝鮮語を喋れない。民族学校を卒業したとしても,社会に出て何十年も経つと忘れてしまうんですね。ところが,幸か不幸か,今は韓流ブームなんで,韓国のビデオなんかがよく出回っていますよね。それで,普段は家で朝鮮語を使わない在日の若いお母さんたちが,その韓国のドラマを見て,変な朝鮮語を使ってるんですね。現地の言葉をそのまま使ったりしてるので,不思議だなぁ,おもしろいなぁと思ってるんです。私たちは,昔の言葉で,よく“植民地奴隷根性”と言うんですが,何十年も,30年近く植民地政策があって,その中で押しつぶされてきた民族の,何と言うかな,「朱に交わらなければ生きていけませんよ」「長いものには巻かれないとだめですよ」みたいな根性がまだまだ残ってるんだなぁと思ったりもしているんですが,韓流ブームなんで,それを利用して,お母さんたちに「やっぱり,朝鮮語を家でも使わわんといけんのよ」と話したら,スーッと入っていくんですね,最近は。一昔前だったら,「使わんといけんよ」と言うても,「そんな,喋れんよー」という感じだったのに,今はそれなりに聞いてもらえるわけです。たぶん,朝鮮語を使ってたら,おもしろいと思うんですよ。言葉の感覚がちょっと違うので,日本語で言ったら味があるものと,朝鮮語で言ったら味のあるものというのがありますからね。そう言うことを考えると,社会的にはいい部分もあったりするんですが,やっぱり私たち在日同胞の地位ということになってくると,政治情勢と切り離そうとしても切り離せない,ひとつにつながってる部分があります。そういう中で民族教育というものを考えた場合,やっぱり,民族教育も政治情勢と切り離すことができないものがあると思います。だから,ただ単に「教育の場ですから,こういうふうにすればいいんですよ。こうやりさえすればいいんですよ」というのではなくて,やっぱり,こういう情勢の中で民族教育はどのようになっていかなければならないかということがこれからの難しい問題として提起されるんだろうなと思います。
 どういうわけか日本の方は,韓流ブームになって以降,“韓国人ですが…”というと,すごく憧れの気持ちで見られるんですね。表情が変わるのがわかるんですよ。「えーっ,韓国の方?」とか言ってね。ところが,「朝鮮人です」と言ったら,「えーっ,朝鮮人?」とか言って,嫌な顔をするんです。何が違うのかなと私たちはちょっと思うんです。同じなんですね。“ヨン様”“ヨン様”と言われて,裵勇俊(ペ・ヨンジュン)がクローズアップされて,おばさんたちが追いかけ回していますが,“ヨン様”も金正日さんも同じ民族なんだがなぁと思いながらも,なんか違うんだろうなと思ったりもしています。テレビで見たら,共和国の映像は必ず軍隊のパレードがあって,金正日さんがこうやって喋っている姿が映っているんですね。そりゃあ,毎日毎日,そんな映像ばっかり見ていたらそうなるだろうと思うんですね。
 それは,日本の人たちだけじゃなくて,うちの子たちもそうなんですよ。うちの学校の生徒たちも,見るテレビはそういうテレビですからね。学校では,先生は共和国に対してこんなふうに言います,指導者に対してこう言います,韓国の問題についてこう言います,アメリカとの関係についてこう言います,というのはあります。だから,学ぶ場では,「ああ,そうなんか。先生はこう言っとんか」というのはあるんだけれど,家に帰ったら,テレビはそんな映像ばっかりです。私も今回は珍しく3連休だったんですが,ほとんど休みはなくて,たまに休みがあってテレビを見ていたら,全部同じことをやってましたよね。だから,ニュースをひとつだけ見たら,今日の日本のテレビ番組は何をやっているか,全部わかりますよね。同じことを言ってるんですから,「これこそ思想教育かな」と思ったりもするんですが,常にそういう映像ばっかりですから,子どもたちも情報を得る場は学校しかないんですね。お父さんお母さんがそういうことに関して考えることのある人であれば,そういうことに対して「そうじゃないんだよ」と家で言うけれども,主婦というのはやっぱり大変ですよね。お母さんが,わざわざ政治のことを勉強して,自分の育てている子に「あなた,そうじゃないのよ。生きる道はこうなのよ」と言うのはなかなか難しい。お父さんは言えるかもしれませんが,私も子どもが4人いますけど,なかなか難しいですよね。忙しいものですから,そういうふうなことを話す暇があったら,「早くご飯を食べて,お風呂に入って寝なさいよ」みたいになってしまうし,「お父さんにそんなことを言うちゃいけんじゃろ」なんて言って怒るのに忙しいんですね。だから,子どもたちもそういう考えを少しは持つようになるんです。
 だけども,それが変わるのが,やっぱり高校3年生の修学旅行なんですね。いまは万景峰号が入校を禁止されていて,修学旅行に行けなくなっているんですが,子どもたちがその万景峰号に乗って共和国に行って,一番実感するのは何かと言うと,それは当たり前のことなんですけど,共和国にも人が住んでるということですね。それなのに,いまは修学旅行に行けないという状況で,その当たり前のことを実感させられなくなっているんですね。日本政府が言ってるような,あるいは首相などが言ってるような,ただ単に制裁云々ということで万景峰号の入港を禁止します,というのではないんですね。先ほど,民族学校の生徒たちに対する暴言なんかが2002年以降変わってきたと言ったんですけど,もちろん“拉致”という問題はあってはならないことですし,論を待つような問題ではないということは,在日の人が一番よくわかるわけですよね。なぜかと言うと,ある意味,自分たちが拉致されてきた人たちの末裔だからです。おじいさんが南にいて,おばあさんが北にいるという人とか,叔父さんは北にいて,おじいさんおばあさんは南にいるという人がたくさんいるわけです。ですから,自由に会えないということがどれだけ苦痛なのかというのは,もちろん在日同胞が一番よくわかっているんです。だから,何も言えない部分があるんですが,だからといって,いま日本政府がやってるように,唯一,北に行ける道であった万景峰号の入港を禁止するというのはどうなのかということですね。先ほども言ったように,子どもたちは高校3年生でそこへ修学旅行で行った時に,「そこに人が住んでるんだ」「同じ年代の子が学校に行って学んでるんだ」という,当たり前のことを感じるんですが,日本にいたら,その当たり前のことを感じないわけですね。ニュース報道では,さっき言ったように,いつもひどい映像ばかり流れるし,そういうのを見ていたら,子どもたちもそういうふうになってしまうわけです。でも,共和国へ行ったらいつもいつも,そうやって軍事パレードばかりやってるのかと言ったら,そうじゃないじゃないですか。農民もいれば,生徒もいて,赤ちゃんもいて,主婦もいて,そういう人たちがいろいろ生活してるし,学校に行ったら同じような年代の子がそこにいるわけですよね。そういうのを,初めて向こうに行ったときに感じるし,一緒に会って話もできて,通じ合うものがあるから,帰ってきてから,子どもたちはやっぱり変わるんですね。何が変わるかというと,考え方が変わるんです。どのようにニュースを見るべきかとか,自分たちはこれからどのように生きていかなくちゃいけないのかというような考え方が変わってくるんです。だから,そういう面で,いま万景峰号が日本の港に入ってこれないというのは,私たちの民族教育にとっては,一言でいってしまったらあまりにも簡単な言葉すぎるんですが,ものすごい“痛手”なんですね。子どもたちを育てる上で大変な痛手なんです。
 いま,韓国には自由に行ったり来たりができます。子どもたちは,韓国に行っても,言葉が通じます。いま私たちは日本に住んでいて,喋る朝鮮語はちょっと日本語的な朝鮮語なんですが,でもパターンがあります。現地に行ったら,子どもたちはそれなりに抑揚を変えて喋るので,それなりに通じます。ただ,日本にいるときは,恥ずかしいから,どうしても日本語的な発音になってしまうんですよ。学生の中には,北にも親戚がいて叔父さんやおばさんがいる子もいるんですが,いま民族学校に来ている子で北に故郷を持っている子はほとんどいないんです。こう言うと,驚かれる人が多いんですが,ほとんどの学生の故郷は南なんですよ。慶尚南道とか済州島とか,そういうところなんですね。だから,学生たちは自分の故郷には行くことができるんですね。じゃあ,どうして子どもたちが共和国に行きたがるのかと考えてみると,これにも長い歴史があるんですね。韓国が「日本に住んでいる同胞たちは日本人に帰化するように。仕方がないよ」とポンと放り出した。その時に手を差しのべてくれたのが共和国だったわけですよ。だから,今日の民族教育があるし,そして民族教育の中で育っている子どもたちが,朝鮮人として韓国人として,ちゃんと日本の社会で生きていかれているという現実があるわけです。
 そういうのを考えると,いま,いろいろな問題がたくさんあるんですが,特に万景峰号の問題なんかは,早急に解決していきたいと思っています。ただ,日本のマスコミなんかは,「あの船は人道的にも入港させてはいけない船だ。あの船を通じて北に,技術が行ったり,物資が行ったりしている」というふうに言ってるんですよね。だけど,在日同胞からしたら,あの船に載せて,親戚にいろいろなものを送ってあげるわけです。私たちが日本に住んでいてもそうじゃないですか。たとえば,いとこが子どもを産んだと言ったらお祝いにものを送るんだし,うちの子のお下がりがあると言って近所の人にそれをあげるのに,それができない。「今まではああだった」とか「こうだった」とかいうのは,よくわからないんですけど,もう何十年もそうやってきているわけですね。私も2年前に新潟へ行ったんですが,その時も税関の人も困ってるんですよ。今まで何十年もそんなことは言ってないのに,急に警備が厳しくなったんですね。昔はずーっと埠頭までいろいろな人が入れたのに,今はその100メートルくらい前でシャットアウトですよね。入れなくなってるし,そこにいるのはいつも“拉致”被害者の家族で,シュプレヒコールをやってますよね,「入るな」「入るな」言ってね。「今度はおまえがやれぇや」みたいなことを言いながらやってるんですけど,税関の方は困っているんですね。
 今回は,商工会の方に警察が入ってきたんですね。それで,商工会の人は「どうしたらいいのか。確定申告なんかも,個人がするのが基本だけれども,税理士の免許はないまま,今まで何十年も商工会が代理してやってきたのに,どうしたらいいのか」と税務署に言ったらしいんですね。「どうしたらいいんですか,それで捕まるんだったら」と言ったら,税務署は「いや,今まで通りやってください」と言うらしいんですよ。税務署の方は「今まで通りで,どこも法に触れるところはありませんよ。今まで通りでいいですよ」と言うのに,それをやると捕まるわけですよね。とても遺憾なんですけど,現実にはそんな状況になってるんですね。だから,いま,私の友だちなんかでも商工会の人は,それこそ,「今日,明日のうちに捕まるんじゃないか」というような心配をしています。それは,私たちでは経験できない,経験したことがないものですよね。日本は民主主義国家だし,これだけの経済大国なのに,その友だちのお連れ合いに聞いてみると,その友だちは毎朝,いつも8時半ぐらいになったら下を気にするらしいんですよね。カーテンを開けて下の方を見て警察がいるかいないか確かめているわけです。それで,警察がいなかったら,「今日も仕事に行ける」みたいな感じで出勤しているらしいんですが,いつもそういうのを見ながら生活している人たちが私のすぐ近く,身近にいるんです。そういうことを考えると,これからうちの学校で学んでいく子どもたちが,さっきも言ったように,本当に力をつけてくれるように,私たち教師がやっていかなければいけないんだなぁということを思っています。

 まとまりもないまま,これまで話をしてきましたが,ぼつぼつ時間も来ました。最後に“私にとっての民族教育”ということで,ちょっと話して終わりにしたいと思います。私は,先ほども言ったように,私自身がどういう存在であるかというのを教えてくれたのが民族教育だと思っています。「もしあのとき,私が看護学校に行って看護師になっていたら,今どうしてるかなぁ」と時々思うことがあります。こんなことを話す機会もたぶんなかっただろうし,横間先生とお会いすることもなかっただろうし,そして,「日本にする在日同胞はどうならないといけないのか」ということを考えることもないまま,たぶん日々を送っていたと思うんですね。いま現在,そういう人はたくさんいます。だから,私にとって民族教育は,本当に“第二の命”をくれたというか,そういう場が民族教育だったなぁと思っています。その時の先生が李校長先生なんですね。私が高校に入学したときに教えてくれた先生が李校長先生です。私も,子どもたちが学校を卒業した後に,いろいろな場面で活躍してるというのを聞くと,すごくうれしいし,また逆に私の力にもなるし,これからもっともっと自分が頑張っていかないといけないなぁと思うんですね。まだまだ若いですけど,これからも,後10年,20年と頑張っていきたいと思っています。民族教育の場では,なかなか定年退職まで勤められる人はいないんですよね。ひとつは経済的な面もありますし,いまも言ったように,情勢が不安定になると学校自体もどうしても連動して不安定になってくる場合もあるんです。今までそうだったからと言うのではなくて,私はそれでも,そういう中で自分の足跡を残していけるように頑張りたい。「足跡を残す」というのは,「私はよく仕事をしてるよ」というのじゃなくて,「子どもたちが育つ」というところで,そういうものが実を結んでくれたらなぁと思っています。

 今日はあまりまとまりのない話でしたが,これで話を終えたいと思います。どうもありがとうございました。
                         (2007年2月18日,阿賀公民館にて)