◆朝鮮半島関係資料 本文へジャンプ
 


三党(朝鮮労働党・自由民主党・日本社会党)


共 同 宣 言


(1990年9月29日)



 自由民主党代表団と日本社会党代表団は,1990年9月24日から28日まで朝鮮民主主義共和国を訪問した。
 朝鮮労働党中央委員会総書記の金日成主席は,自由民主党代表団と日本社会党代表団を接見した。
 接見席上で,金丸信団長と田辺誠団長は,朝鮮労働党中央委員会総書記の金日成主席に自由民主党海部俊樹総裁の親書と日本社会党土井たか子中央執行委員長の親書を手渡した。
 訪問期間中,朝鮮労働党党中央委員会書記の金容淳を団長とする朝鮮労働党代表団と衆義院議員金丸信を団長とする自由民主党代表団,中央執行委員会副委員長田辺誠を団長とする日本社会党代表団による三党共同会談が行なわれた。
 三党は,自主,平和,親善の理念にもとづき朝日両国間の関係を正常化し発展させることが両国人民の利益に合致し,新しいアジアと世界の平和と繁栄に寄与すると認め,次のように宣言する。

1.三党は,過去に日本が36年間に朝鮮人民に大きな不幸と災難を及ぼした事実と戦後45年
 間に朝鮮人民に被らせた損失について,朝鮮民主主義人民共和国に対し公式的に謝罪し,
 十分補償すべきであると認める。
  自由民主党海部俊樹総裁は金日成主席に伝えた親書で,かつて朝鮮に対して日本が与え
 た不幸な過去が存在したことに触れ,「このような不幸な過去につきましては,竹下元総
 理が昨年3月,国会におきまして,深い反省と遺憾の意を表明しておりますが,私も内閣
 総理大臣として,それとまったく同じ考えです」ということを明らかにし,朝日両国間の
 関係を改善する希望を表明した。
  自由民主党代表団団長である衆議院議員金丸信も,朝鮮人民に対する日本の過去の植民
 地支配に対して深く反省する謝罪の意を表明した。
 三党は,日本政府が国交関係を樹立するのと関連し,過去36年間の植民地支配とその後の
 45年間に朝鮮民主主義人民共和国の人民に与えた損害に対して十分に補償すべきであると
 認める。

2.三党は,朝日両国間に存在している非正常な状態を解消し,できるだけ早い時期に国交
 関係を樹立すべきであると認める。

3.三党は,朝日両国間の関係を改善するために,政治,経済,文化など各分野で交流を発
 展させ,当面,通信衛星の利用と両国間の直行航空路を開設することが必要であると認め
 る。

4.三党は,在日朝鮮人が差別されず,人権と民族的諸権利および法的地位が尊重されるべ
 きであり,日本政府はこれを法的に保証すべきであると認める。
  三党はまた,日本当局が朝鮮民主主義人民共和国と関連して,日本のパスポートに記載
 した事項を取り除くことが必要であるとみなす。

5.三党は,朝鮮は一つであり,北と南が対話を通じて平和的に統一を達成することが朝鮮
 人民の民族的利益に合致すると認める。

6.三党は,平和で自由なアジアを建設するために共同で努力し,地球上のすべての地域に
 おいて核の脅威をなくすことが必要であると認める。

7.三党は,朝日両国間の国交樹立の実現と懸案の諸問題を解決するための政府間交渉を19
 90年11月中に開始するよう強く勧告することに合意した。

8.三党は,両国人民の念願とアジアと世界の平和の利益に即して,朝鮮労働党と自由民主
 党,朝鮮労働党と日本社会党との間の党的関係を強化し,相互協調をさらに発展させるこ
 とを合意した。

 1990年9月29日

 朝鮮労働党を代表して   金 容 淳
 自由民主党を代表して   金丸 信
 日本社会党を代表して   田辺 誠