◆朝鮮半島関係資料 本文へジャンプ
 


日朝関係の推移と国交正常化交渉の経緯


(その3)




1946年   ◆1947年   ◆1948年   ◆1950年   ◆1953年
1954年   ◆1955年   ◆1956年   ◆1957年   ◆1958年
1959年   ◆1960年   ◆1961年   ◆1962年   ◆1963年
1964年   ◆1965年   ◆1966年   ◆1967年   ◆1968年
1970年   ◆1971年   ◆1972年   ◆1974年   ◆1976年
1977年   ◆1979年   ◆1980年   ◆1981年   ◆1982年
1983年   ◆1984年   ◆1985年   ◆1986年   ◆1987年
1988年   ◆1990年   ◆1991年   ◆1992年   ◆1993年
1994年   ◆1995年   ◆1996年   ◆1997年   ◆1998年
1999年   ◆2000年   ◆2001年   ◆2002年   ◆2003年
2004年   ◆2005年   ◆2006年   ◆2007年   ◆2008年
2009年   ◆2010年




   1971年>

2月5日  日朝両赤十字モスクワ会談で「在日朝鮮人帰還協定」の合意成立。

5月12日  共和国への帰国事業再開。万景峰号,新潟港に入港。

6月29日  朝鮮出身軍人軍属等の遺骨を裕天寺に預託。

1022日  モスクワ会談において合意した暫定措置に基づく在日朝鮮人の共和国帰還第6
      次船が新潟を出港。

1120日  朝鮮出身軍人軍属等の遺骨送還(246)


   1972年>

1月16日~25日  日本から初の超党派共和国訪問議員団が訪朝。国交回復をめざす共同声
      明。


   1974年>

9月16日  共和国,国際原子力機構(IAEA)に加盟。
1220日  朝鮮出身軍人軍属等の遺骨送還(911)


   1976年>

26日  在日朝鮮人の共和国帰還事後措置による第15次船が新潟を出港(帰還者累計
      
92588)


   1977年>

9月5日  日朝政府間で漁業暫定合意書調印。
9月    共和国,IAEAと研究用IR-2000原子炉に対する部分安全措置協定を締
      結。


   1979年>

8月28日  日朝貿易代金未払い問題が解決し,両政府が延払いの合意書に仮調印。
11月2日  日弁連の被爆者援護法に関する委員会と朝鮮総聯合同で広島・長崎朝鮮人被爆
      者実態調査団を発足。現地調査開始。


  1980年>

2月26日~3月18日  環太平洋合同演習「リムパック80」。海上自衛隊が初参加。
7月    共和国,自国の技術で5MWe実験用原子炉を着工('86年完工)


   1981年>

3月13日~17日  日本社会党第6次訪朝団(飛鳥田一雄団長)が訪朝。朝鮮労働党と朝鮮労
      働党と「東北アジア地域における非核・平和地帯創設に関する共同宣言」を発
      表。


   1982年>

3月22日~4月29日  環太平洋合同演習「リムパック82」。


  1983年>

10月9日  ラングーンでアウンサン廟爆破事件。
11月7日  日本政府,ラングーン事件に抗議し,共和国への制裁措置を発動。
1115日  共和国,「第18富士山丸」を南浦港で拿捕。脱走兵士を手助けしたとして,紅
      粉勇船長ら5人をスパイ容疑で抑留。


  1984年>

4月    共和国,ノドン試爆場でスカッドBミサイルの最初の発射実験に成功。
5月14日~6月28日  環太平洋合同演習「リムパック84」。


   1985年>

5月    共和国,50MWe原子炉(寧辺)着工。
1212日  共和国,核拡散防止条約(NPT)に加盟。


  1986

1月    共和国,黒鉛減速型原子炉2基を稼動開始。
5月~6月  環太平洋合同演習「リムパック86」。
6月23日  共和国,朝鮮半島の非核・平和地帯創設を訴える声明を発表。この中で,核兵
      器の実験・生産・貯蔵をせず,外国の核兵器の領土内通過を認めないことを宣
      言。
9月6日  平壤で「朝鮮半島の非核・平和のための国際会議」。朝鮮半島を非核地帯化す
      る平壤宣言を採択。
10月1日  日本政府,共和国の未払い代金300億円に対し輸出保険を適用。これにより共
      和国に対する信用取引が事実上ストップ。
12月6日  共和国で非核平和委員会が結成され,非核・平和地帯創設を訴えるキャンペー
      ンを展開。


   1987年>

1129日  大韓航空機爆破事件が発生。


  1988年>

1月26日  日本政府,大韓航空機事件は共和国の組織的テロと断定。共和国政府公務員の
      入国禁止,航空機の乗り入れ禁止などの制裁措置を決定。
5月~6月  環太平洋合同演習「リムパック88」。


   1990年>

4月~6月  環太平洋合同演習「リムパック90」。
9月24日~28日  自由民主党代表団(金丸信団長)・日本社会党代表団(田辺誠団長)が訪朝
      し,金日成主席と会談。
29日に三党共同宣言を発表。

1.三党は,過去に日本が36年間に朝鮮人民に大きな不幸と災難を及ぼした事実と戦後45
 年間に朝鮮人民に被らせた損失について,朝鮮民主主義人民共和国に対し公式的に謝罪
 し,十分補償すべきであると認める。

  自由民主党海部俊樹総裁は金日成主席に伝えた親書で,かつて朝鮮に対して日本が与
 えた不幸な過去が存在したことに触れ,「このような不幸な過去につきましては,竹下
 元総理が昨年3月,国会におきまして,深い反省と遺憾の意を表明しておりますが,私
 も内閣総理大臣として,それとまったく同じ考えです」ということを明らかにし,朝日
 両国間の関係を改善する希望を表明した。
  自由民主党代表団団長である衆議院議員金丸信も,朝鮮人民に対する日本の過去の植
 民地支配に対して深く反省する謝罪の意を表明した。
  三党は,日本政府が国交関係を樹立するのと関連し,過去36年間の植民地支配とその
 後の
45年間に朝鮮民主主義人民共和国の人民に与えた損害に対して十分に補償すべきで
 あると認める。

2.三党は,朝日両国間に存在している非正常な状態を解消し,できるだけ早い時期に国
 交関係を樹立すべきであると認める。
3.三党は,朝日両国間の関係を改善するために,政治,経済,文化など各分野で交流を
 発展させ,当面,通信衛星の利用と両国間の直行航空路を開設することが必要であると
 認める。
4.三党は,在日朝鮮人が差別されず,人権と民族的諸権利および法的地位が尊重される
 べきであり,日本政府はこれを法的に保証すべきであると認める。
  三党はまた,日本当局が朝鮮民主主義人民共和国と関連して,日本のパスポートに記
 載した事項を取り除くことが必要であるとみなす。
5.三党は,朝鮮は一つであり,北と南が対話を通じて平和的に統一を達成することが朝
 鮮人民の民族的利益に合致すると認める。
6.三党は,平和で自由なアジアを建設するために共同で努力し,地球上のすべての地域
 において核の脅威をなくすことが必要であると認める。
7.三党は,朝日両国間の国交樹立の実現と懸案の諸問題を解決するための政府間交渉を
 199011月中に開始するよう強く勧告することに合意した。
8.三党は,両国人民の念願とアジアと世界の平和の利益に即して,朝鮮労働党と自由民
 主党,朝鮮労働党と日本社会党との間の党的関係を強化し,相互協調をさらに発展させ
 ることを合意した。


1011日  自由民主党・小沢一郎幹事長と社会党・土井たか子委員長が訪朝し,第一八富
      士山丸関係者紅粉・栗浦両氏を引き取って帰国。
11月~12月  
日朝国交正常化のための予備会談(3回)。協議の結果,本交渉の議題とし
      て,①日朝国交正常化に関する基本問題,②日朝国交正常化に伴う経済的諸問
      題,③日朝国交正常化に関連する国際問題,④その他双方が関心を有する諸問
      題,の4点が確定。