◆朝鮮半島関係資料 本文へジャンプ
 


日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇

に関する日本国と大韓民国との間の協定


(1965年6月22日)



 日本国及び大韓民国は,
 多年の間日本国に居住している大韓民国国民が日本国の社会と特別な関係を有するに至つていることを考慮し,
 これらの大韓民国国民が日本の社会秩序の下で安定した生活を営むことができるようにすることが,両国間及び両国民間の友好関係の増進に寄与することを認めて,
 次のとおり協定した。

第一条
 1 日本国政府は,次のいずれかに該当する大韓民国国民が,この協定の実施のため日本
  国政府の定める手続に従い,この協定の効力の発生の日から五年以内に永住許可の申請
  をしたときは,日本国で永住することを許可する。
  (a) 千九百四十五年八月十五日以前から申請のときまで引き続き日本に居住している者
  (b) (a)に該当する者の直系卑属として千九百四十五年八月十六日以後この協定の効力
   発生の日から五年以内に日本国で出生し,その後申請のときまで引き続き日本国に居
   住している者
 2 日本国政府は,1の規定に従い日本国で永住することを許可されている者の子として
  この効力の発生の日から五年を経過した後に日本国で出生した大韓民国国民が,この協
  定の実施のため日本国政府の定める手続に従い,その出生の日から六十日以内に永住許
  可の申請をしたときは,日本国で永住することを許可する。
 3 1(b)に該当する者でこの協定の効力発生の日から四年十箇月を経過した後に出生し
  たものの永住許可の申請期限は,1の規定にかかわらず,その出生の日から六十日まで
  とする。
 4 前記の申請及び許可については,手数料は,徴収されない。

第二条
 1 日本国政府は,第一条の規定に従い日本国で永住することを許可されている者の直系
  卑属として日本国で出生した大韓民国国民の居住については,大韓民国政府の要請があ
  れば,この協定の効力発生の日から二十五年を経過するまでは協議を行うことに同意す
  る。
 2 1の協議に当たつては,この協定の基礎となつている精神及び目的が尊重されるもの
  とする。

第三条
  第一条の規定に従い日本国で居住することを許可されている大韓民国国民は,この協定
 の効力発生の日以後の行為により次のいずれかに該当することとなつた場合を除くほか,
 日本国からの退去を強制されない。
 (a) 日本国において内乱に関する罪又は外患に関する罪により禁錮以上の刑に処せられた
  者(執行猶予の言渡しを受けた者及び内乱に附和随行したことにより刑に処せられた者
  を除く。)
 (b) 日本国において国交に関する罪により禁錮以上の刑に処せられた者及び外国の元首,
  外交使節又はその公館に対する犯罪行為により禁錮以上の刑に処せられ,日本国の外交
  上の重大な利害を害した者
 (c) 営利の目的をもつて麻薬類の取締りに関する日本の法令に違反して無期又は三年以上
  の懲役又は禁錮に処せられた者(執行猶予の言渡しを受けた者を除く。)及び麻薬類の取
  締りに関する日本の法令に違反して三回(ただし,この協定の協定の効力発生の日の前の
  行為により三回以上刑に処せられた者については二回)以上刑に処せられた者
 (d) 本国の法令に違反して無期又は七年を超える懲役又は禁錮に処せられた者

第四条

  日本国政府は,次に掲げる事項について,妥当な考慮を払うものとする。
 (a) 第一条の規定に従い日本国で永住を許可されている大韓民国国民に対する日本国にお
  ける教育,生活保護及び国民健康保険に関する事項
 (b) 第一条の規定に従い日本国で永住を許可されている大韓民国国民(同条の規定に従い
  永住許可の申請をする資格を有している者を含む。)が日本国で永住する意志を放棄して
  大韓民国へ帰国する場合における財産の携行及び資金の大韓民国への送金に関する事項

第五条
  第一条の規定に従い日本国で永住を許可されている大韓民国国民は,出入国及び居住に
 関するすべての事項に関し,この協定で特に定める場合を除くほか,すべての外国人に同
 様に適用される日本国の法令の適用を受けることが確認される。

第六条
  この協定は,批准されなければならない。批准書は,できる限りすみやかにソウルで交
 換されるものとする。この協定は,批准書の交換の日の後三十日で効力を生ずる。

  以上の証拠として,下名は,各自の政府からこのために正当な委任を受け,この協定に
 署名した。

  千九百六十五年六月二十二日に東京で,ひとしく正文である日本語と韓国語により本書
 二通を作成した。

 (署名略)