◆朝鮮半島関係資料 本文へジャンプ
 


第6回6者会談に関する首席代表会談

「共同発表文」

(2008年7月12日)



  第6回6者会談に関する首席代表会議が北京で,中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国・日本国・大韓民国・ロシア連邦・米合衆国が参席する中で,2008年7月10日から12日まで開催された。
 武大偉・中華人民共和国外交部副部長,金桂官・朝鮮民主主義人民共和国外務省次官,斎木昭隆・日本国外務省アジア大洋州局長,金塾・大韓民国外交通商省韓半島平和交渉本部長,ポロダフキン・ロシア連邦外務省次官,ヒル・米合衆国国務省次官補が,各代表団の首席代表として同会議に参席した。
 武大偉副部長が同会議の議長を務めた。
 参加国は9・19共同声明履行のための第二段階措置において,達成した肯定的前進を高く評価し,そのような前進が北東アジア地域の平和と安全に寄与するという点で意見の一致をみた。参加国は第二段階措置の全面的・均衡的履行について重要な合意をみた。

1.
2005年9月19日の6者会談共同声明にそって6者は6者会談の枠内で朝鮮半島非核化を
 検証するための検証体制を樹立することで合意した。
  
検証体制は6者の専門家で構成され,非核化実務グループに対して責任を負う。
  
検証体制の検証措置は,施設訪問,文書の検討,技術者に対するインタビュー(面談)
 および6者が合意するその他の措置が含まれる。
  
必要時に検証体制は,国際原子力機関(IAEA)が関連検証に対する助言と支援を提供
 することを歓迎する。
  
検証の具体的な計画と履行は,全員合意の原則にそって朝鮮半島非核化実務グループに
 よって決定される。
2.
6者は6者会談の枠内で監視体制を樹立することで合意した。
  
監視体制は6者首席代表によって構成される。
  
監視体制の任務は,核不拡散および朝鮮民主主義人民共和国に対する経済・エネルギー
 支援を含む6者会談枠内での各自の公約を遵守し,履行することを保障することだ。
  
監視体制は6者が有効であると認定した方式によって,その責任を遂行する。
  
6者首席代表は,適切な当局者が彼らの責任を遂行できるよう権限を付与する。
3.
参加国は寧辺核施設の不能化とともに経済,エネルギー支援のための日程を作成した。
  
朝鮮民主主義人民共和国の寧辺核施設の不能化とその他の参加国による朝鮮民主主義人
 民共和国に対する
重油および非重油残余分の支援は並行して完全に履行される。
  
すべての参加国は200810月末までに重油および非重油支援を完了するために努力す
 る。
  
米合衆国とロシアは200810月末までに朝鮮民主主義人民共和国に対するそれぞれの
 残余分供給を完了するために努力する。
  
中華人民共和国と大韓民国は2008年8月末までそれぞれの非重油残余分支援提供のため
 の拘束力ある合意に署名するために努力する。
  
日本は条件が整えられるに従って,可能な限り早い時期に朝鮮民主主義人民共和国に対
 する経済,エネルギー支援に参与するという意思を表明した。
  
朝鮮民主主義人民共和国は200810月末までに寧辺核施設の不能化を完了するために努
 力する。
4.
参加国は「北東アジアの平和および安全体制の指導原則」について論議を継続すること
 で合意した。
5.
参加国は適切な時期に,北京で6者外相会議を開催することを再確認した。
6.
参加国は919共同声明の履行のための第3段階措置に対する初歩的な意見交換を行っ
 た。参加国は
6者会談過程を包括的な方法で継続して進展させ,東北アジアの恒久的平和
 と安定のために共同で努力することで合意した。