◆朝鮮半島関係資料 本文へジャンプ
 


総聯・民団「5・17共同声明」


(2006年5月17日)



 在日同胞と内外の大きな期待と関心の中で2006年5月17日,在日本大韓民国民団中央本部河丙鈺団長をはじめとする代表が在日本朝鮮人総聯合会中央本部を訪問した。
 徐萬述議長をはじめとする朝鮮総聯中央の代表と河丙鈺団長をはじめとする民団中央の代表の間で歴史的な出会いを果たし会談を行った。
 朝鮮総聯と民団は会談で,6・15共同宣言が明らかにした「わが民族同士」の理念にしたがい,民族的団結と統一に向かう民族史の流れに沿って,両団体間で長い間続いてきた反目と対立を和解と和合に確固として転換させることを互いに確認した。
 朝鮮総聯と民団は新時代の要求と同胞の志向に沿って仲むつまじく豊かな在日同胞社会を立派に建設し,21世紀に祖国の統一と繁栄のための民族的偉業に大きく貢献していく意志を表明しつつ,次のように合意した。

1.朝鮮総聯と民団は両団体の和解と和合を成し遂げ,在日同胞社会の民族的団結のために
 互いに力をあわせて協力していくことにした。
2.朝鮮総聯と民団は6・15北南共同宣言を実践するための民族的運動に積極的に合流し,6・
 15民族統一大祝典に日本地域委員会代表団のメンバーとして参加することにした。
3.朝鮮総聯と民団は8・15記念祝祭を共同で開催することにした。
4.朝鮮総聯と民団は昨今,在日同胞社会で民族性が希薄化し失われる現象が増えている深
 刻な現実に目を向け,民族性を固守し発揚するために新しい世代の教育と民族文化の振興
 などの事業に共に努力していくことにした。

5.朝鮮総聯と民団は同胞社会の高齢化,少子化対策をはじめ諸般の福祉活動と権益の擁
 護,拡大のために互いに協調していくことにした。
6.朝鮮総聯と民団は以上の合意事項を履行し,両団体の間で提起される問題を解決するた
 めに窓口を設置して随時協議していくことにした。

2006年5月17日
  在日本朝鮮人総聯合会              在日本大韓民国民団中央本部
   議 長  徐 萬 述               団 長  河 丙 鈺