本文へジャンプ
 
朝鮮半島の非核化と平和体制の構築の早期実現を求めるアピール 
朝鮮民主主義人民共和国への経済制裁の解除と日・朝国交正常化の早期実現を求める要請書
「金剛山歌劇団広島公演」後援名義使用不承認に対する抗議と要請 
「呉市外国人学校就学助成補助金」の継続支給を求める要請
「敵に塩?」(『経済レポート』2296号)に対する抗議文 
高校無償化制度の朝鮮学校適用除外問題に関わる広島弁護士会への要望書


「金剛山歌劇団広島公演」後援名義使用

不承認に対する抗議と要請




                                                     2008年10月10日

広島県知事   藤 田 雄 山 様
広島県教育長  榎 田 好 一 様

                               日朝友好広島県民の会
                                代表委員 和泉孝司
                                     菱木一美

               (連絡先)
               〒732-0803 広島県広島市南区南蟹屋1-3-30広島朝鮮会館内
                                (TEL 082-510-1565)


抗 議 と 要 請


 私たち「日朝友好広島県民の会」は,「日本と朝鮮民主主義人民共和国(以下,共和国)との国交正常化の早期実現をめざして,今年8月22日に設立された市民団体です。2002年9月の日朝平壌宣言に基づき,広島県内の広範な人々の力を結集して,以下の目標達成のために必要な活動を行うことを,過日の設立総会において確認し合いました。
(1) 日朝友好を促進し,それを阻害する朝鮮敵視政策に反対する。
(2) 相互不可侵・平等互恵・内政不干渉の原則に基づく共和国との国交樹立をめざす。
(3) 南北朝鮮の自主的平和統一を支持する。
(4) 朝鮮半島の非核化を求める。
(5) 在日朝鮮人の民主的民族諸権利を擁護する。
(6) 相互主義の原則に基づき,平和・友好・親善交流を拡大し,人道的立場を基本とする支
 援活動を行う。

 さて私たちは,広島県教育委員会がこのほど,金剛山歌劇団広島公演実行委員会から提出の「後援名義使用」承認申請に対して「不承認」の決定を下したこと,およびその決定理由について,日朝平壌宣言の精神に違背する不当な措置であると判断します。貴教育委員会に強く抗議するとともに原決定を撤回し「承認」措置を早急に図るよう求めます。

 朝鮮半島非核化のための6者協議は,今年4月の米朝シンガポール合意を機に大きく進展しました。6月26日に共和国が「核計画の申告」を行い,これに合わせて米国は共和国に対するテロ支援国家指定の解除と敵性国交易法の適用終了を表明,翌27日には寧辺にある5000キロワット原子炉の冷却塔が爆破されました。その後,申請内容の検証問題を巡って米朝間協議に支障が生じていますが,双方とも敵意を排除しつつシンガポール合意の完全実現に向けた努力を粘り強く続けています。米世論も友好的な対話解決を期待しており,9月26日付のワシントンポスト紙社説や9月29日付のニューヨークタイムズ紙社説は,実効的でより柔軟な米朝協議をブッシュ政権に求める見解を表明しています。他の6者協議参加国も同じ考えであり,来年1月に発足する新米政権の下で朝鮮半島非核化の促進と米朝国交正常化実現への動きが相まって加速することが予測されます。
 日本政府も以上のような状況を認識し,共和国側と「拉致」問題に関する再調査で合意を交わすとともに,「経済制裁」措置の解除に積極姿勢を示しました。しかし福田首相の突然の辞任に伴う日本政情の大混乱が原因して再調査問題が空転状態に陥ったことは周知の事実です。しかし9月末に就任した麻生首相は,日朝関係の懸案解決を急ぐ方針を明示しました。また今年5月22日に発足した超党派の「日朝国交正常化推進議員連盟」(会長・山崎拓自由民主党元副総裁)は,日朝平壌宣言に基づき,「核・ミサイル・拉致問題等の,日本と北朝鮮両国に横たわる諸懸案の包括的解決を図り,国交正常化と地域安全保障の確立を目指すことを目的」に活動を継続しています。
 このような内外の経緯を踏まえれば,日朝対話や日朝交流にかかわる県内の活動や行事を積極的に支持し,支援することこそ貴教育委員会が担うべき重要な使命であると認識します。地方自治体や公共団体,市民組織が,政府間交渉の不調時でも他国間交流の促進に貴重な貢献をしている事例は多々あります。たとえば「竹島・独島」問題をめぐる日韓関係をみれば明らかです。とくに広島県は世界平和と友好の諸活動に関して全国都道府県の中でも先導的な役割を果たしてきました。私たちはそのことを県民として高く評価し誇らしく思います。しかしその中で今般,日朝民間文化交流のための金剛山歌劇団広島公演について貴教育委員会が後援を拒絶したことは,きわめて不自然かつ不当な措置であると受け止めざるを得ません。
 金剛山歌劇団は,日本で生まれ育った在日朝鮮人の民間総合芸術活動集団であり,本国の平壌に拠点を持つ「海外民族芸術団」ではありません。こうした民間文化活動を事実誤認のまま「北朝鮮の国益に沿って行われている見られる事柄」と決めつけ,「到底県民の理解を得られるものではありません」と拒絶する論法は,県民である私たちの到底理解できるところではありません。また,「どのような説明がなされようとその公演活動について後援することはできません」という問答無用の高飛車な回答は,日本政府の一時的・局面的な対応だけにひたすら追随するきわめて官僚的な発想を自ずと暴露しており,たいへん残念に思います。今後,貴教育委員会が長期的・教育的な観点から,歴史的な課題が残る近隣諸国との友好促進のため県民の活動を強力に支援し主体的な指導性を発揮することを要望します。
 そのためにも貴教育委員会がこの度決定した金剛山歌劇団公演にtが井する「後援名義の使用不承認」を撤回し,早急に使用承認の再決定をされるよう強く要請します。
                                      以 上



    ※広島県教委「金剛山歌劇団広島公演に対する後援名義の使用について(回答)」はこちら(PDF)